タイトル画像

戦国BASARA4 その1:真田幸村

2014.02.07(21:00) 898

1真田 (21)

我が地元の英雄、島津の爺ちゃんが選べねえええええ!

・・・というわけで初回はいきなり戦前の予定を変更して信繁くん。
とかいっても、1周だけで1キャラの全ルートを進む事は出来ないので、
1巡するまでは適当に選んだ1周分のルートの模様のみでお送りします。
日本語おかしいですね、まぁ要するに不完全なキャラ別記事と言う事で。
残りのルート部分については後程また改めてプレイした時に記す事にして、
暫くは『FFⅩ HD』と並行してこのゲームの記事を書いていこうかと思います。

とはいえ最近更新ペースがあからさまに落ちている事からもお分かり頂ける通り、
リアルが結構な忙しさで、下手したら今週来週くらいまでは2~3日に1記事ペースで進むかもです。
2月半ば頃になったら一段落するのかな、精神的にも体力的にも、今は結構一杯一杯。
とか言いつつ、こうしてゲームしたり記事書いたり出来るだけ、余裕あるっちゃーあるんですが。
何気に人生の分岐点に差し掛かっているので、今はリアルを優先で頑張ります。
気分転換にBSRっていく感じで、1つ。

それでは宜しければ続きからご覧ください。

1真田 (1)1真田 (2)1真田 (3)
1真田 (4)1真田 (5)
1真田 (7)
1真田 (8)1真田 (9)
1真田 (10)
1真田 (11)1真田 (12)
1真田 (13)1真田 (14)

たかのり・めいくす・れぼりゅーしょん。
やはりテンション上がりますねー、OPムービーも綺麗で楽しい限り。
一部まだ良く顔と名前が一致していないキャラもいるのですけれども、そこは追々。
豊臣秀吉とか何処が“猿”やねんって言いたくもなりますが、
それを言い出したら家康も何処が“狸”やねんって話ですし、竹中半兵衛も凄い事なってますし。
山中幸盛に至っては・・・どうしてこうなったんでしょうね。

1真田 (16)
1真田 (17)1真田 (18)
1真田 (19)

キャー池田秀一サーン!
というわけで戦国創世モードを開始すると、いきなり義輝将軍閣下が偉そうに喋り出します。
ちなみにこれ、初回だけとかじゃなくて、毎回喋ってくれるんですね。
当然の如く2回目以降はスタートボタンをポチッとしますけど、
いやぁ、やっぱりこの人が作品全体のラスボス的位置付けになっているんでしょうか。
史実だと松永久秀に殺されたんですっけ、剣豪将軍様、超強そう。

1真田 (20)

前文でも言いましたけれども、島津の爺ちゃんで頑張ろとしたら選べないでやんの。
仕方ないので真田幸村で頑張ろうかという流れに急遽なりました。
後から調べたところ、200円で全キャラ解放のDLCがあるらしいのですが、
まぁどうせ全キャラいつかは触る予定ですし、お金払ってまでやらんでもいいかなーと。
ゆっくり遊んでいくとしましょー。
あ、難易度は当然“普通”ですよ、『BASARA』初めてですし。

1真田 (22)1真田 (23)1真田 (24)
1真田 (25)1真田 (26)
1真田 (27)1真田 (28)
1真田 (29)1真田 (30)

ぱっぴー熱いよぱっぴー、ついでに佐助もテラ子安。
背負っている槍が馬の脇腹を傷付けないか心配でなりませんね。
暴れん坊将軍宜しく白馬で疾走する幸村と佐助が軽妙で小粋なトークをしている間、
日本全国では黒田官兵衛やら元親やら勝家やら、早速不穏な動きを見せております。
ていうか雑賀衆と長宗我部家って繋がりなんてありましたっけ。
雑賀衆って本願寺と手を組んで信長虐めてた記憶しかないんですが。

1真田 (32)1真田 (31)
1真田 (33)1真田 (34)

記念すべき最初の相手は何となく同じ年代っぽい柴田勝家に決定。
史実だと活躍した時代は完全にズレてますけど、まぁ気にしない。
戦友は当然、十勇士筆頭の佐助で固定、というか他に選択肢ありません。

