タイトル画像

デート・ア・ライブⅡ 第四話「顕現」

2014.05.12(21:00) 997

DAL2-1-1 (1)
顕現。
何が顕現するんだか知りませんが、
まぁ普通に考えたら八舞姉妹の天使が顕現するのかな。
しかし前回のラストで思いましたけど、双子とは言っても霊装の形状は若干違うんですね。
まぁ髪型も表面上の性格も違えば、胸の大きさも違うので別に今更ですが、
逆に二人が1つに戻った場合、それらの差異がどう纏まるのか気にならなくも。
どうなんでしょうね、ベースになった子が単純に基準になるのかしら。
まぁどうせ士道がそうならない様に頑張るでしょうから、言って詮無いことではありますが。

それでは宜しければ続きからご覧下さい。


dal2-4-1 (1)dal2-4-1 (2)dal2-4-1 (3)
dal2-4-1 (5)
dal2-4-1 (6)dal2-4-1 (7)
dal2-4-1 (4)


夕弦の霊装を観てるとアンドロメダの瞬を何となく思い出す-。
というわけで姉妹喧嘩の真っ最中、裏側では神無月が珍しく美味しい出番にありつけそう。
くねくねしているドMの変態さんですが、伊達に副司令の地位を与えられている訳ではないと、
クルーの不安を他所に敵性戦力との空中戦を開始します。
どうでもいいけど、前髪ぱっつんの女性クルー、地味に可愛くて好きなんですけど。

dal2-4-1 (10)dal2-4-1 (11)
dal2-4-1 (12)
dal2-4-1 (13)dal2-4-1 (14)
dal2-4-2 (1)

こちらに来てから三人娘に良いように弄ばれ、ギャグ要員として活躍していた人類最強さん、
これまた珍しく真面目な出番を与えられてノリノリに攻撃を仕掛けてきます。
迎撃の為に十香が霊装を限定的に纏って応戦。
いくら全力ではないとはいえ、、1vs1で十香を圧倒するとは流石は人類最強さん。
まぁ、人類最強さんの力というよりは、装備の力な気もしますが、
それを使いこなすのも才能だと考えれば、やはり最強の名は伊達ではないということで。

dal2-4-2 (2)dal2-4-2 (3)
dal2-4-2 (4)
dal2-4-2 (5)dal2-4-2 (6)dal2-4-2 (7)
dal2-4-2 (8)

十香が敵将との戦闘状態に突入している裏で、
フラクシナスは神無月の神懸かり的な戦術予報で敵の攻撃を防ぎ続ております。
同僚クルーですらこれまで神無月の存在価値を知らなかったらしく、
一様に驚愕の表情を浮かべて従うばかり。
前髪ぱっつんの黒髪ロングちゃんの表情可愛すぎ。

dal2-4-2 (9)dal2-4-2 (10)
dal2-4-2 (11)
dal2-4-2 (12)dal2-4-2 (13)
dal2-4-2 (14)
dal2-4-2 (15)dal2-4-2 (16)

一方こちら、不完全な状態とはいえ、
けちょんけちょんにやられてしまって拉致監禁待ったなしの十香の危機に、
士道の感情が限界を超え、何故か気がついたら十香の剣を士道が顕現させて、
雑兵をぶった切るという不思議展開が開幕。

話には聞いていましたが、どうなんでしょうね、非武装での精霊攻略、
というか非武力での精霊攻略を掲げる主人公が武力を持ち始めるのって。
再生(復元?)能力はあるし、剣作り出したし、名前も似てるし、お前は衛宮さん家の士郎か。

dal2-4-2 (17)dal2-4-2 (18)
dal2-4-2 (19)dal2-4-2 (20)dal2-4-2 (21)
dal2-4-2 (22)dal2-4-2 (23)

