タイトル画像

黒山羊さんからお手紙ついた

2013.06.26(21:00) 659

嘘です、黒山羊の知り合いはいません。
ていうか誰か下さい、『カーニヴァル』のあの羊さん達。
もしくは1組のとこの兎でもいいんですけど。
1匹でも可愛いのに、アレが群れを為すと最早世界の脅威ですね。
百鬼夜行も裸足で逃げ出す愛らしさ。

“百鬼夜行”と言えば『いぬぼく』最新刊未だに買ってませんね、非国民です。
でも“百鬼夜行”という単語から連想される漫画ってやっぱり『あまつき』の方かしら。
最近録画したアニメDVD見返しているんですが、
勿論一度観たものだし作業のBGVとしてなのでそんな真面目に観てませんけど。
コミックス全部読まなきゃなーと思うんですが、
引っ越しの際に持ってた7巻くらいまで売り払っちゃったので中々思い起てないのです。

売っちゃったと言えばその内『からくりサーカス』『海皇記』あたりもまた買いたいです。
『風使い』もそう言えば売っちゃったんだったかな、勿体無い事をしました。 
何回読んでも面白い漫画は買って本棚に並べる価値があると思うのです。
という謎の上から目線でしたが、本題は全然別。
こうして自分の描いた文章で連想的に話が逸れていくのは、まぁ“あるある”ですよね。
掃除している最中に見つけた漫画をついつい読み耽ってしまう様な、アレです。



で、本題はブロとものふじもとさんから、
色々頂いたりお借りしたりのあれやこれやの御礼詣で。
別に詣でませんけど語呂がいいので勢いで言葉を誤用するのも良くある事。
深く考えたら負けです。
そレでは宜しければ続きからご覧下さい。

れんたる (1)

まずこの袋を閉じているシール!
もう中身がどうこう以前に、ここで既に大爆笑しました。
鷹通がめっちゃこっち見てる!
真面目な顔して実はムッツリ………という事も無くてその上、
マザコンが過ぎて神子を自分の母親の様な立派な淑女に育て上げようとかいう、
単なる恋愛感情を越えた壮大な変態性を発揮してくれる凄い人です。
そんな人が意味ありげにこっちを眺めている………。
恐ろしい限りです。

tak.jpg

そんな鷹通さんは“天の白虎”の1人、そしてそれを代々世襲している中原茂さん。
1匹“地の玄武”が混ざっていますが、それはさておき。
『遥か』シリーズに手を染める直前の私は『新機動戦記ガンダムW』にハマっていたので、
どうしても“中原さん=トロワ・バートン”という図式が脳内に確固としてあって、
最初に出てきた時は相方と大爆笑しました。
これ何回も言ってる話ですが、それくらい大爆笑しました、鷹通は普通に喋っているだけなのに。

鷹「大丈夫ですか?」 私達「トロワが変な喋り方しとるーぎゃはははははwww」
鷹「私が安全な場所までお連れしましょう」 私達「似合わねーうひゃひゃひゃひゃwww」

今思うと酷い反応だなぁと我ながら思います。

れんたる (4)

こちらはお借りしたゲーム2本。
『遥か』シリーズの中でも特に好きな『4』と、
先日PSPに移植された『夏空のモノローグ』です。
作品全体の雰囲気としては『遥か』シリーズの中でも1番好きな『4』は、
まぁやっぱり思い出す時にどうしても忍人の存在抜きでは語れないのですが。
上の方で紹介した中原茂カルテットの1人、一番右にいるBG78くらいの髪の色の人。

この人のEDは悲恋って言ったらいいのでしょうか。
もういつまでも、そう、今でも心に消えない棘となって刺さり続けているくらい、
何回思い返しても胸が辛くなる終わり方です。
そもそも『4』自体が結構悲しい終わり方が多い作品ですが、その中でも特に。
全国10万人(推計)の千尋のトラウマ。

