タイトル画像

「ダンガンロンパ」プレイ日記 デート三昧(後編)

2012.11.01(21:00) 389

私は普段、縁側のお部屋で寝ているのですが。
昨夜は鈴虫さんがどこから紛れ込んだのか、部屋の中にいらっしゃったらしく、
深夜というか早朝の4時前くらいに唐突に全力で鳴きだしてくれやがりました。
思わず起こされてしまいましたよ、えぇ。

その麗しい歌声に大変感銘を受けた私は、
寝ぼけ眼で枕元に寝っ転がっていたニャンコ先生をむんずと掴んで、
鳴き声のする地点に目掛けて全力で投擲しました。
部屋には再び静寂の帳が下りて、次に私が目覚めた時には朝でした。
そういうお話。



デート3

さて本題。
長いだけで中身があるのかどうか微妙なシリーズ。
デート紹介回も今回で最後になります。
最後を飾る豪華キャスティングはさくら・ウニ・腐川・翔・十神・霧切の6名。

記事末尾にいくつかおまけが入っています。
その内の1つは私がプレイした本編で観る事の無かった、
貴重な霧切さんのお仕置き動画。

チャプター5『学級裁判』で霧切さんを庇う事により苗木くんが犯人にされ、
そのままお仕置きされてしまったわけですが。
庇わなかった場合、普通に霧切さんが犯人にされてお仕置きされます。
その様子。

それでは宜しければ続きからご覧ください。

<大神さくら>

さくら(7)

うん、そんな事は一言も言ってないけどね。
そういうのは不二咲さん相手にやってくれるとありがたいかな。
もしくは熱意を持て余していた大和田くんの相手とかね。
僕は出来れば遠慮しておきたい。

さくら(8)さくら(9)
さくら(10)

何を上げたのかは秘密。
キャラのイメージが崩れてしまう危険があるからね。
さくらさんもちゃんと女の子って事だよ。

さくら(11)
さくら(12)さくら(13)
さくら(14)
さくら(15)さくら(16)
さくら(17)

普段の話題は全然女の子らしいとは言えないけれど。
でもさくらさんの真摯な気持ちが感じられて、
聴いている側からしたら、こうやって喋っていて落ち着くんだよね。
人柄のおかげなのかもしれないけれど。

さくら(18)
さくら(19)さくら(20)
さくら(21)

それ、なんてサイヤ人。
娘に無茶させるお父さんもお父さんだけど、
それに応えられるだけの素質を持って生まれたさくらさんもさくらさん。
………母親は何も反対しなかったんだろうか。

さくら(22)さくら(23)
さくら(24)
さくら(25)さくら(26)

越えなければならない相手。
普通に考えたら師であるお父さんの事なんだろうけれど。
それか幼い頃から共に切磋琢磨してきたライバルの子とか。
いつか話してくれるって言ってるし、今は深く考えずにその機会を待ってみよう。

さくら(27)さくら(28)
さくら(29)

どうも僕にはそういう奥ゆかしさは欠片も無いらしく。
次のデート時に開口一番ストレートに聞いちゃった。
怖いもの知らずとはこういう事を言うんだろうね、まぁ話が早いのは助かるけど。

さくら(30)
さくら(31)さくら(32)
さくら(33)

300年という年月の重さ。
女性であるという事は何の言い訳にもならない厳しい世界で、
さくらさんはあくまで地上最強を本気で目指している。
それを笑ったり茶化したりなんて勿論したりしないさ。

さくら(34)
さくら(35)さくら(36)
さくら(37)

中々僕の疑問には答えてはくれないけれど、
少なくも越えなければならない相手はお父さんではないらしい。
そうなるとやはり兄弟子やライバルの線が濃厚か。
まだまださくらさんが全てを語ってくれる様になるには時間がかりそう。

さくら(38)さくら(39)
さくら(40)
さくら(41)さくら(42)
さくら(43)
さくら(44)さくら(45)

何だか専門的な話になって来て、
正直内容についていけてない部分もあるんだけれど。
ただまぁ機械の筋トレを敬遠する気持ちは理解出来るよ。

さくら(46)
さくら(47)さくら(48)
さくら(49)

うーん、こんなアドバイスで良かったのかなぁ。
本人が納得している以上は何も言う必要は無いとは思うけど。
こうやって少しずつ信を積み重ねていけば、
例の件も話してくれるくらいに認めてもらえるかな。

さくら(50)さくら(51)
さくら(52)
さくら(53)さくら(54)
さくら(55)

