タイトル画像

SAO インフィニティ・モーメント 79層

2013.03.26(21:00) 553

FF10

地味に発売が楽しみなソフト『FFⅩ』のHDリマスター版。
PS2時代に録画しようとして挫折したソフトなので、
改めて今なら編集も少しだけ出来るようになったしやりたいなぁ、と。
当時はDVDレコーダー直繋ぎでのキャプチャだったですからね。

世間的にはともかく、私はストーリー的には凄い好きです歴代の中でも。
ティーダとユウナの二転三転する悲劇の物語。
それを取り巻く周囲の人間の物語。
ブラスカ・ジェクト・アーロンの親世代も大変お気に入りでねー。
『FFⅧ』のラグナ・キロス・ウォード組と並ぶくらい、あの親世代は好きです。
夏発売みたいな事が書かれていますが、果たして………。

AS_20130318190438.jpg

さて本題、『SAO インフィニティモーメント』もも6記事目。
79層の今回は、
兄に恋する禁断の妹かと思いきや実は血が繋がっていない、
妹じゃなくて従妹で問題ナッシングという直葉のターン。

宜しければ続きからご覧ください。

saoim6(2)

今回の冒険に出る前に宿屋で例のアイテムが使えるとの事で。
オルゴールの音と共に表示される、サチの最期のメッセージが涙を誘います。
出来れば例のCGムービーで例のシーン含めた、
サチとの思い出のムービーとか作成してくれないかしら。
自分で作れって話ですかね。
サチ可愛いよサチ。

saoim6(3)
saoim6(4)saoim6(5)
saoim6(6)

さて、今回は予報通り直葉回というか直葉階なわけですが。
とりあえず冒険に出る前にやっておかないといけない事があります。
そうです、デートです。
命短し恋せよ乙女、いつ死ぬか分からない世界では躊躇している暇はないのです。
………ていうかいい加減デートもこなれてきましたねキリト。
無駄の無い動きで相手を“変な気分”にさせて市中連れ回しに移行、
我ながら凄い遊び人に思えてきました。

saoim6(7)saoim6(8)
saoim6(9)

何気に巨乳アピールも怠らない健気な従妹。
路地裏の下着話の安定度が半端無いですね。
「穿いてない」とか「下着のサイズ」とか、いくら“変な気分”とはいえぶっちゃけ過ぎ。
ベッドでの会話といい、完全に出来てますよね、
でもまだこれ好感度最高レベルじゃないんですよ。
最高レベルに上がったら会話内容もグレードアップするのかしら。
超楽しみ。

saoim6(10)

うーむ。
色が微妙過ぎて下着というよりはスパッツの様な、
もっと言えばスカートのお尻側の裏地じゃないか疑惑が。
MMORPG的に考えれば緑の下着も十分あり得ますけれども。
シルフ自体、イメージカラーが深緑でしたからね。
葉っぱ1枚あればいい、という可能性は………流石に無いよねぇ。

saoim6(11)saoim6(12)

従妹と1つベッドの中で。
素晴らしく犯罪的ですが、まぁ今は対外的に直葉じゃなくてリーファだから問題無いか。
あ、でも一番問題がありそうなアスなんとかさんには妹ってバレてるのか。
そういえばこの間のハーブティーぐらいで、アスなんとかさん出番本当に無いですね。
そんなところまで原作に忠実。

saoim6(13)
saoim6(14)saoim6(15)

さて、スッキリしたところでフィールドへ飛び出して、
79層の迷宮区目指して冒険開始です。
いつもの通り討伐クエストをこなしながら、仲良く2人でイチャイチャ戦いますよ。
将来的な事も考えてキチンと調教も忘れずにね。
直葉はサポアタ併用気味に、リズはフルアタ、シリカはサポ重視でしたかね今までは。
リズが意外と火力があるんですよねぇ、これが。

saoim6(16)
saoim6(17)saoim6(18)
saoim6(19)saoim6(20)
saoim6(21)saoim6(22)
saoim6(23)

他の娘に比べて何となく直葉へのツッコミに容赦がない感じがするのが心地良い。
そしてまだまだSAOに慣れない直葉がちょっと残念な子化してます。
兄のいう事を聞かずに痛い目見ちゃって涙目。
直葉は直葉でキリトと2人きりの時は若干精神年齢が幼くなる気がしますし。
兄妹っていいですよね、しかもそれが義理の兄妹となると萌えるだけです。

saoim6(24)saoim6(25)
saoim6(26)
saoim6(27)saoim6(28)
saoim6(29)

