タイトル画像

FFⅩⅣ-6:第4週目(9/9~9/15)

2013.10.19(21:00) 778

Copyright (C) 2010 - 2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
AFgse.jpg

“第4週”は再びの長時間メンテによる状況改善が。
今回は本当に本気らしく、放置キャラ対策やその他諸々、
色々と変わっている部分が多いそうです。
とはいえ今週はあんまりプレイ時間取れなかったのが悲しいところですが、
まぁメインクエを進めて、巴術士頑張ってみました。

第4週目(9/9~9/15)時点
剣25⇒31・槍10⇒10・弓10⇒10・幻30⇒30・呪15⇒15・巴27⇒39
革16⇒16・木16⇒16・裁22⇒22・彫12⇒12・錬46⇒49・調31⇒40
園25⇒25・採18⇒19

ぐれんさい
b545971b.jpg114-3 (7)

月曜日。
初の季節イベント“紅蓮祭”の開幕となった週初め。
水着単体ではそれ程でもないんですが、
水着姿で戦闘してるとシュールさが際立って中々面白いです。
そんな嬉し恥ずかしなイベントから始まる第4週。

ff14-4-1 (1)
ff14-4-1 (2)ff14-4-1 (3)
ff14-4-1 (4)ff14-4-1 (5)

受付のお姉さん達がセクシー。
三国の首都でこうして専用NPC達が来んS熱丁寧にイベントについて教えてくれます。
でも肝心要の、任務場所を教えてくれず結構ここで困ってる人も何人か。
かくいう私も情報聴き逃しているんじゃないかと暫くウロウロしてたんですけどね。

ff14-4-1 (6)
ff14-4-1 (7)ff14-4-1 (8)

まぁ他の作業をこなそうとクォーリーミルに向かう途中で、
運よくなのか分かりませんがF.A.T.E.に行き会って疑問は氷解。
一回で20~30個くらい交換用アイテムが貰えます、これは思ったよりも簡単に終わりそう。
言っても合計で100個も要らない風でしたからね、水着全種類揃えるにしても。
気楽に出来るのもお祭りイベントらしさ。

ff14-4-1 (10)

関係無いですがこのレッドベリー砦のF.A.T.E.、経験値美味しいですよね。
ハイブリッジ三連戦とかに比べると比較が難しいですが、
頑張って金賞取れば20000以上の経験値が貰える、かなり美味しい場所。
剣術士とかならフラッシュを撃っているだけで簡単に金賞ですし、
こんなに楽な経験値稼ぎもありません。

ff14-4-1 (9)ff14-4-1 (11)
ff14-4-1 (12)
ff14-4-1 (13)ff14-4-1 (14)ff14-4-1 (15)
ff14-4-1 (16)

今週はガッツリ進めようとメインクエを辿ります。
1ジョブ目に限って言えば、メインクエを進めるだけで勝手にレベル上がりますものね。
その辺り、楽でいいです。
問題は2ジョブ目のレベリングなんでしょうけれども、
正直現状で巴術士以外を上げるつもりもあんまりないんですよね。
他のジョブはLS内にスペシャリストが居るし、うーん。
見た目的にはモンク上げたいですけど、もう2人いるしなー。

ff14-4-1 (17)ff14-4-1 (18)
ff14-4-1 (19)

こちらはギルドリーヴ中にF.A.T.E.が発生して、
経験値がちゃんと貰えるのか若干不安ながらもリーヴを一旦放置してF.A.T.E.に参加してみたら、
ちゃんと報酬貰えてその後リーヴに戻ってクリアもちゃんと出来て一安心の図。
何を言っているかわかりづらいかもですが、これも実験の1つですね。
リーヴ中だとF.A.T.E.に参加しても表示が出ないので、少し不安だったんです。

ff14-4-1 (21)
ff14-4-1 (22)ff14-4-1 (23)ff14-4-1 (24)
ff14-4-1 (25)
ff14-4-1 (26)ff14-4-1 (27)ff14-4-1 (28)
ff14-4-1 (29)ff14-4-1 (30)

メインクエストバトル“若き血の暴走”。
既に済ませている人や、この後挑戦した人から話を聞くと結構大変みたいに聞きましたけど、
少なくとも巴術士的にはかなり楽な戦闘でした。
まぁカーくんが一度フルボッコにされて消滅してしまいましたけど、そのくらい。

巴術士はインパクトは無いですが、
地味に頑張れるクラスなのでこういう戦闘には結構向いています。
あ、召喚士は現状、巴術士にダメージ効率で勝っている気がしないので全然出してません。
イフリートの攻撃力、そんなに高くない気がするんですよね、召喚士だとエアロも使えませんし。
もうちょっと考えないと出番無いなぁ。

ff14-4-1 (32)

