タイトル画像

あるふぁみ!

2013.05.25(20:59) 628

にしてもあれですよね、FC2ブログやってらっしゃる方は分かると思うんですが、
ブログテーマ選ぶ時に、カッコ書きでそれぞれのテーマを使用した記事がいくつあるか、
合計数みたいなのが表示されてるじゃないですか。

ASFG.jpg

こんな感じで。
まぁ細かいゲームタイトル毎じゃないから単純比較するのもおかしいですけれども、
“乙女ゲー”記事の数って多いですよね。
年初めか年度初めか忘れましたけど何処かで一旦集計数がリセットされてから今日までで、
既に1500越え、結構な数がいるんだなーと見る度に感心する事しきりです。
いつかのんびり全ての記事を見て回りたい感じですけど。

8tnu0100000kg4i6.jpg

で、今回は何の話かというと、以前何かの記事で喋っていた、
乙女ゲー欲しいなーって言ってたの、買いましたっていうお話。
普段なら前文だけで済ませる様なネタなのですが、
様々な大人の事情や、思っていた以上に届いて興奮している自分が居たりで、
こうして単独記事として成立する事と相成りました。

それでは宜しければ続きからご覧ください。
如何せんゲーム自体未プレイなのでネタバレもしようがないですし。



以下、拍手コメレスです。
> H様
お祭りです、楽しくなっちゃって、ついやっちゃいました。
マジですか!?
遠慮しませんよ、譲くんの素晴らしい表情とは一体………。
譲の場合は色々と面白い表情に幅がありますからねー、拝見するのが楽しみです。
ありがとうございました。



未プレイのくせして調子乗って沢山買いました。
これでハズレだったら首を吊るレベルですが、絵だけでこんなに興奮するのなんて、
これまでの人生でもそうそう無いくらいのレベルですよ、いやホントに。
なので衝動的に散財してしまってもそれは致し方ない事であり、
決して私自身に非があるとか責任の所在がとか、そういう話には決してならないのだという、
その事だけをまずはここに宣言しておきます。
ワタシハマチガッテナイ…マチガッテイルノハコノセカイノホウダ。

アルファミ (1)

『アルカナ・ファミリア』無印のアニメイト限定版とか言うもの。
中古でも普通の初回限定版より¥1000くらい高かったわけですが、
小冊子とCDと、豪華な箱が増えているという内容。
凄いのかどうか、小冊子開けていないので分かりませんが、一番豪華そうなのを買ってしまう、
これがオタクの習性の様なものでしょうか。

中央上部に顔を覗かせている、お嬢が仰け反るノヴァを後目にリベルタを蹴飛ばしてる絵のは、
一緒に買った公式ビジュアルブックです。
中古とはいえ、ほぼ定価くらいの値段だったわけですが、コレは買って良かったです。
ネタバレを、というかスチルを見るのを控える為に、プロローグの部分だけ見ましたが、
成程、“乙女ゲー×少年マンガ”というキャッチフレーズが理解出来ました。

早くやりたくなるところですが、このやりたい気持ちを糧にして、
他の作業をサクサクと、而して手を抜く事無く回していければなぁと。
年内にはプレイ出来るといいなー。
そんなレベルです、全ては年内の新作ソフトの動向次第。

アルファミ (4)

FD1つ目『幽霊船の魔術師』アニメイト限定版になります。
それとこちらも併せて公式ビジュアルブックを購入。
こっちのアニメイト限定版は通常の初回限定版+CDかな。
買わないで後悔するくらいなら買って後悔しろ、そういう心持ちで、ね。

こっちはどういうお話なのかこれっぽっちも情報知識ありませんが、
FDって事できっと本編よりも糖度は高いんじゃないかなーと期待。
FD2つ目の『フェスタ・レガーロ』は何となくお祭り系の、
文字通りFDって感じに思えるので、こちらでシリアスなラブイベントは起こると予想。
最終的に誰が最愛キャラになるんでしょうね。

アルファミ (2)

各予約特典のCD達です。
店舗特典のものと違って、コヤツらは大量に出回っているお陰で安いです。
それぞれ¥30~¥50くらい。
シリーズ3作品のが1つずつと、左下のだけは雑誌の付録CDですね、
これも似たような値段だったのでついでに買いました。

アニメイトの店舗特典CDは比較的安かった(¥500)ので買っても良かったんですけど、
ゲームをプレイしてキャラを確かめてからでもいいかなーと。
乙女ゲーの店舗特典CDは登場キャラが限られているので、
好きなキャラじゃなかつた場合がちょっと悲しいですし。

アルファミ (3)

その他書籍を3つ。
小説2つは無駄にドラマCD付きの限定版です。
ていうか8cmCDとかまだ生き残ってたんですね。
ウチのノートのスロットイン式のドライブで読み込めるか不安。
駄目ならデスクトップの方で普通に聴くから良いんですが、
下手に入れて出て来なくなったりしたら色々な意味で怖ぇーです。

上の方にあるのは小説にくっちて来てた栞とポスカと書店特典っぽいクリア栞が1つ。
乙女ゲーファンはこういうところもしっかり保管してくれているのが、
後発組としては非常にありがたい限りです。
私も中古屋さんに売る時の事を考えてキチンと管理しなければー。
こうやって脈々と後世に受け継がれていく素晴らしい乙女ゲーの世界。
………みたいな?

arufami4.jpg
arufami5.jpgarufami6.jpg
arufami3.jpg

キャラで一番気になった、どこまでが攻略キャラなのか分かりませんが、
とりあえずノヴァですかね、期待しているのは。
お嬢の事が嫌いっていっている時点でもうツボです、
こういう子をじわりじわりと私色に染め上げて行くのが超楽しいのですよ。
“実は好きなんだけど恥ずかしかったり、何か事情があって遠ざけていた”とかはヤメテね。
そんなヌルい設定はノーサンキュー。

お嬢自身の可愛さも最高です、男装、というかパンツスーツの似合う女の子って凄い好き。
まぁお嬢自体はアクションする系女子なのでホットパンツ+ニーソの絶対領域型ですが、
そして年長組、と言っていいのかな、ルカにジョーリィ、もう1人杉田さんが居た気がしますが。
このトリオも結構楽しみにしておりますとも。

arufami1.jpg

『幽霊船の魔術師』の方は更に2人追加キャラ、うえださんと岡本さんがいるらしいですが。
うーん、現状では良くわからないし、そこまで食指も動かないかしら。
お嬢・リベルタ・ノヴァの年少組トリオと、さっきの年長組トリオに引き続き期待。
これ全員攻略出来るとしたら、素敵ですけど大変そー。

arufami2.jpg

予定は未定ですが『アルカナ・ファミリア2』の発売も決まっているそうですね、
さらちよみ先生が描いてらっしゃるなら買います、そうじゃなかったら買いません。
あぁ、何と分かりやすい判断基準でしょう、我ながらシンプルな思考回路がありがたいです。
まだ買っていない『フェスタ・レガーロ』も含めて、
『2』までには終わらせる、という緩い使命感でゆるゆる他のソフトの合間に進めましょう。

ありがとうございました、次回も宜しくお願い致します。
失礼します<(_ _)>

がっちの言葉戯び


<<Princess Arthur 共通ルート編 | ホームへ | 落書き:やすかね>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/628-e2bbf678
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クロムハーツ ピアス

あるふぁみ!|がっちの言葉戯び
  1. 2013/10/23(水) 12:45:40 |
  2. クロムハーツ ピアス