タイトル画像

アニメ感想あれこれ:第5週前編

2012.02.02(01:00) 77

こないだトラバの承認を初めてさせていただいたわけですが。
「かれんビー 其の四」の記事ですね。
こういうまとめ形式で感想書いたらトラバしようが無いですよね。
1日1記事と決めているので、
そうなると感想を書くアニメを厳選する事になります。

なんて考えたりもしますが、
よく考えなくても今週末で引っ越して鹿児島に帰るので、
そもそもタイムリーで感想戦が出来るのも今週までなんですよね。
深く考えなくていいか。
1週間遅れ程度になるとは思いますが、それでも感想戦はやりたいなぁ。

感想を絶対に書きたいとなると、

「偽物語」「ラグランジェ」「あの夏」[BRS]
「Another」「夏目」「いぬぼく」


あたりになるのでしょうか。
既に7作品ありますね。
これは困った。
追々考えましょう。
他の方の感想を読むのも大好きですからね。
私自身が穿った見方をする性質なので、他の方の感想を読んで、

「おぉ、そういう捉え方もあるんですね」

となるのが好きなのです。



前置き長くなりました。
そんなわけで感想。
時間があまりとれなかったので感想も淡白な感じです。


「モーレツ宇宙海賊」#4

今回も例によってOPを眺めていたわけですが。
第4回にして初めて気付いた衝撃のファーストブリット。

海賊4

原作の挿絵って松本規之さんがしてたんですね。
なんで今までこのテロップに気付かなかったし。
えぇ、大好きです松本規之さん。
画集もコミックも発売日に買ったくらい好きです。



さて、本編。

海賊4 (2)

弁天丸を含むステルス船舶(?)3機を補足しました。

海賊4 (3)

「プロが女子高生に補足されたのか…世も末だな」

全くです。
オリジナルセブンが凄いのか、クルーの潜在能力が高いのか。
後者ならば茉莉香が弁天丸の船長就任後も、
ヨット部メンバーが弁天丸のクルーに納まりそうですが。

普通に考えたらすでにクルーは揃っていると思うので不要でしょうが、
“やむを得ない”状況を仕立てあげていくのでしょうか。
「無限のリヴァイアス」的な感じに。

海賊4 (7)
海賊4 (4)海賊4 (5)
海賊4 (6)

高周波レーダー。
広周波?
ともあれエフェクトかっこいーです。
そしてエネルギー結構消費しそうです。

海賊4 (10)
海賊4 (12)
海賊4 (8)

部長格好良いなぁ。
そんなわけで女子高生だけで幽霊船もどきの敵戦艦対策会議。

海賊4 (11)
海賊4 (13)海賊4 (14)
海賊4 (17)

そこで自分の正体を曝露する流れに。
折角決意したのに、あっさり先に部長に言われてしまいます。

「“宇宙海賊船”弁天丸、次期艦長候補の、加藤茉莉香さん」
「えッ…」
「部長たるもの、部員の事情はきちんと把握しておりますわ」

海賊4 (15)
海賊4 (16)海賊4 (17)

部長マジ格好良いなぁ。
そのあとの皆への説明の仕方も格好良すぎです。
下手に緊張感を負わせないさりげなさというか。
普通に涙が出てきました。
こういうの、弱いんですよ私。

海賊4 (18)

茉莉香作:敵の仕掛けの予想と対策。
相手の能力がわからない状況でまとめたもの。
おおまかな骨組みと、いくつかの状況質問への補足説明も十分。
本当に貴方達女子高生ですか。

海賊4 (19)

ヨット部の部員達の背景悲喜こもごも。
全員色々と札付きだそうですが。
部長はともかく副部長クラッキングで検挙だかの履歴あるってのは大丈夫?

海賊4 (21)
海賊4 (20)海賊4 (22)
海賊4 (23)

「こりゃツッコミどころ満載のプランだな」
「素人の初作品にしちゃ上等だと思うわ」
「上等? 馬鹿言え、最高だよ」

先生方も将来の上司候補に大満足です。
大人の対応をキチンとしてくれているのが格好良いですね。
出過ぎず自主性に任せて、フォローの準備は整えておく。
かっけーです。

海賊4 (24)

幽霊船の正体をあっさり看破、
得た情報を基に更なる案を立ちあげ、それを実行していく対応力。

いいですねぇ。
戦闘とはこういうものです。
本当に女子高生かというレベル。

関係ないですが、宇宙戦闘と言えば、
「宇宙戦艦ナデシコ」第20話「深く静かに『戦闘』せよ」が好きです。
「無限のリヴァイアス」の宇宙戦闘も好きですが。
宇宙の戦いってあんなのですよねぇ、やはり。

あとは「絢爛舞踏祭」でしょうか、ゲームの。
アニメ化もされましたが。
あの戦闘システムも独特でした。
なんか宇宙って時間ゆっくり流れている気がするというか、
宇宙の戦闘って時間かかるよねーというか。