遂に重い口を開いてさくらさんが語り始めたのは、
彼女も認める生涯のライバル、地上最強の男の話。
このさくらさんをして断言せしめるんだから、確かに地上最強なんだろう。

さくら(56)
さくら(57)さくら(58)
さくら(59)
さくら(60)さくら(61)
さくら(62)

静かな語り口から、さくらさんが本当にその人を尊敬している事が伝わってくる。
彼女のそんな想いが、単純な恋心に通じる類の物なのか、
それとも全然関係無い物なのか。
これだけじゃ判断なんて出来るわけもないけれど。

さくら(63)さくら(64)
さくら(65)
さくら(66)さくら(67)

彼の名はケンイチロウさん。
もしかしなくても北斗神拳だよね、それ。
そりゃ地上最強でも不思議じゃないよな。
この世界に北斗琉拳や元斗皇拳があるとも限らないし。

ていうかやっぱり初恋の相手とかなのかな、この流れ。
雰囲気が不穏さを帯びてきたんだけれど、
もしかしてケンイチロウさんって既に故人だったりする可能性があるぞ。
だとしたら………うーん。

さくら(69)

お部屋デートという事はさくらさんとのデートも最終章。
ようやくケンイチロウさんとの甘酸っぱい思い出が聞けるのか、
はたまた切ない悲恋のエピソードが語られるのか。
色々な意味で緊張しながら、いざお部屋訪問。

さくら(70)
さくら(71)さくら(72)
さくら(73)
さくら(74)さくら(75)
さくら(76)
さくら(77)さくら(78)

一番言いにくい事を一番最初に告白するあたりが潔い。
というわけでまぁ大方の予想通り、
さくらさんにとっては格闘家として、異性として重要な存在だという事だ。
これを笑うヤツがいたら普通に神経疑うよ。

さくら(79)
さくら(80)さくら(81)
さくら(82)
さくら(83)さくら(84)
さくら(85)

馬鹿にするヤツは所詮その程度の人間でしかないんだから、
歯牙にもかけなければいいんだろうけれど、
さくらさん自身にもコンプレックスはあるんだろうな。

それにしても僕は良い事言うよね、我ながら褒めてあげたいくらい。
さくらさんも僕に打ち明けて正解だったときっと思って貰えるよ。

さくら(86)さくら(87)
さくら(88)
さくら(89)さくら(90)
さくら(91)

やっぱり既に亡くなっているのかと不安に囚われたけれど、
幸いと言うか何と言うか、とりあえず生きてはいるみたい。
地上最強も病魔には勝てないのか。
果たしてそれがどんな類の病気なのかわからないけれども。
ここに閉じ込められて様子も見に行けず、ツラいだろうな。

さくら(92)
さくら(93)さくら(94)
さくら(95)

いや、前言撤回か。
流石は地上最強、そう簡単に病魔に屈するわけもない。
その事を語るさくらさんの表情も心なしか誇らしげに見えるよ。

彼女が地上最強を目指すもう1つの、そしておそらくは一番主たる理由。
さくらさんはケンイチロウさんが病気を克服して戻ってくるまで、
地上最強であり続けなければならない義務があるんだね。
なんて壮絶な愛の示し方。

さくら(96)
さくら(97)さくら(98)
さくら(99)
さくら(100)さくら(101)
さくら(102)
さくら(103)さくら(104)
さくら(105)

さくらさんの強さの根幹を支える想い。
それを教えてもらったという事は、
それなりの存在として認めてもらったって事だよね。

ただまぁ、横恋慕は無粋かな。
今はただケンイチロウさんとの約束を彼女が果たせる様に応援するのが、
僕がするべき事に違いない。
それ以上はまたその時になってから考えたらいいだけの話。



<葉隠康比呂>

ウニ(6)ウニ(7)
ウニ(8)

相変らず人として最低の発言をしているのは、
“超高校級の占い師”こと葉隠康比呂くん。
通称ウニ。
結局最後までキャラが適当だったよなぁ。

ウニ(9)


あぁ、そういえばそんな話もあったよね。
ていうかこの記事の一番下に、洒落になってない未来の画像があるんだけど。
そう考えると確かにこの占い結果は当たっていたと言えるね、ぴったり20%で。
全国津々浦々の苗木誠が霧切さんを見捨てる確率、20%。

ウニ(10)
ウニ(11)ウニ(12)
ウニ(13)

今回は占いそのものについての質問コーナー。
頼みのガラス製の水晶玉は大リーガー候補に叩き割られて、
目ぼしい占い道具なんて携帯していない様に見えるけど。

ウニ(14)
ウニ(15)ウニ(16)
ウニ(17)
ウニ(18)ウニ(19)
ウニ(20)

完全にオカルトか、そうじゃなければただの詐欺。
逆に言うとそれで良く数億単位のお金を稼げたね、これまでに。
もしかして“超高校級の占い師”とは世を忍ぶ仮の姿で、
実際には“超高校級の詐欺師”とか“超高校級の話術師”なんじゃないか?

