タイトル画像

凪のあすから 第七話「おふねひき ゆれて」

2013.12.15(21:00) 841

凪のあすから1-1 (51)

先週は相乗り記事の簡易版で失礼いたしました。
今週はどうにか元通り単独記事でお話を追って行こうと思います。
子供達が陸海の別なく団結を深める中、
今度は大人達の間に根強く広がる陸地と海村の溝をどうするか、そういうお話。

うろこ様も海神様からの命令で陸と海の交流を阻止する方向で動いていますし、
前途は多難どころか解決の糸口すら見当たらないくらいの難問です。
でもそれを乗り越えない限り、あかりと至の結婚、
そして紡とまなか、さゆと要、美海と光、あたりになるのかな、
彼ら彼女らの抱える想いも本格的に始まる事すら出来ません。
というわけで頑張れ、子供達。

それでは宜しければ続きからご覧ください。

凪のあすから7-1 (3)
凪のあすから7-1 (1)凪のあすから7-1 (2)
凪のあすから7-1 (4)
凪のあすから7-1 (5)凪のあすから7-1 (6)
凪のあすから7-1 (7)

皆の協力で想定よりも立派に完成した“おじょしさま”を前に大喜び。
和気あいあいと歓声が上がる中、特別な思いで見つめる1組のカップル。
回が進めば進むほど確定していく“紡×まなか”の流れ。
そこに直接的に関わる光やちさきや要、間接的に関わる美海達、
彼ら彼女らはそれに対してこれからどう行動していくのでしょうね。

凪のあすから7-1 (8)
凪のあすから7-1 (9)凪のあすから7-1 (10)凪のあすから7-1 (11)
凪のあすから7-1 (12)
凪のあすから7-1 (13)凪のあすから7-1 (14)凪のあすから7-1 (15)
凪のあすから7-1 (16)

折角立派に完成した“おじょしさま”に相応しく、
簡易的に儀礼化されたものではなく、本格的な“おふねひき”をやろうと言う生徒達。
海村と陸地との関係性から実現は難しいと愁眉を寄せる先生に、
光は紡に声をかけてそれぞれの側の大人達を説得する事にします。
それに周囲も瞬く間に同調して盛り上がりを見せ、まなかも笑顔満面。
色々な想いを引っ込めて皆の為に、好きな人の為に頑張る光は男前です。

凪のあすから7-1 (17)
凪のあすから7-1 (18)凪のあすから7-1 (19)
凪のあすから7-1 (20)

早速署名活動を展開して、
海村の子供と陸地の子供、ついでに幼女2人もセットで、
こうして一緒になって活動している光景だけでも奇跡的ですよね、少し前からしたら。
人前で大声を出す事に慣れていない美海ちゃんマジきゅーと。
天使達の可愛らしい姿に道行く人もそれなりに良い反応で滑り出しは悪くありません。

凪のあすから7-1 (21)凪のあすから7-1 (22)
凪のあすから7-1 (23)
凪のあすから7-1 (24)凪のあすから7-1 (25)
凪のあすから7-1 (26)
凪のあすから7-1 (27)凪のあすから7-1 (28)
凪のあすから7-1 (29)
凪のあすから7-1 (30)凪のあすから7-1 (31)
凪のあすから7-1 (33)

熱意で押しまくる光やまなか、マダムキラーの要。
普段とは違う幼馴染達の新たな一面を見せつけられて、
自分も頑張ろうと無理して声を張るちさきに紡は、
それぞれに出来る事をすればいいと諭します。

大人びた紡のいつもの説諭についついちさきも年頃の女の子らしく、ぷくー。
ちさきがこういう表情を出せるのは現状では紡の前だけですよね、きっと。
やはり紡は格が違うと感じさせられる瞬間。
まぁ要ならかなりいい勝負は出来るでしょうが、彼はあまり前に出ないからなぁ。

凪のあすから7-1 (34)
凪のあすから7-1 (35)凪のあすから7-1 (36)
凪のあすから7-1 (37)

息子の努力をにべも無く一蹴するパパ上様。
短期間でこれだけの署名を集めた事自体が既に驚くべき事なのですが、
そもそも海村の大人達の間ではこの話は当の昔に決着がついている事。
今更蒸し返して議論する必要性が感じられないとかで取り付く島もありません。
あかり姉さんの援護射撃も意に介さず。

