タイトル画像

雑談枠 -Fragileについて-

2012.12.17(21:00) 440

『聖闘士星矢戦記』トロフィー終わりません。
まぁ余計な仕事をしていたせいで開始が夜10時くらいになったせいなんですが。
くそう、失敗した。
残っているトロフィーは、
「難易度Bronze以上でメインスト-リークリア」
「全ての聖闘士の技のビッグバンを見る」
「ギャラリーコンプ」

後者2つは同じなので、実質後は1周クリアしてひらすら技を出すだけという。
2~3時間で終わると思うんですが、今夜は無理そうです、落書きもしたいし。

というわけで急遽穴埋め的な雑談をダラダラと喋ります。
畳むまでも無い内容なんですが、それはいつものクセというか。
前文のネタも特に無いのでこのまま行きます。
それでは宜しければ続きからご覧ください。

というわけで何を喋るかというと、最近ずっとやりたいなぁと思っているソフトがあるんですよ。
既に昔プレイ済みで全イベントシーンも録画済みのソフトなのですが。
以前の住居にいた時にその録画DVDの入ったケースごと無くしてしまって。
これは哀しみに暮れました。

一緒に入っていた『無限のリヴァイアス』も地味に悲しいのですが、
こちらは単純に買い直せば済むので良いとして。
問題は頑張って作った録画DVDの方。
今回お話しするソフト以外にも、
『DMC3』『V.P.2』『TOS2ラタトスク』『シャイニングフォースイクサ』…。
覚えているだけでそれらの録画DVDが喪われました。
まぁ『DMC3』もHD版が出ている事ですし、もう一度買って録画したいですが。
問題は今回の主題の方です。

wallpaper03.jpg

そのソフトは『Fragile』というソフトなのですが。
何が問題かって、ハードがWiiな事なんですよ。
持ってねーよ!
つまりプレイするには面倒な事にハードから買わなければいけないという罠。
これがかなり面倒です。
従兄弟の家にあれば借りて来て、積みゲーの山を完全に無視して即プレイしたいくらいなのですが。
どうだったかしら。
無ければ年内は我慢します。



こちらが公式PV。
はっきりいって今まで私が紹介したり喋ったりした中でも、
未プレイの人に是非ともプレイして戴きたいレベルがトップクラスです。
以前の記事でも同じ事を喋った気がしますけどね。
ノスタルジックな探索アクションとでもいうんですかね。

images (1)

人間のいなくなった世界で1人目覚めた少年が、
ある日月明かりの下で目撃した、凄いエロい衣装の、自分と同じ人間の女の子。
一目ぼれした彼女をストーカーよろしく追いかけまわす事で、
少年の冒険が始まります。
行く先々で出逢うのは不思議なものばかり。
意思を持って喋るラジオを旅のお供に、女の子を追いかけて廃墟となった世界を駆け抜けます。

080627_fragile_01_ren.jpg

これがそのヒロインの格好。
ゲーム中は生足が綺麗だなーくらいにしか思っていませんでしたが、
冷静に眺めると相当な露出です。
この格好で走り回るもんだから、色々と見えてしまわないか心配でしょうがない。
と言っても、衆目の視線なんて無いんですけどね。

wp_st_l.jpgwp_pf_l.jpg
wp_rn_l.jpgwp_cr_l.jpg
wp_si_l.jpgwp_ty_l.jpg

雰囲気が最高で『ICO』の様な荘厳さはありませんが、
懐中電灯の細い明かりを頼りに地下街を探索したり、
暗く静まり返った遊園地で生意気な青年と出逢ったり、
木漏れ日の差し込む崩れかけのホテルで、明るくサバけた幽霊と笑い合ったり。
夕焼けの眩しいダムの上で、女の子を守る為に武器を手に取って戦ったり。

images.jpg

そしてまた、行く先々で見付けるかつての持ち主の残留思念が込められた落し物。
それらが語る様々な物語がまた泣けるんですよ。
記憶が確かなら本編イベントシーン全部で60分くらい、
落し物の記憶シリーズが全部で60分くらいだったので、
記事で紹介するにしてもそれ程かからなそうなのも良き哉、と。

071122fragi06.jpg

興味を持たれたらレッツプレイですよ。
まずWiiを持っているかどうかですけどねー。
騙されたと思ってプレイしていただけると、きっと楽しめると思います。
メインストーリーの最後に少しツッコみどころがありますが、
そんな細かい事なんてどうでも良くなるくらい世界に引き込まれるでしょう。

あと戦闘が地味に大変だった覚えがあります。
難易度高いモードがあったんですっけね、真EDか何かを見る為の。
まぁ既に2周以上クリアしている私に死角はありません。
………フラグじゃなくてね。

そんなわけでそれなりの分量は喋れた気がするので、今回はこれにて。
本格的に語り始めるとマジで止まらなくなるので、引き際が肝心です。
ではでは、ありがとうございました<(_ _)>



がっちの言葉戯び


<<「To LOVEる ダークネス」OVA2 感想 | ホームへ | ソードアート・オンライン #24「鍍金の勇者」>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/440-7797e79a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)