タイトル画像

戦国BASARA4 その4:長宗我部元親

2014.02.12(21:00) 905

元親1-1 (3)

『戦国BASARA4』もここで4人目、まだまだ全体の10分の1に過ぎません。
今回は四国の雄、長宗我部のお兄さんが主役でございます。
海賊というか水賊と言うか、まぁ“瀬戸内海”っていうくらいだから海賊でいいのかな。
石野さんが声を当てているという事で、期待半分不安半分で始めてみましたが。
実際に聴いてみると「成程なー」という印象でしたね。
流石はベテラン、確実に良い味を出しています。
これをクリアすればナリ様への道が開けるのでしょうか、そこも期待。

それでは宜しければ続きからご覧ください。



元親1-1 (2)
元親1-1 (4)元親1-1 (5)
元親1-1 (6)元親1-1 (7)
元親1-1 (8)
元親1-1 (9)元親1-1 (10)

お頭の為ならエンヤコーラ。
元親も元親なら部下も部下ですね、ノリが良くて毎日がとても楽しそうな海賊船。
特に何の目的意識も無いまま適当に喧嘩を吹っかけていく様は迷惑千万ですが、
本人達が楽しいのならいいかーという気にさせてくれます。
とりあえず今回も最初から“お楽しみ武器”を購入してスタートダッシュを狙う方向で。

元親1-2 (2)元親1-2 (3)
元親1-2 (5)
元親1-2 (6)元親1-2 (7)元親1-2 (8)
元親1-2 (9)元親1-2 (10)
元親1-2 (11)

加賀百万石の祖である前田家一党を相手取る初戦。
利家はまぁ兎も角として、奥方であるまつのキャラは大変好みでございます。
この作品に於いてこういう健全なお色気を感じさせる女性は希少というか、
寧ろ他の女性の方々が尖り過ぎているというかね、他に鶴姫くらいかしら、まともなのは。
そもそも慶次と利家ってどういう関係でしたっけね、義理の兄弟とかですっけ。

元親1-2 (12)
元親1-2 (13)元親1-2 (14)元親1-2 (15)
元親1-2 (16)元親1-2 (17)元親1-2 (18)
元親1-2 (19)

単身援軍を呼びに行った慶次が戻るまでの時間を稼ぐ為、
戦場を駆け回る利家夫妻との陣取りゲームが唐突に開幕。
しかもそれに何の意味があったのか、結局は普通に利家やまつと殴り合いを始める事になって。
しかも驚いた事に普通に利家に殴り殺されて初めて任務失敗を経験してしまいました。
おーまいが。
“お楽しみ武器”で初期状態に比べればかなり強化されている筈なのに・・・何故だ。

元親1-3 (1)元親1-3 (2)
元親1-3 (3)
元親1-3 (4)元親1-3 (5)
元親1-3 (7)

まつを先に殺していたので利家の攻撃力が怒りによって急上昇していたんでしょうかね。
やり直しの2戦目で普通に夫婦仲良くあの世に送ってから、
ようやく帰ってきた、誰も援軍を連れて来ていない役立たず慶次を手荒にお出迎えして試合終了。
前田家の人々は結局何がしたかったのか最後まで謎でしたが、楽しければオールオッケー。
それが海賊の流儀だそうです。

元親2 (2)元親2 (3)
元親2 (4)
元親2 (5)元親2 (6)
元親2 (7)
元親2 (8)元親2 (9)元親2 (10)

キャラとしてはこの人程妙な方向にはっちゃけている人もいなんじゃなかろうか。
奥州の雄の1人、最上義光公は明らかにそれと分かる白鳥節。
白鳥さんが声を当てているというだけで変人認定しても良いくらいです。
『無限のリヴァイアス』の頃は普通に演技が上手い人だなぁと思っただけなのに、
まさかこんな妙な方向に芸風を固定化させていくとは予想外でした。
そんなわけで“髭紳士”最上義光、満を持しての登場です。