ここでLSメンバー内でトトラク未クリアの人のお手伝い。
画像はアレです、暇だから1人称視点でアップで眺めて楽しんでいたら、
増援のタゲが仲間に向いているのに気付かずにボーッとしていた時のモノですね。
ただまぁ、ボスは今回はネタも割れているのでしっかり対策して特に問題無く倒せました。
成長している感じがするし。

ff14-4-1 (39)
ff14-4-1 (40)ff14-4-1 (41)
ff14-4-1 (42)ff14-4-1 (44)ff14-4-1 (45)
ff14-4-1 (46)ff14-4-1 (47)
ff14-4-1 (48)
ff14-4-1 (49)ff14-4-1 (50)
ff14-4-1 (51)

巴術士レベル20クラスクエスト、だったかな。
マスターから貰った大事な魔道書を海に投げ捨てられ、失意の中で姿を消したク・リヒャの捜索。
何だかんだで愛されているク・リヒャ。
皆がこぞって魔道書の捜索、及び奪還を手伝ってくれる中、
エルストータをうっかり見殺しにしてしまいましたがクリアはクリア。
まだク・リヒャの心の傷は晴れないみたいですが、ともあれこれで一歩前進。

ff14-4-1 (52)
ff14-4-1 (53)ff14-4-1 (54)
ff14-4-1 (55)ff14-4-1 (56)ff14-4-1 (57)
ff14-4-1 (58)ff14-4-1 (59)ff14-4-1 (60)
ff14-4-1 (61)
ff14-4-1 (62)ff14-4-1 (63)
ff14-4-1 (64)

引き続きレベル25のクラスクエスト。
お師匠様格好良いなぁ、変態だけど。
サンクリッドよりもこの人の方がゆうきゃんボイスとか合いそうですけどね。
各クラスクエストも結構話が面白いので、ボイス付きでやって欲しかったと、
まぁ前も同じことを言った気がしますが切にそう思います。

ff14-4-1 (65)
ff14-4-1 (66)ff14-4-1 (67)
ff14-4-1 (68)

言いつけ通りク・リヒャの前で華麗なダンスを踊りながら魔道書を差しだすオサレな私。
夕陽をバックに何やら悟りを開いた風のク・リヒャが語っております。
単純な顔の造形だけならシルフィーとかの方が可愛いのでしょうが、
何でしょうね、ク・リヒャの方が構いたくなる可愛さと言うか、流石は猫というべきか。
・・・ミコッテって猫なのかしら?

ff14-4-1 (69)
ff14-4-1 (70)ff14-4-1 (71)
ff14-4-1 (72)
ff14-4-1 (73)ff14-4-1 (74)

更に更に、レベル30のクラスクエスト。
正直今の今まで判じかねていたク・リヒャの性別ですが、ここでようやく確定。
まぁどっちでも可愛い事に変わりは無いんですが、それにしてもセクシー。
水着にガーターベルトみたいなこの格好は中々にエロいです。
良い身体してやがるぜゲッヘッヘ。

ff14-4-1 (75)
ff14-4-1 (76)ff14-4-1 (77)ff14-4-1 (78)
ff14-4-1 (79)
ff14-4-1 (80)ff14-4-1 (81)ff14-4-1 (82)
ff14-4-1 (83)
ff14-4-1 (84)ff14-4-1 (85)
ff14-4-1 (86)

船の中で半裸を晒すク・リヒャを視姦した後、コートを被せてあげる紳士な私。
お師匠様の真似っこの、衝天ポーズが見事に決まって検閲(物理)タイムです。
今回はエルストータ達の助力はなく、ク・リヒャにカーくんと、2人にして4人の戦い。
ちなみに画像枚数が多いのはク・リヒャが可愛いからです、他意はありません。

ff14-4-1 (88)
ff14-4-1 (89)ff14-4-1 (90)ff14-4-1 (91)
ff14-4-1 (92)ff14-4-1 (93)ff14-4-1 (94)

戦闘パートは特に問題も無く、ク・リヒャの張った被ダメージ軽減フィールドを上手く利用しつつ、
互いに各個撃破で敵の数を減らしていきます。
ク・リヒャは盾型のトパーズが大好きなので、
タゲを引き受けて貰っている間にウチのエメラルドが1匹1匹片付ける連携。
うん、まぁ、特に問題も無かったですね、ク・リヒャが死にかけましたけど何も問題無し。

ff14-4-1 (95)
ff14-4-1 (96)ff14-4-1 (97)
ff14-4-1 (98)
ff14-4-1 (99)ff14-4-1 (100)
ff14-4-1 (101)