ウニ(21)ウニ(22)
ウニ(23)
ウニ(24)ウニ(25)

駄目だコイツ、もうどうにもならない。
こんな事ばっかりやってたからダブって成人高校生になるんだよ。

ていうかその商品って自分でプロデュースしてるのか、
それともマルチ商法の手先となっているのか。
真実がどちらかによって全然危険度が変わってくるんだけどさ。
まぁウニの人生が崩壊しても僕の気にするところじゃないか。

ウニ(26)
ウニ(27)ウニ(28)
ウニ(29)

蒲田は駅近くにユザワヤがあるから、結構お世話になったんだよね。
街自体も住みやすいし、東京に住むなら候補地としてお薦め。
それなりに高いけどね、家賃。
にしても“スカイフィッシュ”って、DIOの息子達の1人が操っていたアレ?

ウニ(30)
ウニ(31)ウニ(32)
ウニ(33)

とりあえず通報されるだけだから止めておいた方が賢明だけど。
もしかして今までずっとこんな商売続けて来てるのかなコイツ。
将来が心配だよって言いたいけど、これでも僕より年上なんだもんな。
世界にはまだまだ未知の物事が多いや。

ウニ(34)
ウニ(35)ウニ(36)
ウニ(37)
ウニ(38)ウニ(39)
ウニ(40)
ウニ(41)ウニ(42)
ウニ(43)ウニ(44)
ウニ(45)

芝居がかった口調と共にウニが取り出してきたのは、
どこかで見覚えのある水晶玉(ガラス製)。
この先の展開が手に取る様に予想出来てしまうけれども、
まさかそこまで馬鹿じゃないよね、流石に。

ウニ(46)ウニ(47)
ウニ(48)
ウニ(49)ウニ(50)
ウニ(51)

うん、期待を裏切らない残念っぷり。
平気な顔して仲間をネズミ講に巻き込まないで欲しいけれど、
ウニの場合この水晶玉(ガラス製)自体を高値で買わされた可能性があるからなぁ。
本気で元締めの話術に騙されている危険性の方が高い。
だからといって僕が助けてあげる義理も無いよね。

ウニ(52)
ウニ(53)ウニ(54)
ウニ(55)
ウニ(56)ウニ(57)
ウニ(58)

流れ的にはそれらが本物かどうか非常に疑わしいところだけど。
本人が本物と信じている以上、大変憂慮すべき事態なんだろう。
きっと占いでの売り上げ全部注ぎ込んで揃えているだよね。
色々な意味で涙ぐましい。

ウニ(59)ウニ(60)
ウニ(61)
ウニ(62)ウニ(63)
ウニ(64)

何を言っても聞く耳持たない。
こんなだから『学級裁判』で結局何の役にも立なかったんだよな。
模擬刀の先制攻撃だべ!
………じゃないっつーの。

ウニ(65)ウニ(66)
ウニ(67)

お部屋デートは突然に。
正直あんまり行きたくないというか、絶対ロクな事にならないよね。
いや、行くしかないのはわかってるよ。
………はぁ。

ウニ(68)
ウニ(69)ウニ(70)
ウニ(71)
ウニ(72)ウニ(73)
ウニ(74)

ほらきた。
ていうか友達少ないだろうとは思っていたけど、
まさかゼロとは想像以上だよ。
それがわかっているならもう少し我が身を振り返ってみたらいいのに。

ウニ(75)
ウニ(76)ウニ(77)
ウニ(78)
ウニ(79)ウニ(80)
ウニ(81)
ウニ(82)ウニ(83)
ウニ(84)

そして明かされる“葉隠史上最大最悪にどうでもいい事件”の詳細。
人間として散々最低だとは思っていたけれども、
まさかここまでヒトデナシだとは思っていなかったよ。

ウニ(85)
ウニ(86)ウニ(87)
ウニ(88)

