FC2ブログ

タイトル画像

まおゆう魔王勇者 #9「わたしは“人間”だからっ」

2013.03.01(21:00) 525

mikunohi.jpg

もうそんな時期なんですよね、
こういう例年イベントによって季節を感じるというのはよくある事。
今となってはコミケに参加する事も無いですし、
こういうイベントにも参加しづらい環境になっちゃって悲しくはありますけど。
握手会とかミニイベントにも参加出来ないんですものね、それも淋しい話。

タペストリーの絵柄がもっと凝っていたらうっかりWOWOW契約してしまいそうでした。
ミク姫マジ天使。
当日の会場も盛り上がりは最高潮でしょう。
行きたいなー。

まおゆう1(1)

さて本題。
女騎士の告白をあっさり流して勇者様は魔王ちゃんの為に背信者の道を選び、
魔王ちゃんは勇者様と思い描いた未来の為に魔王廟にその身を捧げ、
世界は再び混沌の火種を抱えます。
物語が終局に向けて加速する第9章。

それでは宜しければ続きからご覧下さい。


まおゆう9(3)
まおゆう9(4)まおゆう9(5)
まおゆう9(6)

魔王ちゃんが異端の烙印を押された事に冬越し村の住人達は大激怒。
衛兵に詰め寄って押し問答をしている様を眺めながら、
勇者様御一行は和やかに計画の準備を開始します。
魔王ちゃんの為してきた事から生まれた村民との繋がり、信頼関係。
それを噛み締めながら、メイド姉は一世一代の舞台へ。

まおゆう9(7)
まおゆう9(8)まおゆう9(9)
まおゆう9(10)

緊張と不安に怯えるメイド姉に、
女騎士と勇者様がそれぞれ声をかけ、安心させようと気配り中。
それでも表情の晴れない彼女は何を思い、何を悩むのか。
嫌な予感がしなくも無いですが、サブタイトル的には何となーく展開が読めそう。

まおゆう9(11)まおゆう9(12)
まおゆう9(13)

「アタシ………どうして、こんなに何も出来ないんだろう」

勇者様達がそれぞれの準備に出払った後。
安らかに眠るメイド妹の隣で、1人嗚咽を漏らすメイド姉。
うーむ、思っていた以上に追い詰められています。
そう自虐したものでも無いと思うのに、あれでしょうか、
前回裸眼商人に一瞬で見破られたせいで自信喪失してるのでしょうか。
こういう時、一番精神的に頼れるのはメイド長なんですけど、
あっちはあっちで現在大変な状況ですからどうしようもありません。

まおゆう9(14)
まおゆう9(15)まおゆう9(16)

大きな声でブーイングこそしないものの、
登場時点から民衆を完全に敵に回している使者カワイソス。
村人達の白眼視っぷりが怖すぎてヤバいです。

まおゆう9(17)
まおゆう9(18)まおゆう9(19)
まおゆう9(20)

クンカクンカ。
女騎士と執事爺ちゃんを従えて登場する魔王ちゃんに扮するメイド姉。
中身が偽物だと分かっているせいでしょうか、
心無しか魔乳も偽乳に見えてくる不思議。

ていうか横からのアングルだと本物よりも萎んでませんか?
使者の付き人に真贋の鑑定と称して近距離から視姦されても、
眉1つ動かさずに毅然と佇むあたりは本物さながらですけど。

まおゆう9(21)
まおゆう9(22)まおゆう9(23)
まおゆう9(24)
まおゆう9(25)まおゆう9(26)
まおゆう9(27)

何だか拘束姿がエロい。
鎖で無理矢理体位を変えさせられて、間髪入れずに鞭打ちのコンボ攻撃。
儀礼的に必要な行為なんでしょうけれど、民衆をわざわざ煽ってどうする。
無体な仕打ちに冬寂王も思わず制止に入ろうとして執事爺ちゃんに逆に制止されて。
これだけ皮膚が破け血が飛び散り、メイド姉はひたすら耐えます。

まおゆう9(28)
まおゆう9(29)まおゆう9(30)
まおゆう9(31)

鞭打ちを受けても、いや寧ろ鞭打ちを受けたからこそか、
視線は背けず毅然と立ち上がり、心折れる事の無いメイド姉の意地。
異端者の申し開きを聴いてやろうと、使者も彼女の行動を見守ります。

「私は…………私は、魂持つ者として、
 皆さんに語らなければならない事があります!
 私は………私は実は“農奴の子”として生まれました」


うん、正直「私は魔王です、でも人間です」って言っちゃう流れかと思った。
流石にそこまで突き抜けないですよねメイド姉は。
でもこれまでずっと胸の奥に燻っていた感情が一気に溢れだして止まらない感じ。
下手したら指環外して正体バラす可能性はあるぞ。

まおゆう9(31-2)
まおゆう9(32)まおゆう9(33)
まおゆう9(34)まおゆう9(35)
まおゆう9(36)

感情を抑え込むかのように努めて淡々と己の境遇を語るメイド姉。
作戦決行の前に周囲を警戒していた勇者様も、彼女の演説に聞き入ります。
語られるのは王侯貴族には凄惨な、でも農奴には当たり前の人生。
ただ他と違ったのは、彼女には救いの手が差し伸べられた事。
そして、それ故に彼女が幸せな日々の中でずっと思い悩んでいた事。

