タイトル画像

ソードアート・オンライン #25「世界の種子」(終)

2012.12.22(21:00) 447

21日分からのコメレス遅れてすみませんでした。
ちょっと葬式や仕事でバタバタしていて、あれこれ忙しくて。
この記事も約1日遅れとなりましたが、已もう得ません。

聞けば昨日は同じ斎場で11名の火葬が執り行われる予定だったそうです。
急に冷え込んで体調を崩される方が多いんでしょうね季節柄。
ちょっとの体調不良が致命的な症状を引き起こす可能性がありますから、
ちゃんと防寒対策をして健康に気をつけなければいけません。



SAO25(0)

さて本題は最終話ー。
昨今のアニメ事情を鑑みるに、2期かOVAは確実にありそうですが。
兎に角TVアニメはこれにてひとまず終了です。
とりあえずリズの姿が見られれば大満足。
ついでに直葉の問題も何らかの答えを見せてくれることを期待しています。

それでは宜しければ続きからご覧ください。


SAO25(1)
SAO25(2)SAO25(3)
SAO25(4)
SAO25(5)SAO25(6)

深々と降る雪の中、アスナの病院へと駆けるキリト。
その前に立ちはだかる謎の黒い影。
いやまぁ1人しか可能性はありませんね、元・変態妖精王のご降臨です。
前回キリトに色々とされたせいか、完全にイッちゃってるご様子。

SAO25(7)
SAO25(8)SAO25(9)
SAO25(10)

ゲーム内で敵わなかったからって、今度はまさかのリアルファイトを所望。
凄いやこの人、大人げ無いにも程がある。
というわけで“鍍金の勇者”VS“盗人の王”の第2ラウンド開幕。
ゴング前に先制攻撃しているのはご愛嬌。
見ているだけで痛いです、これが現実世界の痛みという奴か。

SAO25(11)
SAO25(16)SAO25(17)
SAO25(18)

不意打ちと出血で最初こそ動揺しましたが、
冷静に肚を据えれば研究者のおっさんには負けてませんよね。
リアルでも容赦ないです、当たり前ですけれど。
とばっちりを受けて凹まされた車の持ち主が可哀想。

SAO25(19)SAO25(20)
SAO25(21)

首元を掻き切るのは流石に自重。
これから折角久方ぶりの恋人との、本当の再会が待っているのに、
こんなところで人殺している場合じゃないです。
まぁふん縛って通報くらいはした方が良い気がしますが。
ここで放置は後々瑕瑾になりそうでしょうがないです。

SAO25(22)

一番疑問の、どうやって深夜の病院に忍び込んだのかはすっ飛ばして、
アスナの病室へとやってきたキリト。
腕の傷も結構深かった気がするのですが、ちゃんと止血したんでしょうか。
最悪倒れても幸いここは病院だから、まぁ良いか。

SAO25(23)
SAO25(24)SAO25(25)
SAO25(26)

月明かりに照らされた女神。
何だかしばらく見ない間に大人っぽくなりましたね、
ティタニアの時から、何だか表情が大人びているなぁとは感じてましたけど。
年齢的にもちょうど孵化する時期か、少女から女性へと。

SAO25(27)SAO25(28)
SAO25(29)

「はじめまして。結城、明日菜です。ただいまキリトくん」
「桐ケ谷和人です。おかえりアスナ」

これが本当の、誓いのファーストキス。
かくしてヒーローとヒロインは現実世界へ無事帰還し、
全ての戦いがここに終わりを告げたのでしたとさ。
手傷自体は深かったとはいえ、元・妖精王の登場にたいした意味無かったですね。

SAO25(30)
SAO25(31)SAO25(32)
SAO25(33)

さて、ここからは完全な後日談か。
長年ゲーム内の姿に見慣れていたせいか、キリトの制服姿が似合わないー。
襟元にあるフィンランド国旗は何なんでしょう。

それにしても学校が地味にハイテク化してますね。
実際13年後にはこんな感じになっていそうです。
大学みたいなシステムだな、課題提出とか。

SAO25(34)
SAO25(35)SAO25(36)

勿論アスナも一緒の学校。
例の『SAO』被害者向けの特別学校でしょうかね。
それならば学年も同じになってたりするのか、相変らずラブラブな様で何よりです。
お互いこの序盤で周囲にアピールしておかないと、余計な虫が寄って来そうですし。

アスナはうっかりキャラネームでキリトを呼んで怒られてますが、
そうか、『SAO』被害者ばかりという事はリズやシリカもここにいるのか。
エギルのおっさんはいないとして、クラインは………年齢的に微妙かなぁ。
あ、キバオウは要らんです。

SAO25(37)
SAO25(38)SAO25(39)

「ところでキリトくん」
「ん?」
「知らないの? ここ、カフェテリアから丸見えなんだよ?」

くそ、コイツら神聖な学び舎でイチャイチャしやがって………。
いやまぁ既に2人の関係はバレバレなんでしょうけれどね、この様子だと。
そうでなくてもゲーム内で人気者だったお二人、自重しましょう人目のあるところでは。