こちら、神無月は絶好調。
顔つきが完全にいじめっ子のそれになっているんですが、
あくまで攻めるより攻められる方が得意だと嘯く辺り、逆に怖い。

というわけで敵艦の直接的な体当たり攻撃を真正面から受けたフラクシナス。
良く分かりませんが、王者の風格で敵の吶喊を受け止めているウチに、
ファンネルというかファングというか、
遠隔機雷みたいな兵器を転用する事で敵艦に損害を与えたとか何とか。
とりあえず神無月すげーって事らしいです、うん。

dal2-4-2 (24)dal2-4-2 (25)
dal2-4-2 (26)
dal2-4-2 (27)dal2-4-2 (28)
dal2-4-2 (29)
dal2-4-2 (30)dal2-4-2 (31)

フラクシナスとの交戦で機械兵のコントロールシステムに乱れが生じたとかで、
士道は十香を連れて窮地を脱することに成功。
三人娘が掘った、人を殺しにかかっている深さの落とし穴も効果的に決まり、
まさにこれはクラスメイトのチームワークの勝利と言えるでしょう。
ついでに今回真面目な流れの中でもサービス精神を忘れない三人娘が素敵過ぎ。

dal2-4-2 (32)dal2-4-2 (33)
dal2-4-2 (34)
dal2-4-2 (35)dal2-4-2 (36)
dal2-4-2 (37)
dal2-4-2 (38)dal2-4-2 (39)dal2-4-2 (40)
dal2-4-2 (41)dal2-4-2 (42)
dal2-4-2 (43)

十香と共に駆けてきた先は戦闘を続ける八舞姉妹の下。
人の身に有り余る力の行使に身体を蝕まれながらも、
必死の説得を続ける士道の言葉にようやく興味を持ったのか、
それとも元々誰かからそういう選択肢を与えて欲しかったのか、
兎に角八舞姉妹は士道に自分達の未来を預けることにして停戦協定成立。
意外とあっさりでしたね、もう1つくらい姉妹喧嘩するかと思いましたけど。

dal2-4-2 (44)
dal2-4-2 (45)dal2-4-2 (46)
dal2-4-2 (47)dal2-4-2 (48)
dal2-4-2 (49)dal2-4-2 (50)dal2-4-2 (51)
dal2-4-2 (52)
dal2-4-2 (56)
dal2-4-2 (57)dal2-4-2 (58)dal2-4-2 (59)
dal2-4-2 (60)
dal2-4-2 (54)dal2-4-2 (55)
dal2-4-2 (61)dal2-4-2 (62)

さて、晴れ晴れとした気持ちで邪魔虫な敵戦艦をぶっ潰し、
これにて一応一連の騒動は一件落着といったところ。
残念ながら折紙ちゃんは最後までまともな出番無く、令音さんと二人で蚊帳の外。
まぁ今回ばかりはいいですよ、次回以降に期待しますから。

dal2-4-2 (63)dal2-4-2 (64)
dal2-4-2 (65)
dal2-4-2 (66)dal2-4-2 (67)
dal2-4-2 (68)

で。
月明かりが降り注ぐ森の中、そうとは知らずにお礼のキスを士道に捧げて、
霊力封印からの霊装解除でラッキースケベといういつもの流れ。
ていうかアンタら、一緒にお風呂入ったり寝込み襲ったりオイル塗らせたりしてた癖に、
ここで裸を見せるのは恥ずかしいのか。
“見せる”のと“見られる”のは違うってヤツですかね。

dal2-4-2 (69)

次回「ディーヴァ」に続きます。
本当は戦後に士道の精霊顕現の報を受けた琴里が、
最悪の状況になった場合は士道を自分の手で殺すとか宣言してたんですが、
紙面の都合でカットの憂き目に。
というわけで来週は皆のアイドル、美九ちゃんの登場でございます。
多分ですけど、うん、正直良く分かってません。

ありがとうございました、次回も宜しくお願いいたします。
失礼します<(_ _)>

がっちの言葉戯び


<<SAO -ホロウ フラグメント-:閑話休題 | ホームへ | 閑話休題:最近のスマホ>>
コメント
原作では神無月の戦闘の途中で場面が変わってASTの隊長の日下部燎子と1話に出てきたミルドレット・F・藤村の会話が入り、燎子がASTに配属された頃のASTの隊長にしてエースの話をします。
変態ではあったが顕現装置の練度が他の隊員とは桁一つ違ったそうですが、ある日突然「私は、私が仕えるに相応しいご主人様を探しに行かねばならないのです!嗚呼、許してください戦友よ!止めないでください朋友よ!さよならさんかく盟友よ!」といってどこかに姿を消したそうです。
一応、ASTでは僅かな復帰の望みを残して籍をとってあるそうです。

