タイトル画像

アニメ感想あれこれ:第6~7週

2012.02.17(01:00) 88

そろそろ遅れが酷いので、一気に消化するために一部簡略化して感想戦。
短めに頑張りましたが、性というかなんというか。
どうしても一々ツッコミを入れたくなって、画像も入れたくなって。
困ったものです。

今回は「EVOL」「男日」「アナザー」「パパ聞き!」「夏目」「リコラン」。



余談。
テンプレ変えました。
テンプレ変えると画像の具合や改行の位置まで変わってしまうので、
正直やらないに越したことはないのでしょうが…。

今までお借りした共有テンプレの中では、
これがダントツに可愛くて好きなのですが。
如何せん文字が見にくくて。

もう少ししたら他のに変えるかもです。
迷走中。
あまり記事部分大きいのに変えても、
今現在は画像が小さいのしかキャプチャー出来ないんですよね。
うーん。




「アクエリオンEVOL」#6

アクエリ6 (3)
アクエリ6 (4)

ミコノの危機を察したお兄ちゃん。
ニュータイプの成せる業です。

まぁ結局シュレード様に追いやられてしまいますが。
シュレード様ちょー強い。

アクエリ6 (5)

一方修羅場中の男主人公二人。
ヒロインを巡っての男の戦いです。

アクエリ6 (6)
アクエリ6 (7)アクエリ6 (8)

アイキャンフラーイ。

アクエリ6 (9)
アクエリ6 (10)アクエリ6 (11)
アクエリ6 (12)

颯爽登場、銀河美少年。
というわけでシュレード様登場。

この人、他人をいたぶっている時が一番活き活きしている気がします。
きっと生来のドSなんですね。

「お前、殺していいか?」
「別にいいよ、俺を奏でられるのなら」

これは色々と問題発言。
わかってはいましたが、かなり厨二レベル高いですよね。
頭大丈夫?

アクエリ6 (13)

シュレード様が戦場に出ないわけを聞くサザンカ。
語られるはシュレード様の過去話。

アクエリ6 (14)
アクエリ6 (15)アクエリ6 (16)
アクエリ6 (17)

ショタレード様。
このころはまだドSの才能は目覚めておらず、普通に可愛い少年でした。

要はとにかくエグい能力で、利用され続けて身体ボロボロとか、
そういう事でいいんでしょうか。
シュレード様を眺めていてあまり話聞いていなかったです。

アクエリ6 (18)
アクエリ6 (19)

あるー日、街のなーか、理事長に、出会ーたー。
出先で理事長から直接スカウトされたそうです。
理事長マジ何歳なんでしょう。

アクエリ6 (20)

「俺に恍惚の死をくれる音色です」

厨二全開。

アクエリ6 (27)
アクエリ6 (23)

生身で敗北したカグラさんはロボに搭乗。
ミコノさんを探してストーカー活動開始。

それを受けて学園からもカイエン・ゼシカ・アンディ組が出撃。

アクエリ6 (24)
アクエリ6 (25)

シュレードさんは高い所がお好き。

「俺が、代わろう」

今日は気分がノッているそうです。
乗ったら寿命が縮むんじゃなかったでしたっけ。
満月に魅せられたクチでしょうか。

アクエリ6 (28)

結局カイエンを追い出して乗り込みました。

アクエリ6 (30)
アクエリ6 (29)

ついでにアンディにも交代指令。
カワイソス。
勿論アマタくんが乗り込んで、合体承認されます。

アクエリ6 (31)

「これ生命の音だ。純真無垢な赤子の音だ」

シュレードさんヘッドでの合体。
さすが美男子、いい身体しています。

アクエリ6 (32)
アクエリ6 (33)

アクエリオン・スパーダ。
かっけーです。

アクエリ6 (34)
アクエリ6 (35)アクエリ6 (36)
アクエリ6 (37)
アクエリ6 (1)

戦闘中も厨二語りノンストップなシュレード様。

カグラさんも結構残念な方なので、いい感じに会話が噛み合いません。
というかお互い人の話を聞いていません。

アクエリ6 (2)

戦闘後、真っ白に燃え尽きたシュレード様。
惜しい人を亡くしました。
草葉の陰から、アンディの健やかな成長を見守っていてください。

シュレード様なら精神体で復活とかしそうですけれど。
文字通り影のリーダーとなって。
かっけーです。



「アクエリオンEVOL」#7

アクエリ7 (5)
アクエリ7 (6)アクエリ7 (7)
アクエリ7 (8)