“先読”の称号は伊達じゃありません。
完璧なまでに相手の思考を読み取ってのチェックメイト。
これでこそ完全に“過去”を乗り越える、鮮やかな勝利と言えるのではないでしょうか。
最初に登場した時は勘違いの“自称・天才くん”かと思っていた彼女ですが、
どうしてどうして、皆が認めて信を置く立派な戦術家さんでした。

ff14-4-1 (103)
ff14-4-1 (104)ff14-4-1 (105)
ff14-4-1 (106)
ff14-4-1 (108)ff14-4-1 (109)
ff14-4-1 (110)

ク・リヒャとの別れ。
シルフィーの時もそうでしたが、再会する事はあるんですかね、今後。
ジョブクエストになってからは別のNPCにクエスト担当が引き継がれるから無理かな、
どうなんでしょう、また会いたいですけどね。
NPCの中ではク・リヒャが現時点で一番可愛くて好きでした。

ff14-4-1 (111)
ff14-4-1 (112)ff14-4-1 (113)
ff14-4-1 (114)ff14-4-1 (115)ff14-4-1 (116)

眠いですけど今晩中にやっておきたいと学者取得クエストまで続けて。
こちらは全く苦労の欠片も無い戦闘をこなすだけの簡単なお仕事で、
あっさり学者になる事が出来ました。
白魔の時もそうでしたけど、一緒に戦うNPCが強いのでジョブ取得クエって楽ですよね。
クラスクエストもクラスによっては凄い簡単ですけど。
巴術士とか剣術士は楽だったかな、幻術士は大概辛かった印象です。

ff14-4-1 (117)ff14-4-1 (119)
ff14-4-1 (120)

火曜日。
折角だから召喚士も覚えようと、呪術士のレベリング。
F.A.T.E.と討伐手帳であっさりとレベル15まで到達しました。
F.A.T.E.乱戦時のブリザラ連発で経験値が美味しいです。
こんな便利な魔法持ってるのか呪術士、ずりー。
幻術士や巴術士でちまちまエアロとか撃ってたのが馬鹿らしくなるレベル。

ff14-4-1 (118)

そうそう、ウチのフリカンもランク5に到達して、
これでフリーカンパニーアクションなるものが使用可能になりました。
要するに余ったポイントで色々な経験値アップのバフがメンバー全員にかかるみたいな。
これが地味ながら中々に素敵仕様っぽいですよ奥さん。

ff14-4-1 (121)

私のリテイナーその1、お嬢さん。
ぶっちゃけ自分自身のドッペルゲンガーとなっております、細部は違うんですが。
一番違うのは胸の大きさですね、お嬢さんの方は巨乳さんです。
言ってもミッドランダー自体が貧乳さんなので、大きいと言っても微妙ですが。
エレゼンとかルガディンだと、最大にすると胸の大きさ半端なさそう。
ララフェルとかは逆に、設定で変えても外見で判別出来る程変わるのか疑問。

ff14-4-1 (122)

レベル30になった巴術士シリーズの為に再びHQ武器を自作。
こういう時じゃないと輝けない私の錬金術はどうなんだって感じですが、
まぁこれからレベルが高いIDとかに挑戦する様になれば薬品達の出番も増えますよね。
そう信じて頑張ってます。

剣術士やってる時、どうしても状態異常回復などでヒーラーが手一杯な事もあって、
たまにハイポ飲んだりする場面もありますし。
ただ、もう少しアイテムリキャストが短いと良いんですけどねー。
バランス上、仕方ないんでしょうけれども。

ff14-4-1 (123)

そうそう、召喚士取得クエストも受けるだけ受けましたが、
この後違うゲームで遊んでたので実際に挑戦するのはかなり後。
何だかヤ・シュトラの親戚みたいなヤ・ミトラさんから話を聞けとの事です。
それはいいんだけど、何故グリダニアにいるんだこの人・・・。

ff14-4-1 (124)
ff14-ex (2)

あれこれ移動している間に専用F.A.T.E.を相当数経験して、
水着全部揃えました、やり過ぎてたらしく交換アイテム100個くらい余りましたけどねー。
カンパニーチェストに余りを入れておきましたけど、誰も取る気配が無いあたり悲しい話。
色んな種族の水着姿を綺麗に観たいんですけどね。
誰も興味が無いそうです、ちぇ。

ff14-4-1 (125)ff14-4-1 (126)

さて、数時間後に再びエオルゼアに戻って来ての、召喚士クエストです。
とはいえその前に、邪魔っけな水着を宿屋に預けたり、入手した花火で遊んでみたりと、
逸る心を整えてから挑みましょうと言う事で。
花火、綺麗ですね、夏を感じます。
もう夏って言うか秋なんですけども。
まだまだ残暑が厳しいですからね、風流なのも悪くは無いです。

ff14-4-1 (127)
ff14-4-1 (128)ff14-4-1 (129)
ff14-4-1 (130)
ff14-4-1 (131)ff14-4-1 (132)