無実の娘さんを脅迫した事も然ることながら、
自分の内臓を守る為に他人の内臓を売るって発想自体、
人間として最早手遅れな状態の顕れ。
友達が皆無なのも当たり前だよ、そりゃ。

ウニ(89)
ウニ(90)ウニ(91)
ウニ(92)
ウニ(93)ウニ(94)
ウニ(95)

………………。
………………。
………………。

ウニ(96)
ウニ(97)ウニ(98)
ウニ(100)
ウニ(101)ウニ(102)
ウニ(103)

うーん、そんな発想が出来る人物だった割には、
何故殺人犯となって脱出しようとかそういう事を考えなかったんだろう。
100億円だっけ、多恵子さんが犯行に及んだ際のモノクマの用意した“動機”。
あれってもしかしなくてもウニを狙い撃ちするものだったんじゃ………。



<腐川冬子>

腐川(3)

本編で愛を以てアプローチしまくったから、開幕から既にお部屋デート。
“超高校級の文学少女”、マイスウィ^トハニー腐川冬子さん。
当初から分かっていたけど、この「構わないで」は「もっと構って」って意味だもんね。

腐川(4)
腐川(5)腐川(6)

待ってるから部屋に来て。
待ってるも何も部屋まで約1mくらいなんだから一緒に入ればいいのに。
先に入ってポエムとか脱ぎ散らかした下着とか隠蔽しているのかな。
そう考えると微笑ましい時間だよね。

腐川(7)
腐川(8)腐川(9)
腐川(10)

入って早々御大層な出迎え文句。
過剰なまでの自衛本能も恋愛に対する臆病さだと思えば、
これまた可愛らしいもの。

でもこう言われるとじわじわ真綿を絞める様に迫って、
抵抗感を抱かせないままに押し倒してみたいけどね。

腐川(11)

腐川さんから手渡されたのは分厚い紙束に直筆の文字列。
どうやら僕が以前言った、恋愛小説にジャンルを拘らずに、
今の気持ちを素直に紙面にぶつけたらいい、というアドバイスを受けて、
新作を書きおろしてみたみたいだ。

腐川(12)
腐川(13)腐川(14)
腐川(15)

最初こそ戸惑いがあったけれども、
読み始めてみるとすぐに引き込まれて止まらなくなった。
だけど暗い、物凄く暗い。
確かにこれは腐川さんらしい物語だよ、良くも悪くも。

腐川(16)腐川(17)
腐川(18)
腐川(19)腐川(20)
腐川(21)腐川(22)
腐川(23)

“文学少女”らしい表現方法。
イメージで喋っていたけれど、本当にポエム手帳とかあるんだろうか。
正直その伝えたいところを正確に受け取れているか自信は無いけど、
少なくとも彼女の想いの熱は伝わってくる気がする。

腐川(24)
腐川(25)腐川(26)
腐川(27)

つい勢いでポエム披露なんてしてしまった照れ隠しだろうか。
捲し立てられて部屋を追い出されちゃったんだけれど。
ちゃんと僕を異性として意識してくれてるって事だよね。
彼女の口から“仲間”なんて言葉が聞けるなんて、思ってもみなかったし。



<ジェノサイダー翔>

ジェノ(4)ジェノ(5)
ジェノ(6)

腐川さんを攻略完了する事でようやくデートがまともに出来る様になる、
“超高校級の殺人鬼”ジェノサイダー翔ちゃん。
今日も今日とてアッパーなテンションで十神くんを追い回して幾星霜。

腐川さんが見た目あんなにローテンションなのは、
翔ちゃんの反動もあるんだろうなぁ。
むしろ翔ちゃんがナチュラルハイテンションなのが腐川さんの反動か。

ジェノ(7)ジェノ(8)
ジェノ(9)
ジェノ(10)ジェノ(11)
ジェノ(12)
ジェノ(13)ジェノ(14)
ジェノ(15)

喜怒哀楽、常にハイテンション。
“殺人鬼”ににどうして人を殺すのかだなんて、
そんな存在定義を確かめるみたいな質問をぶつけるなんて。

才ある者は己が才能に縛られる、とは誰の言葉だったっけ。
『人を殺すから殺人鬼』なんじゃなくて『殺人鬼だから人を殺す』。
そこを間違えると話が進まないと思う。

ジェノ(16)ジェノ(17)
ジェノ(18)

やりたい放題やっている様に見えて、
実際やりたい放題に行動しているんだろうけれども。
翔ちゃんは彼女なりに考える事は考えていると思うんだよね。
それらが全部このテンションで覆い隠されているだけで。
………そう考えるのは単なる贔屓目かなぁ。