まおゆう9(37)
まおゆう9(38)まおゆう9(39)
まおゆう9(40)まおゆう9(41)
まおゆう9(44)

「運命は温かく、私に優しくしてくれました。
 『安心しろ、何とかしてやる』………。
 しかし皆さん! 貴族の皆さん、兵士の皆さん、
 開拓民の皆さん、そして、農奴の皆さん!
 私はそれを拒否しなければなりません!
 あんなに恩のある、優しくしてくれた手なのに………。
 優しくしてくれたからこそ、拒まねばなりません!
 わたしは、“人間”だからです!」


いくら幸せな日々を送っていても、
常に付きまとう、自分には農奴の血が流れているという事実。
幸せであればある程、その楔が己を苛んできた事を告げる彼女の言葉は、
果たして勇者様の心には、どの様に響いているのでしょう。

まおゆう9(45)
まおゆう9(46)まおゆう9(47)
まおゆう9(48)まおゆう9(49)
まおゆう9(50)

誰もが彼女の力ある言葉に耳を傾け、
言葉を失い、身じろぎする事すら忘れ、静寂が場を支配します。
その中で朗々と響き渡るメイド姉の想い。
人間であることの最初の条件は、自らを人間であると宣言する事。
これこそメイド長の例の言葉を彼女なりに受け止めた末の答えなのでしょう。

まおゆう9(51)
まおゆう9(52)まおゆう9(53)
まおゆう9(54)

我に返った教会からの使者に打たれても尚眼光鋭く。
段々と鬼気迫るその様子に、勇者様を始め誰もその横暴に割って入る事も出来ず。
流血で凄惨さを増しながらも、メイド姉の演説は続きます。
何人たりとも止める事適わず。

まおゆう9(56)
まおゆう9(57)まおゆう9(58)
まおゆう9(59)
まおゆう9(60)まおゆう9(65)
まおゆう9(66)

「私は“人間”です! もう私は、その宝物を捨てたりしない!
 もう“虫”に戻らない!
 例えその宝を持つのが辛く苦しい事でも、あの暗い微睡みには戻らない!
 ………光があるから。
 ………優しくして貰えたから」


揺るぎ無き信念と強い意志の前に使者は圧倒され、之を衆の力を以て潰すべく、
異端者へ石を投げない者は須らく背教者とみなすとの宣告を聴衆へと突きつけます。
石を手に戸惑う民衆達へ、それが家族や大切な人を守る為ならば、
迷わず私に投げなさいと告げるメイド姉。
それもまた光の精霊から“人間”に認められた自由なのだとして、責めたりはしないと。

今までモブでしかなかったメイド姉の精神が、
この試練を通して一足飛びに成長を遂げているのが見て取れる言葉と表情。
これをこそ見越して、魔王ちゃんは彼女を自分の代理に指名したのか。
例え自分が二度と戻る事が無くても、彼女なら“紅の学士”を担えると。

まおゆう9(67)

そして民衆が選んだのは、教会の使者では無くメイド姉の言葉。
雨あられと投げつけられる石つぶてが教会の使者達を襲うのですが。
この画面、どう見てもメイド姉にも当たってますけど良いのかって。
メイド姉の後方左右にいる奴らまで防御態勢取っているって事は、そういう事よね。

まおゆう9(68)
まおゆう9(69)まおゆう9(70)
まおゆう9(71)

最早状況の収集は難しいと見るや、
メイド姉の処刑を済ませる事で強引に終わらせようとする教会側。
心の中で勇者様やメイド長に謝りながら、メイド姉は全てを受け入れ静かに待ちますが、
凶刃を阻んだのは勿論勇者様………では無く、側にずっと控えていた冬寂王。
この状況下で飛び出さないんですね勇者様、女騎士もですけど。
恐ろしいまでの信頼感。

まおゆう9(72)
まおゆう9(73)まおゆう9(74)
まおゆう9(75)まおゆう9(76)
まおゆう9(77)

メイド姉の演説が心を揺さぶったのは冬寂王や女騎士に対しても同様。
冬寂王は己の意思の下、教会に背き魔王ちゃんを保護する事を宣言し、
女騎士もまた己の意思の下、使者達を糾弾し、
魔王ちゃんを“聖人”として認める事を宣言します。
これにて異端審問は閉廷、言葉の力で敵軍を退けたメイド姉の勝利です。

まおゆう9(78)まおゆう9(79)
まおゆう9(80)

さて、唐突に現れたこれは魔王ちゃんなのか、
全然関係無い、もっと大いなる意思か何かか。
これまでに数多の“勇者”との出会いを繰り返し、そして別れてきた存在。
OPの歌詞の意味が少しわかりそうな事を喋っています。
うーん、もしかして歴代魔王って、
全部魔王ちゃんの前世的なものだったりするのかしら。

まおゆう9(81)