ヤ・ミトラに言われるがままに今度はリトルアラミゴの更に南の砂漠へと向かう事に。
多分他に順路があるんでしょうが、私は普通にリトルアラミゴから直接南下して、
途中レベル40後半の雑魚敵がうろつく中を見つからない様にドキドキしながら抜けました。
うーん、でも『FFⅩⅣ』ってアクティブな敵が少ないですし、
感知方法も視覚オンリーっぽいので躱していくのも大して苦でもないですし。
散歩するだけなら低レベルでも割と余裕な世界。

ff14-4-1 (133)
ff14-4-1 (134)ff14-4-1 (135)
ff14-4-1 (136)
ff14-4-1 (137)ff14-4-1 (138)ff14-4-1 (140)

古来から召喚獣を従わせるには物理的な交渉術と決まっております。
というわけで私がお前のご主人様だと認めさせる為に殴りかります。
カーくんはまぁいいとして、ヤ・ミトラまで参戦するのは意外と言うか、
これだと私一人の力で倒してないから駄目、とか言われそうで若干怖かったですが、
イフリートは潔い性格なのか、ちゃんと契約してくれました。
じぇんとるまーん。

ff14-4-1 (141)

学者のフェアリーも、召喚士の召喚獣も独特の可愛らしさ。
『Ⅺ』の時みたいに召喚獣がそのままついて来るよりは、
こうしてマスコット的姿になってくれてる方が可愛くて嬉しいです。

次のジョブクエストはタイタン討伐後。
要するに次に覚えるのはタイタン召喚って事ですね。
イフリートがアタッカー型でタイタンは盾型かな。
ガルーダはどうなるんだろう、ヒーラー型ってわけでもないでしょうが。

ff14-4-2 (3)

水曜日。
グラカンの階級を上げる為に、フレと一緒にグラカン討伐手帳R1の敵を巡ってきました。
意外と微妙な場所に居たりする子が多くて、
中々に大変でしたがどうにかこうにか、1時間とかからずコンプ完了。

ff14-4-2 (4)ff14-4-2 (5)
ff14-4-2 (6)ff14-4-2 (7)
ff14-4-2 (8)ff14-4-2 (9)
ff14-4-2 (10)

溜まっていた軍票を吐き出して、一気に3階級特進。
色々新しい要素が解放されてウハウハかと思いきや、
期待していた希少品調達任務はEX属性のついたIDを引き取ってくれるだけっていうね。
もっと多くの軍票が貰える任務を想定していただけにこれは割とショックでした。
しかも買い取り価格もかなり安いし・・・。

ff14-4-2 (11)
ff14-4-2 (12)ff14-4-2 (13)

色々やっている裏でメインクエも進行させて、次なるID“ハウケタ御用邸”を解放。
この執事みたいな男性が言う“お嬢様”が明らかにボスなフラグなんですけど。
この辺りから拾える装備品も良いものが出ると聞きますし、
代わりに相応に難易度も上がっているとも聞きますし。
まぁLSでメンバーが揃ったら突撃してみましょうとも。

ff14-4-2 (14)ff14-4-2 (15)ff14-4-2 (16)
ff14-4-2 (17)ff14-4-2 (18)ff14-4-2 (19)
ff14-4-2 (20)ff14-4-2 (22)ff14-4-2 (23)

そうそう、身内でレベル30ギルドオーダー2つにも挑戦しました。
1つ目のモルボルのヤツは1回目、
泡を舐めきっていたら処理しきれずに数の暴力で蹂躙されてギブアップ。
キチンと各々の役割を再確認して挑んだ2戦目は特に危なげなくクリア出来ました。
ちなみにもう1つの方は特に何のコメントも無いくらい簡単で特に何も。
オーダーもこの辺から難易度上がってきましたね。

ff14-4-2 (25)
ff14-4-2 (26)ff14-4-2 (27)
ff14-4-2 (28)ff14-4-2 (29)ff14-4-2 (30)
ff14-4-2 (31)ff14-4-2 (32)

木曜日。
大規模メンテナンスが施工され、その終了時間から1時間後くらいにインしてみたら、
特に問題も無くスムーズに入れて一安心。
というわけで本日は、前日レベル30まで上げておいた剣術士のクRスクエストを進めます。
レベル15でシールドロブを取得して以降、一度も戻って来てなかったのでレベル20から。

ミラとアルディスの複雑な過去が垣間見えますが、
イマイチこの剣術士クエストは個人的に盛り上がらないというか。
アルディスもミラも、そこまで思い入れが持てないんですよねキャラ的に。
こればっかりは個人の趣味なのでどうしようも無いのですが、
剣術士をやっていてあんまりテンションが上がらないのもここに起因しているのやも。

ff14-4-2 (33)
ff14-4-2 (34)ff14-4-2 (35)
ff14-4-2 (36)ff14-4-2 (37)
ff14-4-2 (38)ff14-4-2 (39)ff14-4-2 (40)

