タイトル画像

DIABOLIK LOVERS:Episode09

2013.12.19(21:00) 847

ディアラバ1 (5)

寒いですね。
最近遊びとは関係無いところで忙しくてここに書く事が無いです。
空いた時間にちょこちょこラノベだけは順調に消化しているんですが、
アニメ観たりゲームしたりが中々・・・。

この状態は早くても来年1月一杯まで続くと思われますので、
暫くブログ更新が不安定になる事をご了承くださいませ。
こんな事、ここじゃなくてトップ記事で言え、という話ですが、
とりあえず何も思いつかないのでここに書く事にしました。
まる。

それでは宜しければ続きからご覧ください。

でぃあらば9 (1)
でぃあらば9 (2)でぃあらば9 (3)
でぃあらば9 (4)

相変わらずの謎の行動力と放浪癖で深夜の敷地内をうろつくユイちゃん。
池のほとりにある聖堂みたいな建物を覗くと、
そこには久方振りの出番となる怠惰な長兄の姿が見えました。
む、これは三つ子から長兄&次兄にスポットライトが移った合図かな。

でぃあらば9 (5)
でぃあらば9 (6)でぃあらば9 (7)
でぃあらば9 (8)
でぃあらば9 (9)でぃあらば9 (10)
でぃあらば9 (11)

「あの・・・私、最近変なんです。
 女の人の声が聴こえたり、身体がふわふわしたり、
 ・・・何だか自分じゃないみたいで」

「へぇ・・・なら来いよ」

どうしてこうなった。
ていうか相変わらず理論が飛躍する長兄様です、説明って大事。
こんなのに深刻な悩みを打ち明けて助言を求めるユイちゃんもどうかしてますが、
それに対して斜め上の返答をするシュウもシュウでどうかしてます。
逆巻兄弟お得意の会話のドッジボール。

でぃあらば9 (12)
でぃあらば9 (13)でぃあらば9 (14)
でぃあらば9 (15)
でぃあらば9 (16)でぃあらば9 (17)
でぃあらば9 (18)

「皮膚越しでさえ分かる、良い匂いだ・・・」
「う・・・」
「アンタの血は極上だ、それだけは認めてやる」

いやまぁ学習しないユイちゃんも大概悪いんですけどね。
不用意に2人きりになって押し倒されて血を吸われて、完全にいつもの展開。
でもまぁ、シュウもやたら笑う様になりましたね、美味しい血でハイになってるのか、
以前お風呂場で済し崩し的に血を吸われた時とは印象が大分違います。

三つ子も何だかんだでユイちゃんがお気に入りですし、
気が付けば誘蛾灯に群がる昆虫の如く、
逆巻兄弟はどんどんユイちゃんに引き寄せられてますね。
これがコーデリアの血の為せる業か。

でぃあらば9 (19)
でぃあらば9 (20)でぃあらば9 (21)

「アンタの血、誰よりも美味い」
「シュウ・・・さ・・・」
「これが“覚醒”か・・・。
 女は怖いな、俺も熱くなってきた。凄いな、アンタ?」


今回の絡みの序盤から繰り返し口にしている“覚醒”というワード。
シュウはどうやらユイちゃんの身体の秘密を知っている様子。
そういえばスバルも知っている風な発言や行動を繰り返していましたし、
もしかして逆巻6兄弟全員、
ユイちゃんがどういう存在か理解の上で虐めているのでしょうか。

でぃあらば9 (22)でぃあらば9 (23)
でぃあらば9 (24)

「“覚醒”って何? ・・・教えて」
「・・・“覚醒”間近まで生き延びた生贄の花嫁はいない」
「生贄の・・・花嫁?」

熱くなってきたぜヒャッホイ! とか言っていた割に、
ユイちゃんの疑問をスルーせずに端緒だけでも教えてくれる紳士な長兄。
要するにどういう事でしょう、一定期間、若しくは一定量血を吸われ続けると、
吸血鬼化して誰かの妻になれる資格を得られるとか、そういう話でしょうか。
大概は途中で血を吸われたり、精神的に耐えられずに死んでしまう“生贄”で、
ごく稀に最後まで生き延びて“花嫁”となれるとかそういうノリの。