再び簡易版。
勿論シュレード様が死んでるはずもなく。
弱っていても厨二病に陰りの見えないシュレード様。

まさかとは思いますが、理事長とカップリングなのでしょうか。
サザンカが悲しむので出来ればご遠慮願いたいのですが。

アクエリ7 (9)
アクエリ7 (10)アクエリ7 (11)
アクエリ7 (12)

熱弁をふるうアンディ。
例え皆から冷ややかな視線を向けられてでも主張し続けるその内容。
『席替え』だそうです。
委員長が真っ先に反対する中、賛成多数であっさりと可決。

アクエリ7 (13)

いざ運命の時。

アクエリ7 (14)
アクエリ7 (15)
アクエリ7 (16)

明らかに作為の感じられる結果となりました。
とりあえずサザンカおめでとう。

アクエリ7 (17)

本物二人はドライブ中。
何だかんだで仲良いんですよねぇ。
シュレード様からの一方通行な気もしなくもないですが。

アクエリ7 (18)
アクエリ7 (19)アクエリ7 (20)
アクエリ7 (21)

席替えの結果に不満のアンディは次なる手を打ちます。
ぬいぐるみに纏わる悲しい話。

アンディの話は皆話半分で聞いていたのに、
モロイからのアシストで一気に信憑性が増したそうです。
そこに特に何も感じないらしいアンディは幸せ者ですね。

ゼシカは怖い系が苦手だそうです。

アクエリ7 (22)

放課後、掃除当番で遅くなったアマタを捕まえて、一緒に帰ろうとするゼシカ。
BGMの「創世のアクエリオン」EDオルゴールバージョンが素敵です。

アクエリ7 (23)アクエリ7 (24)
アクエリ7 (25)
アクエリ7 (26)アクエリ7 (27)

大脱走のアマタ&ゼシカ組。
それを見て盛大に勘違いするミコノ。
しかし怯えるゼシカ可愛すぎ。

アクエリ7 (28)

翌日。
自分で話撒いておいて、適当なアンディ。
ゼシカ達の話をまったく信じません。

アクエリ7 (29)
アクエリ7 (30)

「昨夜私が見たのは、抱き合っているアマタくんとゼシカさんです」

ミコノさんの投下した爆弾で更に場は混乱。

アマタに隙があるのもまぁ悪いんですが、ミコノさんちょっと疑り深すぎませんかね。

アクエリ7 (31)
アクエリ7 (32)

そんなことを言い合っている間に、空気を読んで敵来襲。
今回の黄門様はもちろんゼシカ。
スケさんがカイエンでカクさんがアマタの布陣。

とりま合体です。

アクエリ7 (33)

「絶体絶命あびせたい」

そんなに『GO TIGHT!』好きか。

アクエリ7 (34)

ボコボコにされるゼシカ。
現実にボコボコにされていたのはアマタの部分でしたが。
ともあれ、ある意味恒例のエレメントチェーンジ。
ゼシカに変わりぬいぐるみの幽霊ちゃん。

アクエリ7 (35)
アクエリ7 (36)
アクエリ7 (37)

見えた!

「全部見られちゃって、恥ずかしいけど気持ちいい」

露出狂ですね。

アクエリ7 (38)

合体すると普通に姿が見えるようです。
中々コアなファンが獲得できそうな声と容姿です。
ロリコンだったら即死でした。

アクエリ7 (39)

エレメント能力はまさかの透明化、
しかも単なる迷彩ではなく、光学兵器すら透過させています。
この能力、状況によっては強すぎやしませんか…?

アクエリ7 (1)
アクエリ7 (2)
アクエリ7 (3)
アクエリ7 (4)

透明アパカー。
幽霊ちゃんの雄叫びが可愛くて仕方ないです。

EDになってようやく気付く小倉唯。
ニート探偵万歳。



「男子高校生の日常」#5

男子5 (4)
男子5 (5)男子5 (6)

モトハル姉のフレンズが暇しているところへ通りがかる姉弟。
モトハル髪を下すと何か普通。

礼儀正しく挨拶するモトハル。
さすが生徒会役員です。

男子5 (7)
男子5 (8)男子5 (9)
男子5 (10)

よくわかりませんが囲まれました。
年上のオネーサマ方に包囲されて焦るモトハル。
なんという殺気でしょう。

男子5 (12)
男子5 (13)男子5 (14)
男子5 (15)

虐待の開幕です。
衆人環視の下で、これは酷い虐めの現場。
イジメイクナイ。

男子5 (16)
男子5 (17)男子5 (18)
男子5 (19)