『夏空』はエンドレスな“1日”の中でのアドベンチャーという感じなのでしょうか。
てっきり雰囲気的にもっと明るい日常系かと思っていたので、
その話を聞いた時はかなり驚いた覚えがあります。
直純さんに和彦さんと、『遥か』信者に反応するネームもキャストに名を連ねてますし、
まぁ申し訳ない事にプレイ開始がいつになるのか不透明ではあるんですが、
彼等に出会える瞬間が楽しみです。

れんたる (2)

同人誌は業界的に結構数が少ない気がする、ヒノエ×望美本。
物凄い楽しく読ませていただいて、で、ふと思い至って本をパラパラ読み返して探したのですが。
「………あれ、“R-18”表記が何処にもねぇ」

小説パートと漫画パートがあるんですが、そのどちらでも行為に及んでいるんですよね。
最後までやりきっていないのでセーフって判断なんでしょうか………?
それとも最近の乙女には、このくらいは 小学生レベルの挨拶なのでしょうか。
確かに色々あって結局指しか使ってないけどさー。

右下のアニメな譲と、私の白馬の王子様、ヒノエは、
おそらく『紅の月』のDVDに封入とかされてるカードっぽいです。
いいのかな、こんなの送って貰って………返せって言われてももう返さんぞ?
譲はどこでもかしこでも困った様なアンニュイな表情してますね、超イジメてぇ………。
ある意味で『遥か』キャラの中で一番萌えます、譲はネガティブオーラ満載で。

ヒノエはもうねー、何て言うかですねー、王子様なんですよ、ホント。
何て言うか、手に触れられる王子様というか、決して別世界の存在じゃないけど憧れというか。
上手く言えんですね、行動が突拍子もなかったり破天荒だったりで飄々としてるけど、
手を伸ばせばちゃんと届く距離にいつもいてくれるみたいな。
まぁ、流石に現代でヘリコプターをチャーターしてくるとは思わんかったですけど。
全国20万人(推計)の望美が皆思った事でしょうけど、どうやって金稼いだんだ、あの短期間に。

正装している大変雅な鷹通と友雅はLaLaDXのカレンダーの1枚かな。
友雅は普段が遊び人全開ですが、たまーに参内する時にはこうして真面目な格好してるんですよね。
私は白虎組が大好きだ、と延々喋った甲斐があるというものです、フヒヒ。

れんたる (3)

くれくれと乞食っぷりを発揮してわざわざ焼いて貰ったつっこさんのCD。
つっこさんと言えば私は『零』シリーズから知ったので、どうしてもそのイメージが強いです。
確かシリーズのED全部歌ってるんじゃなかったでしたっけ、つっこさん。
何気に私はシリーズ第4作の『月蝕みの仮面』しかプレイしておらず、
その他は全部実況動画で眺めたという非国民っぷりですが。

シリーズ第2作『紅い蝶』のED曲『蝶』や第3作『刺青ノ聲』のED曲『聲』を初めとして、
つっこさんのあの独特の世界観に浸れる曲ばかりです。
………若干嘘です、まだ『catalog』の方しか聴いてません。
なので正確には、独特の世界観に浸れる曲ばかりの筈です、となりますが。
落書きの為にデスクトップで作業する時に、BGMとして交互に描け流す感じで、
じっくり聴いていこうと思います。

ojoyokusitsu (3)
ojoyokusitsu (2)

ここからは蛇足というか、若干話が逸れますが、
この間ふじもとさんに送った“お嬢の浴室”様の同人誌の、他の手持ち品。
表紙がどれも秀逸で、で、裏は普通に萌え絵で描かれていたりするのでギャップが酷くて。
本来のこの方の絵柄は右側の裏表紙の感じなんですけれど、
世間的なイメージは左側の北斗画風の方なんじゃないかと。
かれこれもう10年以上は最低でも活動されてますからね、
それだけ熱意が続くというのは尊敬します、本当に。

ojoyokusitsu (1)

どうです、このラオウ様の楽しそうな顔。
彼のピュアで邪悪な笑顔は一回見たら忘れられません。
私が初めて手に取ったこのサークル様の本は『桃太郎』で、2冊目がこの『一休さん』でした。
確か同人ショップで表紙買いしたんでしたっけね。
これ程“表紙買い”という言葉が相応しい同人誌もないと思うんですよ。