SAO25(41)SAO25(42)
SAO25(43)

しみじみ回想。
元・変態妖精王はあのまま駐車場で逮捕されたそうです、あっさりと。
300人の未帰還者も無事に戻ってきたそうで、まぁ悪くない結果でしょう。
ところでこの病室で喜び合っているのは『SAO』編にいたネカマとその相方か。
ただまぁVRMMOへの反発は決定的となり、社会的に廃止への動きが云々。

SAO25(44)

茅場さんは前回で登場した事から分かる通り、
自分の脳内情報をゲームサーバ内にコピーしたとか何とか。
兎も角現実世界では既に死んでいるらしいです、自殺という事で。
未だにアスナが茅場さんの事を“団長”って呼んでいる事にちょっと感動したり。

SAO25(45)

カフェテリアから丸見えだって言って照れてたのはお前だろーアスナー!
まぁ彼女アピールしたい気持ちも分かるんですけれど、マーキング的な。
というわけで、校内で恋人いない勢の連中の殺人衝動が高まってますきっと。
今までの経緯を思えばこのくらいの不純異性交遊は寛容に許すべきですが、
知らん人からしたら普通のリア充模様でマジ許すまじ。

SAO25(46)
SAO25(47)SAO25(48)
SAO25(49)

ほら、ここにこうして殺意の波動に目覚めかけている人が一人。
アスナもそうですが、リアルだと流石に髪の彩度が落ちるんですね、リズベット。
シリカは相変らずロリってます。

つーかまだ諦めてなかったんですねキリトの事。
直葉ですら撃沈したのに、果たしてこの2人に勝機はあるのか………。
無いですよねぇ、どう転がっても。
キリトを押し倒して既成事実を作っても、単純に泥沼化するだけですし。

SAO25(50)
SAO25(51)SAO25(52)
SAO25(53)

放課後のオフ会へ向かう一行。
いくら割り切ったと口では言ってても、この構図は精神的にキツいですよねぇ。
笑顔を浮かべるだけ頑張ってますよ、直葉はホント。
エギルと一緒に狩りした事ある、という事は、またぞろ皆でネトゲやってんですねぇ懲りない事に。

SAO25(54)SAO25(55)
SAO25(56)

はて。
エギルの左側にいる女の子は誰じゃろホイ。
例の圏内PK事件で出てきた女性でしょうか、見た目的には。
第一層の孤児院の人じゃないよなぁ、流石に。
“風林火山”には女性いなかった気がするんだけれど。
ていうかクラインまじクライン、リアルでもバンダナしてんのか。

SAO25(56-2)
SAO25(57)SAO25(58)
SAO25(59)

『SAO』クリア祝賀パーティ、いぇー。
またぞろ知らない女性キャラがいますが、
右下は髪の長さ的にサクヤ様で、中央下方のおさげはアリシャか。
ユージーンはおらんのかしら。

SAO25(60)
SAO25(61)SAO25(62)
SAO25(63)

黒猫と白猫の置物、エギルが用意したのかしら、中々洒落た事を。
クラインは会社員でした、大学生くらいかと思ってたのに、意外とおっさん。
シンカーとユリエールって、そういえばそんなのもいましたね。
死神NMやユイの正体判明イベントの方が印象強くて、名前すっかり忘れてましたけど。
キバオウに虐められてるギルマスでしたよね、じゃあさっきサクヤ様と思った人がユリエールさんか。
ご結婚おめでとうございます。
そりゃまぁあんな死と隣り合わせの世界で一緒に頑張った者同士なら、愛も生まれるというものです。

SAO25(64)
SAO25(65)SAO25(66)
SAO25(67)

“世界の種子”とは茅場さんが開発したフルダイブ型VRMMOの雛形データらしく、
簡単に言うと凄い高性能な『オンラインRPGツクール』みたいなものらしいです。
違うかしら。
「誰でも自分の思い描いた異世界を作れる」とか言っているから、多分そういうものかと。
エギルに依頼して全世界の人々が自由にこのデータをDL出来る様にしてもらい、
こうして社会的に滅びる筈だったVRMMOは密やかに息を吹き返しつつある、そうです。

SAO25(68)

2次会はゲームの中で。
ここらへんはMMORPGのオフ会らしくて良いですね。
まぁ既にオフ会では無くなってますが、楽しければいいんです。
VRMMOだったらそこらへんの境界線も凄い曖昧でしょうし。
夜11時に集合だぜーいぇー、クラインは残業ちゃんと終わらせて来いよーいぇー。

SAO25(69)
SAO25(70)

そうして宴も和やかに進行する中、直葉だけはポツンと隅っこで佇まい。
エギルと知り合いという事で他のメンバーとも知り合っているのかと思いきや明かな壁が。
とりあえず妹繋がりでシリカあたりと話したらいいのに。
2人は似ている、みたいな事をキリトも言ってたし。
胸の大きさには明確な差異がありますけどね。

