タイトル画像

アニメ感想あれこれ:第4週 前編

2012.01.26(01:00) 71

個人アニメ感想会です。

あまり画像が自重出来そうもないので、前後半に分けて書きます。
結局1作品ごとの画像増えて、長さ余り改善されていませんが…。
今回は私の録画スケジュール的に21日(土)~24日(火)まで。

具体的に並べると、
「モーレツ」「10」「ラグランジュ」「EVOL」
「夏目」「ゼロ魔」「日常」「パパ聞き!」「あの夏」

の9作品。

前回自分で混乱したので、録画日時順に並べました。
観た順番というわけではないんですが。

そろそろ評価も固まってきたので、無駄な点数評価は今週分で終わります。
多分続けても±0行進になるでしょうし。
「モーレツ宇宙海賊」#3

海賊3
海賊3 (3)海賊3 (4)
海賊3 (5)

システム側で電子戦が開始され、電力不足のブレーカー落ちで中断。
さすがオリジナルセブン。
まだよくわかりませんが。

海賊3 (6)

チアキちゃんは今日もチョコレートパフェ大安定。
幸せそうな笑顔が堪りません。
現状この子が素で笑うのチョコパフェ食べている時だけですもの。

海賊3 (8)

小見川千明さんはまだこなれていませんが、妙に味のある声ですよね。
「ソウルイーター」で相方の内山くんが存在感を出しているだけに、
小見川さんにも期待しています。


海賊3 (9)海賊3 (10)
海賊3 (11)

ついに出港です。
ブリッジの多層円卓型とでも表現すればいいのでしょうか、
普通の全体が艦首向いているタイプとは違って新鮮です。
基本はカメラ映像を目視ではなく、観測データ上で判断するのでしょうか。
ヴァイタル・ガーターみたいに。

海賊3 (12)海賊3 (13)

港の管制圏内から離脱したところで、問題発生。
マスト展開のエラー解消の為、手動での解決法を取ります。

「1年生の諸君、宇宙遊泳の時間です」

海賊3 (14)
海賊3 (15)海賊3 (16)海賊3 (17)
海賊3 (18)

女子校ノリ。
ヘソチラセクシー。

「こんなの半ダースも連れて宇宙に出なきゃならないのか…」
「聴こえてますわよ、先生」

海賊3 (19)
海賊3 (20)海賊3 (21)
海賊3 (22)

無駄にラブリーな宇宙服、
デコメならぬ………デコメでいいか、デコレートヘルメット。
デコメット?

「アイツの趣味か…」

おっさんいい笑顔。
ぴーす。

海賊3 (23)海賊3 (24)
海賊3 (25)

緊張感のある船外活動シーン。
なんか結構怖かったです。
一歩間違えたら駄目みたいな雰囲気。
移動中だけの短いシーンですが、結構ドキドキしながら観ていました。
感情移入し過ぎですかね。
私のアニメ鑑賞なんて大体こんなものです。


海賊3 (26)
海賊3 (31)海賊3 (27)
海賊3 (28)海賊3 (29)
海賊3 (30)

茉莉香のプラン採択で作業開始。
提案者の茉莉香が現場統括。
船長研修の第一歩。
部活の現場レベルとはいえリーダーシップを取れるのは流石です。

海賊3 (32)

初めての宇宙で物思いに耽りながら、航海は続きます。
次回は宇宙戦のようですよ。
………武装あるの?
あるか、オリジナルセブンですし。
まだよくわかりませんが。

+10点(85点)



「BRAVE10」#3

ぶれいぶ3

冒頭から新キャラ、筧十蔵登場。
キャーオキアユサーン。

ぶれいぶ3 (2)

敵方の目的を探るため、出雲へ向かいます。
いきなりそんな物語動かして大丈夫でしょうか。
というか、十勇士集めも兼ねている?

才蔵がいるから安心、と伊佐那美。
恐ろしいまでの信頼感です。
インプリンティングされた雛鳥の様。
出雲への二人っきりの旅と思って盛り上がる伊佐那美。

ぶれいぶ3 (3)

筧も付いてくると知って絶望する伊佐那美。
筧カワイソス。

ぶれいぶ3 (5)ぶれいぶ3 (6)
ぶれいぶ3 (8)
ぶれいぶ3 (7)ぶれいぶ3 (9)

伊佐那美の格好がふしだらでお怒りだそうです。
まぁ、否定はしないです。

ぶれいぶ3 (10)

寝袋に2人で寝る。
エロす。
さすがにそれはどうなの………?