凪のあすから7-2 (2)
凪のあすから7-2 (3)凪のあすから7-2 (4)
凪のあすから7-2 (5)
凪のあすから7-2 (6)凪のあすから7-2 (7)
凪のあすから7-2 (8)

親父殿は駄目でも海村青年部の面々は一応話を聞いてくれて、
陸地側も漁協の説得に成功、これで開催への道筋がおぼろげながら見えてきました。
更に意気上がる中学生達の中、光は鬼気迫る様子で開催成功への決意を固めます。
その様子を複雑な表情で見守る少女達は、
大人の階段を1つ上ろうとしている光の姿に不安と羨望を覚えて候。

凪のあすから7-2 (9)
凪のあすから7-2 (11)凪のあすから7-2 (10)
凪のあすから7-2 (12)
凪のあすから7-2 (13)凪のあすから7-2 (14)
凪のあすから7-2 (15)

海村の青年部と陸地の漁協会員を招いての“おじょしさま”のお披露目会。
何故か呼んでもいないのに親父殿まで出張って来て、
皆が完成度に好評価を与える中、細かいミスに駄目出しを始めます。
別に嫌がらせとかではなく、至極真っ当なご意見なので反論も出来ず、
会議本番が始まる前から気勢を削がれた格好。
流石に宮司の家系として長年海村を取りまとめてきたわけでは無いという話。

凪のあすから7-2 (16)
凪のあすから7-2 (17)凪のあすから7-2 (18)
凪のあすから7-2 (19)
凪のあすから7-2 (20)凪のあすから7-2 (21)
凪のあすから7-2 (22)

改めて会議本番開始。
基本的に海側も陸側も、“おふねひき”自体を開催する事に元々抵抗はないと、
開始して早々子供達の願う方向へ一気に流れが進みますが、
海側が陸側の謝罪を求め始めたあたりから雲行きが怪しくなり、
売り文句に買い文句でお互いヒートアップして非難合戦開幕。
やっぱり簡単には埋まらない陸海間の溝の深さに傍聴席の面々も不安げな表情です。

凪のあすから7-2 (23)凪のあすから7-2 (24)
凪のあすから7-2 (25)
凪のあすから7-2 (26)凪のあすから7-2 (27)
凪のあすから7-2 (28)

時間の経過と共に互いの距離(物理)も縮まり、
いつ乱闘騒ぎに発展してもおかしくない状況。
光や紡、先生が身体を張って抑え込む中、最悪のタイミングであかり姉さん達が来訪します。
最終的にはここまで全く動きの無い親父殿が何とかしてくれるにしても、
陸と海のカップルの参加は火に油を注ぐ事間違いなし。

凪のあすから7-2 (29)
凪のあすから7-2 (30)凪のあすから7-2 (31)
凪のあすから7-2 (32)
凪のあすから7-2 (33)凪のあすから7-2 (34)
凪のあすから7-2 (35)凪のあすから7-2 (36)
凪のあすから7-2 (37)

案の定至は締め上げられ、それを止めようとした光は振り解かれて“おじょしさま”に激突。
その衝撃で体勢を崩した“おじょしさま”は床に打ち付けられて壊れてしまい、
ようやく諍いを止めなかった大人達も動きを止め、場に静寂が訪れます。
壊れた“おじょしさま”を見つめて声を失う子供達。
あの紡ですら表情を変えているくらい、それは決定的な出来事。

凪のあすから7-2 (38)
凪のあすから7-2 (39)凪のあすから7-2 (40)
凪のあすから7-2 (41)
凪のあすから7-2 (42)凪のあすから7-2 (43)
凪のあすから7-2 (44)

結局会議はそのまま喧嘩別れのまま閉幕。
海側と陸側がいがみ合う光景を引き合いに、
親父殿は改めてあかり姉さんに至との交際を諦める様に諭します。
それを受けて“海と陸”の問題じゃ無く“至とあかり”の問題だとあかり姉さん。
こちらも改めて自分の決意を伝えて、父娘の話し合いも物別れに。

凪のあすから7-2 (46)
凪のあすから7-2 (47)凪のあすから7-2 (48)
凪のあすから7-2 (49)

親父殿の説得を諦め、家を出る決意をするあかり姉さん。
それを咎める事も無く、寧ろ自分も同様に家を出ると言い出す光。
気持ちは分かりますが親父殿からしたら相当ツラいなぁ、この流れ。

