fc2ブログ

タイトル画像

ダンガンロンパ #5「週刊少年ゼツボウマガジン 非日常編」 

2013.09.04(21:00) 729

弾丸論破1 (22)

恐らく今回学級裁判で早々と終わるであろうチャプター2.
ここまで来たらネタバレも何も無いでしょうから特に気にしませんけど、
やはり一番の期待はクロの犯行動機とかではなくて、腐川さんのハッチャケっぷりです。
ゲームプレイ時も正体は兎も角、あそこまで入れ替わるとは思っていなかったので。
元々好きだったのが更に好きになってどうしましょう状態。
みゆきちはやっぱ凄いや。

というわけで皆のマスコット、ちーたんが殺された、その事件の犯人捜し。
2回目の“学級裁判”のお時間です。
果たしてクロは誰か、事件の全貌はどういうものか、
そして犯人がちーたんを殺した理由とは。

それでは宜しければ続きからご覧ください。
今回の当ブログ内リンクはこちら。
CHAPTER.2-5

だんろん5-0 (9)

普通、アニメでOPやEDを端折って、というか本編映像に曲やテロップを重ねて尺を稼ぐ、
というのは第1話とか最終話くらいにしか見受けられないのですが、
この作品は毎回がそんな状態かと言わんばかりにやってきますね。
実際、尺足りないんでしょうけど。
具体的には13話分くらい。

だんろん5-0 (10)
だんろん5-0 (11)だんろん5-0 (12)
だんろん5-0 (13)

余計な前置きすらもカットされて、早速本題、まずは凶器の話から。
「きっと鉄パイプだべ」じゃねーよ、逆に何処に“鉄パイプ”なんてあったんだよ。
ただまぁこの拡散性ミリオンドレッドは、
別に喧嘩を売っているだけじゃなくて頭が残念なだけなので許してあげてください。
というわけで論破論破。

だんろん5-0 (14)
だんろん5-0 (15)だんろん5-1 (1)
だんろん5-1 (2)

凶器は“現場に落ちていたダンベル”で特に異論無し。
何となれば、霧切さんが丁寧にちーたんの血塗れの頭部を見聞して、
陥没具合とでもいうんでしょうか、一致したそうです。
躊躇する事無く表情を変える事無くそういう事が出来る彼女の特性。
15人の高校生の中で唯一判明していない彼女の超高校級の才能。
それが何なのか、もう大体この時点でバレバレではあります。

だんろん5-1 (3)
だんろん5-1 (4)だんろん5-1 (5)

犯行現場は血痕が残されている事から、
女子更衣室でいいだろうと議論する事無くスルー。
次いで犯人も既に判明していると十神くんが言い出し、
一同が驚愕の色に染まる中、口にしたその犯人の名は“ジェノサイダー翔”。
これは別に捜査段階から主張していた事なので特に言う事無し。

だんろん5-1 (6)だんろん5-1 (7)
だんろん5-1 (8)

その根拠についても苗木くんの出る幕は無く、
十神くんが珍しく懇切丁寧に説明してくれました、例の極秘資料の情報を。
そしてごく自然な流れでその殺人鬼の正体こそが腐川さんだとブッパ。
おーう、あっさり言ったなぁ。

だんろん5-1 (9)だんろん5-1 (10)
だんろん5-1 (11)

ここでわざわざ“閃きアナグラム”の演出を挟んでくるスタイル、
ミニゲーム性も何もなく突然これだけ出されると非常にシュールです。
ゲームの時だともう少し伏線を丁寧に張っていたんですが、
尺の関係で性急に拙速ですね。
ていうか毎回“尺のせいで”“尺の関係で”って言ってる気がします。

だんろん5-1 (12)
だんろん5-1 (13)だんろん5-1 (14)
だんろん5-1 (15)
だんろん5-1 (16)
だんろん5-1 (18)だんろん5-1 (19)
だんろん5-1 (20)

一度倒れた後、キョンシーの様に起き上がる動作は中々に良し。
でも、あれー、何か演出薄くなってやしませんか。
これも尺のせいか………。
最早このアニメの真の敵はモノクマじゃなくて尺なんじゃなかろうか。