ぶれいぶ3 (11)ぶれいぶ3 (12)

筧さんと談話。
伊佐那美が十勇士に数えられているのが不思議だと筧。
ていうか十勇士に入っているの!?
伊三入道?

ぶれいぶ3 (14)

そして新キャラその2、由利鎌之助キター。
風使いさんだそうです。
さっぱり風を起こしている仕組みが判りませんが。
手下いっぱい欲いっぱいの山賊さん。

高城元気さん久しぶり。

ぶれいぶ3 (16)

こっちは鉄砲使い、筧十蔵。
たねーがーしまー。

ぶれいぶ3 (17)

やっぱり鎖鎌でカマっぽい鎌之助。
こんな狭い吊り橋でそんなもの振り回さないでください。
橋壊れるってー。
そうは言っても結構好きです、カマさん。

ぶれいぶ3 (19)ぶれいぶ3 (18)
ぶれいぶ3 (20)

チンピラ的な身分なのに、普通に渡り合っています。
ていうか才蔵、二つ名の割にあまり強くないような………。
前回も半蔵にボコられてましたし。
言っちゃ駄目?

ぶれいぶ3 (21)

吊り橋壊されて一旦仕切り直しです。
色々とツッコミたいですが…。
もちろんウッカリ壊したわけでは無く、故意です。

ぶれいぶ3 (22)

ろっくくらいみーんぐ。
意外に地味な作業ですが、それでも身体能力が凄まじいです。
ていうか、バレたら結構カモネギ状態ですよね。
バレたらっていうか、思いっきり見つめ合っています。
目と目が合うーしゅんかーん好ーきだとー気付ーいたー。

ぶれいぶ3 (23)ぶれいぶ3 (24)
ぶれいぶ3 (25)
ぶれいぶ3 (26)ぶれいぶ3 (28)
ぶれいぶ3 (27)

本気出したらさすがに瞬殺でした。
ヨワイナンテイッテゴメンナサイ。

ぶれいぶ3 (29)

双方合意の上での行為を身体を張って止める伊佐那美。
このままカマさんは放置プレイで3人は再び先へ進みます。
次回もまた新キャラ登場らしいですよ。
敵っぽいですけど。
きっとカマさんが助太刀にくるーきっとくるー。

±0(70点)



「輪廻のラグランジュ」#3

ラグ3

冒頭のキリウス。
何回聞いても「ふつくしい…」って言っています。
そんな貴方がふつくしい。

ラグ3 (2)
ラグ3 (4)

鴨川荒らすんじゃないよと、微妙な叱責を飛ばすまどか。
宇宙人に鴨川言っても通じないと思います。
とりあえず正面から突貫。

ラグ3 (8)
ラグ3 (7)ラグ3 (6)

一方その頃、自分の機体の前で立ち竦むラン。
まどかを助けに行きたい、けど怖い。
そんな乙女心。

ラグ3 (10)

うひょー。
とてもヒロインとは思えない叫び。
ちなみに攻撃喰らって吹っ飛んだ時の反応です。
うひょー。

ラグ3 (11)

ソードストライクガンダーム。
ソードインパルスでも可。

ラグ3 (13)

しんけーんしらはどりー。
そんな神技が簡単に出来れば誰も苦労しませんよね。
すこーん。

ラグ3 (12)

「これが……ウォクスの…力………」
 ※違います

キリウスさんもびっくり。
そのままとりあえず抑えつけます。

ラグ3 (15)

有線通信。
ガンダムの宇宙での会話手段みたい。

ラグ3 (16)

「さすがはウォクスのパイロット、モード峰打ちと見切った所作、お見事」
 ※違います

ちょっと頭が若干残念な方の様です。
仲間2人があんなんじゃ、仕方ないですかね。
これはこれで。

ラグ3 (20)ラグ3 (21)
ラグ3 (22)

そんなコントをしている間に、己の中で決意を固めたらしいラン。
ウォクス・リンファ、ついに出撃です。

「フィン・エ・ルド・スイ・ラフィンティ、発進する」

ラグ3 (23)
ラグ3 (24)ラグ3 (25)

ランの服も戦闘時は一部透過仕様。
健康的な露出が素敵です、このパイロットスーツ。
下品じゃない露出というか。
絵柄自体の爽やかさもあるのでしょうが。
今期で一番絵的には好きかもです、ラグランジェ。