モトハルは犠牲になったのだ…。

男子5 (22)

女子高会長に備品借入を申し込む男子校生徒会の面々。
傍から見たら完全に悪者です。

男子5 (21)

そこへ颯爽と現れた勘違いヒーロー。
本人的には不良に強引なナンパを受けている、
幼気な女子高生を助けようとしているだけなのでしょうが。

男子5 (23)
男子5 (24)
男子5 (25)

彼に恥ずかしい思いをさせないために、敢えて悪者の汚名を着る勇気。
男前です。
悪役の演技が似合う似合う。

男子5 (27)
男子5 (28)

何を勘違いしたか、自分も悪者ぶり始めるりんごちゃん。
相変らず残念な娘です。
だからこそ可愛いのですが。

男子5 (30)

新キャラ。
これからまた出番があるのかわかりませんが。
とりあえずクロエみたいで可愛いです。
「Noir」のね。

男子5 (31)
男子5 (32)

アップになるとめっさ怖かった。

男子5 (33)
男子5 (34)
男子5 (35)

引き続き空気読めない勢に惑わされる主人公勢。

コンタクトを落として目つき悪くなる。
これは実際にあるあるですよねぇ。
コンタクトがどうというか、視力が低くて目細めてしまう事。

私は乱視なので、疲れが目からくるのですよ。
疲れてくると何も見えなくなります。
ゲームとかしている時は、半分心の目でプレイしています。

男子5 (40)
男子5 (38)

幼きヒデノリ少年の前に現れたヒーロー。
朴さんとか格好良すぎです。

「強いやつに頼るな!」

じゃあ、いつ呼べと。

男子5 (41)男子5 (42)
男子5 (43)

憧れのあの人は今。

男子5 (44)

知りたくなかった現実。
知らなければよかった現実。
そういうのって、ありますよね。

男子5 (45)
男子5 (46)

文学少女。
再びヒデノリのターン。

男子5 (47)

そしてこの顔である。
獲物を狙う猛禽の顔。

男子5 (50)
男子5 (51)男子5 (52)

精神力を総動員して台詞を紡ぐヒデノリ。
残念ながら少女のお気に召さないようです。

男子5 (53)
男子5 (54)

キメ顔で会心の台詞を紡ぐヒデノリ。
笑われました。
これは心のダメージがでかすぎます。

男子5 (55)
男子5 (56)男子5 (57)
男子5 (1)

ED後。
唐沢の帽子の下の傷。
珍しくマジっぽいノリです。

お詫びの5千円。
過去の因縁か何かでしょうか。
まさかの唐沢の相手役はこの人?



>「男子高校生の日常」#6

男子6 (3)

ギャグアニメなので簡易版。
ファミコン時代のゲームって、明らかに製作者側がドSでしたよね。
クリアさせる気ほとんどないだろ、と言わんばかりで。

正直クリア出来た覚えがほとんど無いです。
『FF3』くらいでしょうか。
ほとんどのゲームで理不尽な死に方が多過ぎて泣けます。

男子6 (4)
男子6 (6)

新しい噴き方。
コップ割れるとかどんだけ。

男子6 (7)
男子6 (8)
男子6 (9)
男子6 (10)

北高生徒会お悩み相談室。
相談に来たタダクニ妹を突き放しながらも、
心配で見守っていた唐沢マジイケメン。

と思ったら皆来てました。
イイハナシダナー。

男子6 (11)

りんごちゃんのターン。
背が小っちゃいのがコンプレックスで、
男子高校生の評価を聞きに来ます。

ちっちゃいことは良い事だと思うのですが。
本人にとってはあんまり嬉しい事じゃないらしいですね。

男子6 (12)

ディーフェンスディーフェンス。
会長と出会うのを阻止します。
一応会長を守ろうというその心意気は立派です。

男子6 (13)
男子6 (14)
男子6 (15)

最終奥義、唐沢の猫鳴き真似。
りんごちゃんがビーストモードに入りかけてますが、
あっさりバレて重たいボディーをもらいました。

男子6 (18)男子6 (20)
男子6 (19)

OPでずっとデカい顔していたキャラが登場。
と思ったらヒデノリの引き立て役になりました。
初登場でこれは酷い。

男子6 (23)

フラットチェスト。
一瞬悪口に聞こえないですが、やっぱり悪口ですね。

男子6 (25)
男子6 (26)

