タイトル画像

Princess Arthur ガラハッド編

2013.05.27(21:00) 615

pa8.jpg

さて、各キャラ紹介トップバッターは女性のアルが思わず見惚れる程の美貌の持ち主、
お人形の様な容姿に合わせた、お人形の様に冷めた心の持ち主、ガラハッドです。
伝承ではランスロットの息子で円卓の1人として、
アーサー王の命を受けてボールスやパーシヴァルと聖杯捜索に派遣される彼ですが、
この世界では特に何も無く、何のしがらみもない1人の騎士として登場しております。

共通ルートの段階で既に相当ツンデレ(クーデレ?)っぽい片鱗を垣間見せていますが、
ついに専用ルートではその冷静な仮面の裏に隠された感情のうねりが大暴走!
………みたいな?
岡本さんのこういう少しヒネた感じのボイスはとても美味しいです。

それでは宜しければ続きからご覧ください。

ガラハッド1 (10)

やっほー皆久し振り!
記事的には連続投稿しているからこの挨拶もどうかと個人的には思うんだけどね。
仕方ないわ、これもお上の意向なの、雇われ社員の私には逆らう事なんて無理だしねー。
というわけで我々㈱カリバーンでは有能な人材を常時募集しております!
王様業に興味のある方、イケメン達を跪かせてみたい方、とにかく人を斬りたい方、
どれか1つでも興味がある方は私の方までお電話お願いします。
連絡先はこちら『0120‐(えくす)‐かりばー』まで宜しく!
掛け間違いが頻発しているから、電話する前にもう一度ちゃんと番号の確認もお願いね!
お電話、待ってまーす。

………想定よりも長くなっちゃったわね、まぁいいわ。
というわけで個別ルートの開始よ。
といってもここはまだモードレッドとの共用ルートだから、厳密には個別では無いんだけれどね。
0~4章が共通ルート、5章がモードレッドとの共用、6~9章までがガラハッド専用ルート。
要するに今は5章が始まったばかりって事なの。

で、今ここで話している内容なんだけど、
ガラハッドは円卓に入る時に色々と曰く付きらしくて、城内の心無い人達から色々噂されてるとかで、
でもそんなの関係ねー! と心優しい私が味方のフリをして少しずつガラハッドを籠絡している、
そんな場面よココは。

ガラハッド1 (19)

共用ルートなんだから当然モードレッドの方も出番は多い、
というかこの2人と一緒に動く事ばかりね、基本的には。
あー言えばこー言う、理屈屋で揚げ足取りが好きな感じだけど、
何だかんだで最後には私の言う事を聞いてくれるところが可愛いのよねー。
小学生男子が好きな子にぶっきらぼうに接しちゃう、みたいなものかしら。

ガラハッド1 (30)
ガラハッド1 (31)

ニムエさんが棲む湖畔で絶好のピクニック日和を満喫中。
ちゃんと言葉で全部言わないと分からないあたりお子様だけども、
逆にそこが開発し甲斐があると考えたら美味しいわよね、ガラハッド。
モードレッドは逆に私を自分色に染めてきそうな感じ。
要するにドMは人はモードレッドで、ドSな人はガラハッドって事よ。
ガラハッドは誘い受けの人にも大人気になりそう。

ガラハッド1 (35)

不器用カップルに幸あれ。
きっとガラハッドなりに精一杯こちらに気を遣った言葉選びなんだろうけれど、
残念ながら女の子側からしたら邪険に扱われているのと大差ないのが悲しくも面白いところ。
お互い異性経験が無いからこそのこの微妙な空気感って貴重よねー。
私も若い頃を思い出すわー。
勿論ゲーム中の私は………ええと、16歳くらいなのかしら。

ガラハッド1 (40)

何処にでも現れて何でも見通しているかのように言の葉を紡ぐ変態魔法使い。
こんなオッサンと和やかに悪態も付き合ってる場合でもないんだけど、
ガラハッドに追い払われた手前、他に行き場も無いし。
たまには淋しい中年の独り言に付き合うのも淑女の嗜みなのよ。

