タイトル画像

凪のあすから 第十八話「シオシシオ」

2014.02.16(21:00) 911

凪のあすから14 (7)

光と要と美海の年少組3トップが海の故郷を目指すお話。
紡はまぁしょうがないにしても、ちさきが何だかんだで付いてこなかったのは、
美海にヒロインが交替した事を暗示しているのかどうなのか。
まぁメインヒロインであるまなかがいない以上、ヒロイン論争に意味ないですけど。

汐鹿生で何が待っているのかも気にはなりますが、
5人(+2人)の恋愛模様も何処へ転がっていくんでしょうねー。
コレ、毎回言っている気がしますが、それだけ気になるんですよねー。
ねー。

それでは宜しければ続きからご覧ください。

凪のあすから18 (1)凪のあすから18 (2)
凪のあすから18 (3)
凪のあすから18 (4)凪のあすから18 (5)
凪のあすから18 (6)

妙に可愛らしい海中懐中コンパスを頼りに、選抜隊は一路汐鹿生を目指して奥へ。
何やらでっかいドーム状の構造物が行く手を遮っていますが、
美海が近付くとこれまた良くわからないい感じに形態変化を遂げて、
その中へと彼女を取り込んでしまいました。
要するに何が起こっているんだか光達にも分からなければ、視聴者にも分からんと。

凪のあすから18 (7)
凪のあすから18 (8)凪のあすから18 (9)
凪のあすから18 (10)
凪のあすから18 (11)凪のあすから18 (12)
凪のあすから18 (13)

虎穴に入らずんば何とやら。
3人で手を取り合って幻想的な音の回廊を通り抜けた先には懐かしい汐鹿生の街並みが。
当然ながら民族大冬眠の真っ最中なので、人の気配も生活感も感じられないその風景、
ようやく光達の故郷に来れた喜びよりも、
その淋しい雰囲気に痛みを感じる部分が大のご様子です、お姫様は。

凪のあすから18 (14)
凪のあすから18 (15)凪のあすから18 (16)
凪のあすから18 (17)
凪のあすから18 (18)凪のあすから18 (19)

教授からの頼まれ物をセットし終えて、改めて街中を見て回る一行。
懐かしのオッサンも普段通りに椅子に座ったまま氷漬けになってます、
妙な生々しさがあって若干トラウマ風味に感じられなくも。
「ただ眠っているだけだ、目覚めれば全部元通りだ」と光は強がりますが、
言っている当人の光をはじめ、要や美海の表情もどんどん曇る一方。

凪のあすから18 (20)
凪のあすから18 (21)凪のあすから18 (22)
凪のあすから18 (23)凪のあすから18 (24)
凪のあすから18 (25)
凪のあすから18 (26)凪のあすから18 (27)

「何怖がってるんだよ!? 冬眠してるだけだって言ってるだろ!?
 そんな驚いたら皆に失礼だろ!?」


自分も感じている不安を、妹を怒鳴り付ける事で紛らわせようとしているのか、
大人げなく声を荒げる男子中学生の図。
お陰で只でさえ不安を感じていたお姫様が更に怯えてしまったじゃないですか。
いつもの如く要が割って入って来て一先ず落ち着きはしましたが、
妙なところで不協和音の兆しが聴こえて来てイヤーな感じ。

凪のあすから18 (28)凪のあすから18 (29)
凪のあすから18 (30)
凪のあすから18 (31)凪のあすから18 (32)
凪のあすから18 (33)

光や要が一旦自宅に帰ると言い出したので、お姫様は1人大人しくお留守番中。
さも当然の様にポッキー齧ってますけれども、
何故食べ物類は水分を吸収してふやけたりしないんでしょうね。
スナック菓子とかすぐドロドロになりそうなものですが。

海村内にはその辺りをフォロー出来る特殊は力場でも発生しているのか、
それとも海村製のお菓子は防水加工でもしてあるのか、不思議な世界です。
そうして自宅に戻った光はキチンと母親の遺影の前で眠りに付いている父親を発見。
5年も経つのに埃も全然被っていないのも神の御業によるところか。

凪のあすから18 (34)
凪のあすから18 (35)凪のあすから18 (36)
凪のあすから18 (37)凪のあすから18 (38)