折角だから遊戯もいくつか、初期所持のものをつけたりしましたけど、
これって消費型なんですね、次面開始時に消えているのを見て初めて知りました。
勿体無い事をしたなぁ。
武器の改造なども出来ましたが、感覚もまだ分からないので、結局初期状態でゴー。

1真田 (36)1真田 (37)
1真田 (38)1真田 (39)1真田 (41)
1真田 (43)
1真田 (44)1真田 (46)
1真田 (47)1真田 (48)
1真田 (49)
1真田 (50)1真田 (52)

風林火山、一直線!
幸村は主人公タイプ(かどうかは知りませんが、アニメでは主人公格)らしく、
無双系キャラとしてはリーチも攻撃範囲も連撃性能も悪くなく、使い勝手が良さそうな印象。
一々無駄に熱く叫ぶのが鬱陶しい部分もありますが、
ぱっぴーはこうして叫んでナンボですから、已むを得ませんね、諦めましょう。
その分子安さんがクール成分担当で1つ。
雑兵達の呟きにネタが綺羅星の如く散りばめられているのもシリーズ恒例。
“アニマル浜口”や“ポケモン”等、メジャーなネタで攻めてきています。

1真田 (56)
1真田 (57)1真田 (58)
1真田 (59)
1真田 (60)

勝家、正直見た目はアレですけど、声は半端無く格好良いですね。
そもそも“柴田勝家”って聞いてこの姿を見ると激しく違和感を感じるのですが。
何かもっと武骨なイメージがありますものですからして。
でもまぁ、こういう無感情系な若者キャラは男女問わず私は大好物なので、
操作キャラとしてプレイする時が楽しみになりました。

1真田 (61)1真田 (62)
1真田 (63)
1真田 (64)1真田 (65)
1真田 (67)1真田 (68)
1真田 (69)
1真田 (70)1真田 (71)
1真田 (72)

鬼島津キター。
というわけで爺ちゃんに会いに戦場へ行ったら、まさかのボス戦オンリーで驚き桃の木。
しかも別に倒したからと言ってプレイヤーキャラとして解放されるわけでもなし、
戦闘中で頑張る事も特に無くて評価も物凄い低くてすぐに終わって、
何だか消化不良を抱えながら次へと進みます。
1vs1なら兎も角普通に佐助と2vs1でボコって、それでいいのか信繁ちゃん。

1真田 (73)1真田 (74)
1真田 (75)1真田 (76)
1真田 (77)1真田 (78)
1真田 (79)

ステージの合間にはバサバサと歴史イベントが起きます。
これがテンポよく感じるというか、勢いが続いている感じがするというか、
一息つかせずにそのまま次ステージへと進ませる魔力を秘めています。
次なる第3戦の舞台には、鶴姫や光秀などの興味深い合戦場が並んでいますが、
あまねく人々を惹きつけて止まないザビー教の導きに逆らうわけにはいかず、
ナリ様とソーリンの待ち受けるザビーランドをノータイムで選択しました。
人間として当然の選択肢。

1真田 (80)
1真田 (81)1真田 (82)
1真田 (84)
1真田 (85)1真田 (87)
1真田 (88)1真田 (91)1真田 (89)
1真田 (92)1真田 (93)
1真田 (97)
1真田 (98)1真田 (99)
1真田 (101)1真田 (102)1真田 (103)
1真田 (104)1真田 (107)
1真田 (108)
1真田 (110)1真田 (111)
1真田 (112)1真田 (114)
1真田 (115)

ソーリン! ソーリン!
ザビーランドは想像以上に楽しかったです。
何気に面倒な仕掛けや敵の攻撃が多くて何回も途中で死にそうになったんですが、
ちゃりんちゃりん小銭が乱舞する戦場をひた走り、
噂のサンデー毛利にも会えて大満足の1日と相成りました。
『BASARA』のキャラが濃いのは今に始まった事ではありませんが、
それにしたってザビー教のはっちゃけっぷりは常軌を逸しているの一言。
でもまぁ、キリスト教なんて実際こんな目で見られていたんでしょうね、一般的庶民には。