ガラハッド1 (45)
ガラハッド1 (54)

珍しく、というか地道に行ってきたストーカー活動の効果が表れてきたのか、
珍しく長々と会話に付き合ってくれたガラハッド。
こういうチャンスを逃さずにジワジワと真綿を絞める様に思考を誘導していくの。
調教の道は1日にしてならず、焦ったら駄目よ、成果は確実に上がっているのだから。

ガラハッド1 (60)

うわ、気持ち悪いものを見ちゃった………。
私の前ではただの一度も笑った事が無いのに、パーシヴァルやボールスといる時は普通に笑うのよね。
しかも“微笑”とかじゃなくて割と“大笑い”な感じで年相応に。
やっぱり私くらい美しくて可憐で可愛いと女性に慣れていない坊やは緊張しちゃうのかしら。
美しさって罪ね………。

ガラハッド1 (70)
ガラハッド1 (76)

今日は珍しくパーシヴァル&ガラハッドという組み合わせで城下の見回りなの。
そこでパーシヴァルの予想外のキラーパスに、
ガラハッドがこれまた予想以上の過剰反応をしてくれちゃって。
野生児ではあるけど馬鹿ではないのね、パーシヴァルは。
お陰でガラハッド調教スケジュールが大幅に前倒し出来ちゃったじゃない。

ガラハッド2 (11)

ほらね、露骨に態度に出るくらい私の事を意識し出してるわ、ガラハッドったら。
こうなってくると俄然こちらもやる気が出るってものよ。
最初に口実を与えてあげてから、ちょっと引いた態度を取ると勝手に喰い付いてくるんだから。
チョロ甘よ、青少年の思考回路なんて。

ガラハッド2 (17)

で、いざ剣舞の授業でボディタッチを意識させておいてから、
タイミングを見計らって不自然にならない様に押し倒すの、これで仕掛けは完璧。
案の定動揺と照れ隠しで怒ったフリをしてガラハッドは出て行っちゃった。
そんなに怒る事ないじゃないー(ニヤニヤ

ガラハッド2 (24)

まだまだ終わらないわよ、攻める時は徹底的に。
翌日、少しは落ち着いたらしいガラハッドに、
話題に載せづらいだろうとこっちから昨日の事を口にしてみたら、
仕方ない風を装いながら続きの約束を取り付けて来たの。
面白い様に私の掌で踊ってくれるわねー、パーシヴァルはあぁ言ってたけど、
ガラハッドは寧ろ思考がとても読み易くて助かるわ。

ガラハッド2 (31)

とか言っていたら空気の読めないパーシヴァルがやってきて、
ボールスからの頼まれ事の手伝いにガラハッドを狩りだそうとしてきたの。
これは使えるわ! と私もKYのフリをしてそれに乗っかったら、
拗ねたガラハッドは恨みがましい視線を残してパーシヴァルと一緒に王宮の方へ行っちゃった。
「そうだよね、僕との約束なんかよりも、議事録の整理の方が大事だよね………」とか何とか。
何から何まで予想通りの美味しい反応、どうもありがとう。

ガラハッド2 (34)
ガラハッド2 (41)

森の散歩中に魔狼に襲われたのをガラハッドが助けてくれたんだったかしら。
こうしてスチルで見ると、元々の線の細さや顔立ちに加えて、
スカートタイプの衣装のひらめきが中性的な雰囲気をより引き立てているわー。
で、その後のお城での会話では、ガラハッドの恋愛思考も次の段階へ進んでいるのが見て取れる様に。
相手が自分の事をどう思っているのか気になる、ってヤツね。
青春だわ。

ガラハッド2 (48)
ガラハッド2 (56)

ここら辺から私もガラハッド弄りに悦びを覚え始めて、
事ある毎に煽る様な台詞を口にする事が増えて、ガラハッドがまたそれに一々大仰に反応するのよね。
よく考えたらこういう揚げ足取りはガラハッドの得意分野だったのに、
それでこうして逆切れされるのって、よく考えたら理不尽な話。
正論を言いたがる人ほど、正論で論破されたら顔真っ赤になる、みたいな。