ジェノ(19)
ジェノ(20)ジェノ(21)
ジェノ(22)
ジェノ(23)ジェノ(24)
ジェノ(25)

これまた存在そのものへの疑問提示。
僕ってばホント直球勝負が好きだなぁ。
記憶の共有がなされない彼女達に訊いても答えは得られないと思うけれど。

殺意と愛情は紙一重っていうし、
『萌える男子しか殺さない』翔ちゃんが生まれた事は、
腐川さん自身が恋愛に強い憧れを持っている証左とか、
何だかそういう話に繋がるのかなーとか。

ジェノ(26)ジェノ(27)
ジェノ(28)
ジェノ(29)ジェノ(30)

それっぽい事を言っているのはわかるけれども。
腐川さんのポエムとは違った意味で理解しづらい論調。
結構大事な事を言っている気がするんだけどなー。

ジェノ(31)ジェノ(32)
ジェノ(33)

うーん、最後のコレのせいで真面目なんだか適当なんだか、
翔ちゃんの言う事への判断が毎回つきかねる。

ていうかこのまま仲良くなっていったら『萌える男子』カテゴリに入れられて、
彼女の殺害予定リスト入りするんじゃないかって不安もあるんだけど。
どうなんだろうね、そこらへんは。

ジェノ(34)
ジェノ(35)ジェノ(36)
ジェノ(37)

翔ちゃんからの最後通牒。
とか言いつつ、結局は自分が言いたい事を一方的に喋り始めるあたり、
どこまでいっても翔ちゃんは翔ちゃん。

ジェノ(38)
ジェノ(39)ジェノ(40)
ジェノ(41)

まるで説得力が無いな、その発言。
好きな相手を必ず殺しちゃうってのも翔ちゃんにとっては愛情表現なんだろう。
好きになられた方にとってはご愁傷様でしかない。
一連の事件の被害者達全員が好きになぅた相手だっていうなら、
恋多き人生だったんだねぇ、そこらへんも腐川さんとは真逆。

ジェノ(42)
ジェノ(43)ジェノ(44)
ジェノ(45)
ジェノ(46)ジェノ(47)
ジェノ(48)
ジェノ(49)ジェノ(50)
ジェノ(51)

己の正義の為に十神くんを平気で売り渡す僕。
ここらへんに若干人間としての歪みを感じるけれども、
まぁ腐川x十神ラインは元々諸手を上げて推奨していたCPだし、
こちらとしても喜んでサポートするには吝かじゃ無い。

好きな人の幸せが自分の幸せ。
理想としては翔ちゃんが十神くんと付き合って、
僕が腐川さんと付き合う3.5角関係。
………駄目か。



<十神白夜>

十神(4)
十神(5)十神(6)
十神(7)
十神(8)十神(9)
十神(10)

本編で散々デートしたから、実は既に相当終盤だったらしいよ。
というわけで“超高校級の御曹司”十神白夜くんのターン。
ついでに言うとこのデートが既にラスト。

いきなりこれまでの逢瀬を全否定されてるけど、
既に本編でデレている十神くんを見ている僕が、この程度のツンドラで怯むと思うなよ。

十神(11)
十神(12)十神(13)
十神(14)
十神(15)十神(16)
十神(17)

十神くんには馴れ合いよりも孤高が似合うのは否定しないけれど。
それでもやはり彼には人を率いて導く力があると思うから。
だからこそもう少し心を開いて欲しい気もするんだよね。

落ち込む朝日奈さんに不器用な慰めの言葉をかけたり、
翔ちゃんの積極的なストーキングに本気で嫌そうな顔をしたり。
そういった親しみの持てる部分ももう少し出てくるともっと素敵だと思うんだ。

十神(18)
十神(19)十神(20)
十神(21)
十神(22)十神(23)
十神(24)
十神(25)十神(26)
十神(27)

十神くんがその名にあれ程の露骨な拘りを持つ理由。
己の身に降りかかった境遇を嘆くだけで努力を怠る人間を、
仲良しごっこの中で生きる事に怠惰な人達を見下していた理由。
確かにそれらを納得するに足るものだね。

十神(28)
十神(30)十神(31)
十神(32)
十神(33)十神(34)
十神(35)

流石は十神くん、十把一絡げな部屋デートなんて起こる筈もない。
しかも僕自身も一生友達になれないとか言っちゃってるし。
“友達”の定義にもよるけれど、僕はきっと十神くんとは友達になれると信じているよ。
というかこういう深い部分の事を話してくれる時点で、
もう僕らは友達だと言えると思うんだけどね。



