タイトル画像

AKIBA'S TRIP2 第二日目

2013.12.07(21:00) 831

AT2 1 (16)

シリーズ2回目、今回は登子やカティ、ナナとコンビを組んだり、
Rinちゃんのライブを観に行ったりと新しい体験がテンコ盛り。
いやまぁ、第2回目で既に新しい体験が無かったら大問題ですが。
毎日1~2時間、どうにか時間を作って進めてまいります。

男性陣があんまり物語に表だって絡んでこないのが淋しい限りですが、
今回は思わせぶりな新キャラも登場しますし、
人間関係の変化、そして物語の行方にますます大注目です。
・・・サブミッションばかりかまけてて全然メインストーリー進んでませんけどね。

後、戦闘が割かし厳しいです、自分の操作技術がショボいのを差し引いても。
与ダメージに対して被ダメージが物凄い多い気がするんですが、
もっと積極的に強化しまくらないと駄目なんですかねー。
妹様への貢ぎゲーが始まるか。

それでは宜しければ続きからご覧ください。

8-2 (1)8-2 (2)
8-2 (3)

白昼堂々、街中で囲んでくるエージェントスミス。
この世界ではとりあえず何をするにしても、
服を脱がせておけば安定行動という風潮なのは若干苦言を呈したいところですが、
そうは言っても襲い掛かってくる以上、脱がさないわけにはいかないのも事実。
新たに習得した酔拳スタイルで一網打尽の葬り去ります。
こういう、ストリップモーションを変化させられる仕様は楽しいですね。
流石に毎回同じモーションだと飽きが来るのは避けられないので。

8-2 (4)8-2 (5)
8-2 (6)
8-2 (7)8-2 (8)
8-2 (9)
8-2 (10)8-2 (11)
8-2 (12)
8-2 (13)8-2 (14)
8-2 (15)8-2 (16)8-2 (17)
8-2 (18)
8-2 (19)8-2 (20)

戦闘後に登場した新たなヒロイン、霞会さん。
本作では珍しい年上のお姉さん系ヒロインですよ。
えらい開放的な胸元から覗く谷間と見せブラが眩しいです。
まだ敵だか味方だか判別がつかない風情で語りかけて来てますが、
うーん、とりあえず雫ちゃんとは一生馬が合いそうにないのだけは分かります。
私はロリコンではないけど年下の方が好きなので雫ちゃんルートで今後も頑張る所存。

8-2 (21)

まだ未登場のヒロイン、Rin。
何処ぞの掲示板に出没してゲリラライブの告知をかますとは中々の強者です。
というかゲリラライブ自体は兎も角、事務所とか通さなくて大丈夫なのかしら。
それにしてももっと勝気なお嬢様をイメージしてましたが、
思っていた以上にイタい言動の女王様みたいですね。
まぁそうじゃないと登子とキャラが被るか。

8-2 (22)8-2 (23)
8-2 (24)
8-2 (25)8-2 (26)
8-2 (27)8-2 (28)
8-2 (29)
8-2 (30)8-2 (31)

新しいサブミッションが発生していたのでモグラに戻る前にお仕事お仕事。
まず1つ目は告白を決意した少年の恋のキューピッドになるというもの。
服装コーディネートはいいんですが、
告白の台詞を後ろからナビゲートって、それ絶対にバレるよね?

しかも選択肢がかなり酷くて、ついうっかり間違ったものを選びたくなる罠。
そもそも告白相手の情報を全く教えずに服装を選べってのも問題ですが、
告白して即OK貰えている時点で両想いだったので、結局は茶番に付き合わされただけ。
それで1万円貰えるのは、良いんだか悪いんだか。

8-2 (32)8-2 (33)
8-2 (34)
8-2 (35)8-2 (36)
8-2 (37)8-2 (38)8-2 (39)
8-2 (40)8-2 (41)
8-2 (42)
8-2 (43)8-2 (44)
8-2 (45)

2つめのサブミッション攻略の為には一度モグラに戻る必要があり、
当然の様にメインミッションの方が進行してしまいました。
まぁ別にどうしても先にサブミッションをやらなければいけない訳でも無し、
ゆっくりのんびり先程の出来事を報告していると、噂の当人が御降臨。
飄々とした大人の対応で場に順応し、お役立ちアプリを置いて颯爽と去って行きました。
うーむ、伊達に胸が大きいわけではありませんね。

8-2 (46)8-2 (47)
8-2 (48)
8-2 (49)8-2 (50)
8-2 (51)