戦闘自体はレベルが高いせいか凄い簡単。
新しく出てきたアルディスのライバルっぽい人とかいますが、
その配下のムーンキーパーなメスッテさんが中々狂信者っぽくて可愛いです。
こういうキャラの方が私のテンションを上げてくれます。
人間ってそんなもんよね。

ff14-4-2 (41)ff14-4-2 (42)
ff14-4-2 (43)ff14-4-2 (44)ff14-4-2 (45)
ff14-4-2 (46)ff14-4-2 (47)ff14-4-2 (48)
ff14-4-2 (49)
ff14-4-2 (50)ff14-4-2 (51)
ff14-4-2 (52)

とかいってたら次のレベル25クラスクエストでは、そのメスッテとの1vs1。
アルディスは余裕をかましているのか観戦モードだし、
メスッテも偉そうに襲いかかって来た割りには物凄い弱いし。
というわけで特に何の問題も無くクリアです。
敵のWS範囲が見えるのって楽ですよね、『Ⅺ』の時と違って。

ff14-4-2 (53)
ff14-4-2 (54)ff14-4-2 (55)ff14-4-2 (56)
ff14-4-2 (57)

どんどんいきます、レベル30クラスクエスト。
謂れの無い罪で捕縛されたあルディスを助ける為に、
無実を証明する証拠を求めてリトルアラミゴのゴロツキどものアジトに潜入工作。
ダンボ-ルが欲しくなるようなヒリヒリする緊張感の中、
最低限の戦闘で行く手を塞ぐ敵を秘密裏に排除し、
どうにかこうにか乱戦になる前に目的の物を回収する事に成功しました。
たまにはこういう風情も悪くなし。

ff14-4-2 (59)
ff14-4-2 (60)ff14-4-2 (61)ff14-4-2 (62)
ff14-4-2 (63)ff14-4-2 (64)ff14-4-2 (65)
ff14-4-2 (66)ff14-4-2 (67)

“ナルザルの双剣”が勝手に一騎打ちで盛り上がっているのを余所に、
駆け付けた剣術ギルドの精鋭達とその他の雑魚を片付けていく流れ。
結局証拠集めが何の意味も無かったばかりか、
ミラ達もこうして駆けつけるならさっきまで色々歩き回って頑張っていた、
私のあの苦労が完全に無駄骨になってしまうんですが、それについてどう思いますかね。

ff14-4-2 (68)ff14-4-2 (69)
ff14-4-2 (70)ff14-4-2 (71)

で、肝心の戦闘なんですが。
途中立ち塞がる敵を薙ぎ倒して橋の上のミラ達と合流し、
群がる敵を全て相当完了したところで異変が。
戦闘が終わる気配も無いし、かといって増援が出てくるわけでもないし。
そんな感じで待つ事5分以上。
これはバグだと諦めてバトル中にログアウトする羽目になりました。

ff14-4-2 (72)ff14-4-2 (73)
ff14-4-2 (74)

勿論一連のイベントをもう一度見せられて、再び邪魔な敵を排除しつつミラ達と合流。
今度はちゃんと、先程出て来なかった呪術士などの増援も現れて乱戦になりましたが、
正直それほど苦労する事も無く、簡単なお仕事でした。
一番の敵はバグですね、やっぱりこのゲームは。
おぉ怖い。

ff14-4-2 (75)ff14-4-2 (76)
ff14-4-2 (77)ff14-4-2 (78)ff14-4-2 (79)
ff14-4-2 (80)ff14-4-2 (81)ff14-4-2 (82)
ff14-4-2 (83)ff14-4-2 (84)ff14-4-2 (85)
ff14-4-2 (86)
ff14-4-2 (87)ff14-4-2 (88)

こちらがシステムの不具合なのかバグなのか、そんなのと戦っている間に、
アルディスの方も自身の因縁に決着をつけた模様。
その後はやはり、ミラとは別離の道を行くアルディスを見送って、
何となく残されたミラと一緒に皆で体育会系のノリで湿っぽさを吹き飛ばしてイベント終了。
クラスクエストのNPCは全員いなくなりますね、そういう仕様なんでしょうけれども。
物寂しさを感じるなー、将来的に拡張ディスクとかの追加イベントでの再会を希望します。

ff14-4-2 (89)
ff14-4-2 (90)ff14-4-2 (91)
ff14-4-2 (92)ff14-4-2 (93)