劇的ビフォーアフター。
在りし日の羽原さんは“屋良東小のアークデーモン”だそうで。
黒歴史にもほどがあります。
唐沢の傷もその時代の爪痕というわけですか。

男子6 (24)

5千円やるからどっかいけ。
悲しい対応。

男子6 (27)

道端ですれ違うだけで、あの唐沢にも唾を吐かれる始末。
羽原の明日はどっちだ。



「Another」#5

アナ5 (8)

またしても事故現場から開始するこのアニメ。
こういう芸風でこのままいくのでしょうか。

1話1人死亡では流石に人数足りないですよね。
モブキャラも入れたら足りることは足りますが。
どこまでが死亡判定圏内なのでしょう。

アナ5 (9)

祖父ちゃん怖い。

アナ5 (10)アナ5 (11)
アナ5 (12)
アナ5 (13)アナ5 (14)
アナ5 (17)

鳴ちゃん登校。
恒一くんも熱く見つめます。
そんな二人の姿を更に見つめる対策係その他。
完全に恒一くんもマークされてしまいました。

アナ5 (18)
アナ5 (19)アナ5 (20)

自習中に一人で調べもの。
こういう事をするから色々と勘繰られたりするんですが。
居ても立っても居られないンでしょう。

アナ5 (21)
アナ5 (22)アナ5 (23)
アナ5 (24)

件の1972年の卒業アルバムで母の姿を見つけます。
というか、凄いですね。
私、親の卒業アルバム見ても集合写真から自分の親を見つける自信ないんですが。
普通わかるものなのでしょうか。

久しぶりの司書さんは母を知っているそうです。
15年前に死んだと聞いて、何か腑に落ちることがあったそう。
実は呪いで死んだとか、そういう感じでしょうか。
というか、それしかないですよね。

アナ5 (26)
アナ5 (27)

先生が呼んでいる、と赤沢さんに連れ出されます。
この視線。
相変らずゾクゾクします。
最高です。

「先に謝っとく、ごめんなさい、皆のためなの」

嫌な予感しかしません。

アナ5 (28)アナ5 (30)
アナ5 (29)

事情聴取だそうです。
看護婦さんと仲良かったし、最期に喋ってましたしね。
まぁこれは別に普通。

アナ5 (31)
アナ5 (32)アナ5 (33)
アナ5 (34)

終わって教室に戻ると無人。
鞄はあるので皆帰宅はしていないはずなのに。

通りがかった先生から、出しゃばるな小僧、と注意を受けます。
孤立無援とはこの事よ。
看護婦さん亡くなって、鳴ちゃんくらいしか頼る相手がいません。

アナ5 (35)
アナ5 (36)アナ5 (37)

クラスメートを捕まえて帰り道に問いただします。
ここらへんの行動力は流石主人公。

「嫌なことがあっても我慢してほしいんだ、皆のためだから」

ここでも言われました。
普通に考えると恒一の存在も無かったことにする前フリっぽいですが。

アナ5 (38)

と、思ったら造反分子。

「知りたいこと、沢山あるよね。僕のわかる範囲で答えてあげる」

高林くんが格好良いことを言い出しました。
所謂1つの死亡フラグというやつです。

アナ5 (39)
アナ5 (40)アナ5 (41)
アナ5 (42)

ですよね。
迅速なフラグ回収、お疲れ様です。
合掌。

アナ5 (43)

翌日。
教師からいきなりシカトされます。
予想通りな展開過ぎて泣けてきます。

アナ5 (45)

HRでも。

アナ5 (46)

休み時間になっても。

アナ5 (47)

何人か徹底できていませんが、とりまクラスぐるみでシカトらしく。
意外と堪えてない恒一くんはメンタル強いです。
鳴ちゃんがいれば十分という事でしょうか。

アナ5 (49)

机の中に置手紙。
何でしょう。
不幸の手紙とかでしょうか。

アナ5 (50)

鳴ちゃんからの呼び出しの手紙だったのでしょうか。
またこの気持ち悪い趣のある人形館来訪です。

アナ5 (51)

待ち人来る。
来るというか待ち構えていたというか。
下手したらここの住人なんじゃないか。

電話きてびっくり鳴ちゃん。
電話番号いつの間に交換したし。
というか電話嫌い言ってたのに、鳴ちゃん持っているんですか。

アナ5 (52)

置手紙の内容。
“ごめん、事情は見崎さんから聞いて 望月”

一瞬望月が誰だかわかりませんでした。
皆あまり名前呼ばないんだもの、このアニメ。

アナ5 (53)
アナ5 (54)アナ5 (55)
アナ5 (56)

