タイトル画像

FFⅩⅣ-7:第5週目(9/16~9/22)

2013.10.25(21:00) 786

Copyright (C) 2010 - 2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
AFgse.jpg

“第5週”は段々記事にする事が少なくなってまいりました。
まぁレベリングなどはわざわざ載せるまでもないので、
基本的にはメインクエを進行したりクラスクエストを頑張ったり、
そういう部分がないとどうしても薄くなるのですが。
最近はレベリングもF.A.T.E.を待ちながらこうしてブログ書いたりという作業っぷりです。
開幕序盤の狂騒から解き放たれて、テンション的に落ち着いてきたとも言えるんでしょうか。


第5週目(9/16~9/22)時点
剣35(+4)・格10(+10)・斧10(+10)・槍10・弓10
幻31(+1)・呪26(+11)・巴43(+4)
革16・木16・裁22・彫12・錬49⇒50(+1)・調40⇒50(+10)
園25⇒26(+1)・採19⇒20(+1)

ff14-5-1 (2)
ff14-5-1 (3)ff14-5-1 (4)ff14-5-1 (5)
ff14-5-1 (6)ff14-5-1 (7)ff14-5-1 (8)
ff14-5-1 (9)ff14-5-1 (10)ff14-5-1 (11)
ff14-5-1 (12)ff14-5-1 (13)ff14-5-1 (14)
ff14-5-1 (15)

月曜日。
タイタン戦までメインクエを進め終わり、例の如く他の人の進行待ち状態にまでしておきました。
ヤ・シュトラはやっぱり美人さんですよね、
ミンフィリアのデザインがどうしても好きになれない分、こちらに心が揺れます。
サンクリッドももっとスコールみたいなノリのキャラだつたら面白かったのですが、
現状はお高くとまっている感じのヤ・シュトラの方が好き。

ff14-5-1 (16)ff14-5-1 (17)
ff14-5-1 (18)ff14-5-1 (19)

最近はレベルも十分上がってきたので余り製作リーヴの経験値には頼らず、
寧ろ不足しがちなシャード集めに利用してます、リーヴ受注権は全て。
錬金術や調理でたまに出る報酬にシャードが大量の依頼を受けてはこなす日々。
大口依頼だと1つの受注権で150個くらいシャード貰えますからね。
現在のマンドラ鯖のレートで約5000円、それに製作リーヴそのものの報酬も加わるので、
多少製作にお金をかけても元が取れる素晴らしい仕様。
そういう“良い依頼”が出るかどうかは完全に運ゲーですけどね。

ff14-5-2 (1)

レベル38に当たっツしたのでようやく解放しましたカッターズクライ。
これまたLSメンバー達とタイミングを合わせて行きたいですね、カルン埋没寺院同様。
初見でCF挑戦してワーキャー騒ぐのもいいですが、
仲間内で同じ様にワーキャー言いながら全滅しまくるのも楽しいのですよ。

ff14-5-2 (2)ff14-5-2 (3)
ff14-5-2 (4)

LSメンバーのブレフロ挑戦に付き合ってダンジョン突入直後。
緊急メンテナンスのメッセージチャットが流れて焦る一同でしたが、
いつも20分くらい猶予があるし急げば間に合うよね、と速攻で進むも間に合わず、
次々と人が落ちていく恐怖の中、
何故か私は強制鯖落ちされなかったので自らの手で幕を引いてこの日は終わりました。
おぉ怖い。
人がパタパタ落ちていくのって恐怖ですよね。

ff14-5-2 (5)ff14-5-2 (6)ff14-5-2 (7)
ff14-5-2 (8)ff14-5-2 (9)
ff14-5-2 (10)
ff14-5-2 (11)ff14-5-2 (12)ff14-5-2 (13)
ff14-5-2 (14)
ff14-5-2 (15)ff14-5-2 (16)
ff14-5-2 (17)

火曜日。
仲間達と共にメインクエストバトルです。
1人盾が足りなかったので野良の方1名加えて、
全員初見だったのかな、思っていたよりもダサいタイタンとの大一番、
完全に『ベルセルク』に出てきそうなノリしてますね。

まぁパワーゲイザー喰らったり岩に閉じ込められたりフィールドから転落死したり、、
挙句の果てには心臓だか何だかを破壊出来ずに見事に蹴散らされました。
やはりボスはこうでなくては。
リベンジを誓った2戦目は作戦会議が綺麗にハマったのか、特に苦労も無くクリア。
こういう試行錯誤と成功時の達成感は初見同士ならではです。

ff14-5-2 (18)
ff14-5-2 (19)ff14-5-2 (20)
ff14-5-2 (21)ff14-5-2 (22)ff14-5-2 (23)
ff14-5-2 (24)ff14-5-2 (25)ff14-5-2 (27)