眠る街を見つめながら、物思いに耽る美海と、
眠る父親を見つめながら、地上の事を語って聞かせる光。
相変わらず要の家の様子はここでも詳細を把握する事は出来ないんですね。
単純に物語に必要ないだけかも知れませんが、ここまで徹底していると流石に気になります。
あと、ポッキー咥えてアンニュイになっている美海はマジ美人。

凪のあすから18 (39)
凪のあすから18 (40)凪のあすから18 (41)
凪のあすから18 (42)
凪のあすから18 (43)凪のあすから18 (44)
凪のあすから18 (45)

段々、この美海に見えている花びら群が千本桜に見えてきました。
黒うさPの方じゃなくて千本桜景厳の方ね。
美海自身はこれをまなかの導きだと感じているみたいで、
必死にその後を追いかけて待ち合わせ場所から遠く離れて移動中。
地理も分からない初めての村を駆け抜けて、そうして辿り着いたのは廃校になった中学校。
海村の面々にとって様々な思い出が眠る、尊い学び舎でしたとさ。

凪のあすから18 (46)凪のあすから18 (47)
凪のあすから18 (48)
凪のあすから18 (49)凪のあすから18 (50)
凪のあすから18 (51)
凪のあすから18 (52)凪のあすから18 (53)
凪のあすから18 (54)

『凪あす』後編は徹頭徹尾、美海を見ているだけで心が本当に癒されますね。
仕草の1つ1つが本当に可愛いだなんて、この世に生まれた奇跡そのもの、まさにエンジェル。
そんな美海は校内を探索しながら、かつての光達の過ごした記憶に想いを馳せます。
というか馳せていたら実際に周囲にその時の情景が揺らいで見えてきちゃって、
これもまた神の御業によるものなのでしょうか、謎の感動を覚えているところ。

凪のあすから18 (55)凪のあすから18 (56)
凪のあすから18 (58)
凪のあすから18 (60)凪のあすから18 (61)
凪のあすから18 (62)

自分が思い描いていた明るくて素敵な海の風景を幻視して気分が晴れたのか、
背比べに加わったり木琴に興じてみたりと1人でもお楽しみ中のお姫様。
一方、自宅から舞い戻った光と要は、待ち合わせ場所から姿を消したお姫様の姿を捜索中。
自分達が置き去りにした癖に、いなくなって慌てるとか勝手なお話よね。
美海にとっては初めての汐鹿生、行き先の候補なんて思いつく筈も無く、手分けする事に。

凪のあすから18-2 (2)
凪のあすから18-2 (3)凪のあすから18-2 (4)
凪のあすから18-2 (5)
凪のあすから18-2 (6)凪のあすから18-2 (7)
凪のあすから18-2 (8)

その頃迷子のお姫様は、やさぐれ眷属と邂逅中。
美海の誰何の声に、「ただのウロコ」だと淡々と繰り返すだけの問答の後、
どうしてもと美海が問い質すのはまなかの行方。
「美海が本当に知りたいのはソレではない」とうろこ様は取り合ってくれませんでしたが、
さて、じゃあ美海が本当に求めている答えとは一体何じゃろホイ。
うろこ様がわざわざ姿を見せたのはソレに答える用意があったからなんでしょうが。
嫌な予感がするー。

凪のあすから18-2 (9)
凪のあすから18-2 (10)凪のあすから18-2 (11)
凪のあすから18-2 (12)
凪のあすから18-2 (13)凪のあすから18-2 (14)
凪のあすから18-2 (15)凪のあすから18-2 (16)凪のあすから18-2 (17)
凪のあすから18-2 (18)凪のあすから18-2 (19)
凪のあすから18-2 (20)
凪のあすから18-2 (21)凪のあすから18-2 (22)

光達がようやく美海を見付けて駆けつけたと同時にやさぐれ眷属は再び失踪。
先程怒鳴った事を殊勝に謝罪しようとする光の声を遮って、
再び千本桜景厳の導きに駆け出す美海に連れられ、一行は未知の場所へとやってまいりました。
上から覗いて見るとソコにはおびただしい数の“おじょしさま”が山積している異様な光景が。
その中心部には、人間の手を模した石像らしきものがそびえ立ち、
更にその内部には見覚えのある女の子の影が薄く透けて見えております。

凪のあすから18-2 (23)
凪のあすから18-2 (24)凪のあすから18-2 (25)
凪のあすから18-2 (26)
凪のあすから18-2 (27)凪のあすから18-2 (28)
凪のあすから18-2 (29)