高林の死を聞いて素で驚く鳴ちゃん。
可愛いです。

さりげなく良い台詞を混ぜる恒一。
意外とテクニシャン。

アナ5 (57)
アナ5 (58)

ここは本当に鳴ちゃんの家だそうです。
恒一くんが掛けたのは家電話でしたか。

母親は娘がこんな状態でどんな気持ちなのでしょう。
結構洒落にならないというか。
知らないのでしょうか。

アナ5 (59)
アナ5 (60)アナ5 (61)

鳴ちゃんのお宅訪問。

普段が妙な演出に彩られているので、
普通にしていると異常に可愛いです。
恒一くんも幸せそうに鳴ちゃんを見つめます。

アナ5 (62)

このソファー内で一歩恒一くんに寄る動作がたまらなく可愛いです。
すまし顔もキュート。

アナ5 (4)
アナ5 (2)アナ5 (3)

そして語られる事件の概要。

「“クラスに一人増える”と始まってしまうの」

その増えた一人を特定する、
それでこその『“死者”は、誰―?』というキャッチフレーズ。
怪奇恐怖者から怪奇推理物へのシフト。

アナ5 (7)

と覆ったら、“死者”は別にいるそうです。
別なのかどうか微妙な表現でしたが。

無自覚型で受肉しているリビングデッド、でいいのでしょうか。
今までの犠牲者が担当するポストらしいですが。


そんなわけでクラスが考えたのが、
“誰でもいいから1人をいないものとして、数を整える”
という方法だそうです。
要は人柱、人身御供ですね。

非人道的な話ではありますが、
そうしなければならないくらいに追い詰められた状況だったのでしょう。



「Another」#6

したくなかったけど簡易版。
サブタイトルは『Face to face』。
賢ちゃんとワームモンを思い出します。
誰もわからないネタでしょうが。

キャラソンにあるんですよ。
『僕らは遠回りーしーてーしーまったねーface to face』
みたいな。
ワームモンは史上で一番可愛いイモムシだと思うのですよ。

another6 (9)

最初からまぁわかっていた事ではありますが、
死者でないことが確定して妙な演出もなくなり、
普通に鳴ちゃん可愛いです。

another6 (1)
another6 (8)
another6 (10)
another6 (11)
another6 (12)
another6 (13)
another6 (14)
another6 (15)
another6 (16)
another6 (17)

恒一くんとも非常に仲良くなりました。
羨ましいなんて思ったりしないんだからね。

『“死者”は恒一くん』的なフラグもありましたが、
まぁいいでしょう。

another6 (18)
another6 (19)

先生精神崩壊。
次回虐殺の開始です。

another6 (2)
another6 (4)
another6 (3)another6 (5)
another6 (6)

ダンシング・イン・ザ・教室。
全く動じずに冷静に問題を解き続ける生徒たちの胆力。
爽やかに笑う鳴ちゃん。

シュール過ぎてめちゃ笑いました。

another6 (7)

妄想乙。



「パパの言うことを聞きなさい!」#5

ぱぱきき5

はっぴはっぴがーる、はっぴはっぴがーる。
最近耳から離れません。

パパきき5 (13)パパきき5 (14)
パパきき5 (15)
パパきき5 (16)

開幕ラッキースケベ。
タオル捲いているからギリギリセーフ。
かと思ったら呆けている間にハラリと落ちました。

仕方ないですね。
重力には逆らえません。

パパきき5 (19)
パパきき5 (20)

留守中に電話が来ました。
適当に押したら勝手に出ました。
会長でした。

パパきき5 (22)

美羽が電話口に出ると突然無言になる会長。
…ゴクリ。

パパきき5 (23)
パパきき5 (24)パパきき5 (25)
パパきき5 (26)

相手が幼女と知って俄然テンションの上がる会長。
年齢も完璧に推測されています。 
幼女に定評のある会長。

パパきき5 (27)

あまりにキモ過ぎて、よよよ先輩にお仕置きされました。
ご褒美をもらえて会長大喜び。

パパきき5 (28)

「もう、おじさんはしょうがないなぁ」

しょうがないのは貴女の方ですけれど。
可愛くてしょうがないです。

パパきき5 (29)
パパきき5 (30)パパきき5 (31)

キチンとおめかしして、おじさんのバイト先へお出かけ。
こういう所で手を抜かないのは偉いです。
恋する乙女のパワー。
エールを送らせて。

パパきき5 (32)