SAO25(71)
SAO25(72)SAO25(73)
SAO25(74)
SAO25(75)SAO25(76)
SAO25(77)
SAO25(78)SAO25(79)
SAO25(80)

皆が明るい中で1人晴れないモヤモヤを抱える直葉は、
それを振り切る様に高く高く、どこまでも高く上を目指します。
限界まで飛びきって、それでも目標には遠く届かなくて、諦めきれずに伸ばした手も空を切って。

堕ちていくだけの身体を抱き留めてくれたのは大好きお兄ちゃん。
こんなに近くにいるのに、決して手に入らない想い人。
頭では理解出来ている筈なのに、心はやっぱり傷が痛んで仕方がない、それが恋なのですよ。
それでも答えは出さなければ前に進めないのです。

SAO25(81)
SAO25(82)SAO25(83)
SAO25(84)
SAO25(85)SAO25(86)
SAO25(87)

月光の下、踊る2人の妖精。
『フェアリィ・ダンス』の名の通りにクルクルクルクル。
寝取りか見守りか、どちらに決めたのかわかりませんが、
直葉に控えめながらもようやく笑顔が浮かんで一安心。

SAO25(88)
SAO25(89)SAO25(90)
SAO25(91)
SAO25(92)SAO25(93)

2人連れだって向かった二次会会場。
刻限に現れたのは“浮遊城アインクラッド”。
これまたその名の通り、昔懐かしの形をしています。

『SAO』時代には途中で茅場とのラスボス戦が発生した為、完全クリアを逃していましたが、
この機会に100層までクリアして、本当の本当に全ての決着をつけようと。
そしてまた、直葉をそれに巻き込む事で、
『SAO』組との溝を埋めようという細やかな兄心。

流石はキリトといいたいところですが、
これじゃあ直葉も諦めるに諦めきれないよなぁ、こうやって優しくされて。
罪な男です。

SAO25(94)SAO25(95)
SAO25(96)
SAO25(97)SAO25(98)

キャストが勢揃い。
シンカーやユリエールさんと一緒にいるのって、クリスマスに会った情報屋ですっけ。
孤児院の人ってこんな顔じゃ無かったような気がするのですが。
うーん、記憶があやふやとはまさにこの事よ。

サクヤ様やアリシャ、ユージーンにオマケのレコンはまぁいいとして、
わざわざ集まってくれたシルフ・ケットシー・サラマンダの兵士さん達お疲れ様です。
あとエギルにクライン、羽根似合わないですよ。

SAO25(99)
SAO25(100)SAO25(101)
SAO25(103)

色的に最初ユリエールさんかと思ったらアスナかこの神々しい人。
確かにそう言われると衣装の端々に『SAO』コスの面影が垣間見えます。
印象が変わり過ぎていてビックリですが、大人っぽくて悪くはないですねぇ。

SAO25(104)
SAO25(105)SAO25(106)
SAO25(108)

最後、キリトが2人のヒロインに何を言ったのか。
原作では書かれているのかなぁ、ここの台詞。
皆で連れだって俺達にとってのラストダンジョンへと突入するところで物語は終了です。
果たして結果がどうなったかなんて言うまでもありませんよね。

SAO25(109)

エンドロールではシリカやリズのフルネームも明かされてました。
ていうかリズの本名“篠崎里香”の方がシリカっぽいですよね、略したらシリカですし。
そしてシリカの本名は同じ文字すらないという。
名前の由来とかあるんですかね、やっぱそれぞれに。
ていうかクラインとエギルの本名は何故出ない。

20121224002751573.jpg

エンドカードもこれまた豪勢な原作画仕様。
サチの可愛さが半端無いです半端無いです半端無いですですです。
ていうか右下誰ですか、これが情報屋でしたっけ、はて?
右に『SAO』組、左に『ALO』組、ヒロインもそれぞれキリトに侍ってますが。
中央には両方共でその愛らしさから人気を博したユイがドーンと。
改めて思うとこの作品を通してのヒロインはユイでしたね、間違いない。

SAO25(110)

さーて、これで本当に終わりです。
原作組の方々からは色々と物申されている作品ではありましたが、
アニメから入った組としては十分楽しめました。
細かいところにツッコみはそりゃありますけどね。
最後に直葉救済的な流れを入れたのだけは止めて欲しかったなぁ………。
救済するならサチをどうにか奇跡で蘇らせてくれと声を大にして言いたい。

そんな感じですが、ともあれ半年間毎週楽しみを与えてくれて感謝しています。
スタッフ、キャスト、関係者の方々お疲れ様でした。
そして拙記事をご覧いただいた皆様ありがとうございました<(_ _)>

がっちの言葉戯び


<<I wish you a merry christmas ! | ホームへ | 雑記の名にふさわしい雑記>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/447-75baac2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)