タイトル画像

AKIBA'S TRIP2 第十三日目

2013.12.27(21:00) 854

AT2 1 (16)

一気に終わらせます、残りのトーコと志遠ルート。
というわけでシリーズ記事としては今回が最終日。
動画置き場を合わせれば丁度2週間分、14記事で終了ですね。
思ったより長かったんだか、短かったんだか分かりませんが、
現実時間で考えると約3週間での終了という事で、まぁ妥当なところかなと。

前作と比べてヒロインに直截的に萌えられるシーンが少なめだったのは残念ですが、
それでも引っ越してこの方遠くなってしまった心の故郷、
我らが聖地・秋葉原との距離が近づいた気がして楽しかったです。
前作のプレイ日記記事は書く予定はありませんが、
どうぞ楽しい作品なので本作含め、
興味を持たれた方は是非とも自身でプレイなさってみてください。

それでは宜しければ続きからご覧ください。

志遠ルート (6)志遠ルート (7)志遠ルート (8)
志遠ルート (9)志遠ルート (10)志遠ルート (11)
志遠ルート (12)志遠ルート (13)
志遠ルート (14)
志遠ルート (15)志遠ルート (16)
志遠ルート (17)
2013_11_28_2_16_50.jpg2013_11_28_2_16_54.jpg
2013_11_28_2_16_59.jpg2013_11_28_2_17_5.jpg2013_11_28_2_17_8.jpg

トロフィーの関係もあって3周目は難易度ゲーマーで志遠ルート。
このルートの特徴は主人公を救う為、人間に戻す方法を追う為に、
志遠と共にアキバ自警団を裏切って宗牙側に寝返る点にあります。
これまで敵対していた相手との共闘、かつての仲間との衝突。
他の雫・霖・トーコとは根底から趣を異にする特殊な物語が紡がれるのです。

志遠ルート (1)志遠ルート (2)
志遠ルート (3)
志遠ルート (4)志遠ルート (5)

霖ルートで、ちょっとした手違いで暴走したトーコを脱がした様に、
こちらでは宗牙の手で洗脳を施されたカティを脱がせる展開も。
そういえば雫の時も志遠を脱がせた覚えがありますし、
これからプレイするトーコのシナリオでは必然的に霖を脱がせそう。
関係無いけど“ユニゾンストリップ”で一気に仕留めたら、
ストリップカットインが出なくてちょっと損した気分になりました。

志遠ルート (18)志遠ルート (19)志遠ルート (20)
志遠ルート (21)
志遠ルート (22)志遠ルート (23)
志遠ルート (24)志遠ルート (25)志遠ルート (26)
志遠ルート (27)志遠ルート (28)
志遠ルート (29)志遠ルート (30)
志遠ルート (31)

いくら主人公を救う為とはいえ秋葉原を見捨てるなんて選択肢は勿論無し。
魔街化の為に用意した装置を上手く利用すれば念願が成就すると見通しがつくと、
あっさりと再度の裏切りを決意し、装置を強奪するついでに魔街化を潰す流れに。
正直この時点で自警団の仲間達に事情を説明すれば問題はクリアだった様な。
でもまぁそうなると物語的な落としどころが難しいので、仕方ないか。

志遠ルート (32)志遠ルート (33)
志遠ルート (34)
志遠ルート (35)志遠ルート (36)
志遠ルート (37)
志遠ルート (38)志遠ルート (39)
志遠ルート (40)
志遠ルート (41)志遠ルート (42)志遠ルート (43)
志遠ルート (44)志遠ルート (45)
志遠ルート (46)
志遠ルート (47)志遠ルート (48)
志遠ルート (49)志遠ルート (50)志遠ルート (51)

宗牙から奪い取った装置を志遠が弄って準備を整える間、
色々あって再び志遠の下僕と化した坂口専務を伴って、
装置破壊を目指すアキバ自警団を迎撃する事に。
まずはマスター・戒斗・悠斗の男性陣、そしてカティ・霖・トーコの女性陣、
最後に主人公をこの道へと引き入れた雫との決戦。
まさにオールスターの装いの中、妹姫が出てこないのは兄を信じている故か、
兄に裏切られて引き篭もりが加速したのか。

あHH (2)
あHH (3)あHH (4)あHH (5)
あHH (6)
あHH (7)あHH (8)
あHH (9)
あHH (10)あHH (11)
あHH (12)
あHH (13)あHH (14)
あHH (15)

残念ながら男性陣にストリップカットインはありませんでしたが、
その強さと戦闘自体の厳しさは折り紙つき。
特にマスターの超火力は脅威の一言に尽きます。
殴った部分が爆発するとか、どういう拳してるんですかご老体。
でも下着まで剥いでフルヌードにすると良い顔でアヘってくれましたけど。
このドキドキ感も志遠ルートならでは。

志遠ルート (52)志遠ルート (53)志遠ルート (54)
志遠ルート (55)志遠ルート (56)
志遠ルート (57)志遠ルート (58)志遠ルート (59)
志遠ルート (60)志遠ルート (61)
志遠ルート (64)志遠ルート (65)
志遠ルート (66)
志遠ルート1 (2)志遠ルート1 (3)
志遠ルート1 (4)志遠ルート1 (5)志遠ルート1 (6)
志遠ルート1 (7)志遠ルート1 (8)
志遠ルート1 (9)