みっしょんこんぷりーと。
でも折角のおめかしの事には触れてもらえずに少ししょんぼり。

パパきき5 (33)
パパきき5 (34)パパきき5 (35)

一方、留守組の下には怪盗スイカ魔人来襲。
恐れ戦く幼女二人。

パパきき5 (36)

その正体はお隣のお姉さんでした。
よよよ先輩の出番がほとんどないこの状況で、
まさかの女性キャラ追加。
先輩頑張って。

パパきき5 (37)

ぐでーん。
寝っころがりながら電話。
可愛いです。

パパきき5 (38)
パパきき5 (39)

用事の終わった空ちゃんは、雨の中で単独行動。
とりあえず傘買ったらいい気がするのですが。

パパきき5 (40)

そんな空ちゃんを心配しておじさん達も追いかけます。
傘くらい差してもバチは当たらないと思うのですが。

パパきき5 (41)
パパきき5 (43)
パパきき5 (45)パパきき5 (46)
パパきき5 (47)

空ちゃんの回想。
おじさんと初めて会った時の事。
この頃は美羽もまだ人見知りーだったのですね。

初めての恋が生まれた瞬間。

パパきき5 (1)パパきき5 (2)
パパきき5 (3)

思い出に重なるように。
王子様が駆けつけました。
白馬には乗ってませんが。

『昔もこんなことがあったね』と狙い澄ましたかのような発言。
ここですかさず服も誉めます。
完全に仁村の入れ知恵かと思いましたが、そんなこともないですか。
おじさんやるー。

パパきき5 (4)
パパきき5 (5)パパきき5 (6)
パパきき5 (7)

ちょっとだけ素直な空ちゃん。
デレタイムです。
何気にタメ口なのもポイント。

パパきき5 (8)

「あの…呼んでもいいですか? お兄ちゃんって」

ひゅー。
一段階関係が進みました。
ようやく本格的に空ちゃんの恋愛ルート開始です。

パパきき5 (9)

二人が良い雰囲気で過ごしている間に、
美羽さんは家計のやり繰りをこなしていたそうです。。
いい奥さんになれますね。

パパきき5 (10)
パパきき5 (12)

結局最後もラッキースケベ。
ラッキーというか、環境的に避けられない事態でもありますが。
“女”を意識させるという意味では良い事ではあります。

パパきき5 (11)

お兄ちゃんの新しいバイト先。
こんな世界知らなかった。
知らない方がよかった。



「パパの言うことを聞きなさい!」#6

ぱぱ6 (1)

今回のお話は池袋の家に荷物を取りに行くお話。
短いような長いような旅路です。

ぱぱ6 (26)
ぱぱ6 (2)

行き掛けに遭遇Sたノリのいいお隣さん。
まさかの職業:声優だそうです。
でじまー。

ぱぱ6 (3)

商店街の人気者、ひなたん。
笑顔と愛嬌で物資を得られる貴重な戦力です。

ぱぱ6 (4)
ぱぱ6 (5)
ぱぱ6 (6)

幼女を狙って押しかけようとする会長。
ひなたんの声を聴いてテンションMAX。
駄目だこいつ…。

ぱぱ6 (7)
ぱぱ6 (8)
ぱぱ6 (9)

池袋に着いて。
美羽の昔のハーレム構成員と遭遇。

ぱぱ6 (10)

独り残って相手をする美羽を心配するお兄ちゃん。
空が、美羽なら慣れてるから、と太鼓判を押します。
前回からタメ口なのが本当にいい感じです。

ぱぱ6 (11)
ぱぱ6 (12)

今度は空の合唱部の部長と遭遇。
こちらも引っ越し関係や、両親のゴタゴタは知らないようです。

ぱぱ6 (13)

結局ひなと二人で到着。
電気と水が通っていて良かったですね。

というかこの家どうするつもりなのでしょう。
ローンが残っていないのなら、住んだらいい気がするのですが。

ぱぱ6 (14)

遅れて到着組。
やはり色々と思う所があるようで。

ぱぱ6 (15)
ぱぱ6 (16)

三姉妹がそれぞれ荷物をまとめている間、暇なお兄ちゃん。
所詮男性では立ち入れない世界もあるのです。
女の子の部屋は未知の世界。

ぱぱ6 (17)
ぱぱ6 (18)

仁村を(物理的に)吊し上げて、三姉妹の行先を突き止めようとする会長。
ロリコンおそるべし。
幼女のためならば後輩を吊し上げる勇気。

ぱぱ6 (19)