タイタンを撃破して、いつもの如くミンフィリアオンラインに勤しむと、
“暁の血盟”本部は無残な有様になっておりますれば。
生き残りのシルフから記憶を読み取って状況を把握するも、
どうしていいかわからない私は右往左往。
こうなってしまうとミンフィリアオンラインが懐かしく思える不思議ですね。
タタルさん・・・。

ff14-5-2 (28)
ff14-5-2 (29)ff14-5-2 (30)ff14-5-2 (31)
ff14-5-2 (32)ff14-5-2 (33)

ミンフィリアからの言伝を頼りに、東ザナラーンの教会へと立ち寄った私。
色々と事情に通じているっポイ神父様と面会したり、
明らかに行方不明とか言われているシドと引き会わされたり、
舞台はどうも新しい局面を迎えているようですが・・・。
とりあえずイダやパパリモ、ヤ・シュトラにサンクリッドも死んだのでしょうか。
それともどこかで雌伏の時を過ごしているのかな。
合言葉の「のばら」で笑える人は中々の『FF』通。
『DDFF』のお陰で多少再認知されましたけども。

ff14-5-2 (36)
ff14-5-2 (37)ff14-5-2 (38)
ff14-5-2 (39)ff14-5-2 (40)
ff14-5-2 (41)

話は変わりますが遂にホワイトプリムのギルドリーヴが解放出来る年齢になりました。
お陰様で割のいい製作リーヴが解放されて、溜まっていたHQ品を納品しまくり。
錬金術も無事にレベル50、全てのクラスやジョブの中で初めてのカンストですね。
レベル50にしただけで終わりでは無くて、これからクラスクエストが延々待っているのですが、
とりあえずはおめでとうございますという事で1つ。

ff14-5-2 (42)
ff14-5-2 (44)ff14-5-2 (45)ff14-5-2 (46)
ff14-5-2 (48)

実はさっきから既に水曜日に入っていましたが。
ここは本作をプレイしていて割と精神的にキツい部分と言うか、
“暁の血盟”構成員の遺体を1つずつ拾い集めるという作業が中々にエグいです。
集めて墓場に運んで埋葬して、シルフの遺体は族長のところまで運んで、
割と素でテンションが落ちるイベント内容。

ff14-5-2 (49)
ff14-5-2 (50)ff14-5-2 (51)ff14-5-2 (52)
ff14-5-2 (53)ff14-5-2 (54)ff14-5-2 (55)
ff14-5-2 (56)ff14-5-2 (57)ff14-5-2 (58)
ff14-5-2 (59)

メインクエでは暫くシドと話をしながらお使いをいくつかこなし、、
その内現れたアルフィノによててシドと私は“暁の血盟”復興に向けて連行されます。
ここでも全く話題で触れられてないヤ・シュトラ達は「やはり退場したと考えるのが普通か。
襲撃事件の回想でミンフィリアが裏切り者っぽい存在に気付いてたみたいですが、
そうだとして可能性はアイツだけですよね、それ。

ff14-5-2 (47)
ff14-5-2 (61)ff14-5-2 (62)ff14-5-2 (63)
ff14-5-2 (64)ff14-5-2 (65)ff14-5-2 (66)
ff14-5-2 (67)
ff14-5-2 (68)ff14-5-2 (69)
ff14-5-2 (70)
ff14-5-2 (71)ff14-5-2 (73)ff14-5-2 (74)
ff14-5-2 (75)
ff14-5-2 (76)ff14-5-2 (77)
ff14-5-2 (78)

召喚士レベル35ジョブクエスト、タイタン討伐完了でようやく出番がやってきました。
例の如く、召喚獣を従える手段は対話(物理)と相場が決まっております。
蛮神姿は何とも言えない容姿でしたが、エギになると中々ずんぐりむっくりで可愛いですね。
謎の召喚士AFを着用している闖入者とのバトルも飛び入りで入り、
ジョブクエストが面白い方向に転がり始めました。
私のピンチに颯爽と現れて庇ってくれるタイタンが可愛いぞ。
あ、戦闘自体はかなり簡単だったので感想も特に無し。

ff14-5-2 (79)ff14-5-2 (80)
ff14-5-2 (81)ff14-5-2 (82)

ここからは引き続きメインクエ進行ですね。
途中で召喚士レベル40のジョブクエストもこなしてますが、
敢えて書く様な内容でもなかったので割愛。
舞台はいよいよ雪に閉ざされたクルザスの地へと移り、
物語が終盤に向けて加速していくのを否が応でも感じさせられます。

ff14-5-2 (83)
ff14-5-2 (85)ff14-5-2 (87)
ff14-5-2 (86)ff14-5-2 (88)ff14-5-2 (89)
ff14-5-2 (90)ff14-5-2 (91)
ff14-5-2 (92)ff14-5-2 (93)ff14-5-2 (94)
ff14-5-2 (95)ff14-5-2 (96)ff14-5-2 (97)
ff14-5-2 (98)