というわけで呼ばれて飛び出て邪邪邪邪ーん。
“超高校級の殺人鬼”ことジェノサイダー翔ちゃんです。
『クロックタワーGH』思い出す。
みゆきちの「じぇーのさいだぁー↑ しょー↑」っていう発音好きだったので、
割と普通の発音だったのも弾けっぷりが足りなくてちょっと残念。



これですけど。
流石にこれに比べるとアニメの方はテンション大人しめ。
いやまぁ事件に関係無い事で盛りあがってるだけなので、
そりゃカットもされるよね、と。

だんろん5-1 (21)
だんろん5-1 (22)だんろん5-1 (23)

ゲラゲラゲラゲラ
この翔ちゃんの笑い顔好き。
“超高校級のギャンブラー”セレスティアなんとかさんの、
素で驚いている表情なんて中々みられません。
流石は巷で噂の殺人鬼、ノリノリぜっこうちょー。

だんろん5-1 (24)
だんろん5-1 (26)だんろん5-1 (26)
だんろん5-1 (27)

十神くんは翔ちゃんが犯人だと主張。
だがしかし翔ちゃんはというと自分は犯人ではないと主張。
殺人鬼の言葉なんて信用出来ないと場の空気は十神くん側に自然と傾きますが、
1人苗木くんは、まぁ霧切さんあたりも言わないだけで分かってるんでしょうが、
十神くんの言葉の矛盾を手に入れたコトダマで論破します。
十神くんの素で驚く表情もレアな気がしますね。
「ぐぬぬ…」って表情は良くしますけど。

だんろん5-1 (28)
だんろん5-1 (29)だんろん5-1 (30)
だんろん5-1 (31)

苗木くんが根拠として提示するのは殺害手段と死体の磔け方法。
両方とも、翔ちゃんは必ず凝った装飾のハサミを用いていたのに、
今回のちーたん殺害事件では両方とも別の道具が使用されていた事。
そして何より、翔ちゃんが殺すのは、殺してきたのは“男性だけ”という事実。
これで今回の事件が翔ちゃんのやり口を安易に模倣しただけの稚拙なやり方だとわかります。

だんろん5-1 (32)
だんろん5-1 (33)だんろん5-1 (34)
だんろん5-1 (35)
だんろん5-1 (36)だんろん5-1 (37)
だんろん5-1 (38)

背後でこっそりハチミツ舐めてるモノクマがラブリー。
それはさて置き、翔ちゃんが犯人でないなら、
事前に“ジェノサイダー翔は犯行後に被害者を磔にする”ろいう方法を予め知っていた、
その唯一の人間、十神白夜が容疑者候補として上がるのは必至。

ここから議論の流れは変わって十神くんへの攻撃開始。
恐怖と猜疑から口々に十神くんを糾弾する声が響く中、
その本人は極めて冷静に苗木くんに、そう考える根拠の提示を求めます。
そこに割って入る皆のヒロイン霧切さん。

だんろん5-1 (39)
だんろん5-1 (40)だんろん5-1 (41)
だんろん5-1 (42)

根拠も何も、“犯行後に磔”の事実を知っていたのは、
翔ちゃんと十神くんだけだからなんですけど。
ともあれ、霧切さんから提示されたのは磔道具に使われた延長コードの件。
十神くんが図書室で愛用していた電気スタンドに使用されていたものですね。

まぁそれ自体は大した根拠でも無いですけど、
それにしても現状追い詰められているのに焦りが微塵も感じられない十神くんの様子に
苗木くんは何かまだ見落としがあるんじゃないかと再び沈思黙考。

だんろん5-1 (43)だんろん5-1 (44)
だんろん5-1 (45)

消えたカーペットのシミ、違和感があるポスターの配置。
そこから男子更衣室と女子更衣室の内装入れ替えが行われ、
犯行現場の誤認させようという操作が行われたんじゃないかと苗木くんは仮定。
その推論に素で驚いた様子の十神くんにまた違和感を覚えますが、
ともあれ、状況から判断するに苗木くんのその推理は可能性がかなり高いと承認。