ガラハッド2 (62)
ガラハッド2 (68)

良い感じに調教が進んで、かなり面倒くさいキャラになってきてるじゃない。
あくまでも他意は無くて、仕事として護衛するだけだと言い張る姿に嗜虐心が疼くわー。
ここでガラハッドを伴って他の騎士達に予定を聞いて回るのも面白そうではあるけれども、
まぁでも、あんまり虐めすぎても逆効果になっちゃうし。
こういう手合いはじっくり花を愛でる様に精神的に嬲るのが一番美味しく食べられるっていうじゃない。
そういう事よ。

ガラハッド2 (74)

実際人が多いところは嫌いなんだろうけど、
それよりも私と2人で出歩ける嬉しさの方が大きいといったところかしら。
私も私で、そんな青少年の心の中を見通しているのに敢えて触れないでいてあげてるのよね。
扱い方にも慣れてきてるわ、ここで下手に突いて怒って帰られてもつまらないし。

ガラハッド2 (80)
ガラハッド2 (86)
ガラハッド2 (94)
ガラハッド2 (99)
ガラハッド2 (110)
ガラハッド2 (123)

ちょっと長いけど、それだけ面白可愛いのよね、ここのガラハッド。
もう大爆笑だったわよ、運のパラメータに0振りで最後まで指輪が出なくて顔真っ赤で。
そんなガラハッドの行動は明らかにマナー違反なのだけれど、
理解を示して文句も言わずに好きにさせてあげているエレインも“お姉さん”って感じよね。
流石は親友、こういう少年の愛で方をちゃんと分かってるんだわ。

ガラハッド2 (131)
ガラハッド2 (140)
ガラハッド2 (141)
ガラハッド2 (154)

そろそろ頃合いかな、と本気を出して追い込んでみた結果がコレ。
こっちからキスして食べちゃうってのもアリだけど、やっぱり男性側からさせるべきよね、
キスも告白も、プロポーズも。
まぁ会話の流れ的には失敗したかなーと思ったんだけど、これまで仕込みが功を奏したのか、
こうして無事に目的を達せられて満足よ。

ガラハッド2 (163)
ガラハッド2 (172)
ガラハッド2 (180)
ガラハッド2 (186)

突然のキスから数日空いて。
再び同じ時間、同じ場所で、時間が経って落ち着いたらしいガラハッドと改めてお喋り。
あれからずっと私の事を考えて考えて、どうにもならない想いが胸の内で膨れあがって、
溢れだすソレを私にぶつけて、自己嫌悪して。
で、そんな前置きを全部終えた後、最終的には薔薇の花束で告白だなんて、滅茶苦茶よねー。
でもそれがガラハッドらしいと思う時点で私もアウトかしら。

ガラハッド2 (192)

空気の読めないパーシヴァルのお陰でまたしてもガラハッドが面白い反応してる。
ていうかパーシヴァルもいるのにガラハッドだけを誘っている時点で気付こうよ………。
まぁそれがパーシヴァルらしさなんだけどさー。
FDが出た場合はパーシヴァルも攻略対象になるんだろうし、もう少し頑張らないと。
そもそもFDが出るのかって話もあるけれどね。

ガラハッド2 (197)

ガラハッドも愛の力で少しずつ前向きな、熱を持った人間に生まれ変わろうとしている。
今まではあんまり意識しなかったけれど、やっぱり男の子かな、
本人は身長が低い事を気にしているみたいだけど、やっぱり私よりも大きいや。
好きな人と一緒にいる事で世界の景色が変わる事を知った彼は、これからもっと素敵な人になる。
そう、全ては私の育成手腕にかかっているのだわ。

ガラハッド2 (208)

ギネヴィア様の提案で明後日に執り行われる戴冠式の準備で、
集まった民数達、特に子供達に配る為のお菓子を焼く手伝いをしたいって言ってみたの。
で、いつも私の為にあくせく働いてくれる下ぼk………騎士達をもっと働かせる為に、
こうして差し入れを運んでいるところなのだけれど、
面倒くさいガラハッドに絡まれて、面倒くさいやり取りをこなして。