以上、素敵な贈り物の送り物の数々でした、
ふじもと様、本当にありがとうございました<(_ _)>

がっちの言葉戯び


<<カーニヴァル 第12譜「ニジの約束」 | ホームへ | Princess Arthur 総評(終)>>
コメント
中原さんシリーズにテンション上がりましたー、
個人的にはここに毛利さんも入れて欲しい所なのですが、
シールの使い途が出来て嬉しいです。
あ、ヒノエーやはり18禁表示なかったですよね、なのに濃いかったですよね。
ユズルーはおっしゃられる通り紅の月のおまけです。
よりにもよって何故あんなにネガティブな表情チョイスなのでしょうね、でも好きです。
こちらこそありがとうございましたー、
先日ママ友飲み会行ってきたんですけど娘のリュックがやたらデカくて
何が入ってるのかなと思っていたんですよ、そしたら
皆の前で「ママの本ー」と言って「サザエ・惨」を出されました。
もう微笑みながらリュックに戻しました。
他も凄いラインナップですね!一休さん読みたいですねやっぱり^^
ではではありがとうございましたー!
【2013/06/21 10:12】 | ふじもと #cDzvWxEE | [edit]
こんにちはー返信遅れてごめんなさいです。

そういえばBSR毛利も中原さんでしたねー、
アニメ観てる時に鷹通がおるーと思った覚えがありますw
それ言ったら永泉、というか布津彦か、が超熱血で「お館様ー!」とか言いながら暴れてますし。
BSRもそのうちーとか言っておきながら触れる機会もないのが悲しいところ。
人生短すぎぃ。

娘さん「サザエ・惨」持参ですかw
まさかそんな布教活動をしていただけるとは…www
でもまぁ、アニメ観ない方でも「サザエさん」は勿論の事、
「北斗」あたりも何となくは知っている方も多いでしょうし、
意外と一般受けするギャグ本なのか………も………?

こちらこそ色々とお送りいただいて感謝です。
つっこさんのCD延々流してます^^
先の話ではありますが、また折を見て返却物に御礼の品をばー。

ではでは、ありがとうございました御免
【2013/06/22 07:47】 | がっち #- | [edit]
お邪魔致します。
2人で楽しそうな会話してますねぇ~
遙かなので乱入しにきましたw

シールの鷹道さんはOPのものですねぇ~
幾度となく眺めてきたので悩まずにすみましたwww
>単なる恋愛感情を越えた壮大な変態性を発揮してくれる凄い人
鷹道さんって変態だったのねwそう言われればそうかもしれないと変に納得してしまったじゃないですか!!!
さすが鷹道Loveのがっちさん♪♪♪
私は何においても遙かをベースに出来上がってる頭なのでトロワ・バートンを聞いて違和感を抱いた人です。
因みにガンダムSEEDでキラとアスランを脳内で勝手に天地の玄武に置き換えて笑っていた事もあります。
永泉さんが僕って言ってるー泰明さんが冷静さを欠いてるーーって。
SEEDを見た理由としましては言わずもがなネオロマ声優のオンパレードだったからですwww
いつもながら動機が不純で失礼な人間ですな。

忍人さんは悲恋でしょう。だって隣に居ないんだもん・・・(号泣)
譲くんも1回死んじゃったけど運命書き換えたら大丈夫やったのに
忍人さんはそれすら許してもらえない・・・あうぅぅぅぅぅorz
最後のおまけは愛蔵版にしかついてないんでしょうか??そのお話だって結局は・・・
隣に居ないじゃないかーーーーーーー
ネオロマという甘々な世界に浸かりきってた私にはホント衝撃的な結末で忘れられません。

がっちさんにはキャラ1人1人について語って欲しいといつも思ってしまいます。
出てくる言葉が面白い且つ的を得ているのでどんなに長くても絶対読めてしまうと思うんですよね♪
手を伸ばすとちゃんと届くところにいてくれるとかホントそんな感じでなるほどなぁと思っちゃいました☆
良すぎる・・・鼻血出ると思う・・・ヒノエがもしホントにいたら・・・キュン死に!!!!
こんな感じで浮気性な私はみんなが大好きなのでみんなが大好きです!!
大事な事なので2回言いました(テヘペロッ