だんろん5-1 (46)
だんろん5-1 (47)だんろん5-1 (48)
だんろん5-1 (49)

“ちーたんは男子更衣室で殺され、その後女子更衣室に運ばれた”。
この説のネック、ちーたんはどうやって男子更衣室に入ったのかと言う点については、
親切な霧切さんがあっさりバラして、モノクマもそれを認めました。
中の人が宮田さんな時点でこれまたバレバレでしたが、要するに“男の娘”でしたとさ。
霧切さん、一体ちーたんの何処を調べたんですかね、性別詐称に気付くだなんて。

だんろん5-2 (1)
だんろん5-2 (2)だんろん5-2 (3)
だんろん5-2 (4)

死体を移動させた犯人なら、ちーたんが男の娘だという事に気付かない筈がない。
にも関わらず、十神くんはちーたんの性別に驚いていた。
だから十神くんは犯人ではない、そういう流れ。
そもそも十神くん犯人説を言い出したのは苗木くんなんですけどね。
それを受けて十神くんは暫く黙考した後、徐にザ・上から目線。

「明確な根拠が無いのが気になるが、まぁいいだろう。
 正解にしておいてやる」


だんろん5-2 (5)
だんろん5-2 (6)だんろん5-2 (7)
だんろん5-2 (8)

ここからは明確に自分は犯人では無いと主張し出す十神くん。
彼は女子更衣室で死体を見付けたから、
ゲームの難易度を上げる為に偽装工作をしてあげただけだと言うわけですが、
まぁ何て言うか、迷惑な話ですよね、他の面々からしたら。
そもそも何故入れない筈の女子更衣室で死体を見付けられたのか、
その説明からしろよという感じですが、そこは皆気付かないのかスルー。

だんろん5-2 (9)
だんろん5-2 (10)だんろん5-2 (11)
だんろん5-2 (12)

死体の移動を行ったという事は、犯人は両方の更衣室に出入りした事になる。
ならばそれをどうやって行ったか、それが次の議論の焦点。
霧切さんから玄関ホールに保管されている退場者の電子生徒手帳の情報と、
同時に桑田くんのは壊れている事実がもたらされます。
つまり犯人は男子でなければならない。
これで一歩前進。

だんろん5-2 (13)
だんろん5-2 (14)だんろん5-2 (15)
だんろん5-2 (16)
だんろん5-2 (17)だんろん5-2 (18)
だんろん5-2 (19)

具体的な犯人特定の為に新しい情報を精査しようと、
苗木くんからセレスティアなんとかさんに水が向けられ、
殺される少し前のちーたん目撃情報について皆に説明がなされます。
それを受けてうっかり口を滑らせるお馬鹿が一人。
霧切さんのカマかけとかプレッシャーとか何もなく、
単なる不注意でやらかしてしまうとは………不憫。

だんろん5-2 (20)だんろん5-2 (21)
だんろん5-2 (22)

セレスティアなんとかさんの証言内容の中には、
1度たりともちーたんのジャージの色には触れていなかった、
にも関わらず大和田くんはちーたんのジャージが青色だと知っていた。
これが致命的な、決定的な失言。
それを見逃す霧切さんと苗木くんではありません。
はいはい、論破論破。

だんろん5-2 (23)
だんろん5-2 (24)だんろん5-2 (25)
だんろん5-2 (26)

セレスティアなんとかさんが言う様なブラフとか、アニメ版の霧切さんしてたかしら?
ともあれ、うっかり大和田くんに対する疑惑は一気に膨れ上がります。
それくらいにどうしようもない一言。
やらかしてしまった大和田くんに皆が冷やか視線を送る中、
義兄弟と認め合った石丸くんだけは声を上げて否定し続けます。
これがチャプター2の学級裁判のツラいところ。

「待て! 兄弟がそんな事をする筈が無い!」
「………ッ」
「どうしたんだ兄弟!? 言ってやりたまえ、間違いだと!
 そうだ間違いだ、間違いに決まっている! 
 今の推理は何処かが決定的に違っている!
 ………全てお前らのでっち上げなんだ!!!」