それはさておき、掲示板でも本人自ら燃料投下して盛り上がっていたゲリラライブ。
どうやら登子はRinのファンなのかしらね、
情報を聞きつけて早速会場に乗り込もうと息巻いているところを見ると。

というわけでお話の都合上、雫から登子にパートナーがバトンタッチ。
ヒロイン毎に何か特性が違ったりするのか、単に好みの問題なのか。
どうせこの後、妹や霞会さん、カティともシナリオの都合上でコンビを組むんだろうなぁ。

8-3 (3)
8-3 (4)8-3 (5)
8-3 (6)8-3 (7)8-3 (8)
8-3 (9)

モグラから出掛ける前に、愛する妹とのお喋りタイム。
まだよく仕様が理解出来ていませんが、
おそらく会話内容によってナナの脳内メーカーに変化が顕れ、
上手い具合に絵柄を揃えられるとイベントが発生する的な。

とりあえず布団に包まってヌクヌクしている絵柄を消せば外に連れ出せるのかな。
最終的に一緒に散歩しようと誘ったら付いて来てくれましたし。
というわけで早速登子と別れてナナと兄妹デートにゴー。

8-3 (10)
8-3 (11)8-3 (12)
8-3 (14)
8-3 (15)8-3 (16)

もう1つのサブミッションでナナと一緒に大乱闘。
お互い3~4人を受け持つ様な多勢に無勢で、
兄が上半身を引ん剝かれている頃、愛する妹もパーカーを破かれ無惨な姿に。
しかもコレ、主人公は戦闘終了と同時に衣類が修復されますけど、
パートナーの方はエリア移動するまで破れた服はそのままなんですね。
今こうして画像を編集していて気付きました、写真取っておけば良かったなぁ・・・。

8-4 (1)
8-4 (3)8-4 (4)8-4 (5)
8-4 (7)
8-4 (8)8-4 (9)
8-4 (10)
8-4 (11)8-4 (12)

回り道をしましたが、ようやくやってきましたRinちゃんのゲリラライブwith登子。
会場が『リンちゃんなう!』の大合唱をしている中、
こちらはせっせと魔骸者識別アプリで炙り出した敵を狩りまくり。
思いっ切り路上で戦ってるんですが・・・。
あれ、アキバって歩行者天国復活したんですっけね?

8-4 (13)8-4 (14)
8-4 (15)
8-4 (16)8-4 (17)
8-4 (18)8-4 (19)8-4 (20)

戦闘後、何やらRinちゃんに睨まれてしまいましたが、
無事にお仕事をこなしたついでにライブ鑑賞も堪能したという事で、
満足してモグラに帰る流れだったんですが・・・。
カティのお買い物の荷物持ちとして御指名が入ってしまったので、
登子と別れて今度はカティとコンビを組む事に相成りまして候。

8-5 (2)8-5 (3)
8-5 (1)

赤く煌くサンバイザー。
帽子系がまだ1つも貰えない、というか破いてばかりな気がするので、
ちょっと頑張って店長印のものをアニメイトで購入。
何だか全身赤いコーディネートになってしまいましたが、
やはりこのサンバイザーを装着すると力が漲ってきますね。
というわけで溢れる想いを発散する為にカラオケで妹愛を叫んでまいりました。
うっかり買ってしまった、独眼竜っぽい眼帯付き。

8-7 (2)
8-7 (3)8-7 (4)8-7 (5)
8-7 (10)8-7 (11)
8-7 (23)8-7 (24)8-7 (25)
8-7 (26)
8-7 (27)8-7 (28)8-7 (29)
8-7 (30)

聴いている内に段々と癖になる、妹姫の喋り口調。
こちらはサブミッションではあるけれども、
依頼アプリには載らずにメールで直接呼び出しがかかる形なので、
どちらかというと妹ルートに向かう為に必要な連続フラグイベントなのやも。

初回の依頼はアキバに数多く存在するメイドさんの写真を5枚。
探し回る必要は無く、妹姫から5人全員の場所の指示まで頂けるので、
言われた通りに歩き回ってフレームに収めるだけの簡単なお仕事です。

8-7 (7)
8-7 (8)8-7 (9)

それはさておき、妹姫との会話を上手く運ぶと、
こうして頭をナデナデする事も可能。
前作の妹だったらお小遣い一択でしたが、今作の妹は素直に可愛いですね。
割と雫ちゃんに負けず劣らず好感度髙いです。
近親相姦まっしぐら。