感動も覚めやらぬうちにナイト習得クエストを続けざまに開始。
他のジョブクエと同じ様に新しい担当NPCが出てくるのですが、うーん。
白魔道士のラオ・ヤとア・ルンはまだ主要キャラの身内と言う事で良いんですが、
学者に召喚士、ナイトと微妙なキャラ選出が続きますね。
可愛かったり格好良かったりは勿論同意ですが、何でしょう、萌えないし燃えない。

ff14-4-2 (95)

そういえばメンテでのパッチで仕様変更されたんでしょうか。
以前は崖から落ちても即死は無くて、HP1で生き残っていた様に思うんですが、
ナイトクエストで戦闘中にうっかり足を滑らせて崖から落ちて、そのままお亡くなりに。
チャットしながら戦闘するもんじゃないですね、モンハンでも良くそれで死んでました。

ff14-4-2 (96)
ff14-4-2 (97)ff14-4-2 (98)ff14-4-2 (99)
ff14-4-2 (100)ff14-4-2 (101)ff14-4-2 (102)
ff14-4-2 (103)

再び挑戦しにいって、今回はキチンと足元に気をつけながら戦闘に勝利し、
出てきたルガディンナイトのオッサンからの贈り物を依頼主に届けてコンプリート。
何やらこの両者の間にも並々ならぬ因縁がある模様ですが、
ジョブクエストはどうもクラスクエストよりも盛り上がらない気配がビンビンです。
でもこのルガディンナイトは格好良いなぁ、ここだけはテンション上がりそう。
『Ⅺ』のガルカナイトも格好良かったですものねー。

ff14-4-2 (104)

22時からの緊急メンテでLSメンバー達が次から次へとバタバタ落ちていく恐怖の劇場。
テレポとかは大丈夫なのに街中を歩いていたらいきなり落とされたり、
さっきまで普通に喋っていた人が次の瞬間落ちていたり。
恐ろしい世界ですエオルゼア。

FF14-4-3 (9)
FF14-4-3 (10)FF14-4-3 (11)

金曜日。
今日の活動はずっと延ばし延ばしだったバディチョコボの解放から。
まぁ、そもそもどこで解放するのか分からずにLSに聞いてやってきたんですが。
アイテム消費型の召喚ペットで、中々攻撃力も高そうなのは悪くないんですが、
召喚中はマウントに乗れなくなるのが困りもの。
でも可愛いんですよね、カーくんと2匹で頑張って貰ってます。

FF14-4-3 (12)

レベルが規定に到達したらしく、メインクエ進行の途中で立ち寄ったF.A.T.E.の、
そのついでに立ち寄った“カルン埋没寺院”を解放しておきました。
レベル35以上からなのでまだLS内ではいけないかな。
ギリギリいけなくもないですが、まぁ慌てる様なものでもないですし、
ゆったり皆が行ける様になってから挑戦してみたいです。

FF14-4-3 (14)
FF14-4-3 (15)FF14-4-3 (16)
FF14-4-3 (17)

というわけで順路通り、ハウケタ御用邸初挑戦。
今回は自分のLSメンバー3人と野良DPS1人のPTで行ってきました。
初めてのダンジョンで慣れない盾は中々緊張するんですが、
この時はそれに加えてスカイプで全然関係無い人と喋りながらだったので、
注意力散漫でタゲふらふらさせ過ぎて平謝りしながら進んでました。

FF14-4-3 (18)FF14-4-3 (19)
FF14-4-3 (20)

最奥のボス戦、勢い勇んで突撃するも、途中ランプと雑魚の対処が良くわからず、
グダグダの内にヒーラーが死んでそのまま全滅。
いやまぁ全滅自体は悲しいし悔しいですが、
何気に初挑戦で全滅したのってこれが初めてじゃないでしょうか。

・・・いや、イフリートで死んだか。
でもあれは即死技を知らなくて死んだわけで、
今回みたいに普通に戦って普通に負けたのは初めてな気が。
こういういのも初見の醍醐味ですよね、何気に楽しいです。
今回は身内2の野良1でしたが、完全野良PTでこういう時に楽しめるメンバーが揃うと、
MMOやってて良かったなぁと一番思う瞬間でもあります。

FF14-4-3 (21)
FF14-4-3 (22)FF14-4-3 (24)
FF14-4-3 (25)

作戦会議をして、DPSはランプを優先する事。
雑魚が出てきたら全滅させてからボスに挑む事。
盾は仲間が範囲攻撃に巻き込まれない様に壁際でキープする事。
可能ならば1~2匹雑魚のタゲも保持する事。
そんな感じで再挑戦した結果、危なげなく乗り切る事が出来ました。
DPSが弓2人ってのも良かったですかね、
即時対応が出来て、他の人がタゲ取っていても攻撃にほぼ支障ないですし。