でぃあらば9 (25)でぃあらば9 (26)
でぃあらば9 (27)
でぃあらば9 (28)でぃあらば9 (29)
でぃあらば9 (30)

単に面倒くさがりなだけか、叔父の登場機会を慮ったのか、
こっそりと2人の行動をストーキングしていたリヒターに後の役目をバトンタッチ。
そういえばユイちゃんとリヒターの直接の絡みはこれが初めてですか。
この人はこの人でコーデリアに常軌を逸した愛情を捧げていたみたいで、
大人しそうな仮面が剥がれた時の事を考えると何気に怖いんですが。

でぃあらば9 (31)
でぃあらば9 (32)でぃあらば9 (33)

「甥達の無礼を許して欲しい。
 何度言っても口のきき方が直らない」


開口一番の、余りに普通の礼儀正しい言葉に愕然。
この作品でこんな丁寧な言葉がユイちゃんに投げかけられると逆に違和感を感じます。
ていうかまるで良識のある親戚の叔父様みたいな発言してますが、
絶対この人甥っこ達の事どうでもいいと思っているでしょ。
コーデリア至上主義者ですし。

でぃあらば9 (34)でぃあらば9 (35)
でぃあらば9 (36)

「選ばれた? 思い上がりも良いところだ」
「・・・え?」
「お前がこの家に来たのは、“花嫁”に相応しい年齢に達し、
 唯一手に入れやすい人間だったからだ。
 それを必然ととるか、偶然ととるかは愚かな人間共の考える事」


ほら、あっさり本性顕しおって。
これでこそ『ディアラバ』の男性キャラ、慇懃無礼な部分なこの雰囲気、
三つ子寄りというより、シュウとレイジを足して3で割って2をかけた感じです。
6兄弟には感じなかった熟年男性のイヤらしさを醸し出しています。

でぃあらば9 (37)
でぃあらば9 (38)でぃあらば9 (39)
でぃあらば9 (40)
でぃあらば9 (41)でぃあらば9 (42)
でぃあらば9 (43)

「この時をどんなに待ち侘びた事か・・・さぁ、私の下に!」

いきなり現れてテンション高い御方です。
この人の目的は間違いなく最愛の人、コーデリアの復活なわけですが、
一体全体どういう方法でそれを成し遂げるのやら。
第一復活させたとして、またぞろ三つ子がこぞって殺しに来るんじゃないのかしら。
その辺りどうなんでしょう、愛に愚直で何も考えていない可能性もあり得ますが。

でぃあらば9 (44)
でぃあらば9 (45)でぃあらば9 (46)
でぃあらば9 (47)
でぃあらば9 (48)でぃあらば9 (49)
でぃあらば9 (50)

光彩を失ったレイプ目のまま、懐かしの“開かずの間”に連れてこられたユイちゃん。
写真と日記が処分されて砂と化したのは、
ユイちゃんを逃がさない為にリヒターが用意した偽物だった事の暗示か。
そのまま隠し部屋へと誘われ、コーデリアが最期に着用していた、
血に汚れたドレスの前まで案内され、促されるままに手を伸ばします。
クライマックス直前っぽいこの展開、もしかしてもう復活の儀式入っちゃうのか。

でぃあらば9 (51)でぃあらば9 (52)
でぃあらば9 (53)

「・・・やっと会えたわね、リヒター」

一瞬の精神世界での攻防の後、振り返って妖艶に微笑むユイちゃんの姿が。
これはこれで、表情と外見のギャップが中々良い感じに映える美少女に大変身。
若干声優さんの背伸びしたみたいな声の作り方がアレでしたが、
普段のユイちゃんの怯えた演技とか喘ぎ声とかの上手さを考えると無問題。

でぃあらば9 (54)でぃあらば9 (55)
でぃあらば9 (56)
でぃあらば9 (57)でぃあらば9 (58)
でぃあらば9でぃあらば9 (59)
でぃあらば9 (60)でぃあらば9 (61)
でぃあらば9 (62)でぃあらば9 (63)
でぃあらば9 (64)でぃあらば9 (65)
でぃあらば9 (66)でぃあらば9 (67)