大方私の手作りのものを他の騎士が食べるのが気に入らないとか、そんな理由で拗ねてるのよね。
それとも男の子がお菓子をねだる事自体を恥じているのかしら。
もっと別に、私に対して上手な甘え方が分からなくてこうして天邪鬼化しているのかも。
何にせよ面白いわ。

ガラハッド2 (216)

とか余裕を見せて更に意地悪してみたら、こうして見事に仕返しされちゃった。
ホント、極端から極端に針が振れる子ねー、流石にびっくりだわ。
何だかお互いに照れくさいながらも今更後にも退けずに、
こうして誰が通るとも分からない廊下でイチャイチャしちゃって。
で、最後にはやっぱりガラハッドらしくぶっきらぼうな感想まで付けてくれちゃって。
ホント可愛いんだから。

ガラハッド2 (225)

少しずつ2人の時間を重ねて、少しずつガラハッドも素直に甘えてくるようになって。
こうして何とか2人っきりになろうと必死になるのも可愛いんだけどね。
世界に自分と私だけいればいい、みたいに考えているのは駄目よね、
皆の中に私達が居て、その上で2人の絆にちゃんと安心できるようになって貰わないと。
自分に自信が無いからか、これまで経験が無いからか、必要以上に今の幸福を怖がっている気もするのよ。

ガラハッド2 (234)
ガラハッド2 (244)
ガラハッド2 (250)

数日前からガラハッドの愛剣に浮かんでいた、錆の様な不吉な紋様。
いくら研ぎ師に頼んでも決して消えなかったその錆の事をマーリンに相談したら、
結果的にガラハッドと引き離されちゃったんだけど。
変に殊勝な態度であっさり身を退いたガラハッドに逆に不安は募るけれども、
マーリンがここまで真面目モードで長々喋るの自体珍しいし、それだけ事態は深刻なのは明らか。
仕方ないわよね、これも愛の試練だわ。

ガラハッド2 (276)
ガラハッド2 (283)
ガラハッド2 (288)

ザザーン。
あれからガラハッドと会えない日々を過ごした私は、
城内でモルゴース様にガラハッド共々拉致られて、ウーゼル様の眠る聖廟の地下に監禁されて。
妄想に取りつかれたモルゴース様の茶番に付き合わされた結果、
ガラハッドが死んじゃって黄昏る私は波打ち際で1人佇むの。

まぁ人生、そう簡単にハッピーエンドを迎えられたら苦労しないわよね。
大丈夫、私の人生はコンティニュー制だから、まだまだやり直せばいいのよ。
人生にセーブポイントはあるんだから。

ガラハッド2 (296)
ガラハッド2 (300)

やり直しの人生、マーリンからの指示で私と暫く会えないでいたガラハッドは、
案の定精神的に追い詰められっ過ぎて、マリーを通じてこっそり逢引した牢屋塔の中で、
衝動的に私を牢屋に閉じ込めてちゃったの。
愛が重いわ、そう仕向けたのは私なのだけれど。

必死でお願いして鍵を開けて貰ったら、今度は自分自身を鎖で繋ぎだして。
言っている事は素敵だけど、やっている事は完全に病気だわ。
拙いわ、いくらなんでも壊れ過ぎ。
………でもこうして私だけに縋るガラハッドっていうのも、アリっちゃーアリじゃないかしら。

ガラハッド2 (308)
ガラハッド2 (313)

で、鎖に繋がれて新しい嗜好に目覚めたお陰か、
例のモルゴース様の茶番も無事に乗り越えて、人間として成長した姿を見せて。
もう私無しでは生きられないくらいに染め上げられてるわ、まさに計画通り。
「2人でなら雨が降る灰色の海でも美しく見えるねー」とか電波な惚気を振り撒きながら、
こうして私のガラハッド調教日記は一先ず完結。
勿論これが全ての終わりじゃないわ、これからが本当の調教の始まりなのよ。