あかり姉さんも強いて止める言葉が見つからず、
そもそも出ていく身の上でそれを止める権利も無いと自嘲しているのか、
結局そのまま2人で家出する事になっちゃいました。
あかり姉さんは兎も角、光は何処に行くつもりなのやら。
あかり姉さんと一緒に至の家に転がり込んだら美海が喜びそうですけど。

凪のあすから7-2 (50)
凪のあすから7-2 (51)凪のあすから7-2 (52)
凪のあすから7-2 (53)
凪のあすから7-2 (54)凪のあすから7-2 (55)
凪のあすから7-2 (56)

親父殿も同席する前で、きちんとうろこ様に村を出る事の報告を済ませます。
念押しをするうろこ様に毅然とした態度で覚悟を伝えるあかり姉さん。
うろこ様は仕方がないとそのまま見送り、
親父殿も一言すら発言する事無く彫像の様に座したまま。
海神様からの命もあるし、このまま黙っていかせるわけも無い筈ですが・・・。

凪のあすから7-2 (57)凪のあすから7-2 (58)
凪のあすから7-2 (59)
凪のあすから7-2 (60)凪のあすから7-2 (61)
凪のあすから7-2 (62)
凪のあすから7-2 (63)凪のあすから7-2 (64)
凪のあすから7-2 (65)
凪のあすから7-2 (66)凪のあすから7-2 (67)
凪のあすから7-2 (68)
凪のあすから7-2 (69)凪のあすから7-2 (70)
凪のあすから7-2 (71)

余り乗り気ではない様子ながらも、旅立つ若人達に試練を与える神様代行。
それは巣立つ雛鳥達を祝福するというよりは、
ガチで引き留めにかかっている様にも見えますが、
自分の子供達の姿に流石の親父殿も伏してうろこ様に容赦を願い、
無感情な表情でそれを聴き入れたうろこ様は術を解き、
光とあかり姉さんは無事に地上へと出て行ってしまいました。
うーん、これが取り返しのつかない災厄に繋がりそうで不安で不穏。

凪のあすから7-2 (72)凪のあすから7-2 (73)
凪のあすから7-2 (74)凪のあすから7-2 (75)
凪のあすから7-2 (76)

次回「たゆたう想いのさき」に続きます。
最近は少しだけ展開が緩やかになってきましたかね、
それでもそう感じないくらい色々な心の動きや事件が発生していますが。
このペースのまま2クール通す事が出来れば名作の1つに数えられてもおかしくないかな。
下手に時間を持て余して間延びしない事だけを切に祈ります。
次回は美海と光の絡みを増えそうで楽しみですよ。

ありがとうございました、次回も宜しくお願い致します。
失礼します<(_ _)>

がっちの言葉戯び


<<AKIBA'S TRIP2 第九日目 | ホームへ | AKIBA'S TRIP2 第八日目>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/841-b207fec4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

凪のあすから #07

『おふねひきゆれて』
  1. 2013/11/16(土) 18:06:18 |
  2. ぐ~たらにっき

凪のあすから 第7話「おふねひきゆれて」

凪のあすからの第7話を見ました。 第7話 おふねひきゆれて 放課後、木工室ではクラスメイト達が集まって修理した“おじょしさま”が遂に完成し、“おじょしさま”を中心に飾りや付属物が並ぶ光景に先生も目を輝かせていた。 そんな中、紡から昔のように海も地上も総出でやっていた「おふねひき」を出来ないかと提案があり、まなかやクラスメイト達も賛同する。 それを見た光は海村の説得を自...
  1. 2013/11/16(土) 18:11:39 |
  2. MAGI☆の日記

凪のあすから 第7話「おふねひきゆれて」

第7話「おふねひきゆれて」 JUGEMテーマ:漫画/アニメ
  1. 2013/11/16(土) 19:31:56 |
  2. Happy☆Lucky

凪のあすから 7話「おふねひきゆれて」の感想

子供のケンカ以下のレベル。 これまでの話がだいたい子供のケンカというレベルで繰り広げられてきて、 とりあえず融和の方向性が見えてきて光の感情的な要素はあるにしても、 共にお祭りをやろうと言う話で署名運動もやって大人たちを交渉の席に集めた。 いよいよ海と陸の根深い対立が見えてくるのか? と思ったらなにこれ……。 なんか海側が謝罪要求してこじれて、姉の恋人が出てきて掴み合いにな...
  1. 2013/11/16(土) 19:44:18 |
  2. 真実悪路