次回は本格的な戦闘開始でしょうか。
電子戦メインぽいですが、火器も搭載されてるようですし。
射撃管制レーダー云々言ってましたしね。
ともあれ期待です。
一応来週分までは録画出来るはず…。



「BRAVE10」#4

ブレイブ4

またしても新キャラです。
皆大好き伊達政宗。

というかなんで伊達政宗ってあんなに人気なのでしょう。
ミステリー。
やはり十二支といえば丑ですよね。

伊佐那美の必殺神器:クシミタマ。
女神転生思い出します。
いい合成材料になるんですよね。
5属性吸収だー。

ブレイブ4 (2)ブレイブ4 (3)
ブレイブ4 (4)

さて、出雲に到着しました。
さすがに堪え切れない伊佐那美。
才蔵の優しさ溢れるハンカチ投擲です。
男は泣く娘には勝てません。

ブレイブ4 (5)

「太極図に似ているな」

えッ、どこをどう見てもそんな感想出てこないと思いますが。
さすが才蔵、よくわかりましたね。

ブレイブ4 (6)

「これ動かせるんじゃねぇか?」

なんという柔軟な発想。
マジアリエナイ感服しました。

ブレイブ4 (7)ブレイブ4 (8)
ブレイブ4 (9)

隠し通路内で服部さん再来。
本日のスタイリッシュアクションシーン開始です。

ブレイブ4 (10)

服部さんと戯れる才蔵さん。
傍から見たら完全なイジメです。

ブレイブ4 (11)

筧さんは蛇のオバサンお姉さんとお楽しみ中。

ブレイブ4 (12)

そんな苦境に表れたのが僕らのヒーロー。
予想通りの援軍、カマ様登場です。

ブレイブ4 (13)
ブレイブ4 (14)
ブレイブ4 (15)

「絶頂の際にオレを殺していいのは、コイツだけなの!」
「………変態」
「気色悪い覆面ヤローに言われたくねぇっつーの!」

これは酷い言い争い。
こうやって見ると才蔵のキャラ弱いですよねぇ。
周りが濃すぎるともいいますが。

ブレイブ4 (18)
ブレイブ4 (19)ブレイブ4 (20)
ブレイブ4 (21)

その頃の筧さん。
背中に組みつかれた状況打破の為に自分の胸ごと撃ち抜きます。

何故そんなピンピンしているのか謎でしょうがないです。
内臓を避けて撃ったとかでしょうか。
だとしてもそんな平気そうな顔は出来ないと…いえなんでもないです。

ブレイブ4 (16)
ブレイブ4 (17)

ラブラブな才蔵とカマ様。

「これ終わったら泣き入れるまで遊んでやっから、援護しろ」
「本当だな!?」

何それエロい。
頬を赤らめるな頬を。
まぁ実際にはカマ様女の子だそうなので、健全な絵面ではありますかね。

ブレイブ4 (22)
ブレイブ4 (23)

個人で敵わないなら複数人でボコればいいよ、という論理で半蔵イジメ。
かなり連携も取れていますし。
愛のなせる業です。

ていうかカマ様耐久力高すぎです。
結構危ない斬られ方沢山してたんですが。

ブレイブ4 (24)

ようやく政宗が絡みました。
と思ったら、いきなり伊佐那美かっ攫われます。
ナンテコッタイ。

あ、そういえばBRAVE10のEDも結構好きです。
今更ですが。



「輪廻のラグランジェ」#4

ラグ4

キリウスさん達が大変な事になっています。
なんかどんどん可哀想な状況に。
これは最終的にキリウス組と共闘もあり得る?

ラグ4 (2)

キリウスさん達を苛める悪い奴が現れました。
どこからどうみてもヴァンデスデルカ。

ラグ4 (3)
ラグ4 (4)ラグ4 (5)
ラグ4 (6)

一方こちらではムギナミ転校。
天然を装った策士。
と見せかけた実は天然娘、という予測を立てているのですが如何でしょう。

しかしムギナミという名前はアレですよね、
眉毛が沢庵な綾波レイみたいですよね。

ラグ4 (7)

この監視カメラの映像、全裸に見えません?

ラグ4 (8)
ラグ4 (9)ラグ4 (10)

女子校で女性三人に囲まれて発言権の無い田所さん。
よくあるよくある。

ラグ4 (15)
ラグ4 (16)
ラグ4 (17)

「条件が1つある。
 まどかは今まで通り家で暮らして、学校にも通わせる事だ」
「2つじゃねーか!」
「屁理屈を言うのはこの口か!?」

酷い不条理を見た。

ラグ4 (11)
ラグ4 (12)

背景に対するランの服装が異常に違和感です。
いい加減普通の服着たりしないのでしょうか。
そんなにスタッフはこのハイレグを推したいのでしょうか。

ラグ4 (13)ラグ4 (14)
ラグ4 (20)