ちなみに出撃直後からストーカーに纏わりつかれてさぁ大変。

ラグ3 (26)ラグ3 (27)
ラグ3 (28)

一方まどかはコント継続中。
しんけーんしらはどりーつー。

「何故こんな無謀な技を二度も…ウォクスに課せられた儀式か何かか?」
 ※違います

キリウス混乱。

ラグ3 (29)
ラグ3 (30)ラグ3 (31)

「呼吸をしないオービットに首絞めとは、まさかこの星伝統の必殺技!?」
 ※違います

キリウス更に混乱。

ラグ3 (32)
ラグ3 (34)ラグ3 (33)

ストーカー被害に悩まされるラン。
ずっとお尻を追いかけ回された揚句、鷲掴みにされています。
セクハラです。

ラグ3 (37)

ランの話だけに、ほーむらーん。
ストーカーに襲われているランとは対照的に遊び回るまどか。
何のスイッチが入ったのか、まどかはジャージ部の歌を歌ってます。
頭大丈夫?

この歌もキリウスに聴こえていたら面白かったのに。
キリウスの混乱は最高潮に達したでしょうに。



ようやく合流したまどかとラン。
お互いの相手も引き連れているので、さながらWデートです。

ラグ3 (40)ラグ3 (41)
ラグ3 (42)ラグ3 (43)

自分の無力が原因でまどかに苦難を押し付けている事を懺悔するラン。
それは違うとまどか。

「だから笑ってよ、同志」

ラグ3 (45)
ラグ3 (46)ラグ3 (47)

ニュータイプ空間で繋がるココロ。
完全に2人の世界です。
男性陣完全にシャットアウト。
男子禁制です。

ラグ3 (48)
ラグ3 (49)ラグ3 (50)
ラグ3 (51)
ラグ3 (52)

ふっきれたラン。
ついにウォーリアーモードへチェンジ。
女性側に毅然とした態度を取られて、ストーカーもビビりまくりです。

ラグ3 (53)ラグ3 (54)
ラグ3 (56)

しんけーんしらはどりーすりー。
3度目の正直かと思いきや、まさかのピンチヒッター。

しかも待ち構えてタイミングを合わせたのではなく、
間に割り込んで尚且つ白刃取りを決める。
なんという高等技術。
これがコント体質の有無の違いです。

ラグ3 (58)
ラグ3 (59)ラグ3 (57)

自分の乗るウォクス・アウラを見上げて宣言。

「今日からこの子はミドリ!」
「どうしてミドリ?」
「緑色だからに決まってんじゃーん」

ですよねー。
ちなみにランの機体は“オルカ”。
“蒼海のオルカ”ですね。

鴨川シーワールド1回だけいきましたけど、シャチなんていましたっけ。
覚えてません。
あ、でもぬいぐるみ買ったっけなぁ。

+5(95点)



「アクエリオンEVOL」#4


アクエリ4 (3)アクエリ4 (4)

アクエリ4

能力無しということで、規定により帰宅させられるミコノさん。

アクエリ4 (2)
アクエリ4 (3)アクエリ4 (4)

ゼシカ可愛い。
別れの握手はシカトされます。
ナンテコッタイ。

アクエリ4 (5)

一方今週もブレないアンディ。
穴が埋められてもめげません。

「この穴を埋めた女生徒は、誰かに貫通される事を望んでいる!」

表現自重。

アクエリ4 (6)アクエリ4 (7)
アクエリ4 (8)

主席のシュレードさん、誰かと絡むのは初ですね。
基本的に音楽室に引き籠っている感じ?
日光浴びないから色白なんですよー。
アクセロリータみたいに。

アクエリ4 (9)アクエリ4 (10)
アクエリ4 (12)アクエリ4 (11)
アクエリ4 (13)
アクエリ4 (14)アクエリ4 (15)

エレメント能力が格好良くて、やることエグいです。
喧嘩始めたカイエンにお仕置き。
なんという悪い笑顔。
性質の悪い曲識にーちゃんみたいなキャラ。

なんか「聖闘士聖矢」の映画にこんなキャラいませんでしたかね。
黄金のリンゴか何かの話で、ハープで悪夢見せる敵。
幻影使いの宿命として一輝に悪夢見せ返されてボコられてましたが。

アクエリ4 (16)
アクエリ4 (18)アクエリ4 (19)
アクエリ4 (17)

めっさ険悪な雰囲気の中、突然の出撃命令。
いざ出陣合体するも、連動する敵にボッコボコにされます。

アクエリ4 (21)