ひなたんの想像図も完璧です。
これは本物だ。

ぱぱ6 (21)
ぱぱ6 (22)

いつものようにアクシデントで一方的に糾弾されてショボくれるお兄ちゃん。
頑張れお兄ちゃん。

ぱぱ6 (24)

眠れないから一緒に寝ようと美羽。
夜這いとは中々やりおる。

ぱぱ6 (25)

ひなや空も集まってきてしまい、結局皆で一緒に寝ることに。
これはこれで美羽の計画通り、ですかね。

おやすみなさい。



「夏目友人帳」#6

夏目6 (7)
夏目6 (8)

いつも通りちょっかいかけられる夏目。

夏目6 (9)
夏目6 (10)夏目6 (11)
夏目6 (12)

帰宅後、どこからともなく投げ入れられた瓶に触れると、
あら不思議。
ズブズブしていくではありませんか。

夏目6 (13)
夏目6 (14)夏目6 (15)
夏目6 (16)

用心棒様の遅い帰宅です。
いつものように酒盛りをしようとしたら、
瓶詰妖精を発見しました。
すっぽりとね。

夏目6 (17)
夏目6 (18)
夏目6 (19)
夏目6 (20)

用心棒頑張る。

夏目6 (21)
夏目6 (22)

諦めました。
とりあえず持ち主を見付けないと開けられないという事で。
途方に暮れる夏目くん。

夏目6 (24)夏目6 (25)
夏目6 (26)

へんしーん。
そういえば人に化けられるんでしたね。
いつも女の子にしか化けないので、あの姿限定かと思ってました。
ニャン娘先生ね。

夏目6 (27)夏目6 (28)
夏目6 (29)

ワイルドでおっさんな、でもどこかに子供心を残す夏目の出来上がり。

夏目6 (30)
夏目6 (31)夏目6 (32)
夏目6 (33)夏目6 (34)
夏目6 (35)夏目6 (36)

夕食時。
傍若無人な先生と戦々恐々とする夏目の掛け合いが素晴らしいです。
夏目のストレスマッハ。
本気で胃に穴が開きそうです。

夏目6 (37)

いつも以上に夕食を堪能できてご満悦の先生と、
完全にグロッキーの夏目。
とりあえず寝ようという事になりました。

夏目6 (38)

めっちゃ寝にくそう。
というか硬そう。

夏目6 (39)
夏目6 (40)

釣れました。
でもアッサリ逃げられてしまいます。
先生はいつも行き当たりばったりです。
大妖怪は細かいことを気にしない。

とりあえずオミバシラ様が関係しているらしいです。

夏目6 (41)

翌日。
弁当にご満悦の先生。
登校します。

夏目6 (44)夏目6 (45)

まずは西村からオミバシラ様の話を詳しく聞くことに。
高圧的な夏目。
普段とのギャップが堪りません。

夏目6 (43)

夏目本人は裏で悲鳴を上げています。

夏目6 (48)夏目6 (49)

次、北本。
勿論居丈高。

夏目6 (43)

夏目本人は裏で悲鳴を上げています。

夏目6 (50)夏目6 (51)
夏目6 (52)夏目6 (53)
夏目6 (54)
夏目6 (55)
夏目6 (56)

次、笹田。
は見つからず、探し回ることに。

笹田を探して校内をたらい回しにされる先生。
マジでキレる5秒前。

夏目6 (57)夏目6 (58)
夏目6 (59)

ようやく発見。
そのまま皆が見ている前で、腕を掴んで連行です。
目撃者たちが騒ぐこと騒ぐこと。
恋愛的な意味で。

夏目6 (60)
夏目6 (61)夏目6 (62)
夏目6 (63)

二人きりになって突然笹田の匂いを嗅ぎ出す先生。
完全なる変態です。

夏目6 (67)
夏目6 (64)夏目6 (66)
夏目6 (65)

「お前、うまそうだな」

ワイルドとかいうレベルを超えて、完全にケダモノです。
キャー笹田ニゲテー。
元に戻ってからの笹田との関係が見ものです。

夏目6 (69)

お腹がすいた先生は状況ほったらかしで弁当タイム。
落ち込む夏目。
妖怪が撒いていたチラシから、大雑把な流れを掴みます。

夏目6 (1)
夏目6 (2)夏目6 (3)
夏目6 (4)

田沼に見つかって結局巻き込むことになり、更に落ち込む夏目。
田沼は田沼で夏目の力になるために奮起します。

夏目6 (5)