というわけで、歓喜に打ち震えるリヒターの前で高笑いを上げるコーデリア。
その気配に気付いたのか、思い思いに夜を過ごす逆巻6兄弟もふと真剣な表情に。
愛憎渦巻くコーデリアが復活したとはいえ、
今回は外見がユイちゃんな事がどう影響するやら。
リヒターは女子高生な見た目でも全然気にしてない風でしたけどね。
傍から見たら完全なロリコンです。

でぃあらば9 (68)

珍しくユイちゃんぽい娘さんとのツーショットエンドカード。
次回予告ではコーデリア化したユイちゃんを、
6兄弟が仲良く虐めている風に見えましたが果たしてどうなるのやら。
女王様化したユイちゃんをいつもの調子で嬲る様は、それはそれで楽しそうですけど。

ありがとうございました、次回も宜しくお願い致します。
失礼します<(_ _)>

がっちの言葉戯び


<<凪のあすから 第八話「たゆたう想いのさき」 | ホームへ | AKIBA'S TRIP2 第十一日目>>
コメント
いつも楽しく拝見しています!
がっちさんの冷静な「傍から見たら完全なロリコンです」のコメントに
思わず吹き出してしまいました。
自分、ユイちゃん覚醒でひゃっほーになりすぎて、
そういった危ない事実に全く気づいていませんでしたよ(笑)

今後の展開で気になることは山のようにありますが、
個人的には母親復活時にハッとなるでもなく、
首をすくめて身を縮ませたカナトの行動でしょうか。
病んデレとはいえ、さすがに母をダイナミック火葬したことに
負い目を感じているとか…?

なんにせよ、来週も楽しみで1週間待ちきれませんね!
【2013/11/24 16:41】 | 美萩 #- | [edit]
こんにちはー。

いやー、リヒター叔父さん、
見た目に囚われる事無くコーデリアに変わらぬ愛と忠誠を誓う姿は立派ですけど、
傍目にはホント、女子高生に見下されて悦ぶ変態親父にしか・・・w
長寿である吸血鬼的には外見なんて些末な問題なのかもですが。

でも“コーデリア in ユイちゃん”は中々素敵な中身と外見の組み合わせ。
願わくば次回あたりから、これまで虐めまくってきた兄弟達を逆に虐め返して、
屈辱に顔を歪ませてやって欲しいものです。

> 個人的には母親復活時にハッとなるでもなく、
> 首をすくめて身を縮ませたカナトの行動でしょうか。

言われてみるとそうでしたねー。
アヤトやライトがした事も酷いと言えば酷いですが、
カナトの所業はそれらとは一線を画していましたし。
良かれと思って燃やしてみたら「あれ、思っていたのと違う」みたいな、
そんな引っ掛かりをずっと抱えていたんでしょうかね。
ユイちゃんをママンの墓参りに付き合わせたりもしてましたし。

ラストでアヤトだけが、ユイちゃんのベッドに赴いて、
銀の十字架を思わせぶりに手に取ったりと出番が追加されてて、
やはり物語の本筋としてはアヤトルートという事で進行しそうですが。
一体どういう形で物語を結ぶのかまだまだ想像がつきませんし、
次週以降も楽しんでみていきたいと思います。

ありがとうございました<(_ _)>
【2013/11/24 22:00】 | がっち #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/847-8c7f01ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『DIABOLIK LOVERS』第9話

episode9 ユイちゃん覚醒! まさかの女王様キャラとして大・降・臨! さあ、虐待の時間は終わった。 とうとう彼奴らに裁きを下せる日が来たのだ!! というわけで、次週からコーデリア様(inユイちゃんボディ)による イケメン吸血鬼オンリー裁判アニメ『ディアラバロンパ』が はじまりません。 (C)Rejet・IDEA FACTO...
  1. 2013/11/24(日) 16:44:50 |
  2. 雪花の風、月日の独奏