最後は装置の大爆発に巻き込まれて死んだと思っていた志遠と3ヶ月ぶりに再会して、
めでたく姐さん女房とゴールイン。
坂口専務が格好良く見えるというのも志遠ルートならでは。
というかそもそも主人公の大きな目的の1つである“人間に戻る”という大目標が、
唯一達成されているのもこのルートという事で、
下手したら雫ルートよりもこっちの方が正史に相応しい感じで困りもの。

ちなみにNORMAL EDだと爆発後、
志遠に再会出来ずに終わるという一番物悲しい結末を迎えます。
いくらなんでもあんまりだ。

トーコルート (1)トーコルート (2)
トーコルート (3)
トーコルート (4)トーコルート (5)

4周目は難易度オタクで最後の1人、トーコルートになります。
こちらは雫ちゃんや霖ちゃんと似たような流れで、デートコースだけが違う感じ。
美少女や美女が増える自警団の中でアイデンティティに悩む乙女の苦悩が描かれます。
スラッとしててプロポーションもいいんですから、
髪を下ろして違う系統の衣服で方向性を変えれば大変身を遂げると思うのですが。
その一歩が中々踏み出せないのが難しいところ。

トーコルート (8)トーコルート (9)トーコルート (10)
トーコルート (11)トーコルート (12)
トーコルート (13)
トーコルート (14)トーコルート (15)
トーコルート (16)

ねんがんの スマホを てにいれたぞ!
雫ちゃんとフィギュア、霖ちゃんとアクセサリを買いに行ったデートプラン。
トーコの場合はスマホに買い替える付き添いと言う内容で、
戦闘すらなく本当に単なるデートに終始致しました。
花の女子大生がガラケーってのもアレですし、良い機会だったのは確か。

トーコルート (17)トーコルート (18)
トーコルート (19)
トーコルート (20)トーコルート (21)
トーコルート (22)

各ルートに1回は差し挟まれる他のヒロインとの決戦。
トーコの場合は予想通りと言うか、消去法的に霖が登場です。
これからの厳しい戦いにトーコが付いてくるのは無理だと言い張る彼女の、
その衣服を脱がせて思い知らせてやろうという素敵企画。
トーコの力を計るのに主人公が加勢して良いよいう理屈が謎ですが、
ありがたく衣類を剥させて貰って大満足でございます。

トーコルート (23)トーコルート (24)
トーコルート (25)
トーコルート (26)トーコルート (27)
トーコルート (28)

魔街化した秋葉原の街中で、主人公の力になる為に自ら人間の身体を捨てるトーコ。
主人公が人間に戻る事も大きな目標の1つだったのに、
気が付けば同じ境遇に被害者が増えるという悲しい現実。
まぁトーコ的には主人公と御揃いの身体になれる喜びもあるんでしょうけれど。
不器用で真っ直ぐな恋愛感情は嫌いじゃなくてよ。

トーコルート (29)トーコルート (30)
トーコルート (31)
トーコルート (32)トーコルート (33)トーコルート (34)
トーコルート (35)

最終決戦では人間を止めた事に一抹の寂しさこそ感じさせますが、
後悔は微塵も漂わせず主人公の隣に胸を張って。
反論の仕方が子供っぽ過ぎて、あの宗牙でさえ会話を途中で放棄するというね。
ちなみに難易度オタクにも関わらず、
戦闘そのものはトーコが溜め攻撃で宗牙を瞬殺して主人公の出番がほぼありませんでした。
夜咬の波動に目覚めたトーコ、マジぱないッス。

トーコTRUE E (2)トーコTRUE E (3)
トーコTRUE E (4)
トーコTRUE E (5)トーコTRUE E (6)
トーコTRUE E (7)

物語の終わりは雫ちゃんを見送って、霖に送り出されて神社で2人きり。
お互いに日陰者としてこれからの人生を歩む事になったバカップルが、
第三者に聴かれたら悶絶死で恥ずか死しそうな爽やかな誓いを立ててます。
そういえばアレですね、トーコのファーストキスは霖に既に奪われちゃってんですね。
あれが初めてかは知りませんが、悲しいお話です。



というわけで。
厳密には動画倉庫記事で最後になるのですが、
こうしてまともにお喋りする記事と言う意味では本記事が最後となります。
なのでお別れや総評もこちらにて。
とはいえ大体の部分は前文で既に喋り終っているので、
敢えてここで付けたす程の文言も残ってはいないのですが・・・。

兎に角丁寧な作品だったと思います、楽しんでストリップする事が出来ました。
でも現実世界で通行人の衣類を脱がせたりしたら怒られてしまいますので、
どうぞ節度を持って秋葉原の街を歩いてくださいね。

ありがとうございました、次回は『スーパーダンガンロンパ2』や乙女ゲー、
若しくは年末の『FFⅩ&Ⅹ-2 HD』記事でお会いしましょう。
失礼します<(_ _)>

がっちの言葉戯び


<<AKIBA'S TRIP2 動画倉庫 | ホームへ | 凪のあすから 第九話「知らないぬくもり」>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/854-26502bb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)