こちらは学者レベル40ジョブクエスト。
フェアリーって中々普段アップで見る事が無いので何気に初めてマジマジと見たのですが。
やはり可愛いですね、容姿もさる事ながら仕草が物凄い可愛いです。
今回のターゲットである学者トンベリもかなりの凶悪な可愛さを誇っていますし、
学者担当NPCのララフェルも良い感じですし、何気に学者ジョブクエストは当たりです。
ストーリーが何処に繋がるのかもまだ見えないところも想像を掻きたてられて良し。
フェアリー愛が高まります。

ff14-5-2 (99)ff14-5-2 (100)ff14-5-2 (101)
ff14-5-2 (102)ff14-5-2 (103)ff14-5-2 (104)

一通りジョブクエスト関係が進んだところで、
手が空いているLSメンバーを捕まえてレベル35ギルドオーダーへゴー。
ボムクイーンの方はレベル30オーダーだったかな、ゴブリンの爆弾祭りと同様、
お祭り騒ぎな戦闘で楽しかったです。
倒した後にもイタチの最後っ屁みたいな感じでボムを大量に召喚していきましたし。
初回ボ^ナス美味しいです。

ff14-5-2 (105)ff14-5-2 (106)
ff14-5-2 (107)

木曜日&金曜日。
インしている時間が短かったので呪術士のレベリングを少々やった程度。
他の作業をしながらF.A.T.E.待ちでレベリングをしつつ、
ようやく“迅速魔”を覚えるレベル26に到達して一区切り。
気分的にはレベル30まで上げていた方がキリがいいので迷うところなんですが。
幻術士も34まで上げてストンスキン覚えなきゃですし、
召喚士用に弓術士を34まで上げて“静者の撃”でしたっけ、ヘイト上昇抑えるスキル。
あれも覚えなきゃなんですよね・・・うーん、先は遠い。

ff14-5-2 (108)ff14-5-2 (109)

土曜日。
メインクエストのバトルでまたしてもバグって敵の増援が現れずに、
仕方なくログアウトをsてやり直すという事案が発生。
これも同時接続人数増加の弊害、なんでしょうかね。
そこまで大きな問題ではないとはいえ、頑張って戦闘してる途中でこんな状態になると、
やっぱり微妙なテンションに下がってしまいます。

ff14-5-2 (111)
ff14-5-2 (112)ff14-5-2 (113)
ff14-5-2 (114)
ff14-5-2 (116)ff14-5-2 (117)

さて、忙しい中でも面子が揃ったところで、カルン埋没寺院へ突撃ゴー。
雰囲気ある遺跡の中を楽しみながら、普通に雑魚を薙ぎ払いつつ進んで、
最初のボスであるタウルス族との対決。

例の如くタウルス族とかイヤらしい記憶しかないのですが、
その予想通りと言うか、“死の宣告”の初見殺しで仲良く皆全滅しました。
2回目は解除方法を何となく理解してから望んだにも関わらず、
今度は増援の蜂の“ファイナルスピア”で即死してまたしても全滅。
粗方作戦方針が固まった3回目も苦戦は免れず、仲間達がパタパタ死んでいく中、
最後に自分だけが生き残って、フェアリーの回復でか細く命を繋ぎながら、
DoTマラソンでどうにかギリギリの勝利を捥ぎ取って候。
先行きが不安になる程の難易度ですね、怖過ぎます。

その次の中ボスもネタが判明しきらなかった1戦目は範囲攻撃をモロに喰らってほぼ即死。
最近は妖精を移動指示させずに本体ごと動いているのですが、
その結果敵の範囲攻撃に巻き込まれる事もザラだったり。
盾のポジションチェンジの度に妖精の位置を変更するの、
余裕がある時ならまだしも回復に追われまくりの時は難しいんですよね。
まだまだ学者という職業に慣れない感が満載です。

ff14-5-2 (118)
ff14-5-2 (119)ff14-5-2 (120)ff14-5-2 (121)
ff14-5-2 (122)ff14-5-2 (123)
ff14-5-2 (124)

最奥のボスは非常に微妙な仏像さん。
これに比べたらまだタイタンとかマシかな。
戦闘自体はそこまで凄い強いとは思わないんですが、
とにかく周囲の雑魚が五月蠅くて五月蠅くて・・・。