だんろん5-2 (28)
だんろん5-2 (29)だんろん5-2 (30)だんろん5-2 (31)
だんろん5-2 (32)だんろん5-2 (33)
だんろん5-2 (34)だんろん5-2 (35)だんろん5-2 (36)
だんろん5-2 (37)
だんろん5-2 (38)だんろん5-2 (39)
だんろん5-2 (40)

沈黙を守る大和田くん、そして半狂乱になりながら擁護を続ける石丸くんにトドメを差す為、
今回は真っ当に正当に展開されるクライマックス推理。
石丸くんがああして大和田くんを庇い続けるのが優しさなら、
苗木くんがこうして決着を付けるのも優しさ。
救いの無い話です、モノクマは笑いが止まらんでしょうね。

「あぁ、そうだよ、俺が殺したんだよ」

だんろん5-2 (41)
だんろん5-2 (42)だんろん5-2 (43)
だんろん5-2 (44)
だんろん5-2 (45)だんろん5-2 (46)
だんろん5-2 (47)

投票の結果、自分に投票した石丸くんを除く全員が大和田くんに投票し、
これにて第2回“学級裁判”は一段落。
それにしても十神くんとかじゃなくて自分に入れるあたりが流石。
昨日まで「忘れろビーム!」とか言いながら肩組んで笑い合っていた2人が、
今日にはこうして涙と嗚咽と諦観に彩られている。
これこそが『ダンガンロンパ』。

だんろん5-2 (48)
だんろん5-2 (50)だんろん5-2 (51)

黙して語らずの大和田くんに代わり、
彼がこのような凶行に及んだ動機を説明してくれる心優しいモノクマ理事長。
ていうかちーたん可愛ぇ………。
ショタちーたんもヤバいですが、セーラー服ちーたんの破壊力が異常。
というわけで、周囲の口さがない非難から逃れる為、女装し始めたちーたんの説明から。

だんろん5-2 (52)
だんろん5-2 (53)だんろん5-2 (54)
だんろん5-2 (55)

例のモノクマの動機付けを契機に、今までの弱い自分と決別して、
男らしく頑張ろうと決意をしたちーたんは、
協力相手として彼が理想とする男らしさを備えた大和田くんを選びました。
ここまでは何の問題もない、イイハナシ。
ここまでは。

だんろん5-2 (56)
だんろん5-2 (58)だんろん5-2 (59)

ちーたん側の行動はこれで理由づけられました。
後は大和田くん側の理由だけ。
勿論根底にあるのは大和田くんの“他人には知られたくない秘密”があります。
それは“自分のお兄さんを殺した事”。

だんろん5-2 (60)
だんろん5-2 (61)だんろん5-2 (62)だんろん5-2 (63)
だんろん5-2 (64)

日本最大の暴走族チーム“暮威慈畏・大亜紋土”。
その初代総長だった兄が引退して二代目を引き継ぐ事になった時、
不満と不安を唱えるメンバー達を納得させる為、
兄にバイクでタイマン勝負を挑んだ大和田くん。

彼の焦りは不注意に繋がり、操作を誤って対向車と正面衝突しそうになりますが、
兄が咄嗟にそれを庇って代わりに死亡してしまうという事件が起きました。
1vs1の勝負だった為、他にこの事実を知るメンバーもおらず、
兄の「チームを潰すな」という遺言を守る為に、
大和田くんは、兄は自分自身のミスで死んだとだけ伝え、
前・総長を超えたと認められた大和田くんの下でチームは纏まったという流れ。

大和田くんにとってあの夜の兄の死の真相がバラされるという事は、
自分の罪が暴かれる事以上に、兄の遺言を守れなくなる事に繋がる。
だからこそ絶対にバラされるわけにはいかなかったのです。
例え人を殺してでも。

だんろん5-2 (65)
だんろん5-2 (66)だんろん5-2 (67)
だんろん5-2 (68)
だんろん5-2 (69)だんろん5-2 (70)
だんろん5-2 (71)