ガラハッド2 (323)
ガラハッド2 (328)

エピローグ、ちょっと時間が経ってちょっと大人になったガラハッドとの、
甘くて甘い、甘々なキスシーン。
この作品の絵師さんはこういう差分の滑らかさっていうのかしら、
そういう部分が非常に魅力的で、18禁乙女ゲーの絵師をしたら凄く輝きそうに思えるわ。
………私は別にここから18禁な展開に入ってもいいのだけれど、
プロデューサーが駄目っていうから自重するわ、その辺りはFDに期待していてね。

ガラハッド2 (333)
ガラハッド2 (340)

さて、ここからはおまけのSSになるわ。
本編の雰囲気をブチ壊………しはしないけれど、キャラのシリアスさはかなり薄れるわね。
その辺りを気にしない中級者以上の内容になっているわ、各攻略キャラ毎に2つずつのコレは。

で、まず1つ目はマイ抱き枕が無いと寝付けなくてオロオロするガラハッドが、
私を抱き枕代わりに一緒に寝ようとする、彼にしては凄く大胆で積極的な攻めを見せる内容。
この後私がどうしたのかは語られていないけれども、仮に一緒に寝たとして、
それで寝付けるわけが無いのは確定的に明らかよね。
それこそ18禁な展開が始まっちゃうわ、寧ろ起こらなかったら怒るレベル。

ガラハッド2 (348)
ガラハッド2 (358)

で、2つ目は例の牢屋塔を再び2人で訪れた際に、
新しい嗜好をまたしても披露するガラハッドが、冗談で私にまで手錠を嵌めたら外れなくなって。
あ、外れなくなったのはガラハッドの方だけなんだけどね。
誰か助けを呼びに行こうとしたら、淋しいのか突然子供みたいな駄々をこねだす美少年が1人。
これはこれで可愛いからもう少し放置して鑑賞していたいくらいだけれど。
2人っきりの時は我が出る様になったって事で、喜ばしい事なのよね、きっと。



………さて、これでガラハッドとの愛の物語は終わりよ。
それにしてもまたこんな下らない記事を見ているだなんて………貴方、もしかして暇なのかしら。
別に読むのを止めろとは言わないし、まぁ、嬉しくない訳じゃないんだけど。
時間の考え方はちゃんと考えなさいよね。
その上でこの記事を読んでいるのだとしたら………何て言うか、その………あ、ありがとう。

それではまた次回、この場所で会いましょう。
ごきげんよう。

がっちの言葉戯び


<<断裁分離のクライムエッジ cut.8「パーティーチョッパー」 | ホームへ | Princess Arthur 共通ルート編>>
コメント
こんにちはー、
それにしても本当に凄いスクショ数ですねー、
「ねぇ知ってる? PSPに一度に保存出来るスクショの数は1000枚が限界なんだって。」
知りませんでしたーww
侍女たちのお喋りまで凄い数でした。
前回の分まで含めますが、酒場の3人のスチルに和みました^^
それとガラハッド&モードとの湖で3人のスチルも可愛いですねー。
やっぱりガラハッドルートが一番良かったかなーと思い出しました。
時間が空いたらもう1周したいですね。プリアサは良ゲーです。
また楽しみにしております^^
【2013/05/23 11:45】 | ふじもと #cDzvWxEE | [edit]
こんにちはー。

知りませんよね、余程不精にしてないと、
中々1つのゲームでのスクショ枚数1000枚なんて行きません。
我ながらアホですw
最後の方になるとスクショの保存にかかる時間が長くなって、
定期的にPCにデータ移さないと不便になるんですよね………。

前の『アメノワ』以上にやっちゃった感もありますが、
今回は画像入れ過ぎたなーと反省。
でもまぁ、それだけテンション上がっていたという事で1つ^^;
残り5キャラ、ゆるゆると書いていきます。
ありがとうございましたー<(_ _)>
【2013/05/23 13:09】 | がっち #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/615-dc5dfc9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)