えんえいたいかーい。
いぇー。
水着祭ですよ水着祭。

ラグ4 (18)ラグ4 (19)

ランお嬢様海上待機中。
まどかを守っているそうです。
ほむほむみたいなものでしょうか。
お願いだから、私に貴女を守らせてー。

ちなみに私は泳ぎが最高に下手っぴ―なので、50m泳ぐのがやっとです。
部活やってる時代にそれですから、今は多分無理でしょう。

泳ぎ方がなってないのか、バテるんですよねぇ。
遠泳とかもってのほかです。
人間は陸上生物なのですよ、うん。

ラグ4 (21)

遠泳大会スタート。
流石にこれだけのスク水少女が並ぶと壮観です。

ラグ4 (22)

ランお嬢様はまどかの水着をガン見。

ラグ4 (23)ラグ4 (24)

ランお嬢様がまどかに気を取られている間に、観察。
高性能ゴーグル。
戦闘力とか計れそう。

ラグ4 (25)
ラグ4 (26)

意地悪なムギナミさんはランお嬢様のボートを引っ繰り返してしまいます。
ここの慌てるランお嬢様があまりにも可愛い。

ラグ4 (27)
ラグ4 (28)

なんて思っていたのも束の間、マジに金槌らしいです。
してやったりのムギナミさんも心配顔。

なんというか、普通にいい娘フラグが立ってしまいました。
フラグというか、そもそもの基本設定なのでしょうけど。
もう少し性格悪そうな感じで引っ張って欲しかったような気もしないでも。

ラグ4 (29)

メン・イン・ブラックに連行される宇宙人のごとく、
2人に救出されるランお嬢様。

ラグ4 (30)ラグ4 (31)

あーランお嬢様の初胸揉みと初キスが………。
うぅ………。
初めてはまどかに奪って欲しかった…。
またはイゾでも可。
うぅ………。
でも仕方ないですよね、非常事態ですし。
うぅ………。

ラグ4 (55)ラグ4 (54)

「あんなところにメモリアを…」

いや、貴方の位置の方が余程…。

ラグ4 (32)ラグ4 (33)

まどかをムギナミに取られて哀しそうに見つめるランお嬢様。

ラグ4 (34)ラグ4 (35)

スニーキングミッション。
バレバレでした。
見よ、照れるランお嬢様のこの可愛さ。

ラグ4 (36)
ラグ4 (37)ラグ4 (38)

看板娘ムギナミ。
かしこまりー。
巨乳美人ウェイトレスとして男性客の心を鷲掴みです。

ラグ4 (44)
ラグ4 (39)ラグ4 (43)
ラグ4 (40)ラグ4 (41)
ラグ4 (42)ラグ4 (45)

まどかを取られまいと、対抗心を燃やすラン。
ドジッ娘ウェイトレスとして一部のマニアの心を鷲掴みです。

話が進むごとにランお嬢様がどんどん面白いキャラになっていきます。
いいぞ、もっとやれ。

ラグ4 (46)
ラグ4 (47)

ツイッターのクチコミでお客の入りも凄い事に。
ていうか皆反応早過ぎ。

ラグ4 (48)

「駄目すぎる…ワタシ…駄目すぎる」

営業終了して凹むランお嬢様。
良いですね―。
どんどんヘタレっぷりが加速していきます。
放映前はこんなキャラだと誰が想像したでしょう。

ラグ4 (50)ラグ4 (49)

そこに追い打ちをかける様にまどかからムギナミへ同棲提案。
愕然とするラン。
その愕然とした顔まで可愛すぎるとは、なんというスペック。

ラグ4 (51)

わんっ。
まさかのラン転校。
ちなみに勝手にランも同棲決定です。
めくるめく三角関係。
泥沼の青春同棲生活スタートです。

ラグ4 (52)ラグ4 (53)

あ、アレイさんが脱走しました。
おめー。



「アクエリオンEVOL」#5

アクエリ4 (2)

こんなに可愛い子が理事長な筈がない。
というわけで、理事長登場です。
個体名はクレア。
クレアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア(CV:檜山修之)

アクエリ4

前回はなんだかギアナ高地みたいなところにいたようですが、
ヘリで戻ってきました。
まさかの丹下桜さんです。

アクエリ4 (3)

総司令との2ショット。
色々とシュール。

アクエリ4 (4)

アルテアでも動きはあるようですが、まぁそれはそれとして。
今回は男子と女子の甘酸っぱい物語です。

アクエリ4 (6)
アクエリ4 (5)アクエリ4 (7)

本日より男女共学開始。
意識しまくりです。
そりゃそうですよね。
生身の男ですよ。
生身の女ですよ。
ヒュー。

アクエリ4 (8)アクエリ4 (9)
アクエリ4 (10)アクエリ4 (11)
アクエリ4 (12)

委員長の眼鏡も曇る程の熱気。
若さですねぇ。
青春の香りです。

モブキャラにファウストがいます。
そしてカエルのぬいぐるみの存在感ぱねぇ。
と思ったらちゃんとした1生徒だそうです。

アクエリ4 (13)
アクエリ4 (14)