8-7 (12)
8-7 (13)8-7 (16)
8-7 (14)8-7 (15)
8-7 (17)

メイドさんの写真を集めている最中にこなした、もう1つのサブミッション。
新型OSの発売日に、ソフマップ前にて群がる烏合の衆を蹴散らすお仕事です。
まぁ当然の如く殺気立った野獣の群れを実力行使で排除するわけですが、
傍観していると勝手に敵同士で殴り合いを始めるので、
暫く隅っこでジッとして漁夫の利を狙うのが賢い大人のマナー。

8-7 (19)
8-7 (20)8-7 (18)
8-7 (21)

更に更に、サブミッションは他にもあります。
こちらは街を歩く一般人からアプリで魔骸者を2人見つけ出し、誅滅するお仕事。
割と大勢の魔骸者が紛れこんでいるので探すのは楽なんですが、
問題は雫ちゃんにもノイズが発生、つまり魔骸者の陽性反応が出ている点。

そりゃまぁその可能性は勿論考えていましたが、
分類上は明らかに一般人である登子が普通に戦えていたので、
これまで確信にまでは至らずにいたところ。
まぁ魔骸者でも何でも、雫ちゃんが可愛いという点に於いて何ら変わる事はありません。
可愛いは正義。

8-8 (1)8-8 (2)
8-8 (3)
8-8 (4)8-8 (5)

サブミッションを一通り終えてようやくメインミッション再開。
折角コンビを組んでいるのに残念ですが、特に戦闘も無くまったりアキバデートで。
カティのメイド服って可愛いですよね、良く似合ってますし。
やはりメイド服というものはロングスカートしか認めてはいけないと思うんですよ。
安易な萌えに走らない、それが紳士淑女の嗜み。

8-8 (6)
8-8 (7)8-8 (8)
8-8 (9)
8-8 (10)8-8 (11)
8-8 (12)

カティのお使いに付き合って荷物持ちの任務を全うし、
モグラへと戻る際に出会った、如何にもな雰囲気の渋い男性。
主人公を魔骸者に改造してくれた例の薄緑髪の人の親族か何かかしら。
何となーく似てる気がしませんかね。
いずれにしても味方というよりは敵と言われた方がしっくりくる空気を纏い、
思わせぶりな言葉を残して何処かへ行っちゃいましたけど。
雫ちゃんの父親と言う線も無くは無し。

8-8 (13)
8-8 (14)8-8 (15)
8-8 (16)8-8 (17)
8-8 (18)

モグラに戻る前に発生したサブミッションを終わらせておきます。
仕事自体は道端で堂々とシャッターを切りまくっているローアングラー検挙ですが、
たまにこちらの攻撃に巻き込まれているのか、
通行人が突然参戦して来たりするんですよね、いつの間にか。
間が悪い時はそれが無限ループ的に繋がって、いつまで経っても終わらない輪舞。
正義の味方とは中々大衆に理解されないものです。

8-9 (2)8-9 (3)
8-9 (4)
8-9 (5)8-9 (6)AT2 9
8-9 (7)8-9 (8)
8-9 (9)8-9 (10)8-9 (11)
8-9 (12)

モグラに戻って早々、パトロールに駆り出されて相方に雫ちゃんを指名。
いつもと変わらない街の喧騒の中で雫ちゃんが詩的な事を呟いてます。
敵方もこちらの動きを邪魔に思って、こうして排除部隊を差し向けるくらいですし、
何かこちらもそれに対して対策を練らないといけない的な事を喋って。
これは新しい必殺技とかを編み出す、パワーアップフラグですね。
多分アレが来るんだろうとは想像はついてますが、それはまた次回のお楽しみで。



以上、2日目のプレイ行程でした。
要するに11月8日プレイ分ですね。
こうして1日分毎に纏めていければいいのかなと思いますが、
そこらへんはやっぱり分量の問題やリアルの都合でどうせ左右されるんでしょう。
とりあえず1周目クリアまではタッタカタッタカ記事を上げていこうかと思います。
アニメ感想も忘れてはいませんが、お陰様で金曜土曜の2作品は完全に遅れてますね。
その辺りのフォローも出来る限り早くやっていきたいです。

ありがとうございました、次回も宜しくお願いします。
失礼します<(_ _)>

がっちの言葉戯び


<<AKIBA'S TRIP2 第三日目 | ホームへ | AKIBA'S TRIP2 第一日目>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/831-791d8410
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)