ここら辺から急速に司令の精神が削られていきます。

アクエリ4 (20)

ゼシカ可愛い。

アクエリ4 (22)

余裕の敵指揮官から一言。

「正体不明のショウタイム……ヘヘ」

初代後編観ていないと判りづらいネタ。
ちょっと残念なセンスの持ち主の様です。

アクエリ4 (23)アクエリ4 (24)
アクエリ4 (25)

シュレードの支援で能力底上げされたカイエンが敵指揮官の位置特定。
シュレードの能力の射程範囲どれだけあるのよー。

アクエリ4 (28)アクエリ4 (29)
アクエリ4 (30)

皆から決断を求められて苦悩する司令。
もうやめてあげて、胃に穴が開いちゃう。
なんという同情したくなる表情。

アクエリ4 (31)アクエリ4 (33)
アクエリ4 (32)

苦戦が続く中、総司令がようやっと正体を明かしました。
ついでにミコノさんも攫ってきています。
相変わらず(?)です。

司令も責任の押し付け先が出来てこれ幸いと真っ先に傅きます。
単に胃が苦しくて蹲っているだけかも知れませんが。

アクエリ4 (27)
アクエリ4 (36)

女子と合体できずにテンションだだ下がりのアンディに代わって、
ミコノさんログイン。

「アマノくん、私と合体して!」

何回聞いてもこのアクエリオン節は照れますよね。
日常会話では中々聞かれないフレーズです。

アクエリ4 (37)アクエリ4 (39)
アクエリ4 (38)
アクエリ4 (40)アクエリ4 (41)
アクエリ4 (42)

「アクエリオンが…トキメいている!?」

「ドアノブが…照れている!?」
みたいなノリ。

アクエリ4 (43)
アクエリ4 (44)アクエリ4 (45)

無限拳ktkr。
勢い余って地球を2周しちまったぜ。

アクエリ4 (46)アクエリ4 (47)
アクエリ4 (48)

途中で新キャラ顔見せ。
前回もチラッといた気がしますが。
見た目が非常に可愛いです。
ランや小猫といい、薄い寒色髪に弱いのでしょうか私は。

アクエリ4 (49)

ついでに勢い任せの確信犯でベルリンの壁ぶっ壊しました。
東西冷戦終結です。

アクエリ4 (50)

「女だー!」

アクエリ4 (51)

「男よー!」

アクエリ4 (52)

「男女を隔てる壁が壊された今、申し渡しておくことがある!」

アクエリ4 (53)

「恋愛禁止だー!」
「「えーーーーーーー!!!」」

それって、愛の無い関係だったら良いのでしょうか。
嘘です冗談です。

アクエリ4 (54)

最後はアルテアにてゆーきゃんが目覚めて終了。
おはようございます。
昨夜はお楽しみでしたね。

±0(90点)



「夏目友人帳」#4

なつめ4

早速今回の妖さん侵入。

なつめ4 (2)

地味に痛い夏目さんの人妖平等パンチ炸裂です。

なつめ4 (3)

遅まきながら役に立たない用心棒登場。

なつめ4 (4)なつめ4 (5)
なつめ4 (10)

実力行使に失敗した妖さんは、袖の下を渡しながらの平身低頭作戦。
駄目だ、可愛い。
友人帳に名前のあるカリカミという妖を呼びだして、
この手紙を修復して欲しいと頼んできます。

なつめ4 (6)なつめ4 (8)

ちなみにこの間、用心棒は遊んでいます。
理由を尋ねた夏目に対し、声真似の巧いヨビコと名乗るその妖は語ります。

なつめ4 (7)なつめ4 (9)

棲み処の側を頻繁に通る女性の話。
好きな男性と逢引きしていたその女性をヨビコは陰ながら見守ります。
ある日男性が逢引き場所に姿を見せなくなり、気になった妖は様子を見に。

なつめ4 (12)

目の当たりにしたのは、家の事情で別の女性と祝言をあげる男性の姿。

なつめ4 (13)
なつめ4 (14)

いつまでもいつまでも待ち続ける女性の姿に堪えられず、
遂に声真似でその男性になり済ますヨビコ。

予想通り切ない涙の伴う展開になってきました。
燕や蛍の話と同様に、この時点ですでに泣くのが決定しています。

なつめ4 (25)

ヨビコとの会話で笑顔を取り戻した女性。
しかし彼女が笑えば笑う程、ヨビコの罪悪感は募っていきます。

なつめ4 (15)