元親2-2 (2)元親2-2 (3)
元親2-2 (4)
元親2-2 (5)元親2-2 (6)
元親2-2 (7)元親2-2 (8)元親2-2 (9)

白鳥ボイスの熱狂的なファンでもあるワタクシですが、
ずっとこうして語りを聴き姿を眺めているとドンドン好感度が上がりますね、最上義光。
私も“髭の世界”の魅力が分かる大人な年齢に到達し得ているという事でしょうか。
ザビーランドはマップ全体に遊びが散りばめられていてとても楽しかったですが、
この面はこの面でプレイしていてとても楽しいですね、最上の語りが特にツボ。

元親2-3 (2)元親2-3 (3)元親2-3 (4)
元親2-3 (5)元親2-3 (6)元親2-3 (7)
元親2-3 (8)元親2-3 (9)
元親2-3 (10)
元親2-3 (11)元親2-3 (12)

ここでは紹介していませんが、最上のセリフに対する味方雑兵のツッコミも中々秀逸でした。
素敵紳士の素敵空間は斯様に魅力的で人心を惹きつけて已まないのでしょう。
私も久し振りにウキウキしたテンションで戦わせていただきました。
何だかんだで家康の時はギャグ面でも、悲壮的な笑いを呼ぶのが多かったですし。
こういう底抜けの明るさを感じる面はとっても貴重。

元親3-1 (2)
元親3-1 (3)元親3-1 (4)
元親3-1 (5)
元親3-1 (6)元親3-1 (7)
元親3-1 (8)

第3戦は先程とは打って変わって、シリアス一辺倒の信長公との対決。
刑部のあの乗り物同様に、如何なる理屈で一体浮いているのか、第六天魔王。
正直個性派揃いの『BASARA』ワールドに於いては信長って影薄い方に感じるのですが、
昔のシリーズではやはりラスボス的な位置づけだったんでしょうか。
今作でこそ、そのポジションを足利義輝に奪われているだけで。

元親3-2 (2)元親3-2 (3)元親3-2 (4)
元親3-2 (5)元親3-2 (6)元親3-2 (7)
元親3-2 (8)元親3-2 (9)元親3-2 (10)
元親3-2 (11)元親3-2 (12)元親3-2 (13)
元親3-2 (14)

おどろおどろしい雰囲気の中、敵も味方も戦場を覆う凶兆に怯えながらの戦闘をこなします。
渦巻く怨嗟の声をお市の声だと怯える織田軍の雑兵達に、果たして勝家は何を思うのか。
というか勝家が呟いている“御台様”ってお市の事で良いんでしょうかね。
あの人だったらこんな戦場に在ってもキャッキャウフフしてそうですけれども、さて。
勝家はお市の何処が良いんでしょう、私みたいな“声優厨&能登教信者”なのかしら。

元親3-3 (2)元親3-3 (3)
元親3-3 (4)
元親3-3 (5)元親3-3 (6)
元親3-3 (7)元親3-3 (8)元親3-3 (9)
元親3-3 (10)元親3-3 (11)
元親3-3 (12)

ムービーで観たりする事は度々あれど、直接刃を交えるのはこれが初めて。
見た目も性格もどんどん好きになっている個人的有望株の柴田勝家でございます。
前田利家がアレで豊富秀吉がアレで石田三成がアレで明智光秀がアレで、
それで柴田勝家がコレってホントにまぁ、『BASARA』のキャラを考えた人は凄いですよね感性が。
戦闘中の会話は相性が悪過ぎて完全に会話のドッジボール。

元親3-4 (2)元親3-4 (3)
元親3-4 (4)
元親3-4 (5)元親3-4 (6)元親3-4 (7)
元親3-4 (8)元親3-4 (9)元親3-4 (10)
元親3-4 (11)
元親3-4 (12)元親3-5