というわけでスイッチを作動させて水を抜きながら進みます。
水底からは巨大で可愛い蟹の大群がコンニチハ。
無駄な殺生は好みませんが、残念ながらコイツらはクエスト用アイテム落とすんですよね。
罪悪感に心を痛めつつ大小様々な蟹共を斬り刻みます。
今夜は蟹鍋じゃーい。

saoim6(30)
saoim6(31)saoim6(32)
saoim6(33)

再び視界は開けて坂道を下ります。
トカゲ共が闊歩する中、サポート依頼を受けて虐殺開始。
この娘、髪の色がショッキング過ぎるのが難点ですが、
デザイン自体は物凄い可愛いくてお気に入りです。
街中で見かける度にチラチラ気にはしていたんですが、まさかここで交流があるとは。
出来れば以降のフロアボス戦、この娘のPTに参加して欲しいなぁ………。
ハシーシュ可愛いよハシーシュ。

saoim6(34)
saoim6(35)saoim6(36)
saoim6(37)

またしてもスイッチ操作の通路を奥へと進むと、
迷い込んで巨大蟹に襲われて丸見えな女の子を救出しつつ蟹退治。
ようやく起き上れる様になった彼女はまさかのボクっ娘でした。
ゲームキャラなら兎も角、リアルにボクっ娘っているんですねぇ。

実体験的にオレっ娘なら知り合いにいますけど、
ボクっ娘って今まで一度も出会った事無いんですよね。
本当に実在する生き物なのか今でも疑問形。

sao79-80 (1)
sao79-80 (3)sao79-80 (4)
sao79-80 (5)
sao79-80 (6)sao79-80 (7)
sao79-80 (8)
sao79-80 (9)sao79-80 (10)
sao79-80 (11)

さてさて、途中でNM倒したりしながら辿り着いた迷宮区。
例の如く各階層で討伐目標をこなして微妙な装備品を貰いつつ、
上へ上へと愚直に上って行きます。
いやまぁ2Fのマイトリングは凄い便利ですけど。

sao79-80 (13)
sao79-80 (14)sao79-80 (15)
sao79-80 (16)
sao79-80 (17)sao79-80 (18)
sao79-80 (19)
sao79-80 (20)sao79-80 (21)

ボス部屋に辿り着いて一旦帰還後。
夜風に当たりに外へ出ると、同じく夜のお散歩中のシノンと出会います。
夢の中で失われた記憶の大部分を思い出したという彼女が語る内容は、
リーファと同じ様に別のゲームからの転移組だとか。
『GGO』でしたっけ、原作読んでいない私には何も説明出来ませんが、
近接中心の『SAO』と違って銃撃中心みたいなMMORPG。

sao79-80 (22)sao79-80 (23)
sao79-80 (24)
sao79-80 (25)sao79-80 (26)
sao79-80 (27)
sao79-80 (28)sao79-80 (29)
sao79-80 (30)

出ました、キリトの十八番。
これを言われていないメイン級の女性キャラっていましたっけね。
シリカにもリズにもサチにも………ユイには言ってましたっけ?
サブキャラであるアスなんとかさんにも言ってた気がしますし。
シノンの困った様な照れ顔可愛いなぁ。
そして例えアニメ使い回しの絵でもサチが出て来ただけで私は大満足。

sao79-80 (31)

CG付きな分、グレードアップしてますけど何だか前もこんな事があった様な。
本人が自覚しているのかどうかは知りませんが、
確実に惹かれていっておりますキリトの格好良さに。
そしてまたアスなんとかさんの余計な気苦労が増え、
ユイには浮気だと怒られて、リズやシリカの闘争心にも火が点いちゃうんですね。
これぞ恋の多角関係の悪循環。

sao79-80 (32)
sao79-80 (33)sao79-80 (34)
sao79-80 (35)