1真田 (116)
1真田 (117)1真田 (118)1真田 (119)

ここで初めてステージクリア評価の細かい内訳を見てみる事に。
戦闘中の特殊な行動毎に大雑把なポイントが割り振られている様で、
そこに最大コンボ数だとかがそのまま加算されて総合点が弾き出されている、みたいな。
きっと一番上の評価のご褒美じゃないと出にくいレア武器とかあるんでしょうねー。
まだトロフィーの方を全然確認していませんけれども、
今までの歴代シリーズからすると相当トロフィーコンプは面倒そうな予感がします。
うひー。

1真田 (120)1真田 (121)
1真田 (122)1真田 (123)
1真田 (124)1真田 (126)
1真田 (128)

インターミッションでは恒例のイベント勃発祭。
前田陣営のお祭り騒ぎも楽しそうですが、折角発生したドラマルートで川中島に決めました。
いうても武田配下ですから、そら謙信とはやり合いますとも。
秀吉はまぁ一応最初のキャラ選択時に顔を見ていたので何とか分かりましたが、
その隣にいる死神みたいな漢は誰やねんって思っていたら、竹中半兵衛でめっさ驚いたんですよね。
冒頭でも驚きを口にしていましたが、認識したのはここが初めてでした。
いやホント、何があったんだか。
マムシの愚息に虐められでもしたんでしょうか。

1真田 (129)1真田 (130)
1真田 (132)1真田 (133)
1真田 (136)

戦闘準備段階、バサラ屋に“掘り出し物”表記が出ていたので、
手持ちの余った武器を売り払ってお金を用意してまで“お楽しみ武器”を買ってみました。
結果、防御も何もない攻撃特化武器が生まれましたとさ。

まぁこれはこれで、無駄に防御特化の武器よりはマシだろうと、
貯まった砥石も注ぎ込んで全体的に実用に耐えられるレベルに強化して使う事にしましたけど。
武器合成もまだ素材となる武器の数が集まってないので、大した事は出来ませんが。
基本的にやっておいて後悔する事が少ないシステムなので、適当に銘を付けておきました。

1真田 (137)
1真田 (140)1真田 (141)
1真田 (142)
1真田 (144)
1真田 (145)1真田 (146)

川中島では当然ながら、謙信とそのお供のかすが姐さん、
ついでに呼ばれてもいないのに飛び出てくる直江兼続がジャジャジャジャーン。
幸村や信玄とは違った暑苦しさで場を和ませてくれるお茶目なキャラのご様子です。
武器を強化し過ぎたのか、ロクに喋る事無く通常攻撃3回で死んじゃいましたけど。
カメラさんも嫌がる鬱陶しさ、プライスレス。

1真田 (148)1真田 (149)
1真田 (150)
1真田 (152)1真田 (153)
1真田 (154)1真田 (155)
1真田 (156)

その後ご登場のかすが姐さんの謙信への盲信っぷりも噂通りで面白かったですが、
かすがと幸村の甘酸っぱい雰囲気すら感じられる会話の応酬も大変可愛らしかったです。
アレ、この2人って公式カップルだったりするのでしょうか。
同人誌業界だとかすがと佐助のCPは良く見るんですけどね、主にエロい方面で。
それともこれまでのシリーズで積もり積もった因縁があったりするのかしら。

1真田 (157)
1真田 (158)1真田 (159)
1真田 (160)
1真田 (161)1真田 (162)1真田 (163)
1真田 (164)1真田 (166)
1真田 (167)
1真田 (168)1真田 (169)
1真田 (170)
1真田 (172)

謙信、最初は見た目がどうかと思いましたが、
動いて喋っているのを聴けば聴く程、その高潔な人格に惹き込まれていく感じがします。
男性なのか女性なのか、そういや謙信女性説なんてのもありましたね、
いずれにしても格好良過ぎです、何故台詞が全部平仮名なのかは謎ですが。
戦闘自体は隅っこに押し込んで佐助をボコるだけの簡単なお仕事。
敗北して尚凛々しいお姿と言葉に痺れます、言っている内容はやっぱり謎ですけど。
ま、細けぇ事はいいんだよ。