最後は本丸、信長公との一騎打ち・・・じゃなくて2vs1ですけれども、
まぁ兎に角、第六天魔王との決戦へと挑みます。
とは言っても別に特段の強さを保持しているわけでも無く、普通に殴り倒して終わりでしたが。
銃とか持っている割には別に遠距離攻撃もされた覚えも無し、至って平穏でございましたとさ。
ここでも戦闘中は会話のドッジボールが横行、長宗我部軍とはトコトン相性が悪い様子です。

元親4-1 (2)元親4-1 (3)元親4-1 (4)
元親4-1 (5)元親4-1 (6)
元親4-1 (7)
元親4-1 (8)元親4-1 (9)元親4-1 (10)
元親4-1 (11)元親4-1 (12)
元親4-1 (13)

第4戦は恒例のドラマルートに突入して、何故か家康に喧嘩を売る流れに。
家康自身、訝しみつつも大して驚いてはいない辺り、元親の事を良く理解しているんでしょうね。
というわけで男らしく拳で語り合った後、家康の危地に機動戦士ホンダムが割って入り、
そこからが本格的なステージの始まり始まり。
元親の、対象を網で引き上げる技が強過ぎて困ります。

元親4-2 (2)
元親4-2 (3)元親4-2 (4)元親4-2 (5)
元親4-2 (6)元親4-2 (7)元親4-2 (8)
元親4-2 (9)元親4-2 (10)
元親4-2 (11)
元親4-3 (2)元親4-3 (3)
元親4-3 (4)元親4-3 (5)
元親4-3 (6)
元親4-3 (7)元親4-3 (8)
元親4-3 (9)

開幕直後の交戦の余波で故障した機動戦士ホンダムが修理を終える前に進行する作戦ですが、
砲台でワイワイガヤガヤ楽しく雑兵を打ち殺している間にあっさり修理完了を許してしまい、
戦国最強に襲いかかられてあわや2回目の任務失敗を味逢わされるところでした。
いやー、敵に回すとマジで強いですねホンダム。
攻撃範囲広過ぎて死の恐怖に怯えながらコソコソとヒット&アウェイで頑張らせて頂きました。

元親4-4 (2)元親4-4 (3)
元親4-4 (4)元親4-4 (6)元親4-4 (5)
元親4-4 (7)元親4-4 (8)
元親4-4 (9)

最後はおまけの様に家康を撫で切りにしてミッションコンプリート。
戦闘前後にムービーすら入りませんでしたからね、完全に蛇足的な戦闘の様です。
例の如く投網攻撃で釣り上げて無防備なところに滅多打ちの刑。
無駄に戯画バサラ技までお見舞い申し上げて、元親親分はノリノリ。
元々性格そのものが完全にドSでしょうからね、楽しくて性がないんでしょう。

元親5-1 (2)元親5-1 (3)
元親5-1 (4)元親5-1 (5)元親5-1 (6)
元親5-1 (7)元親5-1 (8)
元親5-1 (9)元親5-1 (10)元親5-1 (11)
元親5-1 (12)元親5-1 (13)
元親5-1 (14)元親5-1 (15)元親5-1 (16)
元親5-1 (17)元親5-1 (18)
元親5-1 (19)元親5-1 (20)元親5-1 (21)
元親5-1 (22)元親5-1 (23)

第5戦は家康との共同戦線で、関ヶ原に殴り込みをかけます。
戦闘の流れそのものは完全に家康ルート最終章と被っているので割愛するとして、
細かい武将同士の会話の流れだけでご勘弁。
まぁ家康ルートの時は味方に誰もいなかったので会話自体が無かったのですが、
こっちは敵との会話に加えて家康との会話も存在しているので賑やかですよね、比較的。

元親5-2 (2)元親5-2 (3)
元親5-2 (4)
元親5-2 (5)元親5-2 (6)元親5-2 (7)
元親5-2 (8)元親5-2 (9)元親5-2 (10)
元親5-2 (11)元親5-2 (12)元親5-2 (13)
元親5-2 (14)元親5-2 (15)
元親5-2 (16)
元親5-2 (17)元親5-2 (18)
元親5-2 (19)
元親5-2 (20)元親5-2 (21)