さーて、掲示板クエスト消化や行きずりのNM殺しで情報を揃え、
無事79層のフロアボスへ挑む時がやってまいりました。
首が3つあるっていうからケルベロスかと思いきや、ヒドラさんでしたとさ。
まぁやる事は変わらないので、弱点用に双剣構えてガンパレード。

sao79-80 (36)
sao79-80 (37)sao79-80 (38)
sao79-80 (39)
sao79-80 (40)sao79-80 (41)
sao79-80 (42)

毒状態が鬱陶しいので地道に“浄化の炎”で治療が大事。
イマイチ部位破壊の条件が分かってないんですが、
『モンハン』みたいに該当部分を攻撃する様に位置取りすればいいんですかね。
いつも適当に戦って適当に壊しているので、学習しておりません。
お陰様で、なのか被弾しまくったからなのか、評価は1つ下がってCで終了。
代わりに今回もラストアタック賞貰ったから良しという事で。

sao79-80 (43)
sao79-80 (44)sao79-80 (45)
sao79-80 (46)

戦闘後、そのまま節目の80層到達祝賀会の始まりー。
こういう事を無駄と思わずにちゃんとやるのが、モチベーションを保つ秘訣です。
まぁその度に、いなくなった人の事を考えたりもするでしょうが、
それに囚われ過ぎても良くないですからねー。

sao79-80 (47)
sao79-80 (48)sao79-80 (49)
sao79-80 (50)
sao79-80 (51)sao79-80 (52)
sao79-80 (53)

この世界の料理はスキルさえあればすぐに完成させられるのが魅力ですね。
1人で大量生産も可能ですから、
一家に1人アスなんとかさんがいると食卓が薔薇色。
こんな世界ですし、女性プレイヤーの数もそれなりにいる様に見えますし、
クラインとか誰か一人くらい恋人いても不思議じゃないんですけどねー。
キャラで損してるんかしら、勿体無い。

というか羨ましがられてるとこ、何ですが、
アスなんとかさんと本当に夫婦として暮らしてるんですかね、本作のキリトは。
最初の76層以降、イベント含めてもそんなに会話した覚えがないですよ。
専用のサブイベントすら無いですし。

sao79-80 (54)sao79-80 (55)
sao79-80 (56)
sao79-80 (57)sao79-80 (58)
sao79-80 (59)
sao79-80 (60)sao79-80 (61)
sao79-80 (62)

そしてパーティーらしく面白サプライズイベント from エギル。
それにクラインが更に面白く乗っかって、
気が付けば女性陣+キリト+クラインの全員参加で大賑わいです。

“王様ゲーム”とかを現実でやると分かりますが、
こういうのって色々と試されて疲れるんですよね下手に当たると。
衆人環視の下、何を命令するかで自分の評価の変動が目に見えてしまうというか。
敢えてそこに突撃する勇者がいないと盛り上がらないものです。
というわけでクライン頑張れ。

sao79-80 (63)
sao79-80 (64)sao79-80 (65)
sao79-80 (66)
sao79-80 (67)sao79-80 (68)
sao79-80 (69)

流石はクライン、こういう運だけは持っている男です。
想像以上の激辛で辛いというか痛いレベルに苦しんだ模様ですが、
絶対遵守の命令権1つを得る為なら安いものです。
しかも“王様ゲーム”と違って名指しで対象を選べるのも恐ろしや。

sao79-80 (70)
sao79-80 (71)sao79-80 (72)
sao79-80 (73)
sao79-80 (74)sao79-80 (75)
sao79-80 (76)sao79-80 (77)
sao79-80 (78)
sao79-80 (79)sao79-80 (80)
sao79-80 (81)

王様の命令は、接待。
気持ち悪いくらいに有頂天のクラインに対して怯える女性陣。
クラインが如何に信用されていなかったかが、こういう状況になって初めて分かります。
シノンの鋭い指摘に我も我もと続く女性陣の様子からもそれは明白。
当たったのがキリトだったら全く違う反応になったでしょうに。
キャラ差は如何ともしがたいのは二次元でも三次元でも変わらないのよ。

sao79-80 (82)
sao79-80 (83)sao79-80 (84)
sao79-80 (85)
sao79-80 (86)sao79-80 (87)
sao79-80 (88)