おそらく途中で彼女の方も薄々気づいてはいたと思うのですが。

なつめ4 (26)
なつめ4 (16)
なつめ4 (17)なつめ4 (18)

どうしても直接顔が見たいと泣く彼女の姿に、
遂に堪え切れなくなったヨビコは姿を晒して逃げ出します。

「あの男は家の事情で二度と来られなくなった。私は君を騙していた偽物だ」

顔を合わせたくなくて、放浪の旅に出たヨビコ。
人にとって長い長い時が流れた後、あの場所で見つけたのが例の手紙。



なつめ4 (19)

そんなわけで彼女の置き手紙を再生するためにカリカミ探し。

なつめ4 (20)

呼ばれて飛び出てジャジャジャジャーン。
棲み処までいって大声で呼んだら来てくれました。
カリカミさん登場。
見た目も喋り方も可愛いです。

なつめ4 (27)

「願い…? 友人帳があるのならば命令すればよかろう」

友人帳の主としての“命令”ではなく、
あくまで一人の人間からの“お願い”として手紙の修復を頼む夏目。
レイコとは違った変わり者だなと、名を返すお礼に引きうけるカリカミ。

なつめ4 (21)

名を返す際に見えたカリカミの記憶。
何だかんだでレイコの事を結構気に入っている妖も多いんですよね。
誰でしたっけ、レイコに呼び出してもらえる事をずっと待ち続けていた妖。
結局呼んでもらえなかった妖。
というより、レイコは基本的に誰も呼びなんてしなかったのでしょうが。

夏目の今の在り様は、それこそレイコが本来持ちえた繋がりなのでしょう。

なつめ4 (22)



人間の字が読めないヨビコに頼まれて手紙を開く夏目。
きっと騙していた自分への恨みや怒りが書かれているのだろうというヨビコ。
果たしてそこに書かれていたのは…。

なつめ4 (24)
なつめ4 (23)

+5(100点)



「ゼロの使い魔」#3

ゼロ間3
ゼロ間3 (2)ゼロ間3 (3)

開幕、ルイズの力を使って爆弾を作動させるジョゼフ様。

ゼロ間3 (4)ゼロ間3 (5)

ジョゼフ様一人語り中にルイズは逃げる準備。
小杉さんがいい声で語っているんだから聞いたげてー、なんて思ったり。

ゼロ間3 (6)
ゼロ間3 (7)

隙をついてどうするのかと思ったら爆弾奪ってそのままアイキャンフライ。
恐ろしいまでの才人への信頼。
才人が近くにきている気がして、だそうです。

ゼロ間3 (8)
ゼロ間3 (9)
ゼロ間3 (10)ゼロ間3 (11)

結局空中で爆弾を奪い返され、才人の名前を呼び続けながら自由落下。
ヒーローの到着です。

呼び続けた名前に応えて登場。
若干構成違いますが「スクライド」を思い出しました。

すくら (7)

「カズくん…カズくんカズくんカズくんカズくん…カズくんッ」

すくら

「あいよ」



ゼロ間3 (13)

ガーゴイル追跡班と詠唱阻止班に別れて行動。

ゼロ間3 (14)

才人は阻止班としてジョゼフの船へ単独降下。
神の左手:ガンダールヴvs神の頭脳:ミョズニトニル。
それを制した才人はジョゼフの元へ。

ゼロ間3 (15)ゼロ間3 (16)

ジョゼフの虚無魔法『加速』て…。
魔法なら詠唱しなさいよ。
チートすぎるわ。
ルイズの『破壊』なら範囲攻撃なのでなんとかなるのでしょうが。

ゼロ間3 (17)ゼロ間3 (18)

などといってたら戻ってきたルイズに本当に吹き飛ばされました。
才人ごと。

ゼロ間3 (19)ゼロ間3 (20)

ついでにタバサもアイシクルレイン撃ちこみます。
才人ごと。

ゼロ間3 (21)
ゼロ間3 (22)ゼロ間3 (23)

「才人、大丈夫!?」
「ルイズのお仕置きに比べたら、これくらい…」
「もうッ!」

リア充爆発しろ。

ゼロ間3 (24)

タバサの葛藤もありましたが、ジョゼフがもう助からない事もあって、
そのまま船を後にします。

ゼロ間3 (25)
ゼロ間3 (26)ゼロ間3 (27)
ゼロ間3 (28)