とはいえ、最初は大和田くんにもちーたんを殺す気なんてサラサラありませんでした。
が、約束の夜、男子更衣室でちーたんが己の秘密をバラした事、
弱い自分と決別して強くなろうとしている事が、
コンプレックスに囚われた挙句に兄を殺した自分の心の弱さを苛んで、
その痛みに堪え切れなくなった大和田くんは手近にあったダンベルで………。

分かりやすい悪なんて何処にも居なくて、悲しい男が2人、
運命の悪戯で巡り合って、最悪の化学反応を起こしたというだけの話。
救われない話です。

だんろん5-2 (72)
だんろん5-2 (73)だんろん5-2 (74)
だんろん5-2 (75)

衝動的にちーたんを撲殺して、罪の意識を抱えて、
それで終わりではなく、そこからちーたんの電子生徒手帳を盗んで破壊し、
わざわざ遺体を女子更衣室に移動させた本当の理由。
それは捜査の攪乱などでは無く、秘密を打ち明けたちーたんとの約束を守る為。
「自分が男の娘だと他の人には言わないで欲しい」という男の約束を守る為の。
だからこそこの結末が余計に居た堪れなくなるわけですが、

霧切さんがサウナ対決の様子を何故知っているかはやっぱりスルー。
何故大和田くんが学ラン着たままだったとか、
電子生徒手帳の唯一の弱点が“高温に長時間さらされる事”だとかも纏めてスルー。
尺が無いんですよ尺が。

だんろん5-2 (76)
だんろん5-2 (77)だんろん5-2 (78)
だんろん5-2 (79)
だんろん5-2 (80)だんろん5-2 (81)
だんろん5-2 (82)

「ま、待て!」
「………」
「今回は“超高校級の暴走族”である大和田紋土くんの為に、
 スペシャルなお仕置きを用意しました!」

「待つんだ、待ってくれ!」
「では、張り切っていきましょう!」
「うわあああああああ! 待てって言ってるじゃないかあああ!」
「………すまねぇな兄貴、男同士の約束、守れなかった」

石丸くんの気が狂いそうな絶叫の中、運命を受け入れる大和田くん、
そして朗らかに爽やかに処刑執行を宣言するモノクマ理事長。
これが絶望、どんな希望も呑み込む絶望。
他の誰も、何も言葉を口にする事が出来ません。
十神くんだけは元気にモノクマに噛みついてましたけど、けんもほろろ。

だんろん5-2 (83)
だんろん5-2 (84)だんろん5-2 (85)
だんろん5-2 (86)
だんろん5-2 (87)だんろん5-2 (88)
だんろん5-2 (89)
だんろん5-2 (90)だんろん5-2 (91)
だんろん5-2 (93)
だんろん5-2 (94)だんろん5-2 (95)
だんろん5-2 (96)

ちびくろサンボ号に跨ったモノクマと、縛り付けられた大和田くんが、
球体のケージの中をぐるぐるぐーるぐる。
まぁモノクマの方は突入直前に飛び降りてますけど。
限界を超えた速度で回り続けた大和田くんは、
童話の通り、美味しい美味しいバターになってしまいましたとさ。
めでたしめでたし。

だんろん5-2 (97)

今回の結果にも大満足のモノクマ学園長は、
ゆっくりティータイムを楽しみながら、
生き残った高校生達の中に紛れ込ませた内通者と歓談中。

その中で触れられた“16人目の高校生”の存在。
そして思い起こせば最初の“学級裁判”でセレスティアなんとかさんが口にしていた、
“何故裁判の席は16人分あるのか?”という疑問。
これが意味するところとは果たして何なのか。

だんろん5-2 (98)

これにてチャプター2は終了、次回からチャプター3ですね。
義兄弟とまで慕った片翼、大和田くんをあんな惨たらしい形で失った石丸くんにご注目。
日が経つ毎に人が減り、而して打開策は何も見いだせず、
絶望が支配する“希望が峰学園”で苗木くん達はどう生きるのか。
次回、またしても物語が動きます、多分。

