タイトル画像

ロウきゅーぶSS 第1話「小学生(いのせんと)・わ~るど!」

2013.07.27(21:00) 690

ロウきゅーぶss10

紳士淑女の皆さん、ロリこんばんは。
今日からこうして始めていきます、ブログ的には今期2作目になりますかね。
やはり続きモノは前期までのまとめを一応載せて、
自分のブログ内だけでも一応の纏まりを持たせないといけないなーとか思いつつ。
そのせいでこうして遅れたりするのもどうなんだって感じですが。

そもそも思い返せば『化物語』の記事書いてないのに『偽物語』の記事書いてて、
その時点で既にルールアウトなんですが、気付いた時には後の祭り。
後で帳尻合わせるのは私の得意技でもありますが、
それはあくまでかかる労力と得られる成果のバランスが取れた場合にのみ取る行動で、
要するに今更『化物語』の感想なんて書くのもなーという。

原作小説が次でようやく簡潔なので、そしたら振り返り記事なんか書くかもしれませんが。
とか言うだけ言っておきます。
アニメ2期も観てますよ、記事は書きませんけど、書けませんけど。
早く真宵さんと沼地がみたいです。

それは兎も角本題はロリコンホイホイ性春友情スポコン物語。
これから1クール3ヵ月間お付き合いくださいませ。
それでは宜しければ続きからご覧ください。
あ、ちなみに私はロリコンじゃないです。

ロウきゅーぶss11

SNS画面から開幕とは、中々。
何だかのっぺりしたというか、主線の色を目立たなくしたからですかね。
アバターも大きなってるかしら。
それは兎も角、頭の上でボールをくるくるしてるひなたが超可愛い。

ロウきゅーぶss12ロウきゅーぶss13
ロウきゅーぶss14ロウきゅーぶss15
ロウきゅーぶss17

というわけで第1話は導入、というか再開初日なので、
無難に繋ぐ為に夏祭りという内容からスタート。
皆それぞれに浴衣を準備して入念に打ち合わせを行っております。
智花だけパンアップなのはメインヒロインの特権か。
あ、ちなみに私は圧倒的に紗季推しなので、そこらへん宜しくお願いします。
慧心女バス内の個人的序列は紗⇒ひ⇒智⇒真⇒愛。

ロウきゅーぶss18ロウきゅーぶss19
ロウきゅーぶss110ロウきゅーぶss112ロウきゅーぶss113
ロウきゅーぶss114
ロウきゅーぶss115ロウきゅーぶss116
ロウきゅーぶss117ロウきゅーぶss118
ロウきゅーぶss111
ロウきゅーぶss119ロウきゅーぶss120
ロウきゅーぶss121
ロウきゅーぶss124ロウきゅーぶss125
ロウきゅーぶss126

OP、どんどんパスを回してキャラがバトンタッチしていくのが可愛いなぁ。
二期という事で新キャラも続々。
この双子は夏陽の妹ですっけ、そこは何となく知ってます。
白髪教団の回し者みたいな娘は全然存じあげませんが、
ボーイッシュで可愛いひなた妹も参戦するし、唯でさえ低い平均年齢が更に低くなる予感。
『ロリきゅーぶ』の名に恥じない見事なラインナップです。
新キャラは全員小学5年生の後輩軍団、かしら。

ロウきゅーぶss127
ロウきゅーぶss128ロウきゅーぶss129
ロウきゅーぶss130ロウきゅーぶss131ロウきゅーぶss132
ロウきゅーぶss133

はーい、本編。
一期の思い出を振り返りつつ、
女子小学生の体操服姿を満足そうに見守る男子高校生の姿から開幕でーす。
ブルマーがエロいとかどうとかいう議論がありますが、
このスパッツ………みたいなのもどうかって話ですよね、人によってはこっちの方が好きそう。
腰回りの影の付け方がさり気無くエロいし、スタッフも頑張ってます、変な方向に。
ひなただけ頑なにブルマーを穿き続けるのも世の為人の為。

