タイトル画像

不気味で素朴な囲われたきみとぼくの壊れた世界:感想

2012.01.03(17:01) 44

タイトル長い、長いよッ!

……そんなわけで帰省中に読み終わったものシリーズその2です。
現行の「世界」最新刊ですね。


とりあえずの感想としては、
「迷路先輩を騙るんじゃないよ」
ということなのですが。

本人自身も嫌がってるので、そこまで声を大にして言うわけではないです。
しかし弔士くんは相変らずですねぇ。
戯言遣いもたいがいですが、弔士くんの方が存在としては迷惑。

偽迷路さんが男なのはちょくちょく伏線があったのでどうでもいいとして。
あぁ、しかし殺害シーンの描写(?)は結構怖かったです。
ゾクリときました。



ろり先輩との結婚までの経緯を簡単にでもいいから知りたいです。
まぁろり先輩って何か縋るものが無いと生きて行けなさそうな感じなので、
こぐ姉崖村先輩もいない世界で、
弔士くんがそういう存在になるのは簡単だったでしょうけれど。

ていうか息子の名前が黒士って………。
ゴテンクスとかベジットと同レベル………。
いや、現実にそういう名付けもあるので馬鹿には出来ませんが。
明らかに弔士くんのは適当でしょう。

そういえば崖村先輩はどうなっているのでしょうね。
未成年の殺人罪の刑期って14年より長かったりします?



結局作品としての評価はいつもの通り。
人妻ろり先輩が見られたので良かったです。

__

がっちの言葉戯び


<<恋物語:感想 | ホームへ | きみとぼくが壊した世界:感想>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/44-2a8dcbc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クロムハーツ 通販

不気味で素朴な囲われたきみとぼくの壊れた世界:感想|がっちの言葉戯び
  1. 2013/10/23(水) 12:43:49 |
  2. クロムハーツ 通販