そして残された2人。
あれ、第1期からのラスボスっぽい人消えてしまった。
てことはやはり教皇がラスボスですか。

と思ったですが、普通に新しいラスボス登場でしょうか、どうも。
次回は閑話休題的な話の様なので、本格的な最終章は再来週からでしょう。
元素の兄弟もまだ目立ってませんし。

ゼロ間3 (29)

それはともあれこのカットのタバサ可愛すぎる。

+5点(95点)



「男子高校生の日常」#3

日常3

夏休み、男だけででも集まるなんていうのは私は覚えが無いですねぇ。
寮生活で皆帰省するので、集まりようが無いんですよ。
沖縄から北海道まで、全国から集まってきていたので。
ちょとうらやましいです。

日常3 (6)
日常3 (7)日常3 (8)
日常3 (9)日常3 (10)

古今東西卓球、定番ですが、あれ異常にキツいゲームじゃないですか?
私はピアノで右手と左手が同じ動きしか出来ないほど不器用なので、
考えながら身体を動かすのが苦手なんです。
ていうか“お題”ェ…。
オバマしかわからないんですが何ソレ常識問題なの?
天王星の衛星の名前とか1つも知りませんが何か。

なんだか短い夏だったなぁ。
1話の半分で夏休み終わりましたものね。
そりゃ早いですよ。
ていうか早過ぎですよ。

日常3 (11)日常3 (12)
日常3 (13)

今回のED後は「女子高生は異常」。
最近ガハラさんとかほむほむばかりだったので、
久しぶりに千和らしい千和ボイスを聴きました。



日常3 (2)
日常3 (3)日常3 (4)

海にてナンパ大作戦に完全敗北した原因を考えるヒデノリ。

日常3 (5)

「彼女達は麺食いなんだ!」

何言ってんのヒデノリ。

-5(85点)



「パパの言うことを聞きなさい!」#3

とりあえず前回の話は忘れるとして。
忘れないとこのアニメを観て笑顔になんてなれません。

ぱぱ3 (3)

というわけで新生活に向けて、主人公のアパートへの旅路。
むしろここからが本番でしょうか。

ぱぱ3 (2)

立川。
大学受験の時に泊まっただけなので、まったく覚えていませんが。
なんとなく懐かしいです。

ぱぱ3 (4)
ぱぱ3 (8)

ランチタイムに色々と気を遣った結果。
カラオケボックスへ。
その発想は無かった。
それはそれでお金かかりませんか?

ぱぱ3 (5)ぱぱ3 (6)
ぱぱ3 (9)

偶然通りがかった仁村。
彼女を放っぽりだして主人公を優先させるあたり、イケメンです。
なんとなく事情を感じて軽口交えるあたりもかっけー。

とりあえず作戦会議の末、
女性ならば幼稚園児でも守備範囲の仁村が女性陣の元へ。

ぱぱ3 (10)ぱぱ3 (11)
ぱぱ3 (12)

さすがの手練手管で子供たちを盛り上げます。
そつが無いです。
主人公はその間に外堀をどうにか埋めようとします。
というか、足元を無理矢理固めようとします。

よくアニメやドラマを観る際に、
私だったらこの場面でどう行動するだろう、というのをよく妄想しますが。
今回で言うと仁村ほど上手く打ち解けられないですねー。
子供と接する時に一番大事なのは子供扱いしない事だとは思います。
というか、大人ぶらない事でしょうか。

ぱぱ3 (13)

アパート到着。
美羽が露骨に気を遣っているのが居た堪れなくなってきます。
主人公鈍感で良かった。
一人暮らしの部屋なんて、こんなものでしょうとも。
物無さ過ぎですが、大学入ったばかりならこんなものですよね。

ぱぱ3 (14)ぱぱ3 (15)
ぱぱ3 (17)
ぱぱ3 (16)ぱぱ3 (18)

トイレ問題勃発。

「大変、お姉ちゃんのトイレの音聞こえてた!」
「嘘ッ!?」
「俺もトイレ行きたくなっちゃったよ」
「駄目―!!!」
「え、どうして?」
「まだ残ってるから!」

ぱぱ3 (19)

脱衣所問題。

「私達、どこで着替えれば良いんですか?」

ぱぱ3 (28)
ぱぱ3 (20)

画鋲とシーツの即席カーテン仕切り。
今回のサービスカットです。
3人入るのって結構な気がしますが、
成人男女がまぁ入れなくもないので言う程無理でも無いですか。
主人公の部屋の浴槽は多少大きいようですし。

