タイトル画像

閑話休題って良い言葉

2013.01.24(21:00) 483

恒例の限界突破で休息日。
仕事から帰ってご飯食べたらそのまま意識を失いました。
起きたら日付が変わってました。
で、起きたらフレからメール来てたので、
そのまま寝ぼけ眼でオンラインでサッカーしました。
そして今に至る。

現在25日の午前1時。
記事本文は未だ真っ白です、やーふー。
流石に徹夜するほどの元気は無いというか、疲労で左目が昨日から死んでいるので、
今日はこれにて寝ます。
トップ記事のロードマップを少し修正しておきますので、明日から心機一転頑張りましょう。
人間走り続けるだけでは倒れてしまいますからね。
言い訳はもう十分でしょうか。

それではこれにて、おやすみなさいー。
追記に前文で使おうと思っていた、買い物結果を載せてます。
おためごかしにもなりませんけどね。
ではではー<(_ _)>



130125_005000.jpg

先週末従兄弟の家に行った際に借り受けてきました。
今は予定がタイトなので無理ですが、
余裕が出来たら全てを振り切って『FRAGILE』やりたいです。
果たしてかつてのプレイを身体がどこまで覚えているか。
ストーリーは覚えていてもどこで何をするかとかはサッパリ忘却でしょうし。
時間節約の為に攻略サイト見ながらプレイしますかねー。
言うても2~3周はクリアした筈ですし。

130125_010257.jpg

『死神と少女』がようやく終わったので次の段階へ進めます。
というわけで、乙女ゲー仲間の友人が絶賛してました『神なる君と』。
ついで初回特典のドラマCDかな、も安かったのでまとめて買いました。
PSP買って一番良かったのはやるゲームが一気に増えたところですよね。
特に乙女ゲーはPS3で出る事はまぁ無いかと思われますので、
PSP買ったお陰で一気に選択肢が増えました。
現在プレイ中の乙女ゲー終わらせたらプレイ予定。

130125_004826.jpg

で、現在プレイ中の乙女ゲー『アーメン・ノワール』を含めた、
PSPゲーム3つと『とある』×2と『ガンスリ』最終巻。
『ガンスリ』表紙がクラエスってだけで泣けてきます。
やっぱりそういう立ち位置の子だよなぁクラエスは。
メインのフラテッロ達の物語は前の巻で終わっているので、
この巻ではペトラ達二期生の話と全体のまとめになるのかしら。

『とある』は食蜂さんでしたっけ、第五位の胸の存在感と、
原作小説の方ではちょっとだけ見える後ろ姿、あれは第二位の提督ですかね。
第一位のアクセロリータに面白おかしくやられて脳味噌だけになっちゃいましたが、
ちゃんと自分の能力と“木原”のお陰で復活出来たんですね、良かった良かった。
後出て来てない“レベル5”って第6位だけですよね、どんな人なのか。
というかこの話いつ終わるのでしょう。
少し心配。

『アキバストリップ』は当時話題になった、吸血鬼に支配された秋葉原を守る正義の物語。
身体のどこかに刻まれた刻印に日光を浴びせると退治出来るとかで、
日中の往来で道行く通行人女性の衣服を脱がせまくる正義の戦いの記録です。
馬鹿ゲーかと思いきや、意外と評価高いので買いました。
別に他人を脱がせる行為に思い入れがあるからではありません。

『B★RS』は現在記事書いているので割愛。
『アーメン・ノワール』はこれまた独特な世界観というか、
個人的にはよっちんくんが声優ラインナップにいるだけで御馳走様というところ。
話もスーパーシリアスで、重いというか辛いというか。
あと一々設定が厨二っぽいので、そういうのが堪らない方にも良いやも。
こちらは全部クリアし終わってから纏めて記事書きます。

130125_010118.jpg

こっからはついでに買った画集パラダイス。
まずは似たような雰囲気の、絵柄が全く別なお二人。
いとうのいぢ先生とカズキヨネ先生。
余談ですがのいぢ先生のこの画集、前に一度買った事があるんですけどね。
友人に「くれ」って言われたのであげました。
ヤツはコミケやイベントの度に「富士壺機械」に出向いて、
のいぢ先生に差し入れを続けるくらいにファンなので止むを得ず。
いいんですけどね、前も500円で買ったわけですし。

カズキヨネ先生のは相変らず美麗という言葉しか頭に浮かびません。
『緋色の欠片』シリーズはプレイしたいなぁとか言いつつ、
延び延びになって早8年ほど。
いい加減そろそろ手を出さないと一生やる事はないんでしょうけれど。
シリーズ全部プレイするほどの時間が確保出来ないのが現状です。
チッ。

130125_005736.jpg

『迷い猫オーバーラン』というよりはPCゲームの方で馴染みが深いぺこ先生と、
昔から活躍している成年向けの絵師・漫画家な西安先生の画集。
間に挟まれているのは雑誌か何かの付録ののいぢ先生の画集もどきです。
前から欲しいなぁと思っていたものなので、この機に買えて満足至極。

130125_005621.jpg

『魔ロキ』木下さくら先生と『隠の王』鎌谷悠希先生の画集。
『隠の王』は漫画9巻までしか読んでいないのですが、
結局最後どうなったんですかね。
こういう事言い出すと今の私は数日後には全巻揃えてたりするのですが。
カバーの壬晴が完全に女の子っていうね。
くぎゅうはツンデレ女の子ボイスも良いのですが、
こういう少年声の方が天職だと個人的には思います。
『鋼の錬金術師』のアルとかね、一番良かったのは『十二国記』の泰麒かしら。

『魔ロキ』もかなり中途半端で読むのをやめてしまいましたが。
トールのお馬鹿っぷりとミドガルズオルムの健気さが良かった記憶。
探せば家の倉庫に眠っている気がするんですけど、どうでしたかねー。



というわけでお茶を濁す為の買い物報告記事でした。
手抜きとか言っちゃ駄目。
今現在午前2時。
まだまだ寝るには早いなぁと思ってしまう自分は駄目ですね。
とはいえ少しだけ明日の記事執筆をしてから寝るとしますか。
ではでは、ありがとうございました<(_ _)>

がっちの言葉戯び


<<問題児たちが異世界から来るそうですよ? #1 | ホームへ | 「ブラック★ロックシューターthe game」プレイ日記 stage2>>
コメント
おお、限定版ですか!羨ましい!またCDの感想教えて下さい。
その他にももの凄く心惹かれるものたちが…。
後記事のソフトも思いっきり厨二心をくすぐられましたw
買ってみようかな。
【2013/01/26 16:23】 | ふじもと #cDzvWxEE | [edit]
こんにちはー。

ですねー中古だと限定版と通常版の値段もほとんど変わりませんし、
ふじもとさんの絶賛っぷりが凄かったのでハズレもないだろうとw
暫くはこのゲーム達で厳しい冬も暖かくなりそうです。

乙女ゲーの限定版は本当にな様が豪華ですからね。
高い値段を出すに足るものばかりなのでついつい買ってしまいます。
で、限定版部分を残してソフトだけその内売るとw
これもある意味グッズみたいなものですからねーCDも聴くのが楽しみです。

ではでは、ありがとうございました<(_ _)>

【2013/01/27 09:51】 | がっち #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/483-253e0c9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)