FF14-4-3 (26)
FF14-4-3 (27)FF14-4-3 (28)
FF14-4-3 (29)
FF14-4-3 (30)FF14-4-3 (31)
FF14-4-3 (32)

クリア後は真の敵性勢力っぽいアシエンシリーズと見えて、
その事をミンフィリアに報告しに行くと今度はコボルト族がタイタンを召喚したとかで、
休む間もなくタイタン討伐の為にまたお使いゲーを強要される羽目に。
リムサ・ロミンサが舞台と言う事で今回のサポートはヤ・シュトラです。
ヤ・シュトラのデザインとか衣装って、メスッテの中でも珠玉ですよね。
この人の為にスタート地点をリムサにしようか割と本気で迷いましたし。

FF14-4-4 (3)
FF14-4-3 (33)FF14-4-4 (2)

そうそう、メインクエ進行の過程でコスタ・デル・ソルに立ち寄った時、
ついでにとFC用に大量生産していた海串HQを製作リーヴ納品しておきました。
装備品のHQ品と違って、料理のHQ品って正直そこまでありがたみも無いですからね。
いや、需要はあるんですけど、製作リーヴに注ぎ込んだ方がお得ですし。

FF14-4-4 (4)
FF14-4-4 (5)FF14-4-4 (6)
FF14-4-4 (7)
FF14-4-4 (8)FF14-4-4 (9)
ff14-4-5 (2)
ff14-4-5 (3)ff14-4-5 (4)
ff14-4-5 (5)
ff14-4-5 (7)ff14-4-5 (6)
ff14-4-5 (8)ff14-4-5 (10)ff14-4-5 (9)

土曜日。
前日屋前々日もそうですが、
新しいCO-OPなTPSゲームを始めているので1日のプレイ時間が減っています。
まぁ記事を書く上では楽になっているので良し悪しですが。
というわけで本日は引き続きメインクエを進行中。
私が仕事に励んでいる間にLSメンバーは次のIDまで解放しちゃったそうなので、
それに追いつくべき、ひらすらメインクエストを頑張るのです。
ヤ・シュトラの可愛さを堪能しながら、ヘンテコなバトルを乗り越えて。

ff14-4-5 (11)ff14-4-5 (12)ff14-4-5 (13)
ff14-4-5 (14)

そうして解放した新しいID“ブレイフロクスの野営地”。
ここは結構良い装備品が出るとの事で、周回プレイも辞さない構えだとLSメンバーも言ってました。
このレベル帯から装備品は高値か、もしくはグラカン装備か、になりますからね。
無料で高性能な装備品が手に入るに越した事はありません。

ff14-4-5 (15)

日曜日。
討伐手帳やりにきたんでしたかね、まぁ暇潰しに外地ラノシアを散歩しながら、
近場のF.A.T.E.もついでにこなしたりでレベル上げ。
東ラノシアと違って割と人数控えめでストレスフリーにF.A.T.E.に参加出来るのがいいです。
新しいキャンプのエーテライトやチョコボポーターを解放しながらあっちこっち。

ff14-4-5 (16)ff14-4-5 (17)
ff14-4-5 (18)
ff14-4-5 (19)ff14-4-5 (20)
ff14-4-5 (21)
ff14-4-5 (22)ff14-4-5 (23)

えーと、錬金術レベル30のクラスクエストですかね、これは。
ずっと放置したままレベル上げしていたのでもう覚えていないんですが。
ここら辺からようやくこのマッドサイエンティストなギルマスの目的がおぼろげに。
まぁ錬金術とは切っても切れない・・・のは不老不死の方ですが、
ここでこの人がやろうとしているのは死んだ恋人の人体錬成なのかな。
それとも魂の錬成の方か、何にしてもその為に狂ってしまったという悲しい話。
ちょっと物語の行く末が気になる展開です。

ff14-4-5 (24)ff14-4-5 (25)
ff14-4-5 (26)ff14-4-5 (27)ff14-4-5 (28)
ff14-4-5 (29)ff14-4-5 (30)

というわけで続けてレベル35クラスクエスト。
何で今更ハイエーテル? って感じですが、
曲がりなりにもギルマスなのでプライベートな研究だけじゃなくて、
ちゃんとギルドとしての仕事もこなさないといけないそうで、
でもそんなのやる気ないから私に丸投げするという、そんな流れ。
良いんですけどね、作るの楽ですし。

ff14-4-5 (31)
ff14-4-5 (32)ff14-4-5 (33)
ff14-4-5 (34)
ff14-4-5 (35)ff14-4-5 (36)
ff14-4-5 (37)