そして小学生女子のセクシーショット。
お巡りさん、こいつです。

ぱぱ3 (21)
ぱぱ3 (22)ぱぱ3 (23)

「パパとママ、もうすぐ帰ってくるよね?」

状況が理解出来ていないひなの言葉に、堪え切れずに飛び出す美羽。
主人公に任せて、空はひなをただただ抱き締めます。
旅路の途中でも何回か暗くなりかけていた雰囲気が、
ここにきて一気に限界突破します。
3才に両親の死を分かれ、というのも無理な話ですよね。
というか、言われても実感わかないでしょう。

ぱぱ3 (24)ぱぱ3 (26)
ぱぱ3 (25)

一人佇む美羽を見つけた主人公。
イケメンな対応です。
下手な押し付けをせずに自然体で。

美羽も精神大人過ぎます。
背伸びしているわけでは無く、
実際に同学年の子供よりも明らかに大人びていますよねぇ。
歩んできた人生の影響なのでしょうか。
普通に尊敬します。

ぱぱ3 (29)
ぱぱ3 (27)

最後は三姉妹揃って川の字で就寝。

「おやすみなさい」

+70(70点)




「あの夏で待ってる」#3

あの夏3あの夏3 (2)
あの夏3 (3)

イチカ先輩に告白を寸止めされて、フラれたと凹む海人。
自分の妄想で更に自分を追い込んでいきます。
ザ・悪循環。

あの夏3 (4)

合わせる顔が無くて、引き籠ってます。
ザ・青春。

あの夏3 (5)

扉越しの手紙。
3文字で階段状に4行並べてあるのが、なんか妙に可愛かったです。
最後の名前がひらがななのは、甘えている感じを出しているのでしょうか。

あの夏3 (6)
あの夏3 (7)あの夏3 (8)

場面変わって学校。
海人が休んだ事を心配する面々。

そこへ哲郎を経由して檸檬先輩から渡された写真を見て発狂する柑菜。
三人とも昨日の記憶が曖昧なので、柑菜自身も身に覚えが無くて混乱。
黒歴史なんてものじゃないです。

あの夏3 (9)あの夏3 (10)
あの夏3 (11)あの夏3 (12)

あの夏3 (13)あの夏3 (15)
あの夏3 (16)あの夏3 (17)

そんなわけで今回は海人とイチカのすれ違い妄想合戦回。

海人は自分がイチカにフラれた事を皆バカにしてるんだというネガティブ。
イチカ先輩は自分が宇宙人だという事を海人に知られたというネガティブ。

あの夏3 (18)
あの夏3 (19)あの夏3 (21)
あの夏3 (20)

と思ったら柑菜も妄想合戦に参加。

あの夏3 (22)
あの夏3 (23)あの夏3 (24)

柑菜が海人の見舞いに行く様に煽る哲郎。
それに口は出さず、柑菜が去った後に静かに問いかける美桜。

「どこ行くかバレバレ………ハハッ…」
「哲郎君はそれで…いいの………?」

第1話から仄めかされてましたが、やはりグループ内恋愛事情は
美桜→哲郎→柑菜→海人→イチカなんですよねぇ。
色々と大変です。
特に美桜と哲郎が大人なので、かなり長引きそうですよね。
良くも悪くも自分から波紋を生じさせないですし。

バカちー思い出します。
実際問題、同じ状況ならこういう姿勢を取るとは思いますが、
結構精神的にキツいんですよね。
最初は良くても、途中からどんどん堪え切れなくなってくるんです。
具体的な相談相手になったりすると特に。
今ならともかく、高校生時代の私には無理でした。
大学時代でも多分無理だったのではないですかねぇ。

あの夏3 (25)

お見舞い柑菜さん。
本当に良い娘です。
イチカに憧れるのは判りますが、
最終的にお似合いなのは柑菜だと思うのですよ。
士郎とセイバーと凛みたいなものです。

あの夏3 (28)
あの夏3 (26)あの夏3 (27)

妄想アゲイン。

「昨日私に告っておいて、もう他の娘連れ込んでるー」

あのイチカ先輩のどこをどう考えたらそんな妄想が出てくるのか謎ですが、
精神ドン底の時はいくらでもネガティブになれるものです。

ともあれ家で2人でいるのはマズい。
というわけでデートです。
良い展開。

あの夏3 (29)

海人の着替えを待っている間に髪を整える柑菜が可愛すぎ。

あの夏3 (30)

