タイトル画像

エスカ&ロジーのアトリエ part3:第1期 自由時間(前編)

2013.07.21(21:00) 678

eschalogy.jpg

何て言うんでしょう、寝る間は別に惜しんでませんが、
画質を気にし出したらエンコ時間が目に見えて増大して、
2分くらいのほぼ無編集の動画のエンコに1時間くらいかかるわけですよ、デスクトップでも。

なので最近は寝るまで遊んでキャプチャして、
寝ている間にノートPCとデスクトップPCでそれぞれエンコ開始して、
1時間とか1時間半経過する毎に目覚めて、
エンコ終わってたら新しい動画を軽く編集してエンコ開始してまた寝る、
みたいな事を朝仕事が始まる時間まで繰り返して睡眠時間を過ごしてます。

仕事に行く時に結構身体が重くなるんですけど、これだと結構エンコが捗ってくれて。
エンコするのはイベント部分だけで、
記事に載せてる画像はキャプチャしたものからそのまあ貼り付けてます。
これでエンコ対象部分がかなり絞り込まれて、作業時間も減るかなーと。
サムネだとテキスト読めないかもしれないですが、
興味ある方はクリックしてくれれば別窓で拡大表示されますのでー。

そんなどうでもいい舞台裏のお話でした。
こういう事をわざわざ口に出して言ってしまうあたりが私の成熟しきれない部分ですし、
そういうネタまで出さないと話題が無かったりするのもまた懐の浅さの証左。
もっと人間として成長したいと思う今日この頃。

それでは宜しければ続きからご覧ください。

el1-1 (2)el1-1 (3)
el1-1 (4)
el1-1 (5)el1-1 (6)
el1-1 (7)
el1-1 (8)el1-1 (9)

さて、初めての大きな課題を達成して意気上がる開発班。
ここから次の大課題が出る8月になるまでは自由時間という事で、
未達成の小課題をこなしたり、仲間達と交流を深めたり、らじばんだり。
結局“らじばんだり”ってどういう意味だったんでしょう、語感だけなのかしら。

というわけでまずはソールさんから依頼が受けられる様になりました。
これ頑張ると“きらきら”なお菓子が貰えて、ホムンクルス共を使役出来る様になるらしいです。
現在は他の部署に出払っていてこちらには回せないとの事ですが、今の内にお菓子溜めとこう。
ソールさんも良いキャラを出してきたなぁ。

el1-2 (2)
el1-2 (3)el1-2 (4)
el1-2 (5)

自由時間は基本的にサブイベントラッシュなので、
街中マップでエクスクラメーションマーク付いてるとこに只管飛ぶ感じ。
というわけでお次はカトラちゃん。
このスーツケースにちょこんと座ってるのがマジで可愛いんですよねー。

イベント内容はまぁ、相手が悪かったという事で。
そもそもこんな街でアクセサリが売れるのかって話もありますが。
開発班お金ないですからね、無駄遣いは出来ません。

el1-2 (6)
el1-2 (8)el1-2 (9)
el1-2 (10)
el1-2 (12)el1-2 (13)
el1-2 (14)
el1-2 (15)el1-2 (16)
el1-2 (17)

クローネとは腹蔵の無い、いつも通りの温かいやり取り。
ミリアはもう亡くなってるんでしたっけ、
トトリのママみたいに何か凄い逸話があったりするのでしょうか。
まぁ話を聞いている限り、錬金術を人の為に役立てようなんて慈善の精神は無かったみたいですが。
そこらへんもその内明らかになっていくのかなぁ、何故クローネがこの街にいるのか、とか。

EL1-3 (1)

小課題にニオから参考書を買え、というものがあったので、
リンゴを拾っては1個5円で売るという荒行を繰り返して小銭を貯めて買いました。
お金厳しいなぁ、序盤だから仕方なんですけど。
依頼こなしたからといって現金報酬でも無いですし。
ホントに課題達成のご褒美と、月々の支給金しか無さげです。

EL1-3 (2)

こうやってちょっとずつ小課題をこなしてビンゴゲームを愉しむ日々。
真ん中9マスを全部埋めるとご褒美が全部貰えるんですよね。
まぁそんなに難しいものもないので、その内気位が付いたら達成出来てるレベル。
というわけで1つ目のご褒美でフラムが作れるようになりました。
コレが無いと錬金術師の戦闘は始まりません。

EL1-3 (3)
EL1-3 (4)EL1-3 (5)
EL1-3 (11)

サブイベントが小休止中なので早速フラムを作ろうとアトリエに戻ったら、
ようやく活動費が口座に振り込まれました。
リンゴを数十個売る必要なんて無かったみたいですが、まぁこれも経験。
その月の様々な行動が影響するというのは興味深いですね。
どれがどれだけ影響あるのか調べるのも面白そう。

記念すべき初月度の支給額は480円。
使ったアイテム分は差っ引かれてるんですかね、1日16円、リンゴ3個分。
………いや、いくらなんでも酷くないかしら。
これじゃ活動費というよりも単なる補助金程度なんですけど。

EL1-3 (6)EL1-3 (7)
EL1-3 (8)EL1-3 (9)
EL1-3 (10)

見えてますね、だからどうしたって光景ですけど。
前回のアーシャは普通にパンツでしたけど、今回はズロースみたいな下着を着用。
まぁ『アトリエ』にパンチラは求められてませんし。
パンツだと戦闘中の動きやカメラワークも制限されるのでデメリットの方が多いですから。
というわけで買ってきたり貰ったりした参考書を読んで、作れるものが増えましたの巻。