ありがとうございました、次回も宜しくお願い致します。
失礼します<(_ _)>

がっちの言葉戯び


<<閑話休題:ウチにも妹が来ました | ホームへ | エスカ&ロジーのアトリエ part22:第10期(後編)>>
コメント
お邪魔致しております(ペコリ

いやぁ~今回もぶっ飛んでましたねぇ~モノクマ理事長。
あんな重い雰囲気で蜂蜜舐めるし踊り回るし楽しそうだし・・・
精神力半端なく強いよ・・・w
ちーたんと暴走族の悲劇でしたね。
ちーたんが大和田君を選ばなければまた違ったんでしょうけど・・・
モノクマはちーたんが大和田君を選ぶって分かってたんです・・・よね、多分。
あぁ・・・ちーたん可哀想・・・セーラー服ご馳走様←オィ
しかし、モノクマのお仕置きは恐ろしいですね。
人間ってバターになりますか!?むしろバターにしようと思いますか!?!?
最後ホットケーキ食ってたし・・・寒気しましたよ・・・
実は一人で見るにはチョット怖くて彼も強制的に見せられてるんですが
毎回エンディングには「お前、これ面白いの??」と聞かれてしまいます><
・・・愉快に面白くはないですよね~ahaha と言うしかないほど後味悪いです(汗)

しかし、腐川さんの変わりようったらないですねwギャップ萌www
先週の十神君との絡みで何となく翔は腐川さんかなぁと思ってはいましたが
はっちゃけっぷりが面白かったです。
舌乾燥しないのかしら~??と意味不明な感想を持ってしまうほどずっと出てましたねwww
てか腐川さんふたつの超高校級をお持ちなのですねぇ~やりますな!!!
【2013/08/05 14:45】 | 櫻朔春日 #- | [edit]
こんにちはー。

仰る通りモノクマは今日もハイテンションでしたね、
まぁ大好物の絶望が大量発生しておりましたのでホント、大興奮だったでしょうw
アレが観たくてあのゲーム仕組んでるってのもありますし。

チャプター2の事件はホント、一番痛ましい事件で、
ちーたんと大和田くんの信頼関係、そして石丸くんと大和田くんの信頼関係、
痛ましさが倍増です、ホント、どこまでモノクマは計算してたんだか。
衝動的に殺して、でも殺してしまったちーたんが実は男だとバレない様にあれこれ細工して、
大和田くんのやってる事は支離滅裂ですが、
その根底にあるものは一本通っているだけに悲劇性がより増します。

次回チャプター3からは残された石丸くんが目に見えて酷い事になりますし、
絶望感が更に増すこと請け合いです。


モノクマはねー、今回のお仕置きは、
死体が残るわけでもないので一番見た目的にはオブラートなんですが、
結果としては相当残酷です。

> 実は一人で見るにはチョット怖くて彼も強制的に見せられてるんですが
> 毎回エンディングには「お前、これ面白いの??」と聞かれてしまいます><

勇さん、何て冷静なお言葉w
まぁ確かに「やったぜヒャッホウ!」的な達成感とか解放感とか感動はないですねw
作品の世界にのめり込んでいく、という意味での面白さなので、
ある意味好き嫌いが分かれそうな作品ですし。

腐川さんは、うん、まぁこれからも2つの人格で大活躍してくれます。
というかその二重人格のお陰で割と重要な役どころを任される事もしばしばあるので、
何気に中心人物の1人だったり。
これからもゲラゲラ笑わせてくれますよーきっと。
絶望が支配するこの作品では、ああいう意味不明にハイテンションキャラは結構貴重ですし。

次なるチャプター3は割と推理的に面白いところなので、是非ともお楽しみに―。
ではでは、ありがとうございました<(_ _)>
【2013/08/05 19:26】 | がっち #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/729-c5ddcbf6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 The Animation 第5話 「週刊少年ゼツボウマガジン 非日常編」

投稿者・鳴沢楓 ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生(2010/11/25)Sony PSP商品詳細を見る ☆アニメを濃く熱く語りたい人は集まれ~!毎週水曜日と金曜日21時半からアニメ系ネット...
  1. 2013/08/03(土) 01:23:11 |
  2. ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

