タイトル画像

冬アニメの雑感1つ目

2014.01.27(21:00) 885

MACROSSFKUJI.jpg

一番くーじー、一番くーじー、一番くーじー、引いてみたー。
リアルラックなんて持ち合わせがないので当然の様に一番下の賞をゲットしましたが何か。
でもシェリルだったので救われましたね、値段さえ気にしなければ可愛い品ですし。
ていうか未だに劇場版観られてませんよ、とかいってたら今度限定BOXが発売されますよ、
豪華特典が色々ついて中々にお高いですよ、どうしましょうね奥さん。



まぁ、それは先の話だから置いておいて、ここからが本題。
とりあえず試しに観てみた第1話の感想達。
ここで挙げている作品群は、多分ここだけで続きは感想書いたりしない組の予定。
実際どうなるかは分かりませんけどね、『ズヴィズダー』しかまだ新人さんは決まってませんし。
<内容物>
プピポー
妹ちょ。
ノブナガン
ロボットガールズZ
関くん
そにアニ
咲-全国篇^

それでは宜しければ続きからご覧下さい。

ぷぴぽ1 (2)
ぷぴぽ1 (3)ぷぴぽ1 (6)ぷぴぽ1 (7)
ぷぴぽ1 (8)ぷぴぽ1 (9)ぷぴぽ1 (10)

『プピポー』
やたらテンション髙くてノリが良い、オカルトな存在が知覚出来てしまう女の子の、
まぁ日常系と言えば日常系アニメ、内容そのものは日常的じゃないですけども。
もっと性格的にも問題がある子かと思ったら、
主人公は意外と大人しめの可愛い子だったので意表を突かれました。
でも、ま、うん、何だ、別にいいかなって、そう思うの、思ったの。

妹ちょ1 (2)
妹ちょ1 (5)妹ちょ1 (6)
妹ちょ1 (7)妹ちょ1 (8)妹ちょ1 (9)
妹ちょ1 (11)妹ちょ1 (12)妹ちょ1 (13)
妹ちょ1 (14)
妹ちょ1 (15)妹ちょ1 (16)
妹ちょ1 (18)
妹ちょ1 (19)妹ちょ1 (20)
妹ちょ1 (23)
妹ちょ1 (25)妹ちょ1 (26)

『妹ちょ。』
想像以上に酷い内容で、元々観る作品の有力候補だったのが一気に選外に転がり落ちました。
絵的にはもう一歩好みに合っていれば逆転の芽もありましたが、
貞操帯自体は良いとしてもその後の自慰と百合とトイレの三連コンボは、
面白いとかエロいとか言う以前に、声優さんの苦労が偲ばれて涙がホロリ。
そりゃま、イマドキの声優さんは男女問わずに喘ぎ声くらい出来ないとやってけませんが。
でもなー。

ノブナガン1 (2)ノブナガン1 (3)
ノブナガン1 (4)ノブナガン1 (5)ノブナガン1 (6)
ノブナガン1 (7)ノブナガン1 (8)
ノブナガン1 (9)ノブナガン1 (10)ノブナガン1 (11)
ノブナガン1 (12)

『ノブナガン』
新人女性声優さん、なのか知りませんが、主人公のこなれていない演技が妙にツボな本作。
『ゼーガペイン』とか『ソウルイーター』『ラーゼフォン』の第1話を観た時の感覚ですね。
この方もその内有名声優の仲間入りを果たすのか、数多の星の1つとして消えゆく運命なのか。
とりあえずカット割や演出に頑張っている感じは見受けられましたが、
うーん、色々と中途半端に終わってしまいそうな雰囲気が・・・。

ロボガール1 (2)ロボガール1 (3)ロボガール1 (4)
ロボガール1 (5)
ロボガール1 (6)ロボガール1 (7)
ロボガール1 (8)
ロボガール1 (9)ロボガール1 (10)
ロボガール1 (11)ロボガール1 (12)
ロボガール1 (13)ロボガール1 (14)
ロボガール1 (15)
ロボガール1 (16)ロボガール1 (17)ロボガール1 (18)
ロボガール1 (19)
ロボガール1 (20)ロボガール1 (21)ロボガール1 (22)
ロボガール1 (23)ロボガール1 (24)
ロボガール1 (25)

『ロボットガールズZ』
想像以上に楽しそうで心揺れる作品、あしゅら男爵可愛くなり過ぎ。
マジンガー三姉妹を始めとしてゲッターやジーグ、ガイキングも萌え化してますが、
ガラダやダブラスといった敵側のキャラの方が基に比べて可愛く描かれている気が。
どちらかというと地下帝国側が主人公っぽい印象すら受けます、
1話の時点で戦闘獣ガールズも凄い大勢出て来たし。

というかマジンガー達はオリジナルロボットの形状上、
ミニのブリーツスカートじゃなくてブルマーの方が良かったんじゃ・・・。
いや、このデザインの方が可愛い事は可愛いですけれども、ねぇ。
これはノリといい、キャラデザといい、動きの付け方といい、
予想以上に素敵で観て良かったと本気で思った作品でした。

関くん1 (2)関くん1 (3)
関くん1 (4)関くん1 (5)

『となりの関くん』
ハナザーさんは正義。
原作リスペクトなのか知りませんが、この作画の適当っぷりが逆にツボにハマる、
そんな日がいつか来ると良いですね、ニコリ。
喋らないけれどもちょっとした声とかで下野ボイスが聴けるのも地味に美味しいですし。

ソニアニ1 (1)
ソニアニ1 (2)ソニアニ1 (3)
ソニアニ1 (4)
ソニアニ1 (5)ソニアニ1 (6)ソニアニ1 (7)
ソニアニ1 (8)ソニアニ1 (9)ソニアニ1 (10)
ソニアニ1 (11)
ソニアニ1 (12)ソニアニ1 (13)
ソニアニ1 (14)

『そにアニ』
お尻の強調の仕方が微妙過ぎて・・・違和感ががが。
ぶっちゃけそに子自身よりも途中で一瞬だけ出てきた幼稚園児の方が可愛かったですよ。
私は別にロリコンじゃないですけどね。
般若マネージャーもカッコ可愛かったなぁ。

後、途中で出てくる教授だか准教授だかの顔が、大学時代の知り合いに似ていて笑いました。
彼も大学に残って教授を目指すと言っていましたが、最近連絡取っていませんね。
今頃どうしているのやらー。

咲全国1 (12)
aak (1)
咲全国1 (2)咲全国1 (4)咲全国1 (5)
咲全国1 (10)咲全国1 (11)

『咲-Saki- 全国編』
元々二期ものなので書く気もありませんでしたが。
やはり桃子は可愛かったです、清澄のお風呂シーンなんかどうでも良くなるくらい、
桃子の恰好でテンション上がりましたが何か。
阿知賀編の子達も相変わらず可愛いし、タコスのスカートも相変わらず短いですが、
でもやっぱり桃子には敵わんわー。



ありがとうございました、とりあえず確定している『ズヴィズダー』以外はこうして、
纏め記事的に1話を軽く視聴し比べながら書いていってみようかと思います。
ではでは、失礼します<(_ _)>

がっちの言葉戯び


<<冬アニメの雑感2つ目 | ホームへ | 劇場版『最遊記』&『テニスの王子様』>>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2014/01/08 22:01】 | # | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/885-77e4ce36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)