1真田 (173)
1真田 (174)1真田 (175)
1真田 (176)
1真田 (178)1真田 (179)
1真田 (180)1真田 (181)1真田 (182)
1真田 (183)1真田 (184)
1真田 (185)
1真田 (186)1真田 (187)
1真田 (188)

お、おや、おおおおや、おや、おや、おややや!
興奮が天元突破して“お館様”という単語すら言えない信繁ちゃん萌え。
プレイヤーの理解が及ばぬ次元で謙信と分かり合った信繁ちゃんは、
敬愛するべきお館様に会いに一路甲斐へと向かいます。
この意味不明な主君に呆れながらも付き従う佐助の愛の深さに敬服。
最終ステージだからかドラマルートだからか、選択権も無く戦場は一択。
強者ひしめく武田道場に殴り込んで超強い信玄公とガチバトル開始です。

1真田 (189)1真田 (190)
1真田 (191)
1真田 (192)1真田 (193)
1真田 (194)1真田 (195)1真田 (196)
1真田 (197)1真田 (198)1真田 (199)
1真田 (200)1真田 (201)
1真田 (203)

いやはや、オチも大変素晴らしゅうございました。
アニメ版の時点で重々承知はしていました亜、本気で暑苦しいにも程がある主従ですね。
最後の拳と拳の語り合いは体育会系のノリ全開で、
理解は出来ずとも納得させられるだけの“何か”が確かに感じられたり。
いや、結局この一連の戦いは何だったんだよ、っていう根本的な疑問は残りますが、
兎に角師弟が楽しそうで何よりでした、まる。

1真田 (204)
1真田 (205)

以上、真田幸村の章、第一周目の模様でした。
『BASARA』シリーズは今作でデビューとなりましたが、
『無双』シリーズと比べると爽快感が上がっている様な、そうでも無い様な。
一長一短と言う感じでしょうか、物凄い多くの敵をザクザク薙ぎ払う感覚は『無双』が、
戦闘全般、作品全体を通しての爽快感は『BASARA』が上、という感じかしらねー。

初回プレイとしては幸村を選んで良かったかなーと。
熱血系でテンション無理矢理上がりますし上げてくれますし、戦闘でも使いやすかったですし。、
とりあえず使用可能キャラが山程いますので、これから本作とも長い付き合いになるかと思います。
皆様もお時間がありましたら是非ともお付き合いくださいませ。
大した事喋っていませんけれども、それはまぁいつもの通りなのでご勘弁。

ありがとうございました、次回も宜しくお願い致します。
失礼します<(_ _)>

がっちの言葉戯び


<<戦国BASARA4 その2:井伊直虎 | ホームへ | 凪のあすから 第十四話「約束の日」十五話「笑顔の守り人」>>
コメント
なんという美しいスクショの数々…!流石!
何枚か持ち帰らせて下さいお願いしますm(__)m
最初に幸村はいいですよねー否が応にもテンション上がる事と思いますw
武田軍が居なければBSRは始まらないというくらいw
無双やり慣れてらしたらBSRはゲーム自体それほど難しくないですかね、
頑張って家康クリアして下さい、鶴姫もじっちゃんも強いですよ^^
また楽しみにしておりますー!
【2014/01/25 08:45】 | ふじもと #cDzvWxEE | [edit]
こんにちはー。

キャラ解放順教えて頂きありがとうございましたー。
スクショはもう少し綺麗に仕上げてから張る事も出来たのですが、
時間の都合で荒いまま張ってしまって^^;
どうぞどうぞ、煮るなり焼くなりお好きなようにー^^

鶴姫もナリ様とのやり取りで好きになりました、使う時が楽しみです。
島津の爺ちゃんも早く使いたいですねー地元愛。
40キャラもいると一蹴するだけでも相当時間費やせますし、
これからまったりとお付きあい出来そうです。

ではでは、ありがとうございましたー。
【2014/01/25 09:50】 | がっち #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/898-a5a6a57e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)