EL1-3 (12)
EL1-3 (13)EL1-3 (14)
EL1-3 (15)

準備も整い、いざフラム作成!
………とか思ったら、紙類素材が足りないと御叱りを受けたので、
急遽ゼッテルから作成する事に、まぁどちらにせよ作成したのでこれは問題無し。
そこから無事、ブラムが完成いたしました。
これでクラフトとフラムの2段構えによりPT火力が一気に上昇して楽になるー。

EL1-3 (16)
EL1-3 (17)EL1-3 (18)
EL1-3 (19)

錬金レベルが8になったところで素材投入の順番を自分で選べるようになり、
更に色々と便利な調合スキルをいくつか習得して、調合に幅が出始めました。
従来の属性値の他に属性コストとかいう新要素まで追加され、
更に複雑怪奇と化しているっぽい事に一抹の不安を覚えますが、
いつもの通り遊んでいる内に自然と慣れてくのでしょうね、今回も。

EL1-3 (20)
EL1-3 (21)EL1-3 (22)
EL1-3 (23)
EL1-3 (24)EL1-3 (25)
EL1-3 (26)

調合スキルの練習がてら、未作成アイテムを順番に作成していく時間中。
“リンゴのタルト”が完成したところで、隣で見ていたロジーから待ったの声がかかります。
調合釜でお菓子まで作れる事実にも驚きますが、
「別にこれなら普通に調理で作ればいいのでは?」というロジーのもっともなご意見に、
エスカの返した答えは奇を衒ったようで割と普通の小細工。
まぁ書類上はその理屈で認められそうですし、何の問題もございません。
このエスカの腹立つ顔。

EL1-5 (1)
EL1-5 (2)EL1-5 (3)
EL1-5 (4)

さて、調合で日にちが経過して、またサブイベントが少しずつ発生し出したので向かいます。
リンゴ園に出向いてみると、今度はニオのサブイベント。
毎期の自由時間に各キャラ1回ずつサブイベント挟まれる感じなのかしら。
それだとフラグ管理しなくていいから凄い楽なんですけどね。

ニオは“未踏遺跡”に興味があるとの事ですが。
そういえばアーシャは何処で何してるんでしょう。
キースさんと真理探究の冒険でもしてるのかしら。
各キャラがどういう流れで今作に登場しているか分からないのですが、
とりあえずキャライベント全てクリアした未来とみていいのですかね。

EL1-5 (5)
EL1-5 (6)EL1-5 (7)
EL1-5 (8)
EL1-5 (12)EL1-5 (13)
EL1-5 (14)

またしてもサブイベントを消化しきったので、心機一転、再び街の外を大冒険です。
先程作った爆弾とお菓子をバスケットに入れて、
目指すは街の北に新しく開通した“古き街道”。

ここからは“フィールドイベント”も解禁されて、まぁ説明難しいですが、
要するに採取や討伐をして溜まったゲージで任意にミニイベントが起こせる的な。
これじゃなきゃ得られないレア素材とかあるのかなー。
ちなみに画像では“採取数変異”を発生させて、通常1採取ポイントから1素材のところを、
1採取ポイントから3素材へと増加させてます、超便利。

EL1-5 (9)EL1-5 (10)
EL1-5 (11)

うろついている敵も一新され、一回り強化されていますが何の問題もありません。
こちらには“フラム”という頼もしい相棒がいるのですからね。
まぁ3つしか持ってこれないのが難点と言えば難点ですが、その分威力は折り紙つき。
ロジーは兎も角エスカはパラメータの伸びが悪いので、錬金アイテムの準備は必須です。

ていうか今更ですけど、エスカそこそこ胸ありますね。
リンカには遠く及びませんが、ウィルベルさんやニオ、マリオンさんには勝っている模様。
現実は残酷です、年長者だからって胸が大きいわけじゃない。

EL1-6 (2)
EL1-6 (3)EL1-6 (5)
EL1-6 (4)
EL1-6 (6)EL1-6 (7)
EL1-6 (8)

引き続き戦闘中、ある日森の中の熊さんもフラムで楽々駆除。
少し疲れてきたらお菓子を食べて栄養補給も出来ますしね。
コレ、自分で食べる時は見た通り手掴みで食べる普通の光景なのですが、
他の人に与える場合は何と豪快に投げつけます。
口でキャッチでもしてるのでしょうか、それで何故問題無く回復出来るのかは謎。

EL1-6 (9)EL1-6 (10)
EL1-6 (11)
EL1-6 (12)EL1-6 (13)
EL1-6 (14)
EL1-6 (15)EL1-6 (16)

ここでレベルも6に上昇したところで、試しにフィールドイベント“強敵出現”で、
レベル5の熊型を選択して勝負を挑んでみる事に。
で、実際戦ってみたらこれが強い強い、明らかにレベル5じゃないってくらい堅いです。
雑魚戦で手持ちの爆弾が残り少なくなっていた事も災いして、
更には2回行動までしてきてエスカが容赦なく殴り倒されて勝負あり。
潔く負けを認めて退散する勇気。

失意の涙にくれながら街へと帰還するこの段で一旦切ります。
このくらいの長さが
丁度良いのでしょうかね、流石にもっと短くするのは厳しいですし。
寧ろ今直面している問題は動画編集の方なんですけど、果たして。

ありがとうございました、次回も宜しくお願い致します。
失礼します<(_ _)>

がっちの言葉戯び


<<エスカ&ロジーのアトリエ part4:第1期 自由時間(後編) | ホームへ | エスカ&ロジーのアトリエ part2:第1期 大課題(後編)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/678-980bdb33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)