男女混合のグループ行動。
変な手錠をハメて抽選開始です。

アクエリ4 (15)

サブキャラも可愛いんですよね。
男の子もですが。

アクエリ4 (16)
アクエリ4 (17)アクエリ4 (18)
アクエリ4 (19)

アンディ組。
委員長の巨乳に興奮してシビれるアンディ。
この二人は結構お似合いのカップルになりそうですよね。
ある意味順当な組み合わせですし。
穴掘り王子と穴埋め姫。
そしてカエルの存在感…。

アクエリ4 (21)
アクエリ4 (22)アクエリ4 (23)
アクエリ4 (24)
アクエリ4 (25)

カイエン組。
2人のやりとりを眺めていたサザンカが興奮してシビれました。
いやホント、声出して笑いました。
これはいい娘。

アクエリ4 (26)

アマタ組。
判りやすい組み合わせです。
ある意味安定のカップルに、冷静に対処できるゼシカを足した感じ。

アクエリ4 (28)
アクエリ4 (29)アクエリ4 (30)

というわけで各班デート開始です。
手と手があうーしゅんかーんすーきだとーきづーいたー。

アクエリ4 (31)アクエリ4 (32)
アクエリ4 (33)
アクエリ4 (34)

「各エレメント、シビレまくっています!」
「未熟ですね」

恋愛寸止め特訓。
この年頃の男女にこれはあまりに酷い仕打ち。
というか、特訓してどうにかなるものなの???

アクエリ4 (36)

散策を楽しむミコノ。
それに見惚れるアマタ。
それをつまらなそうに見つめるゼシカ。

アクエリ4 (47)
アクエリ4 (48)アクエリ4 (50)
アクエリ4 (50)

暇なのでちょっかいかけます。
わざわざミコノに宣戦布告するあたり、流石。
お約束の腕に胸押し付けです。

委員長とどっちが大きいのでしょう。
さすがに委員長ですかね。
飛びます飛びます。

「私以外の女の子でも浮かんじゃうんだ」

拗ねた時の台詞までアクエリオン色。

アクエリ4 (38)アクエリ4 (39)
アクエリ4 (40)
アクエリ4 (41)

一方アンディ組は水着デート。
脱いだら凄いんです。
ヒュー。
巨乳推しまくりの委員長。
これ、興奮するなというのは無理過ぎませんかね。

アクエリ4 (42)アクエリ4 (43)
アクエリ4 (44)
アクエリ4 (45)
アクエリ4 (46)

一方一方カイエン組はカフェで休憩。
嫌がらせのスイカジュース登場です。
それを吸引する美青年2人の画にトキメくサザンカ。
ハート型の電流を残してシビれます。
本望でしょう。

アクエリ4 (63)
アクエリ4 (51)

戻ってアマタ組。
展望台でもゼシカの悪戯は続きます。
姐さん容赦ないです。
そして横乳のエロさが半端ないです。

アクエリ4 (54)
アクエリ4 (55)アクエリ4 (57)

怒って外へ出たミコノを追いかけるアマタ。
眼前に広がる夕焼けの街並みに言葉も怒りも失います。

アクエリ4 (58)
アクエリ4 (59)アクエリ4 (60)
アクエリ4 (61)
アクエリ4 (62)

カグラさん登場。
禁断の三角関係開始です。
手を舐めるカグラさんがエロいです。

とりあえず臭いを嗅ぐか身体を舐めるか。
ワイルド系というやつですね。
ワイルド系というか、ワイルドそのものですね。
つまりケダモノというやつです。
草食動物vs肉食動物。



「夏目友人帳」#5

今回は過去話。
少し前に、短い間だけ住んでいた街で出会った女の子と妖の思い出です。

Aパートは女の子視点。

なつめ5 (41)

何か「夏目」にミニスカ女子高生出てくると違和感を感じるのですが。
というわけで今回のヒロイン、ユリコさんです。

結構後半になってから気付いたのですが、御前ですね。
私は御前の声を利き声するのはかなり苦手なのですが、
珍しく作中で気付きました。
地味に喜び。

なつめ5 (40)

あぐらをかいている女の子って、何か可愛いです。

なつめ5 (39)

地味に名取さんっぽいポスターの存在感が…。

なつめ5 (3)

それはともあれ、ユリコさんの学校に転校してきた夏目。
儚げな美少年然としています。
普通に出来れば凄いモテそう。
本当に勿体ないですが、今の夏目の方がやっぱり良いですよね。

なつめ5
なつめ5 (2)

ファースト邂逅。
蹴られました。
マジ蹴りです。
ある意味忘れられない出会いです。

なつめ5 (8)なつめ5 (4)