ロウきゅーぶss134ロウきゅーぶss135
ロウきゅーぶss136

練習が終わってそれぞれに帰宅。
智花のママは番外編で出てきましたが、パパは映像化は初めてかな。
茶道やってんでしたっけ、ママが日本舞踊か何かで。
ていうか声が置鮎さーん!
変態でもオカマでもない真面目な声の置鮎さんって何気に久し振りに聴いたかも。

ロウきゅーぶss137
ロウきゅーぶss138ロウきゅーぶss139
ロウきゅーぶss140

これはパパの顔は永遠に映る事は無い式の可能性。
まぁ雰囲気と声だけで十分キャラは伝わるから良いんですけど。
で、話の内容はというと、予想通りというか、
バスケにかまけて茶道や舞踊などの習い事が疎かになっている事を窘める内容。
小学生の娘に正論押し付けて委縮させてどうするのよパパ上様。

ロウきゅーぶss141
ロウきゅーぶss142ロウきゅーぶss143
ロウきゅーぶss144
ロウきゅーぶss145ロウきゅーぶss146
ロウきゅーぶss147

パパ上様に言われた言葉が魚の骨の様に胸に刺さったまま、
翌朝も昴の家で朝練に励む智花ですが明らかに不調モードで昴の表情も曇ります。
話を聞いてみると未来のお義父様が智花のバスケ活動に反対しているとの事。
それだけならまだしも、夏祭りに行くのも禁止されたと聞いては黙っていられません。

ロウきゅーぶss148
ロウきゅーぶss149ロウきゅーぶss150
ロウきゅーぶss151

翌日、女バスのメンバーに夏祭り不参加を告げ、笑顔を見せる智花。
家の事情を察してちゃんと理解を示す小学生っていうのも物分かり良過ぎてどうなのよ。
昴はそんな様子を遠目に眺めて何やら思い悩み中。
彼女の浴衣姿を何としても見る為、ここは頑張りどころよ昴。

ロウきゅーぶss152ロウきゅーぶss153
ロウきゅーぶss154ロウきゅーぶss155
ロウきゅーぶss156ロウきゅーぶss157ロウきゅーぶss158

それぞれが浴衣に着替えてスタンバっている頃、
自宅のベッドの上でどう動くか決めかねていた昴。
いざ智花の家に直談判に出向こうとしたその時、折よく智花のママ上様からお電話が入りました。
これはママ上様が内通者として上手くやってくれたフラグか。
それにしても浴衣姿の女子小学生は可愛いなぁ。
一番可愛いのは怒られながらも嬉しそうにひなたの着付けを手伝うかげつですけど。

ロウきゅーぶss159

アイキャッチは相変わらずの各キャラプロフ。
1話目なので当然メインヒロインの智花です。
別に智花がメインヒロインである事や、昴とラブラブな雰囲気が多い事は気になりません。
寧ろ応援しております。
あ、紗季は私が貰って行きますね。

ロウきゅーぶss163
ロウきゅーぶss164ロウきゅーぶss165
ロウきゅーぶss166
ロウきゅーぶss167ロウきゅーぶss168
ロウきゅーぶss170

智花ママはホンマ、出来るママさんやでー。
というわけでパパ上様を完全にシカトして、女同士結託して夏祭りへの参加を決めた湊母娘。
いや別にママの方は付いて来るなんて野暮な事はしませんけど。
昴と智花はアッチッチー。
ていうか昴も浴衣着てくればいいのに。

ロウきゅーぶss172ロウきゅーぶss173
ロウきゅーぶss174

偶然か必然か、女バスのメンバーと連絡が付かなくて仕方なく、
先に2人で夏祭りデートを楽しむ事になりました。
で、金魚すくいや射的や、色々なアトラクションがあるっていうのに、
昴が真っ先に選んだスポットはまさかのフリースローゲーム。

ロウきゅーぶss175
ロウきゅーぶss176ロウきゅーぶss177
ロウきゅーぶss178
ロウきゅーぶss179ロウきゅーぶss180
ロウきゅーぶss181