更に更にレベル40クラスクエスト。
レベルの上昇につれてギルマスのテンションも更に上昇。
これで必要な前段階が全て整ったのか、次からは本格的に究極の錬金術が始まる模様です。
といっても、次の要求アイテムが面倒過ぎて、今回はここまでしか進められませんでしたけど。
素材からして面倒なのに、異なるアイテムのHQ3種類とか、勘弁してください。

ff14-4-5 (39)
ff14-4-5 (40)ff14-4-5 (41)
ff14-4-5 (42)

タイタン討伐後じゃないとレベル35ジョブクエスト駄目よ、って召喚士で怒られたので、
学者レベル35ジョブクエストをやりにきました。
やりにきましたって程に大した内容でも無かったんですが、
外地ラノシアを観光して、何か大いなる存在の片鱗を覗いて帰って来るだけのお仕事。
新たに取得したジョブアクションはストンスキン付きの範囲回復魔法です。
これは中々に強そうな策ですね、ブレイフロクスだとレベル34シンクなので使えませんけど。

ff14-4-5 (43)
ff14-4-5 (44)ff14-4-5 (45)

クルザスの“ゼーメル要塞”を解放した後、
同じ様にゼーメル要塞を解放する感じのサブクエストを受注しましたけど。
あれ、コレって別にバグじゃないのかな?
とりあえず後から受けたのはレベルが足りないので達成出来ずなんですが。
ここもまだまだレベル足りないから、後回しですねー。
ID結構多いなー、こうやって考えると。

ff14-4-5 (46)ff14-4-5 (47)
ff14-4-5 (48)ff14-4-5 (49)

LSメンバーのお手伝いで再びやってきましたハウケタ御用邸。
今回は本職ナイトが盾で参加してくれてるので、
私は遂にPTで学者デビューを飾りました。

ネットで聞きかじった知識を頼りに、フェアリーを盾の側に、
なるだけ敵の範囲攻撃に巻き込まれない位置に配置してからDoTをバラまくお仕事開始。
正直雑魚相手だとフェアリーの回復だけでほぼ事足りるので、
気分は半分DPSですね、INT足りないから火力は落ちているんでしょうが。
移動させた妖精を追従する様に指示し直すのを毎回忘れてしまうのも困りもの。

ff14-4-5 (50)
ff14-4-5 (51)ff14-4-5 (52)
ff14-4-5 (53)

さて、その後はかなり間をおいて、他のLSメンバーとブレフロ初挑戦。
今回も学者で、先程の経験を活かしてマクロを弄ってのお試しも兼ねて。
と、思っていたら序盤で弓さんが1人鯖落ちしてオロオロするという不測の事態。
5分くらい待っていると無事に再ログインで、ID内に復帰出来たので良かったですけど。
怖い世界です、エオルゼア。

ff14-4-5 (55)
ff14-4-5 (56)ff14-4-5 (57)
ff14-4-5 (58)
ff14-4-5 (59)ff14-4-5 (60)
ff14-4-5 (61)

復帰後は特に問題も無く進行して、出てきた装備品に一喜一憂したり、
中ボスでキャッキャウフフしながら驀進して、
毒消しが必須だとか脅されたボスも特に苦労も無くストレートに倒して終了。
野外のID自体も楽しかったですし、装備品の数も何となく多かった気がしますし、
確かに周回も悪くない感じでしたね。

ff14-4-5 (62)ff14-4-5 (63)
ff14-4-5 (64)
ff14-4-5 (65)ff14-4-5 (66)
ff14-4-5 (68)
ff14-4-5 (69)ff14-4-5 (70)ff14-4-5 (71)
ff14-4-5 (72)
ff14-4-5 (73)ff14-4-5 (74)
ff14-4-5 (75)

その後は寝るまでに出来る限りまたメインクエを進行させて、
ヤ・シュトラや“五傑衆”とのお話の末に、ようやくタイタン討伐への道筋が開けた模様。
中々面白い設定ですね、お使いが全て私を見極める為の試練だったという展開。
確かに世界をあっちへこっちへ、相当走らされましたからね。
これで認めて貰えなかったら拗ねるわ。



114-3 (4)

と、そんなところでキリも良く今週はこれにて終了しました。
タイタン挑戦、カルン埋没寺院などは来週のお楽しみですね。
巴術士レベル40になればホワイトプリムのギルドリーヴも解放出来て、
手持ちのメガポーションHQの山ですぐに錬金術師レベル50も達成出来ますし。
次の目標は調理師レベル50と巴術士50、
後はいくつかアディショナルアクション取得の為に呪術士や幻術士を上げる作業です。
ギャザラーも調理師用に上げていかないといけませんね、まだまだやる事は山積みです。

ありがとうございました、次回も宜しくお願い致します。
失礼します<(_ _)>

がっちの言葉戯び


<<アニメ感想 9/9~9/17まとめ その1 | ホームへ | 閑話休題:お知らせ>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/778-c25e2ef4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)