が、気力だけでどうにかできるわけもなく。
先生があっさり陽動にひっかかった隙を突かれてビンを奪われます。
頑張れ田沼。

次回へ続く。



「夏目友人帳」#7

夏目7 (1)
夏目7 (2)
夏目7 (3)

残念ながら簡易版。
囚われの夏目を救うために妖に変装して一芝居うつ田沼。
最初から声でバレバレな謎の協力者にも助けられ、夏目とともに撤退します。

夏目7 (4)

その頃の先生。
スルメと酒をかっぱらってきているあたり流石です。

夏目7 (5)
夏目7 (6)
夏目7 (7)

名取、見参。
ついでにニャン娘先生も見参。
面の模様がまんまニャンコ先生です。

夏目7 (10)

夏目の力になりたい田沼と、田沼を妖の世界に関わらせたくない夏目。
ずっとすれ違っていた二人の互いを思っての押し問答が、
今回の件で田沼側に大きく振れてしまいます。

夏目7 (9)

猿面たちの真の目的、供物を持って集まる低級の妖達自身を、
オミバシラ様への供物とすること。

人に変化しているからか、妖が見えるようになったからか、
田沼のニャンコ先生の呼び名が『先生』になってますね。
気付かないだけで今までもそうでしたっけ。

夏目7 (11)

オミバシラに襲われた田沼。
というか何故単独行動したし。

夏目7 (13)

オミバシラ様、見た目微妙な上に出番少ない…。
頭も悪く、あっさり誘導されてしまいます。

夏目7 (14)

ふーいん❤

夏目7 (15)

計画を邪魔された猿面達は妖達を扇動して夏目を襲わせようとしますが、
ニャン娘先生の本気の前に逃げ散ります。

夏目7 (16)

柊可愛いよ柊。

夏目7 (17)

眠り姫と王子様の図。
勿論目覚めのキスなどとい展開にはならず。

夏目7 (18)

次回はまさかのロリ七瀬のターン。
七瀬さんは初登場時から好きです。
これは楽しみ。



「ハイスクールDxD」#6

dd6 (1)

小猫ちゃんの出番が無いので簡易版。
ただ、アイキャッチは神。

dd6 (8)
dd6 (9)

神。



「リコーダーとランドセル」#7

リコラン7

ある意味いつも簡易版。
くぎゅ。

昨日は落書きしながら「ゼロ魔」のラジオ聴いてました。
くぎゅと日野ちゃまのコンビはマジに最高です。

「とらドラ」ラジオのマジ兄とキタエリのコンビも良かったですが。
要はああいう感じが好きです。
お兄さんと少し年下の女の子みたいなノリ。

「狼と香辛料」ラジオとかもそんな感じでしたねぇ。
そんなこと喋ってると色々と思い出してきました。

男性オンリーはオンリーで好きです。
女性オンリーよりも男性オンリーの方が好きな感じ。

「クラスター学園」や「るるくるステーション」に、
「ネオロマンスパラダイス」あたりですか、パッと思い出せるのは。

男性同士の方が馬鹿なノリで突っ走れるので笑えるんですよね。
それこそ「男子高校生の日常」みたいなノリです。

何故ラジオ話になっているのでしょう。
ミステリィ。



___

がっちの言葉戯び


<<妖狐X僕SS #6「考えるよりも」 | ホームへ | あの夏で待ってる 第6話「先輩にライバル。」>>
コメント
こんにちは^^

お久しぶりです!

Anotherと夏目しか見てませんがコメントするのをお許しくださいw

私の環境だと月曜に夏目見て、火曜にAnotherっていう放送なのですが、夏目で温かくなった気持ちは次の日には血だらけですorz

Anotherは前回ので何となく、死者が誰か解った気がします・・・結構無理矢理な予想なんですけどね^^;

PS3復帰するのを楽しみにしておりま~す!

ではでは~^^
【2012/02/17 15:33】 | ポッケ #- | [edit]
>ポッケさん

あぁ、まさにそんな感じです。
夏目とAnotherの落差と言ったらw

私の場合は同日なので、先にAnother観てから夏目観て癒されています。
ニャンコ先生を見ているとホワホワしますb

“死者”、私の中では、被疑者候補1位が恒一くんで、第2位が赤沢さん。
あとは副担任の先生くらい…?
意表を突くなら恒一くんの母親が“死者”として現れている、とかもアリでしょうか。
要は全くわかっていませんw

素直に次のヒントを待ちますm(_ _)m
【2012/02/17 18:44】 | がっち #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/88-425fb691
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)