浴衣姿の智花に運動をさせる事でチラリズムや、
あわよくば帯が解けてラッキースケベみたいなのを狙おうという魂胆ですね。
流石昴は真性の紳士です。
微妙な顔の智花を「3本中2本決めたら何でもする」と乙女心をくすぐるご褒美で釣るあたりも。
本気出した智花は見事3本パーフェクト、ご褒美ゲットです。

ロウきゅーぶss182
ロウきゅーぶss183ロウきゅーぶss184
ロウきゅーぶss185
ロウきゅーぶss186ロウきゅーぶss188
ロウきゅーぶss189

さぁさ、早速勢いに任せてご褒美おねだりタイム。
どんな変態羞恥プレイが飛び出すのかと期待に胸を膨らませて静聴していたら、
「2人で一緒に花火を観よう」的な、とてもピュアな内容でした。
おー、己の穢れた心が浮き彫りになる程の純真さ。
ていうかお願い1つだけとも言ってませんでしたし、夜もまだ長いですし。
勝負はこれからですよね、きっと。

ロウきゅーぶss190
ロウきゅーぶss193ロウきゅーぶss194
ロウきゅーぶss195

さて、ようやくこちらも出番ですね、智花以外の女バスメンバーは、
揃ってあんず飴を艶めかしく舐め回し中。
途中で智花からメールが届きますが、
折角2人きりなんだからもう暫く放っておこうという女の友情パワー発動。
そのままシカトして二手に別れて行動を開始します。

ロウきゅーぶss197
ロウきゅーぶss198ロウきゅーぶss199
ロウきゅーぶss1100
ロウきゅーぶss1101ロウきゅーぶss1102
ロウきゅーぶss1103

一方、そんな展開になっている事など露知らないこちらの王子王女は、
先程まで待ち合わせ場所だったあんず飴の屋台の前に到着。
とりあえず皆と連絡が取れるまで待とうとした矢先、
何やら顔を赤らめてモジモジする智花の仕草にピンときちゃった紳士の昴。
我慢の限界で動けない智花をお姫様抱っこして、旅立ちます。

ロウきゅーぶss1104
ロウきゅーぶss1105ロウきゅーぶss1106
ロウきゅーぶss1107
ロウきゅーぶss1108ロウきゅーぶss1109
ロウきゅーぶss1110

あ、パパ上様顔出し大丈夫なんだ。
どういう意図でかはさておき、娘を探してわざわざ来るとかどんだけ。
ていうかママ上様、出来ればパパ上様の足止めまでしてくれればよかったのに。
とりあえず人混みに慣れていないのか、眼鏡を落としたらしいお義父様の好感度を稼ぐ為に、
昴は律儀に探すのを手伝ってあげました。

ロウきゅーぶss1113
ロウきゅーぶss1114ロウきゅーぶss1115
ロウきゅーぶss1117
ロウきゅーぶss1118ロウきゅーぶss1119
ロウきゅーぶss1120

初登場、夏陽の双子の妹、じゃなくて妹の双子、椿と柊。
という事はもう1人兄弟か姉妹に秋担当がいるのでしょうか。
通りかかった真帆と紗季が一緒に遊ぼうとするのを断固阻止、というか真帆限定で阻止。
逆に言えば真帆と夏陽のCPはやはり公式なのかしら。
でも夏陽って確かひなたの事が好きなんでしたよね。
ううむ、小学六年生にして複雑な人間関係。

ロウきゅーぶss1121ロウきゅーぶss1123
ロウきゅーぶss1124

狙い撃つぜー。
兎にも角にも、夏陽からライフルを託された真帆は、
去っていく夏陽兄妹には目もくれず、そのまま狙撃体勢へ移行。
後ろからだと完全に見えてます、ってか凄い浴衣着てますね。
浴衣ドレスとでも言うのでしょうか、ドレススカートの上着に丈の短い浴衣羽織ってる感じ。