セカンド邂逅。
忘れられない出会いのはずが、夏目はすっかり記憶にないとの事。
「誰?」と言われて逆に茫然とするユリコ。
少し「神様ドォルズ」を思い出す顔の作画。

なつめ5 (5)

「ごめん、悪かったよ」

ぱねぇ、マジにぱねぇ笑顔です。
惚れてしまいそうな極上の笑顔。
こいつはぱねぇ。
天然ジゴロの才能があります。
「ラグりん」まどかと良い勝負。

なつめ5 (6)なつめ5 (7)

その後散髪の話で思いがけず夏目の心を抉ってしまいます。
それをずっと気に病むユリコさん。
空気も読める良い娘。

なつめ5 (9)

孤独な夏目は河原で猫と戯れます。
嫌われます。

なんという悲劇。
心が安らぐ時間がありません。
現在の状況を知っているからこそ多少緩和されますが、
それでも本当に不憫です。

なつめ5 (10)

一方自室で夏目の事を考えるユリコさん。
そんなことよりも河童のぬいぐるみの存在感。

なつめ5 (11)なつめ5 (12)
なつめ5 (13)
なつめ5 (14)なつめ5 (15)

ある日の放課後。
雨降り傘無しのユリコさん。
心優しい夏目から相合傘の提案です。
表面上はいつも通り素っ気ないですが。
むしろそれが格好いい。

「…入る?」

マジかっけー。
今までの経験で相当な人間不信になっているでしょうに、
それでもちゃんと声をかける優しさ。
イケメンです。
声のかけ方もいやらしくない感じで自然で、マジかっけーです。

なつめ5 (16)なつめ5 (17)
なつめ5 (18)

しばらくして。
いつも通り妖にちょっかいかけられているのでしょうが、
夏目の周囲でガラスクラッシャー事件が連続通り魔します。

まぁ毎回現場にいるので疑われるのも仕方ないですが、
どう見ても硝子の割れ方が不自然でしょう。
先生の目が節穴すぎます。

外から割れているし、そもそもどうやって割ったのって話にもなります。
といっても正直に話してもふざけているとしか思われないでしょうしね。
そりゃ、こんな心を閉ざした少年になるわけです。

なつめ5 (19)なつめ5 (20)
なつめ5 (21)
なつめ5 (22)
なつめ5 (25)

割って入るユリコの気持ちも、それを制する夏目の気持ちも、
痛いほどに伝わってきます。
このときの夏目の「ありがとう」は、本当に切なくなります。

なつめ5 (23)

ていうかかなり泣きました。
ユリコの悔し涙に感情移入しまくりです。

なつめ5 (24)

夏目は当時の保護者に連れて帰らされ、後日転校が決まりました。

こんな哀しい結果になった中で、
ユリコの存在が夏目の中で良い印象のまま別れられたのは良かったです。
こういう出会いが少しずつあったからこそ、夏目が完全に闇落ちせず、
今現在の状況に辿り着く事が出来たのでしょうしね。

なつめ5 (26)

「次は、きっといい人たちだよ」



Bパートは夏目視点。

なつめ5 (27)

こちらではついに夏目を追っかけまわしていた妖が見えます。
今回のメインの黒鎌の妖さん。

夏目に因縁をふっかけて、呪いをかけたと宣言します。
呪いを回避するために30日間逃げ回る羽目になる夏目。

なつめ5 (28)

ファースト邂逅の夏目視点。
いくら寝起きで慌てていたからとはいえ、
妖ではなくユリコさんだけを思いっ切り蹴るのは可哀想。
それくらい今までに苦い経験をしてきたのでしょうね。

なつめ5 (29)

なんだかんだで今現在でもユリコさんの事は覚えているそうです。
名前は覚えていないようですが。

なつめ5 (30)

最初は怖い感じで逃走劇を繰り広げますが、
途中から明らかにキャッキャウフフな鬼ごっこと化します。

なつめ5 (31)

の、割には学校の硝子を割ったりと迷惑な話です。
おかげで夏目は保護者を呼びだされた揚句、転校の憂き目に。
あながち憂き目とも言えませんか。

なつめ5 (32)

呪いの回避条件を遂行する事が不可能になった夏目は、
呪いを解いてもらう様に直談判に。

「嘘だ。呪いなど、嘘だ」

嘘だったそうです。
面白いからからかったそうです。
小学生かお前は。

なつめ5 (33)
なつめ5 (34)

「ここは少し、楽しかったよ。さようなら」

飾らない素朴な別れの言葉。
それでも、ユリコにとって、そして夏目自身にとって、
とても大きい言葉に感じました。


なつめ5 (35)
なつめ5 (36)

後日談。
旧友経由で夏目の現状の一端を知る事が出来たユリコは喜びます。

「いい人達に引き取られたんだ、夏目くん」

なつめ5 (37)

夏目の方も物思いに耽りながら心の中で語ります。

「あの街で出会った人や妖に伝えて欲しい。
 俺は元気でやっていると」

3者3様の心模様。
心温まるハートフルウォーミングアップなお話でした。
まるッ。



「ゼロの使い魔」#4

ゼロ間4

校長久しぶりー。
と思ったら、何故か声が島田敏さんに代わってましたね。
青野武さんじゃなかったでしたっけ?