戦闘中の三成の五月蠅さは家康の時以上で中々に笑わせていただきました。
最後のオチも家康ルートとは全然違う方向に転がっていき、何を思ったか、
自ら殴り倒した三成に元親が付いていくとか言い出して、
それを家康も諦観を漂わせながら止める事無く立ち去るという謎展開に。
長宗我部家って三成と親交なんてあったんですかね、そもそも時代も違うでしょうに。
はてさて。

元親5-2 (22)
元親5-2 (23)

ナリ様(&鶴姫ちゃん)きまして、これにて長い長い道のりも報われました。
まぁここまで苦労してナリ様を出しておきながら、
次にプレイするキャラクターは全然別の子になっちゃったんですけどね。
とはいえいつでも好きな時にナリ様でプレイ出来るという安心感は格別のもの。
これを心の平穏の在り処として、今後のBASARA生活も引き続き楽しんでまいります。

ありがとうございました、次回も宜しくお願い致します。
失礼します<(_ _)>

がっちの言葉戯び


<<戦国BASARA4 その5:柴田勝家 | ホームへ | 戦国BASARA4 その3:徳川家康>>
コメント
家康の記事も楽しく拝読させてもらいました、
意外とナリ様ご登場多くてありがとうございますm(__)m眼福ー。
前田夫婦は仲良過ぎてリア充爆ぜろとかよく目にしますが、
ほんとBSRには珍しいまともなキャラですよねまつ。猛獣使い素晴らしい。
4.5か4宴には是非まつをpcで使いたいですー^^
三成のところ凄く良いシーンだったんですけど
私がプレイした時凄く太い刀だったんでアニキの顔が半分無くなってて吃驚しました(^^ゞ
最上さん私も大好きです癒されます。
もう少し誰かと絡んでいるエピが欲しかったかなぁとは思いましたー。
前作とか凄く登場多くて飛びまくってて面白かったです^^
【2014/02/03 09:58】 | ふじもと #cDzvWxEE | [edit]
こんにちはー、返信遅れてすみませんっっ

ナリ様、ついつい選んでしまいますね、自分ではまだ未プレイの癖にw
鶴姫ちゃんとの掛け合いは面白かったです、最後の掛け声が雑な感じもww
真面目モードでも結局ギャグな感じに落ち着いてしまうのがナリ様クオリティ。
弄り甲斐がある御方です、ホント。

最上はホント、自キャラとして使うのが楽しみでしょうがないですw
絡み先としては甥の政宗がメインになるのが普通でしょうが、
お話を聞いているとあんまりまともに絡む事は無いのでしょうか、むむむ。
髭紳士楽しいです、白鳥ボイスの裏返っている感じがほんとうにツボでw

> 三成のところ凄く良いシーンだったんですけど
> 私がプレイした時凄く太い刀だったんでアニキの顔が半分無くなってて吃驚しました(^^ゞ

武器がムービー中に反映されるのっていいですよねー。
思わぬところでシュールな光景を生み出したりもしますしw
私の場合は炎属性の武器だったので、
ブリーフィング画面で元親がずっと炎の上にあぐら掻いていて。
熱くないのかなーと毎回心配してたりもしましたw

これでもまだ4キャラ、先は本当に長いですね。
ゆるりゆるりと楽しんでまいります、またお時間がありましたらお付き合いくださいませ^^
ありがとうございました<(_ _)>
【2014/02/04 17:01】 | がっち #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/905-24091fab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

いただきものとBSR4

お世話になっております 雨桜 顔祭様 に私の描いた佐助の線画を塗っていただきました!! なんというスタイリッシュ…!!!涙 「新しい試みをします」と仰られていたのですが、 こういう事だったのですねー!!! 本当に新しいです涙 幾何学模様的なイラストとか凄く好きなのですが、 自分では描けないのです。 背景は「ラテルネンデッケ」と...
  1. 2014/02/03(月) 09:40:35 |
  2. 雑多倉庫