あと士道は旅館に近づいた辺りで頭部が陥没したバンダースナッチを発見しています。
士道は八舞姉妹の風で飛ばされてきたものだと思っていますが、おそらく折紙を襲ったものだと思います。
【2014/05/19 13:55】 | MN #- | [edit]
こんにちはー、レス遅れてごめんなさいー^^;

世界最強さん改めエレンさん、3人娘のせいでギャグキャラみたいになってましたが、
そうですか、彼女自身にも元々そういう方向の才能があったんですね………。
ていうか完全に厨二病というかメンヘラやが………。
で、その“仕えるに相応しいご主人様”がウェストコットって形なのでしょうか。
うん、流石は人類最強の魔術師、天は二物を与えません。

そうなんですよね、折紙ちゃんが何故ダウンしていたのか、正直わかりづらかったです。
バンダースナッチを発見して戦闘状態に投入した結果、
ああしてベッドの上で蚊帳の外になったんでしょうけど、ほぼカットされて。
だったら折紙ちゃんがバンダースナッチを発見したシーンもカットで良かったんじゃ…。

何か次回以降に繋がるんですかね、あれが。
うーん、取り敢えず八舞姉妹可愛すぎて楽しいお話でした。
次の美九ちゃんはどうかしら、というか最近記事が遅れに遅れて申し訳ありません。
放送に追いつけるように頑張ります。

ではでは、ありがとうございました<(_ _)>
【2014/05/20 11:19】 | がっち #- | [edit]
元ASTの隊長だったのは名前は出ていませんが明らかにエレンではなくて神無月です。
神無月が隊長だった頃は無駄口をたたいたりすると一度目で神無月の選んだコスプレ衣装で過ごすことになり、二度目はその格好で隊長(神無月)を踏ませられ、三度目は内容を聞いたミルドレットに日下部燎子が尋常じゃない雰囲気で本当に聞きたいかと聞き返す内容みたいです。
けれど、隊員たちが気味悪がって規則正しくなったそうです。

あと折紙を襲ったバンダースナッチを破壊できたのは状況的に令音しかいないんですよね。
実は令音に関してアニメでカットされていることがいくつかあります。
まず1巻の話では琴里と士道に関する話をしている時に、士道が本当の親に捨てられて五河家に養子に来てすぐの頃は絶望して自殺するんじゃないかっていう状態だった話をすると反応を示したり、3巻の真那がDEM社に体をいじられて長く生きられない体になっていることを調べてわかった時はDEM社に対して怒りをあらわにしていました。
【2014/05/20 17:55】 | MN #- | [edit]
毎回の事ながら、遅くなりまして<(_ _)>

元ASTの隊長って、神無月なんですか!?
何と、予想外の出自というか、ある意味腑に落ちるというか。
それにしても女性だらけのイメージが強いASTにあの変態が………。
しかも当時から性癖に揺るぎは無かった模様ですね、半端ない。

令音さんか-、そういう、アニメ化に際してカットされた部分をきいていると、
物凄い怪しいというか、過去があるというか、うーん、将来的な重要人物になるのかな。
流石に「実は精霊でしたーてへぺろ☆」なんて事は言い出したり……うーん。
原作でもまだ言及されていない以上、
アニメで伏線張るわけにもいかなかったのはわかる話ですが、
そう聞かされてしまうと物凄い気になってきますw

うん、まぁとりあえずは美九ちゃんを楽しみにするという事で、
次のエピソードに参りましょう。
次の第七話までには追いつけるカナー現行放送に。

ではでは、ありがとうございました<(_ _)>
【2014/05/23 16:43】 | がっち #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/997-82ca21fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)