凪のあすから 第7話「おふねひきゆれて」

第7話「おふねひきゆれて」 みんなで協力しておじょし様が完成。 「おふねひきしたいな」 「おふねひきしたいね」 シンクロする紡とまなか。 二人の願いを叶えるために立ち上がる光。 中学生の間では地上と海のわだかまりは解けつつあります。
  1. 2013/11/16(土) 20:01:22 |
  2. いま、お茶いれますね

凪のあすから TokyoMX(11/14)#07

第7話 おふねひきゆれて 公式サイトから放課後、木工室ではクラスメイトたちが集まり“おじょしさま”完成に向けてラストスパートをかけていた。 「できたぁ〜っ!!」という声とともに、湧き上がる生徒たち。 完成した“おじょしさま”を中心に飾りや付属物が並ぶ光景に、先生も目を輝かせていた。 そんな中紡から、昔のように海も地上も総出でやっていた「おふねひき」を出来ないかと提案があり、まなかやクラスメイ...
  1. 2013/11/16(土) 20:18:39 |
  2. ぬる~くまったりと

凪のあすから 第7話 おふねひきゆれて

準備を進めていたおふねひきのおじょし様も立派な物が完成。 まなかと紡は「おふねひきしたいね。」、「おふねひきしたいな。」と同時に発言してそれをみんなに冷やかされ ...
  1. 2013/11/16(土) 20:42:33 |
  2. ゲーム漬け

凪のあすから 第7話「おふねひきゆれて」感想

ごりごりくんとホームベースバー食べたい(*´ω`*) 本物のおふねひきをするの! お目々がきらきらしてるの~♪海の色だ! お船ひきってなぁに?お祭り? 昔みたいに、海の人と陸の人がひとつになって力を合わせて。。。 できるかなぁ?できるといいな♪
  1. 2013/11/16(土) 21:16:54 |
  2. 空色きゃんでぃ

凪のあすから 第7話

「おふねひきゆれて」 おふねひきしたいね(な)
  1. 2013/11/16(土) 21:29:22 |
  2. 日影補完計画

凪のあすから 第7話感想

至らない至さん。うん、知ってた('A`|||)
  1. 2013/11/16(土) 23:52:13 |
  2. 誤・真夜中日記ミッドナイトモノローグ

アニメ感想 13/11/14(木) 凪のあすから #7

凪のあすから 第7話『おふねひきゆれて』ついにおじょし様が完成しました。なかなかの完成度ですよ。これは、派手にやりたくなるのも納得です。なんとか大人を説得して、無事に・ ...
  1. 2013/11/17(日) 03:18:13 |
  2. ニコパクブログ7号館

凪のあすから #7

【おふねひきゆれて】 凪のあすから 第1巻 (イベント応募券付き初回限定版) [Blu-ray]ジェネオン・ユニバーサル(2013-12-20)販売元:Amazon.co.jp おふねひきしたいね♪ 
  1. 2013/11/19(火) 01:30:40 |
  2. 桜詩〜SAKURAUTA〜

凪のあすから 第7話「おふねひきゆれて」

「おふねひき」イベントとともに物語は大きく動きます。 あかりを守る光はもうしっかり男でしたね。 陸に行ったあかりが、どうなっていくのか気になります。 放課後、木工室ではクラスメイトたちが集まり“おじょしさま”完成に向けてラストスパートをかけていた。 「できたぁ〜っ!!」という声とともに、湧き上がる生徒たち。 完成した“おじょしさま”を中心に飾りや付属物が並ぶ光景に、先生...
  1. 2013/11/19(火) 19:28:55 |
  2. 空 と 夏 の 間 ...

凪のあすから 第7話 「おふねひきゆれて」 感想

おふねひきしたい! ということでおじょし様完成。 前より豪華になっていませんか? 凪のあすから 第1巻 (イベント応募券付き初回限定版) [Blu-ray](2013/12/20)不明商品詳細を見る
  1. 2013/11/19(火) 22:53:09 |
  2. キラシナのアニメ・ゲーム時々教育の百戦錬磨日記