「まなか・・・・・・」
「ッ! 待て、光!」
「・・・?」
「紡が言ってたろ? 眠っている人間を、無理に起こしてはイケナイって。
 どんな影響があるか、誰にも分かってないんだ」


目覚めてからずっと心に引っ掛かっていて、ようやく巡り合えたまなかの姿に心奪われ、
夢遊病者の如くフラフラ寄って行く光を押し止める、要の理知の声。
光もちゃんとそれを聴き入れて自重出来るだけ、十分大人でございます。
そんな2人のやり取りを上から傍観する事しか出来ない美海は、
またしても姿を見せたロリコンウロコに言葉の棘でチクリとやられて涙目中。
美海を泣かせるとか万死に値します、ヤスリで削られてしまえ。

凪のあすから18-2 (30)
凪のあすから18-2 (31)凪のあすから18-2 (32)
凪のあすから18-2 (33)凪のあすから18-2 (34)
凪のあすから18-2 (35)
凪のあすから18-2 (36)凪のあすから18-2 (37)

光や要同様、全裸で眠り姫を演じるまなかの女優魂。
こういうのを見ているとちさきが冬眠しなかったのがつくづく悔やまれます。
というか光も要も、目を逸らす事も無く正々堂々と熱い視線を送っていますね。
これまで美海がずっと追いかけてきた千本桜景厳の正体はまなかの胞衣の欠片らしく、
どういう理屈か、まなかの身体から胞衣が少しずつ失われているという緊急事態。
それに気付いた光は後先考えずに薄い粘膜を蹴り破ってまなかを連れ帰ろうとします。
その前に上着を着せてあげる美海の優しさ、プライスレス。

凪のあすから18-2 (38)
凪のあすから18-2 (39)凪のあすから18-2 (40)
凪のあすから18-2 (41)
凪のあすから18-2 (42)凪のあすから18-2 (43)
凪のあすから18-2 (44)
凪のあすから18-2 (45)凪のあすから18-2 (46)
凪のあすから18-2 (47)

いざ、まなかを連れて脱出しようとすると、突然周囲の様子が騒がしくなり候。
すわ、海神様がお怒りだと要は警鐘を鳴らしますが、事ここに至って光は聴く耳持たず。
その後を追って要と美海もこの場を離脱、千本桜景厳の導きに従って陸を目指します。
この選択を、ただ見送るだけのウロコ様はどう思っているのやら、物悲しそうに目を伏せるのみ。
それを後目に見やる美海も何か嫌な気配を感じているんでしょうが、時既に遅し。
まなかを必死に気遣う光の姿に複雑な想いを抱きながらも、一路陸へ。

凪のあすから18-2 (48)

次回「まいごの迷子の・・・」に続きます。
まなかの状態はどうなのか、まなかを連れ帰った事で海の状況がどう変化するのか、
まなかが戻ってきた事で再び主要キャストが勢揃いして、人間関係がどう動くのか。
次回は第2部の中間ポイント、物語の転換点となる大事なパートになりそうです。
男女七人凪物語、これからの展開に期待。
美海の胸の成長にも期待。

ありがとうございました、次回も宜しくお願い致します。
失礼します<(_ _)>

がっちの言葉戯び


<<戦国BASARA4 その6:浅井長政 | ホームへ | 凪のあすから 第十七話「ビョーキなふたり」>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/911-cdb33981
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

凪のあすから 第18話「シオシシオ」

凪のあすからの第18話を見ました。 第18話 シオシシオ 汐鹿生への潮流がないか調査に向かった光と要、美海はみんなが眠りについている静かな汐鹿生へと辿り着く。 「美海、ホントはこんなんじゃない」 「え…?」 「まなかを探すぞ」 気持ちを落ち着かせるために光と要は一度自分達の家に向かう。 一方、待っているように言われた美海は砂の擦れるような音に導かれて光達が育...
  1. 2014/02/07(金) 21:32:45 |
  2. MAGI☆の日記

