タイトル画像

「ブラック★ロックシューターthe game」プレイ日記 stage2

2013.01.23(21:00) 486

amazon123.jpg

あ、そういえば少し前にまた買い物しました。
ハッハー、散財が止まりません。
ていうかこれ以上ゲーム買って何がしたいのでしょう私は。
こんな事ではいつまで経っても落ち着いて生活が出来ません。
うーむ。

『ガンスリンガーガール』はこれで完結みたいですね、
前巻で各“兄妹”があれだけ凄惨な結末を迎えただけに、
物語の最後をどのように纏めるのか非常に興味があります。
本当に素晴らしい作品だったと思います、
これまでの人生で出会った漫画の中でベスト10には入るんじゃないでしょうか。
それくらい印象深く、ずっと心に残り続ける作品だと思います。
最近、漫画の話が多めなので、これもまたその内お喋りしてみましょうか。
話したい事が一杯あるんです、本当に。


BRS1(3)

さて本題は早くも2回目、予定なんて無かった。
まぁアレですね、約束は破る為にあるというか、何と言うか。
えぇ、ごめんなさい。

というわけで今週は残り半分、アニメ感想に染まる予定です。
あぁ、イラリクが本気で間に合わなくなってきました。
これが毎日更新の恐ろしさというべきか、予定が全然狂いっぱなしです。
もう少しブログ記事を軽くすればいいんですけどね、1記事3時間程度で書けるくらいに。
アニメ感想はただ観て画像キャプって文章書くだけなのできっと大丈夫。
信じてる。

それではstage2です。
ゲーム的な説明も少なくなってくるので、サクサクいける気がします。
それでは宜しければ続きからご覧ください。

BRS2(1)BRS2(2)
BRS2(3)

stage2は会話劇から開幕。
要するにパシリ任務ですね、拠点に散らばっているメンバー全員と会話、
その後特定の人物へ届け物を持っていくという。
まさか全員に何某かのアイテムを運ばなきゃいけないのかと戦々恐々してましたが、
1人だけで終わってくれて、しかも別に覚えゲーとかじゃなくて、
本当に単なるお使いだったので肩透かし喰らった感じ。

BRS2(4)
BRS2(5)BRS2(6)

そのまま用意された専用バイクに乗って、
囮を兼ねながらマンハッタンまで優雅にドライブと洒落こみます。
基本的には3レーンの間を行ったり来たりしながら迫りくる敵の攻撃を避け、
迫りくる敵を引き付けて寸前で躱すと撃破、
5匹撃破するとショットが数秒間撃てる様になる感じ。

BRS2(8)

地味に難しかったですけど、どうにか死なずに頑張れました。
ちなみに3ミッションを跨いで“バイクミッション⇒雑魚敵掃討”の繰り返し。
雑魚敵に関しては特に目新しい事も無く、普通にクリア。
発煙筒をチマチマ焚くのがちょっと楽しかったです。

BRS2(10)

久し振りに覚えた新しいスキルの試し打ちもしました。
乱射スキル“ヴォルカノン”。
B★RSの台詞も「ヴォルカノン」。
一定時間、完全な固定砲台と化してひたすら乱射し続けるモード。
撃ち終わるまで全く移動出来ないので隙が大きい相手や、
残り体力が少なく削り殺せる状態の時以外には出番はありません。
でも格好良いんですよね、トリガーハッピー的な感じで。

BRS2(12)

スキル強化スキル“スキルブースト”。
B★RSの台詞は「アンプリディケイテッド」。
ごめんなさい、台詞巧く聞き取れません。
どれくらい強化されてるのか良くわかりませんが、
とりあえず“ヴォルカノン”は単発ダメが2倍近くになってる気がします。
爽快感ぱないの。

BRS2(13)

ちなみにウェポンスキルはスロットが4つしかないので、
“スキルブースト”と入れ替わりに“ディフェンサー”を廃棄しました。
次に捨てられるのは“チャージショット”かしら。
正直最近出番が無くて困ります。

BRS2(15)BRS2(16)
BRS2(17)

最後にはマンハッタンの高層ビルを駈け上るという神業を披露しながら、
敵の待つ屋上へ向かいます。
傾斜がきつい、じゃなくて完全に垂直ですからね。
『Fate』の第五次ライダーvsセイバーを思い出します。
B★RSはどんな絡繰りで姿勢制御とかしているのか謎。

BRS2(18)
BRS2(20)BRS2(21)
BRS2(19)

屋上にてhukeデザインの赤男≪マズマ≫とデュエル開始。
分身の術の使い手で、斬って良し撃って良しのスナイパー。
巧く攻撃回避するタイミングが掴めずに回復アイテムがぶ飲みで押し切りましたけど何か。
ていうか一回普通に負けたりしましたけど何か。
アクション苦手な私でも何とかなる、それがこのゲームの良さ。

ちなみにフリーハンティングの方ではちゃんとラーニングの成果が出て、
ほぼノーダメで倒しましたよ。
人間、諦めなければどんな事でも成長出来るものなのです。
ていうか慣れれば雑魚でした。

BRS2(22)

うっすらと浮かび上がる肋骨に色気を感じたのは生まれて初めてかも知れません。
それくらいにこのB★RSのモデリングは素敵。
この娘を見ていると女性は胸じゃないんだと実感出来ます。
やはり女性は肋骨ですね。



というわけで今回のストーリーまとめ動画になります。
stage1と長さはあまり変わりませんが、
少しは習熟したのか編集時間は若干短くなりました。
そうは言ってもまだ3時間以上は余裕で掛かるのですけれど。
相変らずの低スペックデスクトップでキャプっているせいで、
録画失敗の撮り直しが凄い多いです。

ボス戦で上の画像と比べてB★RSのHPが明らかに多いのは後から撮り直しているせい。
stage5クリア直前くらいのレベルなのでマズマたんも瞬殺レベル。
そこくらいまでレベル上げないと初期衣装がを着直せないんですよねー。
そのへんの事情はstage4くらいで語られると思います。

このあたりからB★RSの可愛さに拍車がかかっていますね、
周りのオッサン連中も娘を慈しむ様な心持ちでしょう。
朴訥で素直で肋骨の可愛いお姫様。
世界で一番お姫様というか、現状、世界で唯一のお姫様。

ではでは、あっさりですが今回はこれにて。
明日明後日し明後日は久し振りのアニメ祭りに精を出すとしましょう。
その後はイラリクにかかる感じなので、stage3以降は少し間が空きます。
どうぞご了承くださいという事で、失礼します<(_ _)>

がっちの言葉戯び


<<閑話休題って良い言葉 | ホームへ | 「ブラック★ロックシューターthe game」プレイ日記 stage1>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/486-a01dcbe0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)