ロウきゅーぶss1125
ロウきゅーぶss1126ロウきゅーぶss1127
ロウきゅーぶss1128

やはり来てくれると信じていたぜ、我らが同志軍曹。
というわけで狙い澄ましたかの様に合流した昴の立ち位置は真帆の真後ろ。
完全に狙っているのか、天性の嗅覚か、
何にしても完全に見えてますよね、画面的には映ってませんけど多分。
第一期の頃からそうですが、小学生相手に本気で動揺するとか、昴は何処までも真性。

ロウきゅーぶss1129
ロウきゅーぶss1130ロウきゅーぶss1131
ロウきゅーぶss1132
ロウきゅーぶss1133ロウきゅーぶss1135

実際見えてたそうです。
というわけで景品と引き換えに女の子の大切なものを失った感じの真帆は、
八つ当たり気味に紗季を巻き込んで射的させようと目論みます。

で、その結果がコレ。
真性の割には、いや寧ろ真性だからこそか、やたらスキンシップしたがる昴は健在。
珍しい紗季とのツーショットがみれたから良いですけどね。
そして怪しい人影にロリコン現場をきっちり抑えられてるー。

ロウきゅーぶss1136
ロウきゅーぶss1137ロウきゅーぶss1138
ロウきゅーぶss1139

ひなたはホント、二つ名に違わぬ天然のお色気娘だなー。
ある意味お祭りでは定番の、チョコバナナの正しい使用方法ですけど。
ようやくここで女バスメンバーが全員勢揃いしたところで、
クライマックスの花火を観る為のスポットへ移動開始。

ロウきゅーぶss1140
ロウきゅーぶss1141ロウきゅーぶss1142
ロウきゅーぶss1143

パパ上様再登場。
真帆と紗季とひなたの可愛さのせいですっかり忘れてましたが、そういやいましたね。
あれからも引き続き捜索して、遂に発見するにまで至ったわけですか。
年頃の娘を持つ親父の執念、侮りがたし。
強引に智花を連れて帰ろうとするパパ上様の暴挙に口を開く昴。
こちらのバトルもクライマックスだー。

ロウきゅーぶss1144
ロウきゅーぶss1145ロウきゅーぶss1146
ロウきゅーぶss1148
ロウきゅーぶss1149ロウきゅーぶss1150
ロウきゅーぶss1151

驚く程に礼儀正しく、まず智花を勝手に連れ回した事への謝罪から入り、
更には智花の気持ちを切々と語る昴。
“YESロリータ!NOタッチ!”を破っている時点でロリコンとしては異端者ですが、
社会的な人間としては中々の正統派にして実力者といったところ。

打ちあがる花火の光に照らされて、ここでようやくお互い、
先程の眼鏡探しの件で知り合った相手だと気付きます。
さっき偶然稼いでおいた好感度が今、活きる時。

ロウきゅーぶss1152ロウきゅーぶss1153
ロウきゅーぶss1154ロウきゅーぶss1155
ロウきゅーぶss1156
ロウきゅーぶss1157ロウきゅーぶss1158
ロウきゅーぶss1159

先程の恩もあってか風向きが変わった事を感じた幼女達も、
思い思いに智花への想いを語って援護射撃。
畳み掛ける様に昴も、そして智花自身もパパ上様に真摯な想いを伝えて、
遂に心動かされたのか、思った以上にあっさりと退いていくパパ上様。
完全勝訴です。

ロウきゅーぶss1160
ロウきゅーぶss1161ロウきゅーぶss1162
ロウきゅーぶss1163

そんなとこだろうと思ってましたが、
やっぱ昔智花が強くなることだけを目指して仲間達の信頼を失ったトラウマを、
もう二度と味あわせない為にバスケから遠ざけようとしていたとか何とか。
憎まれ役をわざわざ買って、お疲れ様な事です。
仕舞いには智花の今後もお願いされてしまいましたし、
これで両親公認ですね、おめでとうございます。

ロウきゅーぶss1164ロウきゅーぶss1165
ロウきゅーぶss1166

こうして一波乱あった夏祭りの夜も更けて、
智花にまた1つ大切な思い出ができましたとさ。
めでたしめでたし。

ロウきゅーぶss1167
ロウきゅーぶss1168ロウきゅーぶss1169
ロウきゅーぶss1173
ロウきゅーぶss1174ロウきゅーぶss1175
ロウきゅーぶss1176