<霧切響子>

霧切(4)

アンカーは勿論、本作の建前上のヒロイン。
“超高校級の探偵”だと判明した霧切響子さん。
相変らずのツレない態度が男子心に火を点けるクールビューティー。

霧切(5)
霧切(6)霧切(7)
霧切(8)
霧切(9)霧切(10)
霧切(11)

モンスターというか、まぁ普通じゃないとは常々思っているけれど。
普通の女子高生は死体にペタペタ遠慮なく触ったり、
自分が暗躍する為に同級生の男子を囮役に使ったりしないからね。
お陰様で最終的には処刑されかけたし。

よくよく考えると霧切さんと一緒に居たらロクな事になぅた試しがないぞ。
そうで無くても散々な言われ様。
それだけ気を許している証拠と言えるのかもしれないけれど。

霧切(12)
霧切(13)霧切(14)
霧切(15)
霧切(16)霧切(17)

負けず嫌いの発動した僕は動揺する霧切さんの様子を見たいが為に、
とあるミッションを開始しようとしていた。
霧切さんの動揺した様子なんて、結構随所に見られた気がするけどね。
………まぁこれはこれで僕得だから止めないけど。

霧切(18)
霧切(19)霧切(20)
霧切(21)
霧切(22)霧切(23)
霧切(24)
霧切(25)霧切(26)
霧切(27)

人畜無害だと思っていた僕に騙されたと知ってショックを隠し切れない霧切さん。
ついやり過ぎてしまったと慌てふためき、謝罪する僕を見てチクリと一言。

まぁでも“可愛い”って言葉自体が本心なのは伝えたし、
去り際の霧切さんの表情も満更でも無さそうだったから、
これはこれで、ある意味成功かしたといっても良いのかな。

霧切(27-2)
霧切(28)霧切(29)
霧切(30)
霧切(31)霧切(32)
霧切(33)
霧切(34)霧切(35)
霧切(36)

ここに来ての全否定は十神くんの時と被るけれど。
キャラの方向性的には似ているもんね、2人って。
だからと言って相性が良いわけでも無く、というか寧ろかなり悪い。
それもまた面白い事実ではある。

冷静なようでいて、実際に冷静な仮面を被れるんだけれども、
実は心には常人以上に熱いものを持っている。
だからこそ信頼に値する人物なんだよな。

霧切(37)霧切(38)
霧切(39)
霧切(40)霧切(41)
霧切(42)
霧切(43)霧切(45)
霧切(47)

冗談めかしているけど、少しだけ垣間見えた本心だったり。
傍から見たら今の僕らって仲の良いカップルに見えなくも無いもんね。
その証拠に珍しく声を出して、本当に楽しそうに笑っている霧切さん。
こんな表情を見せてくれるのはきっと僕と2人きりの時だけだろうから。



<学級裁判5 別ルート(3:58)>


容赦なく霧切さんの矛盾を追及し、結果彼女を処刑台に送る事に成功したルート。
僕自身はそんなつもりは無かった的な演技をしているけど、
こういう展開になるのは分かりきっていた筈なのに白々しい。
酷い男だよね、全く。

<お仕置き 霧切編(1:37)>


苗木くんの際は“アルターエゴ”が助けてくれたのに、
霧切さんの時は助けてくれないなんて。
不二咲さんはやっぱり女性よりも男性が好きな性癖だったのかな。
そう考えると色々と腑に落ちる事ばかりなんだけど。

仲間を助けたいんだ! 的な事を言っておいて、
ちゃっかりこうやって男女差別をしているあたり、
“アルターエゴ”も中々腹黒いよね。

5exed.jpg

そしてその後、学園の中で平和に暮らす4人。
腐川ェ………。
何て言うか、言葉が見つからないんだけど。
朝日奈さんが全員の子供を産んだっていう事で良いんだよね。

もしも殺し合いなんか起きずに、
理事長の思惑通りシェルター生活が続いていれば、
全員が全員と行為に及んで子供たくさん夢いっぱいな感じになったのかな。
………戯言だけどね。

2012年Z月Z日 苗木誠

がっちの言葉戯び


<<「ダンガンロンパ」プレイ日記 “IF”と“ゼロ” | ホームへ | 「ダンガンロンパ」プレイ日記 デート三昧(中編)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/389-81c0a72e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)