とりあえず次回「この物語は、駄肉だけではないのじゃ!」に続きます。
聞き様によってはネタ回みたいなサブタイトルですが、
流石にそんな時間的余裕は無いですよねぇ。
魔王ちゃんが喋ってくれそうではありますが、はてさてどんな展開が待ち受けるのか。
やはり魔王ちゃんと勇者様が揃ってこその『まおゆう』なんですよー。

ありがとうございました、次回も宜しくお願い致します。
失礼します<(_ _)>



がっちの言葉戯び


<<問題児たちが異世界から来るそうですよ? #8「黒い凶事は笛の音と共に来るそうですよ?」 | ホームへ | 「ARMEN NOIR」プレイ感想⑥:ゼクス編+α(終)>>
コメント
タペストリーもう少しいい図柄だったら契約してしまいそうでしたwww
今年もやってきましたね。この時期が。
意外とイベントに近い環境にいますが、そこまで行く元気はありあそうにないです。
ジョイポリスに千本桜くらいは見に行こうと思っていますが・・・
そしてその日はPS3でやりまくっていると思います。
今回は2万円以上つっこみましたし・・・なんかディーバ毎回結構値段かかるなぁ・・・
【2013/03/03 09:20】 | ヒデ王 #- | [edit]
こんにちはー。

ですよねー。危なかったですw
そうか、DIVA-Fももう3日後には発売ですねー。
あっちこそ店舗別特典に釣られて複数本買いそうになってしまいます。
各店舗ごとに絵師変えるの狡いですわー、超欲しい物ばかりです。

専用コントローラーお買いになったって言ってましたものね。
流石、ミクへの愛に関してはヒデ王さんに勝てる気がしませんw
ボカロも世間に着実に浸透してきましたし、
いつか実際にミクの日イベントに1回はいきたいですねー。
そしてそこでヒデ王さんを発見したりしてw

ありがとうございました、DIVA-F存分にご堪能下さいませw
【2013/03/03 17:04】 | がっち #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/525-eeefff33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まおゆう魔王勇者 #9

【わたしは“人間”だからっ】 まおゆう魔王勇者 (1) (初回生産限定特典:朗読劇「昼の部」優先購入応募券) [DVD]出演:小清水亜美ポニーキャニオン(2013-03-20)販売元:Amazon.co.jp 魔王さ ...
  1. 2013/03/03(日) 01:56:01 |
  2. 桜詩〜SAKURAUTA〜

「まおゆう魔王勇者」第9話

人間として… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201303020001/ まおゆう魔王勇者 「この我のものとなれ、勇者よ」「断る! 」 (4) (カドカワコミックス・エー...
  1. 2013/03/03(日) 06:43:17 |
  2. 日々“是”精進! ver.F

『まおゆう魔王勇者』#9「私は“人間”だからっ」

「もう虫には戻らない!例えその宝を持つのが辛くて苦しくても、 もうあのまどろみには戻らない。 光があるから、優しくしてもらえたから」 紅の学士が異端!? 中央からのお達
  1. 2013/03/03(日) 08:47:01 |
  2. ジャスタウェイの日記☆

まおゆう魔王勇者 第9話「わたしは“人間”だからっ」

メイド姉の演説。 このエピソードに力を入れたかったのはよく分かった。
  1. 2013/03/03(日) 09:55:33 |
  2. 大海原の小さな光

まおゆう魔王勇者 第9話

「わたしは”人間”だから」 私は人間として、冬越し村の恵を受けた者として仲間に話しかけているのです!
  1. 2013/03/03(日) 10:07:08 |
  2. 日影補完計画(あ゛ぁやっちゃったなぁ… おい… な毎日w)

まおゆう魔王勇者 第9話「私は“人間”だからっ」

第9話「私は“人間”だからっ」 魔王様の身代わりとして教会に捕まる事になったメイド姉。 後から勇者が助け出してくれるという算段ですが、やはり冬越し村を離れるのは辛いです...
  1. 2013/03/03(日) 11:26:13 |
  2. いま、お茶いれますね

まおゆう魔王勇者 第9話「わたしは“人間”だからっ」

紅の学士は異端認定され中央教会に引き渡されることとなる。 魔王に扮したメイド姉が身代わりとなるが…。 引き渡しの場で、メイド姉は集まった群衆に思いの丈を語りだす! 戸松
  1. 2013/03/03(日) 13:03:05 |
  2. 空 と 夏 の 間 ...

まおゆう魔王勇者 第9話「わたしは〝人間〟だからっ」

「精霊様のくださった贈り物は たとえ王でも たとえ教会であっても  侵す事の出来ない神聖な宝物なのです!」 紅の学士は異端認定され中央へと引き渡される事に! 身代わりとして魔...
  1. 2013/03/03(日) 20:46:20 |
  2. WONDER TIME

(アニメ感想) まおゆう魔王勇者 第9話 「わたしは“人間”だからっ」

投稿者・ピッコロ まおゆう魔王勇者 (2) (初回生産限定特典:朗読劇「夜の部」優先購入応募券) [DVD](2013/04/17)小清水亜美、福山潤 他商品詳細を見る 馬鈴薯は悪魔の実、指導なされた農
  1. 2013/03/06(水) 18:46:11 |
  2. ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人