何故変わったのでしょう。
巧い事は巧いし、声のベクトルも似てはいますが。
やっぱり違和感バリバリです。

ゼロ間4 (2)ゼロ間4 (3)

祝勝会。
モンモンもよく別れませんよね。
本当に頑張っています。

ゼロ間4 (4)

横向きで並ぶと、その圧倒的な戦力差を意識せずにはいられません。
いくらなんでもケタ違い。

ゼロ間4 (5)

これまた久しぶりのベアトリス。
相変わらず可愛いです。

ゼロ間4 (6)
ゼロ間4 (7)ゼロ間4 (8)
ゼロ間4 (9)

ダンスタイム。
邪魔するものの無い2人はどんどん盛り上がっていきます。
まさに2人の世界です。

ゼロ間4 (10)

現実に戻ってきました。

ゼロ間4 (11)ゼロ間4 (12)

それでも若い二人は自室に駆け込んで状況継続しようとしますが、
お約束のお邪魔虫で強制終了。
もう第4期だというのに、相変わらずです。

ゼロ間4 (16)ゼロ間4 (14)

さて、僕らのエンジェル、タバサはガリアへ帰国中です。
ついに母親の正気を取り戻す事に成功し、
無表情娘のタバサの目にも涙が浮かびます。
おぉ。

ゼロ間4 (17)ゼロ間4 (18)

ルイズは将来の2人の愛の巣を妄想中。

ゼロ間4 (19)

これ以上余計な女性関係が発生して面倒な展開にならないように、
2人の屋敷を探そうと不動産屋へ。

完全にシエスタ込みの3人用の屋敷を探す流れに。
空気の読めない才人。
というか、才人的には完全にシエスタは恋愛対象外なのでしょうね。
だからこそのこの反応。

ゼロ間4 (20)

その頃、タバサに次期ガリア王位継承の話が。
いや、世襲制とはいえ、17歳の女の子、
しかも言う程帝王学を学んでいるのか微妙な娘に継がせるって…。。

実際には母親が摂政として国を運営するのでしょうが、
それにしても色々とタバサが可哀想な気もしなくもなくもなくもないです。

ゼロ間4 (21)

女王陛下から恩賞として、屋敷付きの領地を分封してもらえることに。
ついに才人も本格的な貴族になってきました。
外見と内実がそぐわないレベル更に上昇。
キーワードは「RYOUTI」。

ゼロ間4 (22)ゼロ間4 (23)
ゼロ間4 (24)

見渡す限り岩と森だらけの平原を抜けると、そこは幽霊屋敷だった。
さすがに与える前に整備をしようよと思わないでもないですが、
国に余裕も無ければ、おそらく最速でルイズも向かったんでしょうね。
色々と仕方ないです。

ゼロ間4 (25)

その夜、場所は変われどやることは変わらず。
才人の隣で寝る権利を争ってバトル中。

ゼロ間4 (27)ゼロ間4 (28)
ゼロ間4 (30)

タバサ来訪。
畏れ多くも次期ガリア王候補の突然の登場に一同驚きですが、
当人は簡潔にあらましだけを伝えて、布団にもぐりこんでコテンと就寝。

ゼロ間4 (29)

なんという可愛い寝顔。
天使のような寝顔です。

ゼロ間4 (31)

呆気にとられている間に才人の両隣を占拠されたルイズはお冠。
安定と信頼の爆発オチで〆です。



「男子高校生の日常」#4

男子4 (3)

今回は生徒会と文化祭のお話。
女子校と合同で文化祭を開催するという事で、
女子校生徒会メンバーが乗り込んできます。

男子4 (4)
男子4 (5)
男子4 (6)

男子校の生徒会こえーーーーー。

男子4 (7)男子4 (8)
男子4 (9)男子4 (10)

見た目に反した来客への対応が完璧すぎて敗北感を覚える女子会長。
副会長観た目以外完璧すぎる。

男子4 (11)男子4 (12)
男子4 (13)
男子4 (14)
男子4 (16)

「やっばー、絶対変な女だと思われた」
「(かなり危険な女だ)」
「(相当ヤバイ女だ)」
「(ぶっちぎりでイカレた女だ)」

色々と可哀想ですが、色々と自業自得。

男子4 (17)男子4 (18)

会長も登場。
石田彰の声でりんごちゃん言うな。
生存戦略が始まってしまいます。

男子4 (19)

そんなこんなで文化祭当日。

男子4 (20)男子4 (21)
男子4 (23)

男子生徒会の本格ホラーハウスに挑む女子生徒会メンバー。

男子4 (24)
男子4 (25)男子4 (26)
男子4 (27)男子4 (28)
男子4 (29)

襲いかかる男子高校生の魔の手。
1人、また1人と散っていきます。
お前たちの犠牲は無駄にはしない!