翌朝、幸せな気分そのままに朝練に臨む智花と昴。
そこへやってきました、白髪教団からの刺客兼フランスからの刺客。
新キャラのミミ=バルゲリーちゃんです。
いきなり現れて勝負を仕掛けて来ていますが、
その前に人の家の敷地に勝手に入ってきている時点で不法侵入ちっくなんですけど、
そこらへんどうなのさ。

ロウきゅーぶss1177

次回「フライング決闘!」に続きます。
えーと、これはAKB48の『フライングゲット』って事で良いんでしょうか。
となると今回のサブタイトルはミスチルの『イノセントワールド』なのか。
また面白い方向で攻めてきましたね、こういうダジャレ的なサブタイトルは好きです。
だからどうした的な。

ありがとうございました、次回も宜しくお願い致します。
全く、小学生は最高だぜ!

がっちの言葉戯び


<<私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い 喪1「モテないし、ちょっとイメチェンするわ」 | ホームへ | ロウきゅーぶ! アニメ1期まとめ>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/690-0e1bf827
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ロウきゅーぶ!SS TokyoMX(7/07)#01新

The 1st game 小学生(いのせんと)・わーるど! 公式サイトから昴が慧心学園女バスのコーチになって3ヶ月。夏休みも智花たちと一緒にバスケの練習に励んでいた。一方、智花たち5人は、...
  1. 2013/07/10(水) 20:21:24 |
  2. ぬる~くまったりと

(^ω^)バナナペロペロ ~ロウきゅーぶ!SS 第1話「小学生(いのせんと)・わ~るど!」~

「みんなや昴さんのおかげで、股バスケが楽しくなったの!」
  1. 2013/07/10(水) 20:45:26 |
  2. 悠遊自適

ロウきゅーぶ!SS The 1st game「小学生(いのせんと)・わ~るど!」

『ロウきゅーぶ!』2期がいよいよ始まりました。 ・・・続きはこちら(トラックバックもこちらにお願いします) →http://kyotofan.net/books_anime/ro-kyu-bu/gamess_01/
  1. 2013/07/11(木) 11:12:42 |
  2. ボヘミアンな京都住まい[fc2ブログ版]

ロウきゅーぶ!SS 第1話「小学生(いのせんと)・わ~るど!」

夏休みも終盤、昴のコーチでバスケの練習に励む智花たち。 夏祭りを最後のイベントに楽しみにしていたが… 智花はバスケばかりしてるのを叱らて祭に行けなくなり、落ち込んでしま
  1. 2013/07/11(木) 23:29:28 |
  2. 空 と 夏 の 間 ...

バスケがしたいです!! ロウきゅーぶ!SS 第1話「小学生(いのせんと)・わ~るど!」感想

慧心学園でバスケットボールのコーチを続ける『長谷川 昴』は『湊 智花』『永塚 紗季』『香椎 愛莉』『袴田 ひなた』『三沢 真帆』ら魅力的なロリ才能溢れる少女達の成長を優しく見守...
  1. 2013/07/13(土) 09:09:19 |
  2. アニメ色の株主優待

2013年03クール 新作アニメ ロウきゅーぶ!SS 第01話 雑感

[ロウきゅーぶ!SS] ブログ村キーワード ロウきゅーぶ!SS 第01話 「小学生(いのせんと)・わ~るど!」 #RoKyuBu2013 『ロウきゅーぶ!』(RO-KYU-BU!)は、蒼山サグによる日本のライ
  1. 2013/07/14(日) 11:34:48 |
  2. 妖精帝國 臣民コンソーシアム

ロウきゅーぶ!SS The 1st Game 小学生・わ~るど【伊藤かな恵さんの仕事】

小学生(いのせんと)・わ~るどー>innocent world(Mr.Childrenの1994年のヒット曲)
  1. 2013/07/15(月) 10:16:55 |
  2. しるばにあの日誌