野次馬部隊もスタンバイ。

あの夏3 (31)
あの夏3 (32)
あの夏3 (33)あの夏3 (34)

イチカ先輩ぼっちで帰宅中に、超高校級の視力で2人を補足。
自分の妄想で焦るイチカ先輩。

あの夏3 (35)あの夏3 (36)
あの夏3 (37)

「リノン、リンゲイジでわたしをジャンプさせて」
「だが断る」

あの夏3 (38)あの夏3 (39)
あの夏3 (40)あの夏3 (41)
あの夏3 (42)あの夏3 (43)

嬉し恥ずかし軽井沢デート。
ロケハンという名目ですが、完全にデート。
嬉しそうな柑菜が可愛いくて、誰がどう見てもデート。

あの夏3 (44)あの夏3 (45)

野次馬軍団も勿論ついてきてます。

あの夏3 (46)あの夏3 (47)

2人を見つめる哲郎、を見つめる美桜。
あぁ、切ない。
この2人本当に切ないです。
居た堪れなくなったのか、無意識に哲郎の袖を掴む美桜。
掴む瞬間に、無音になる演出がもう………。

あの夏3 (48)あの夏3 (49)

そんなわけで2人でジュースを買いにきました。
こっちもデート風味。
内実はかけ離れていますが。

あの夏3 (50)あの夏3 (51)
あの夏3 (52)あの夏3 (53)
あの夏3 (55)

「蹴られるよ…人の恋磁を邪魔してると………」
「邪魔してるか? これでも応援しているつもりだぜ」
「してるよ、邪魔…。哲郎くんは蹴られるよ…自分に………」
「………」
「それは…多分ね、痛いよ………」

あああああああああああああああああああああああ。
美桜も哲郎の事が痛ましくて見てられないのでしょうが、
それを観ているこっちも居た堪れないってゆー。

哲郎がそれでいいとしている手前、美桜も普段は何も言えないのでしょう。
というか、それだけ哲郎が柑菜の事を本気で大事に思っている事が判って、
判ってしまって自分の気持ちを押し付ける事も出来ないのでしょうね。
というか、哲郎自身も美桜の気持ちに気付いていると思うのですが。

柑菜と海人の関係が良くも悪くも決着つかないと、
2人とも先に進めないのでしょうね。
ままならないものです。

あの夏3 (56)あの夏3 (57)
あの夏3 (58)

一方こちらはそんなやりとりなぞ露知らず、良い雰囲気です。
盛り上がってまいりました―ーーーーー。

あの夏3 (59)あの夏3 (60)
あの夏3 (61)

………盛り上がり切りませんでした。
檸檬先輩、絶対わざと邪魔したでしょー。

あの夏3 (62)
あの夏3 (64)あの夏3 (63)
あの夏3 (65)

檸檬先輩を追いかけて行った柑菜。
置いてけぼりの海人は、イチカ先輩とばったり遭遇。
そして始まる逃走劇と追跡劇。

あの夏3 (72)
あの夏3 (73)あの夏3 (74)

一方、美桜さんのスカートが風でめくれそうになってガード。
あまりの慌てっぷりというか警戒っぷりが引っ掛かるんですが。
もしかしてこの人日常生活で下着付けない派だったりする?
変態な妄想とかではなく、なんとなくそう感じたもので。

それとも恋愛成就のおまじないとかで、
“下着に好きな人の名前を書いて誰にも見られず1週間”
とかそんな感じでしょうか。

あの夏3 (66)

追いかけっこ終了で公園の2人。
すれ違い解消の曝露合戦。
かと思いきやアニメの定番、腹時計にて試合終了。
空気読んでます。

あの夏3 (68)
あの夏3 (69)あの夏3 (70)
あの夏3 (71)

そのまま穏便に帰宅するはずが、自ら地雷を踏みに行くイチカ先輩。

「好きな人っているの? 谷川さん?」
「違います」
「北原さん?」
「違いますって」
「うーん。あ、じゃあ、もしかして私だったり?」
「ッ………」
「あ…ぇ…。…なーんて…アハハ……」

「……………あれ?」

やっちまったー。
さて、来週はどう動く恋愛模様。
哲郎と美桜がどうにか幸せになってくれませんかね。
柑菜も。

全員ハッピーエンド希望。
希望大希望超希望。

+5(100点)



___

がっちの言葉戯び


<<図書館戦争:感想 | ホームへ | 落書き小猫>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/71-1feb8476
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)