というか、マジで怖いです。
私はお化け屋敷系は普通に苦手です。
悲鳴上げますし、叫びます。
同行者の腕めっちゃ握ります。
まったく動じないカッコイイ男性像を期待されても無理なものは無理です。
人間の身体はそんな譜には出来ていないと思うのですよ。

男子4 (30)男子4 (31)
男子4 (32)

頑張って悲鳴を耐えに耐えたりんごちゃん。
衝撃のラスト。
ある意味恐怖。
石田彰の方は非常に冷静ですが。

男子4 (33)

一方その頃受付の千和とムラケン。
特に話題も無く、微妙に気まずいようなそうでもないような雰囲気。
凄いわかる。
会話と会話の間に思わず笑ってしまいました。

私は沈黙が嫌いではないので、喋らない時は本当に喋らないのですが。
よく「不機嫌なの?」みたいな事を後でメールなりで言われます。
なんでやねん。

それにしても千和はやはりこの声と喋り方ですよね、やはり。
前回も言った気がしますが。
ガハラさんやほむほむはあくまで変化球だと思います。
千和的に。

男子4 (34)

講堂でのステージ観賞中にガチバトル開始する会長2人。
どうしてこうなったし。

男子4 (35)男子4 (36)
男子4 (37)

出番の軽音部カワイソス。
と思ったら、

「すいません、BGMお願い出来ますか?」
「わかりました」

バイタリティ高ぇ。
そして唐沢まじかっけー。

男子4 (38)

そんなわけで無事に文化祭も終了しましたとさ、メデタチメデタシ。

男子4 (39)
男子4 (41)男子4 (42)
男子4 (44)
男子4 (43)
男子4 (45)

ED後まで唐沢まじイケメン。
女子高生の扱いにも長けています。
エノキの森美味ぇ。



「パパの言うことを聞きなさい!」#4

パパ危機4
パパ危機4 (2)パパ危機4 (3)
パパ危機4 (4)

寝惚けて抱きつき。
これはさすがに動揺。
普通に考えたら素直に起こせという話ですが、
まぁ中々そうはいかないものです。

勿論この後理不尽に殴られました。

パパ危機4 (5)

美羽の寝間着が可愛いと思うのですよ。

パパ危機4 (6)
パパ危機4 (7)
パパ危機4 (10)

朝ごはん。
流石に金額がヤバいです。
後ほど、代金を支払った方がいいと言う空に対して、

「でも、おじさんにも男のプライドがあるだろうし」

と美羽。
小学生でそういう気遣い方出来ると言うのは本気でびっくり。
恐ろしい娘です。

パパ危機4 (8)パパ危機4 (9)

「いってらっしゃい」

これは非常に分かります。
なんだかんだで、いいものですよ、そう言ってもらえるのって。

「おかえりなさい」

もそうですが。

パパ危機4 (14)
パパ危機4 (15)パパ危機4 (16)

留守番中に大惨事。

パパ危機4 (17)

洗濯物のためにコインランドリーに来ました。
素直な感謝の気持ちを語りあう姉妹。
その前置きのあとで。

パパ危機4 (18)パパ危機4 (19)

下着を一緒に洗うか洗わないかで議論。
分けて洗うと追加料金200円。
一ヵ月で6千円。
悩んだ末に。

パパ危機4 (20)

残念ながら譲れないものは譲れませんでした。
仕方ないですね。
男性側としても実際問題微妙ですし。

パパ危機4 (22)パパ危機4 (23)

無人販売所でお買い物。
地元には結構ありますが、アニメでは中々見ないですよねぇ。
自炊をすると自信満々の空に対して不安と疑いの眼差しを向ける美羽。
可愛いです。

パパ危機4 (25)

お絵描きお絵描き。

パパ危機4 (26)

「ひ、ひな何描いてるのー!?」

パパ危機4 (27)

「な、何やってんのー!?」

これは酷い。

パパ危機4 (28)パパ危機4 (29)

途中訪問販売(?)に脅かされる一幕もありましたが。

パパ危機4 (31)
パパ危機4 (32)パパ危機4 (33)
パパ危機4 (34)

ともあれ。
結局帰りが遅くなるという連絡を受けて。
なら晩ご飯作る必要がないという美羽に空は作ると言います。

「でも、朝ごはんの残り…」
「これは、おじさんが私達のために買ってくれたご飯でしょ?
 だから、おじさんのご飯はやっぱり私達が作らなきゃ」

おーいい娘です。
いい奥さんになれますよグヘヘ、という奴ですね。

パパ危機4 (35)
パパ危機4 (36)
パパ危機4 (37)

その結果がこれです。

パパ危機4 (38)
パパ危機4 (39)