凪のあすから 第18話「シオシシオ」

第18話「シオシシオ」 まなかは救出できたけど・・・ 音を頼りにシオシシオに向かう光、美海、要。 シオシシオはキラキラ光る砂のようなものが阻む向こう側にありました。 しかしそこは光が美海に見せたかったシオシシオとは違っていた。 美海にとって間¥もそこは子供の頃から憧れていた海村とは違う姿だった。
  1. 2014/02/07(金) 21:55:16 |
  2. いま、お茶いれますね

凪のあすから #18

『シオシシオ』
  1. 2014/02/07(金) 22:04:35 |
  2. ぐ~たらにっき

凪のあすから 第18話「シオシシオ」

第18話「シオシシオ」 JUGEMテーマ:漫画/アニメ
  1. 2014/02/07(金) 22:07:26 |
  2. Happy☆Lucky

凪のあすから TokyoMX(2/06)#18

第18話 シオシシオ 公式サイトから三橋の予想を元に汐鹿生への道を探るべく海に潜った光、要、美海の3人。 美海が聞こえたという砂の音を頼りに海流の中を進むと、そこには雪に覆われた汐鹿生があった。光たちにとっては懐かしく、美海にとっては初めて訪れる海村。 静寂に包まれた村を歩く3人は、未だ冬眠から目覚めぬ村人たちを見つける。光と要はそれぞれの家に向かい、ひとり残された美海は光たちが通っていた波...
  1. 2014/02/07(金) 22:17:08 |
  2. ぬる~くまったりと

凪のあすから 第18話「シオシシオ」

ようやく、まなかが登場! このまま無事に目覚めることが出来るのか? 毎回に気になる展開ですねw   三橋の予想を元に汐鹿生への道を探るべく海に潜った光、要、美海の3人。 美海が聞こえたという砂の音を頼りに海流の中を進むと、そこには雪に覆われた汐鹿生があった。 光たちにとっては懐かしく、美海にとっては初めて訪れる海村。 静寂に包まれた村を歩く3人は、未だ冬眠から目覚めぬ村...
  1. 2014/02/07(金) 22:25:06 |
  2. 空 と 夏 の 間 ...

凪のあすから 第18話感想

どうして「美海はここ」ではなく、「わたしはここ→」と書いたんだろう?
  1. 2014/02/08(土) 03:01:29 |
  2. 誤・真夜中日記ミッドナイトモノローグ

アニメ感想 14/02/06(木) 凪のあすから #18

凪のあすから 第18話『シオシシオ』今回は・・・ついにシオシシオに行くことが出来ました。みんな眠ってるせいか、なんか不気味な感じです。ドラクエでこういう感じの街ってよく ...
  1. 2014/02/08(土) 03:26:41 |
  2. ニコパクブログ7号館

凪のあすから 18話「シオシシオ」の感想

ウソみたいだろ。冬眠してるんだぜ。それで。 せめて布団かぶっとけ、と思ったけど思い返すと五年前の冬眠って突発的で、 オッサンたちは準備のしようがなかったんじゃないの? 美海の反応正しくね? と、まぁ光も要も気が動転してるという話なんでしょうが、キレ方が理不尽な話。 はじめて行った海村でポッキー食ってる美海の余裕は凄いけどな……エナ万能。 真っ先にうろこ様を探して五年前の件を...
  1. 2014/02/08(土) 06:19:00 |
  2. 真実悪路

凪のあすから 第18話 感想

 凪のあすから  第18話 『シオシシオ』 感想   次のページへ
  1. 2014/02/08(土) 17:24:24 |
  2. 荒野の出来事

凪のあすから 第18話 シオシシオ

潮流の音を捕える美海に導かれ、不思議な力に隠されていた汐鹿生へ辿り着く光と要。 そこは、かつて光達が過ごした、美海が憧れた場所ですが、今は静けさに包 ...
  1. 2014/02/08(土) 22:48:32 |
  2. ゲーム漬け

『凪のあすから』第18話

第十八話「シオシシオ」 それは残酷な里帰り。
  1. 2014/02/09(日) 13:54:34 |
  2. 雪花の風、月日の独奏

凪のあすから 第18話 「シオシシオ」 感想

海に入ると…そこは雪国だった(←マテ) 今回はシオシシオの色々な場面が見られると良いと思っていました。 凪のあすから 第4巻 (初回限定版) [Blu-ray](2014/03/26)不明商品詳細を見る
  1. 2014/02/11(火) 16:56:59 |
  2. キラシナのアニメ・ゲーム時々教育の百戦錬磨日記