ふじもとさんからのお宝贈呈の数にビックリでしたが
幸せに埋もれて癒されてくださいませw
結局指しか使ってなかったとかいうなんとも生々しい文章を拝見しましたが
なーんやと思ってしまう私は完全に思考が狂ってるのでしょうか??w
そういったものも何個も読みましたし聞きましたし(BLですけど)一般が分からないw
なんでしょう、むしろもっとメチャクチャやっちゃえばいいのに~とか思ってしまうorz
AV見飽きたわ~とか言ってる男性と相違ありませんね~~(悲
【2013/06/26 16:08】 | 櫻朔春日 #- | [edit]
こんばんはーどうぞどうぞ^^

さすが春日様、シール鷹通が何処のモノか一目で見抜かれるとは………w
『遥か』道場師範の腕前は伊達ではありませんねー。
もうスチルとかコンプされているという話を先日伺った時点で尊敬なのに、
こうやってアニメの方まできっちり記憶に納めておいでとは………。
しかも鷹通なのにw

“鷹通が真面目な顔した変態”みたいな認識は元は友人が良い出した事で、
「あの人『あかねと交際するとかはどうでもいいから、自分の母親みたいな女性に育てたい』とか、
そんな事言って常に見守る的な発言しているんだよ変態じゃん!」とか何とか。
それを聴いて「あー確かに」と思った時点から私の中でも変態になりましたw
勿論好き故の事で、嫌がらせとか蔑みじゃないんでセーフですよね?w

> 因みにガンダムSEEDでキラとアスランを脳内で勝手に天地の玄武に置き換えて笑っていた事もあります。
> 永泉さんが僕って言ってるー泰明さんが冷静さを欠いてるーーって。
> SEEDを見た理由としましては言わずもがなネオロマ声優のオンパレードだったからですwww

そう言われるとそうですねぇw
ムウとラウもそうですし、イザークとフレイ、
後は砂漠の虎に、えーと、結城比呂さんもどっかに居た様な。
うーむ、確かに多いなぁーw
仰る通り、主人公2人が玄武って時点で、色々と思い返すとジワジワくるものがありますwww
『遥か』で散々泰明さんに振り回されたもんだから、
『種』ではキラがアスランを散々振り回して人生メチャメチャにしたのかw

『遥か4』ってホント、異色と言えば異色ですよね。
他のゲームだったら忍人さんのアレはかんぜんにバッドEDですよ。
ホント、誰もがバッドだと信じて幸せに結ばれるルートを探してループしまくったのに。
ルビパはなんて酷い事をするんだと当時は本気で思いました。
いや、今でも思ってますけど。

キャラ語りに関しては以前の春日さんの『遥か』語りに勝るものはありませんて!
もうアレ読みながら何回爆笑したり、何回深くうなずいたりしたか分からんですよ?w
また忘れない頃に『遥か4』もプレイして、時間があれば記事も書きたいですけど。
結構皆好きですからねー、あー、サザキと布津彦は………うーんw 

> 結局指しか使ってなかったとかいうなんとも生々しい文章を拝見しましたが
> なーんやと思ってしまう私は完全に思考が狂ってるのでしょうか??w

いやーあまり深く喋ると色々とボロがでそうなのでアレですが、
でもまぁ私も似たような事は思ったのでw
でもアレですね、焦らしプレイみたいな感じで、
望美を虐めてる感じだったのでそれ自体は良かったんですよー。
でもまぁ、望美は強い子だからなぁ………中途半端にすんなやーって逆に素で怒りそう………、
まぁ漫画でも映像でも、“一般”と“成年向け”の境目ってどこだろうとは常々思います。
という、何となく真面目なノリで終了でw

ではでは、ありがとうございましたー<(_ _)>
こちらこそ、また春日さんのネオロマへの熱い思いを綴った文章を期待しております^^
【2013/06/26 22:53】 | がっち #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/659-e918fb1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)