(・ω・)男の娘の見分け方? ~ダンガンロンパ 第5話「週刊少年ゼツボウマガジン 非日常編」~

「あん!恥ずかしッ!言っちゃった!」
  1. 2013/08/03(土) 01:23:44 |
  2. 悠遊自適

ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 The Animation 第5話「週刊少年ゼツボウマガジン」感想

第二の殺人、『不二咲 千尋』を殺害した犯人を見つけるため開かれた学級裁判。 そこで十神は犯行現場の状況などから犯人を『ジェノサイダー翔』だと推理し、その正体が生徒の一人で...
  1. 2013/08/03(土) 01:23:58 |
  2. アニメ色の株主優待

ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 The Animation 第5話

第5話「週刊少年ゼツボウマガジン(非)日常編」 OP無しでいきなり学級裁判。 今回の推理は二転三転したけど、結局真犯人の不用意な発言でクロ確定。 これまでの推理はなんだっ
  1. 2013/08/03(土) 01:36:51 |
  2. いま、お茶いれますね

ダンガンロンパ 第05話 感想

 ダンガンロンパ  第05話 『CHAPTER 02 週刊少年ゼツボウマガジン 非日常編』 感想  次のページへ
  1. 2013/08/03(土) 04:12:27 |
  2. 荒野の出来事

ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 The Animation #05「週刊少年ゼツボウマガジン 非日常編」

ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 The Animationの第5話を見ました。 #05 週刊少年ゼツボウマガジン 非日常編 女子更衣室でジェノサイダー翔という殺人鬼の犯人による犯
  1. 2013/08/03(土) 05:50:35 |
  2. MAGI☆の日記

ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 The Animation 第5話 週刊少年ゼツボウマガジン 非日常編 漢感想

これマジ?メガネに比べて舌が長すぎるだろ…
  1. 2013/08/03(土) 07:22:56 |
  2. アニメガネ

ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 THE ANIMATION #05

『週刊少年ゼツボウマガジン 非日常編』
  1. 2013/08/03(土) 12:32:10 |
  2. ぐ~たらにっき

ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 The Animation #05「週刊少年ゼツボウマガジン非日常編」 感想

※原作のネタバレがあるのでゲーム未プレイの方は要注意。 不二咲千尋の殺人犯を解き明かす為の第2回学級裁判開幕。 でまあ、犯人は大和田紋土。 秘密を明かせない弱さを気に
  1. 2013/08/03(土) 14:14:43 |
  2. 書き手の部屋

ダンガンロンパ 第5話「週刊少年ゼツボウマガジン 非日常編」

二回目の学級裁判、開廷! 十神は、千尋の殺害現場の特徴から、犯人はジェノサイダーショウと告発。 この中にジェノサイダーショウがいる!? 殺人犯がいたのも超展開ですが…。 ...
  1. 2013/08/03(土) 18:42:05 |
  2. 空 と 夏 の 間 ...

ダンガンロンパ 第5話『超高校級のプログラマー不二咲千尋の秘密!!』感想

週刊少年ゼツボウマガジン非日常編。被害者はまた女の子、不二咲千尋!なぜかわいい美少女ばかり死んでしまうのでしょうか! 。゚(゚´Д`゚)゚。
  1. 2013/08/03(土) 19:03:20 |
  2. あきひろのアニメニュース

ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 The Animation #05 週刊ゼツボウマガジン 非日常篇

様々な感情や思惑を込めて開廷された二回目の学級裁判 まずは凶器の確認から、モノクマファイルによると被害者は頭部を鈍器のようなもので殴打 致命傷となっているが鉄パイプと限
  1. 2013/08/03(土) 23:29:27 |
  2. Spare Time

ダンガンロンパ 第05話

#05「CHAPTER 02 週刊少年ゼツボウマガジン 非日常編」の感想です。そして始まる第二回学級裁判。今回はさっぱりしたアバンからスタート。OPも無し。それだ...
  1. 2013/08/05(月) 17:56:03 |
  2. 閑話休題 -intermezzo-