「無理して食べなくていいから」
「ありがとう、嬉しいよ」

おー、男の対応です。
下手に無理して全部食べても逆に罪悪感を膨らませるだけですからねぇ。
食べれるなら食べるに越したことは無いですが。

そんなわけで初日終了です。
来週から同棲本格スタート、でしょうか。



「あの夏で待ってる」#4

あの夏4 (2)

「いい天気ですね」
「そうですね」
「明日は晴れますよ」
「そうですね」
「もうすぐ期末テストです」
「そうですね」
「勉強は苦手です」
「そうですか」

『いいとも』かよ。
前回ラストの地雷から一夜。
お互い平静を装いながら顔合わせです。

あの夏4 (3)

ちなみにこんなほのぼのとした会話をしている下では、
A子ちゃんが落とした包丁でGちゃんが死の恐怖に怯えています。
これが後の恐怖政治の始まりです。

あの夏4 (4)
あの夏4 (5)

B男くんは学校でC子ちゃんとE子ちゃんに不審な態度を追求され。

あの夏4 (7)

A子ちゃんはZ子ちゃんに精神的いじめを受け。
本人たち以外は普段通りです。

あの夏4 (8)
あの夏4 (10)
あの夏4 (11)あの夏4 (12)
あの夏4 (9)

独り物思いに耽るB男くん。
妄想昂じてD男くんに抱きつき。

色々とまずい行動です。
冷静なD男くんは流石。

あの夏4 (60)
あの夏4 (13)

A子ちゃんはZ子ちゃんに、B男くんはD男くんに。
お互いに、精神的に大人な同性に恋愛相談をします。

あの夏4 (14)
あの夏4 (15)あの夏4 (16)

体育の時間も物思いに耽るB男くん。
このC子ちゃんの座り方が可愛いです。

ついでに魅力的な年上の女性が、妖艶な水着姿を晒してくれました。
スク水が妖縁とは、学校の水泳の授業って、大人な授業だったんですね。

あの夏4 (17)
あの夏4 (18)あの夏4 (19)

A子ちゃんとB男くんがギクシャクしている事に気付いたC子ちゃんは、
2人が仲直り出来る様にアドバイスをしてくれます。
なんといういい娘でしょう。

あの夏4 (20)

恋敵に塩を送るC子ちゃんをを微笑ましく覗くD男くんとE子ちゃん。
この2人もタシーロスタイルがデフォルトになってきました。

あの夏4 (21)
あの夏4 (22)あの夏4 (23)
あの夏4 (25)
あの夏4 (26)あの夏4 (27)
あの夏4 (28)

帰り道。
F子ちゃんに拉致られたB男くん。
それを見て、

「昨日私に告白したのに、もう別の娘とデート!?」

とマジ切れA子ちゃん。

あの夏4 (29)

Gちゃんも怯えて震えあがっています。
追跡開始です。

あの夏4 (30)あの夏4 (31)
あの夏4 (32)あの夏4 (33)
あの夏4 (34)あの夏4 (35)

追跡中、追跡中。

あの夏4 (36)
あの夏4 (37)
あの夏4 (38)

マンションに消える二人を見て妄想開始。
堪らず家宅侵入罪を犯します。

あの夏4 (39)あの夏4 (40)
あの夏4 (41)

A子ちゃんのこの顔。
茫然としたB男ちゃんを連れて帰ろうとするところへ、
タイミング良くF子ちゃんがお風呂から出てきます。
修羅場開始。

あの夏4 (42)
あの夏4 (44)あの夏4 (45)

判っていて煽るF子ちゃん。
自分がなんでこんなに怒っているのかわからないA子ちゃん。
どんどん追い込んでいきます。

あの夏4 (43)

ここでのB男くんが会話に入ろうとする度にA子ちゃんに怒られて、
「すいません」というのが可愛かったです。

あの夏4 (46)
あの夏4 (47)

どれだけ水を向けても自分の本心に気付かない2人を見て、
流石にF子ちゃんも諦めました。
そんなところでネタばらし役のD男くん登場。

ここでのバックの姉弟の会話。

「あんたはどっちの味方よ!?」
「正義だよ!」

結構笑いました。

あの夏4 (48)

帰り道、誤解も解けて以前通りに話せるようになりました。
メデタシメデタシ。

あの夏4 (50)
あの夏4 (51)
あの夏4 (52)
あの夏4 (53)
あの夏4 (54)

A子ちゃんとB男くんが仲直りした事を素直に喜ぶC子ちゃん。
それをからかうD男くん。
そんないつも通りの光景をただ微笑ましく見守るE子ちゃん。
ようやく全員に笑顔が戻りました。

あの夏4 (55)あの夏4 (56)あの夏4 (58)
あの夏4 (57)あの夏4 (61)
あの夏4 (59)

1学期も終わり、ついに夏休み。
導入部が終わり、次回から本格的に物語が動きだします。
果たして皆の恋の行方は…。


___

がっちの言葉戯び


<<小猫ちゃん その後 | ホームへ | 引越しあれこれ>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/77-11283b93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)