タイトル画像

落書き 六太&楽俊ラフ

2013.02.12(21:00) 507

17891980.jpegc20121002_sao_18_cs1w1_720x540.jpg
20121118200708_original.jpg

pixivの方で頂いたコメントに教えられて、
『SAO』の男性向け18禁二次創作SS読んできたんですけど。
やっぱり領主コンビ好きですわー。
来月発売されるPSPのゲーム、リーファ要らないから領主2人出してくれないかなー。
アインクラッド編なので無理ですよねー、どう足掻いても、リーファが限界ですよね。
くぅ………アニメで出番少な過ぎた…。

好き過ぎて辛いレベル、いや作品通して一番好きな娘は勿論サチですけれども。
〝サチ>>>リズ≧領主コンビ”みたいな。
男性だと〝キリト>>>>>クライン≧第2話くらいで死んだ檜山>>>エギル”みたいな。
ある意味妖精王(笑)は大好きです、あそこまでド変態さを自重しないのは素晴らしい。



さて、本日は時間が無かったので急遽穴埋めとして、
昔のラフを引っ張り出して何となく手直ししてみました。
勿論この後色を塗るわけですが、暫くは落書きがメインになりそうです。
あぁ、アニメ感想いつまで経っても増やせそうにありません。
人生って中々予定通りに行かないものですね。

それでは宜しければ続きからご覧ください。


SCN_0001 (2)

髭描き忘れてるー。
何年前でしょうね、まぁとにかく相当昔に描いた六太と楽俊。
確かこの頃はTV放映されていたんじゃなかったでしたっけね、
TV放映が終わった辺りかしら、DVD集め出した頃かも。

私が『十二国記』に触れるきっかけになったのは、
深夜に偶然観たNHKの「十二国記の世界」というダイジェスト番組。
いきなりダイジェストから、しかも番組途中からなので話はサッパリでしたが、
元々古代中国が大好きだったので、まず何よりBGMに惹かれました。
んで世界観に触れ、小説を買い、友人に布教し、一緒に盛り上がり、
気が付けば私も立派な小野主上の臣民の1人となっていましたとさ。

rakushun.jpg
E585A8E794BBE99DA.jpg11bdd5a487c50730a937e7052ccf6bde.jpg
0.jpg

楽俊は冗談抜きで、私が今まで触れてきた全てのアニメ、ゲーム、漫画、ドラマ、
それらに出てくる全ての男性キャラの中でも歴代ベスト3には入ると断言出来る、
それくらいに大好きなキャラです、この人より〝良い人”って全然思いつきません。
陽子にしろ祥瓊にしろ、楽俊がいなかったら精神が暗黒面に堕ちた挙句、
確実に野垂れ死んでましたからね作中で。
それらを完璧に救い上げた楽俊の手腕はまさしく国民栄誉賞ものです。

人型をとると意外と精悍な体つきの優男っていうオプション付きですが、
やはりネズミ状態の方が可愛いですよね、抱き付いてモフモフしたいです。
そして「慎みを持てー!」って怒られるの。
超最高。

images_20130213005357.jpg
7698187_218x291.jpeg2324701832653797679.jpg
4a4b714c93310.jpg

六太改め延台輔。
何だかんだ言って景麒よりも出番あるんじゃないかってくらい、
やたらめったら出てきて目立つ御方。
まぁ『十二国記』自体が群像劇の様なものですから、
それは別におかしくもないんですけれど。

どうでもいいですが当時私と友人の間では、
ちょっと意見の食い違いがあったり、遊びに行く場所が決まらなかったりすると、
「頑迷な、許すと仰い」と子安さんの声真似するのが流行ってました。
さっぱり意味が分からないという人は今すぐ『十二国記』を観ましょう。
景麒のあの、上から目線の下手な態度、要するに慇懃無礼か、
しかも無愛想な慇懃無礼って色々と矛盾してますが、
兎に角あのキャラが凄いウケて、事ある毎にネタにされてました。

麒麟はどれもこれも面白いですよね、供麒も泰麒も。
麟の方はあんまり印象に残っていないのですが、氾麟は可愛かったですかね。
延麒と良い勝負です、性格的にも見た目的にも。
後は………大体亡くなったか精神崩壊したイメージしか………。
改めて考えなくても厳しい世界観ですよね、『十二国記』は。
新刊いつ出るのかしら。



さて、そういうわけでまたガンバっていきます。
本日新しくpixivの方でリクエスト頂きましたし、
まだまだボーッと日向ぼっこをする時間は取れそうにありませんね。
それでは短いですが、今夜はこれにて。
ありがとうございました<(_ _)>

がっちの言葉戯び


<<落書き やすかね | ホームへ | 真剣なお悩み>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/507-857dbda5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)