さて、ドンチャン騒ぎで日も暮れて翌日のお昼時。
真面目モードでシノンの取り戻した記憶について皆に説明の場を設けます。
状況はともあれ、お留守番の多いアスなんとかさんがいつの間にか、
シノンをラブりーな渾名で呼ぶ仲になっていたとは………。
彼女も立派な浮気候補なのですが、分かっているのかいないのか。

sao79-80 (89)
sao79-80 (90)sao79-80 (91)
sao79-80 (92)
sao79-80 (93)sao79-80 (94)
sao79-80 (95)

周囲は来たばかりでシステムに慣れていないし、
レベルも熟練度も不足している状態では危険だと反対が相次ぐ中、
キリトだけはその素質と闘志を認めて共に戦う事を了承します。

それだけなら良い話で終わったのに、
敢えてシノンが放った一言がきっかけで、場はおかしな方向に紛糾。
まぁ全てはキリトの自業自得なので何とも言えません。
諦めてお説教を受け入れましょうね、それも愛。



というわけで79層はこれにて終了。
次回はご覧の通りシノン階となります。
これでメンバーは1巡り、まぁまだ姿を見せていない人もいるにはいますが、
あの人そもそもPTメンバーなのかすら怪しいですし。

何にせよ一巡したらようやくパートナー自由選択が始まると思うので、
そうなればリズ無双の開幕です。
シノンとリーファも少しくらいは出番あるかしら。
シリカとアスなんとかさんは………。

ありがとうございました、次回も宜しくお願い致します。
失礼します<(_ _)>

がっちの言葉戯び


<<SAO インフィニティ・モーメント 80層 | ホームへ | SAO インフィニティ・モーメント 78層>>
コメント
GGOはALOの事件以降に「ザ・シード」(アニメでキリトが茅場に渡された物)を使って作られたゲームなのでこの時点では存在しません。

メディキュポイドは医療機器の一種です。(感覚遮断によって麻酔を使わずに痛覚を遮断するなど色々な用途がある)
【2013/03/27 13:34】 | MN #- | [edit]
こんにちはー。

おーなるほど、という事は若干先の話になりますが、
シノンが射撃スキル使えるのはGGOから飛んできたからでは無く、
元々の資質、という事になるのでしょうか。

ザ・シードっててっきりアニメの終わりを綺麗にまとめるために用意されたオリジナルかと思っていたら、
ちゃんと原作に忠実だったんですね。
となると、アニメ2期があるとすればGGO編からになるわけですか…。
それも楽しみですねー。

ありがとうございました<(_ _)>

> メディキュポイドは医療機器の一種です。(感覚遮断によって麻酔を使わずに痛覚を遮断するなど色々な用途がある)
【2013/03/28 00:54】 | がっち #- | [edit]
やっぱりサチは攻略対象?に出てこないのか・・・・
ちょっとってかかなり残念・・・・・
そしてクラインの防具がかっこいいwwww
【2013/12/14 06:10】 | 通りすがりの殺人鬼 #- | [edit]
こんにちはー。
ですねー私もIFにIFが重なって、
一時的にでも復活したりしないかと期待しましたが、
残念ながら世間的にはサチは求められていない様です・・・うぅ・・・。
リーファやシノンには敵わないのは認め座ろう得ない事実か・・・。

クラインの鎧も、昔はもっと貧相というか、武者っぽい感じだったのに、
気が付いたら凄い防御力が高そうな肩当て装備してて驚いた覚えがw
第1層の頃のロンゲっぽい、すぐ死にそうな感じだった子が、
よくぞここまでの猛者に成長したものです。
ホント、1人くらいモテてもいいと思うんだけどなークラインw
キリトが側にいるせいで女の子皆奪られてる気がしなくもないです。

というか今改めて当該記事に目を通してみると、
リーファがダンジョンの通路に溜まった水を見て普通に泳いで渡ろうと言って、
実際に飛び込んで痛い目にあっている様子が描かれてましたね。
年末の特番で、カナヅチの直葉に泳ぎを教える云々の内容がある筈なのに・・・。
あくまでもこのIFストーリーの直葉だけが泳げる設定なのでしょうか。
突っ込んだら駄目な気がしてきたのでこの辺りで畳んでおきますw

ありがとうございました、『ホロウ・フラグメント』も発表されましたし、
また記事も挑戦してみようと思います。
サチはやっぱり開始時点で死んでるらしいですけどね^^;
【2013/12/14 23:19】 | がっち #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/553-374a5a1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)