タイトル画像

恋物語:感想

2012.01.04(18:03) 45

帰省中に読み終わったシリーズその3。
「物語」セカンドシーズン最終巻です。

最終巻なのに主人公(とその幼女奴隷)の出番がほとんど皆無で驚き。
というか語り部が貝木だったことに驚愕。

以前のバサ姉バルカン後輩が語り部の際にも思いましたが、
やはり語り部になると心の声が聞こえるのがいいですね。
イメージがガラっと変わったりします。

例に漏れず貝木もかなり面白かったです。
というか今作を読んだら普通に貝木xガハラさん成立しますねぇ。
いいコンビじゃないですか。

らぎ子ちゃんとのコンビを超えることは出来ないにしても、
結構見ていて2828するレベルです。
ツンデレカップル最高。
ツンデレというか天邪鬼ですかね。

撫子
うーん、撫子に関しては特に………。
あの神様モードのメンタルブッ壊れっぷりは面白かったですが。


話の内容や細かいセリフにたいする感想は数えきれませんが、
とりあえずはこんなところでしょうか。
また落書きでもしながら適当に語っていきます。

___

がっちの言葉戯び


<<新約インなんとか③:感想 | ホームへ | 不気味で素朴な囲われたきみとぼくの壊れた世界:感想>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/45-98065b91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)