レーザー光線や隔離フィールドからの範囲攻撃が飛び交う中、
回復が間に合わずに1人また1人と倒れていって、
最後の5分間くらいは盾と2人で右往左往しながら削り勝ちしました。
死人出しまくりでヒーラーとしてはどうなんだって感じですが、
残り時間3分くらいでどうにかこうにかクリア出来て良かったです。

ff14-5-2 (125)

日曜日。
遅れて始めたフレとの初PTでタムタラへ。
普段メイン詩人でプレイしているフレの、
2ndキャラのメインクエストについていった恰好なのですが。
やはり定期的にダンジョンに潜ると楽しいですね。
低レベル高レベル関係無く、PTバトル自体が楽しくて良い気分転換になります。
白魔道士とか物凄く久し振りにPTで出したので、
マクロ位置とか間違えまくりで一回全滅させたのは内緒の話。

ff14-5-2 (126)ff14-5-2 (127)
ff14-5-2 (128)
ff14-5-2 (129)ff14-5-2 (130)
ff14-5-2 (131)
ff14-5-2 (135)ff14-5-2 (136)ff14-5-2 (137)
ff14-5-2 (138)

さて、本日はレベル35に到達したナイトのレベル35ジョブクエストや、
全然こなしていなかった呪術士のレベル10クラスクエストを受けつつ、
趣向を変えて遂にアディショナルアクション用に格闘士と斧術士を上げようかと画策。
NPCチュチュトも奇抜さはありませんが、さっぱりした良い性格のお姉さんと言う感じですね。
ギルマスの爺ちゃんも面白い性格していますし、クラスクエストはやっぱり面白そうだなぁ。
そのままレベル10まで上げて一旦休憩。

ff14-5-2 (139)ff14-5-2 (140)ff14-5-2 (141)
ff14-5-2 (142)ff14-5-2 (143)ff14-5-2 (144)
ff14-5-2 (145)
ff14-5-2 (147)ff14-5-2 (148)
ff14-5-2 (149)
ff14-5-2 (151)ff14-5-2 (152)ff14-5-2 (153)ff14-5-2 (154)
ff14-5-2 (155)ff14-5-2 (156)ff14-5-2 (157)
ff14-5-2 (158)ff14-5-2 (159)ff14-5-2 (160)ff14-5-2 (161)

ウルダハにいる内に、と先に呪術士クラスクエストを進めます。
レベル10を終えて相変わらずのブラコンギルマスの醜態を生温かく眺めた後、
続いてレベル15クラスクエストを受注。
呪術士らしくスリプルで敵の歩哨を眠らせながら潜入するという面白いバトルの後、
こっそりついてきたココブシちゃんを前衛に押し立ててのバトルも。
悪魔も絡んできたこのブラコン物語は何処へ向かうのやら。

ff14-5-2 (162)
ff14-5-2 (163)ff14-5-2 (163-2)
ff14-5-2 (164)
ff14-5-2 (165)ff14-5-2 (166)
ff14-5-2 (168)

そこまで終わらせた後はリムサに移動して斧術士の習得とレベリング。
これまたF.A.T.E.と討伐手帳で、まったりソロながら1時間程度で10到達は楽ですね。
斧術士はどうなんでしょう、こうやって自分でプレイしていても、
盾と言うよりはDPSなんじゃないかなーと思うんですが。
勿論防御力は装備品の関係でDPSよりは全然高くなるとは言え、
シールド持てない分、やはり肉盾としては厳しいんじゃないかなーという使用感。
もう少しレベルが上がれば事情も変わるんですかね。

ff14-5-2 (167)

関係無いですがこのリムサの初期クエストにも関わる案内係のメスッテ姉妹。
可愛いですよね、ピンク髪のメスッテ。
自分で使うのはかなり気が引けますが、他人が使用しているのを見るのは楽しいです。
そういうのばっかりなんですけどね、キャラメイクって。
この露出控えめのシックな衣装も良く似合ってます。
その中で光るミニスカガーターの絶対領域。
PCでアップで接写するともっと綺麗なんだろうなぁ。



そんな感じで変態チックに終わります第5週。
日によっては本当に書く事も無くなってきて、
少しずつ記事のスリム化もはかられてきている今日この頃。
相変わらず日曜日に上げるのは無理なので投稿曜日が今後変わるかもしれませんが、
飽きるまでこうして自分で見返す様に記録していきたいと思います。

ありがとうございました、次回も宜しくお願い致します。
失礼します<(_ _)>

がっちの言葉戯び


<<魔界王子 第12話「realist but romanticist」(終) | ホームへ | ハイスクールD×D NEW 第12話「二天龍、激突!」(終)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/786-89532f3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クロムハーツ 財布

FFⅩⅣ-7:第5週目(9/16~9/22)|がっちの言葉戯び
  1. 2013/10/23(水) 02:48:23 |
  2. クロムハーツ 財布