タイトル画像

「ダンガンロンパ」プレイ日記 CHAPTER.3-1

2012.10.08(21:00) 364

121005_215709.jpg
121005_220525.jpg

個人的完結記念に買った外伝小説とアンソロとコミック。
小説は色々とわくわくな展開っぽくて楽しみです。
前日譚的な内容、主人公の忘れっぽい女の子がセクシー過ぎてヤバいです。
あとやっぱり登場キャラ達は濃いです。
黒幕も普通に顔晒しているので、完全にクリアした人向け。

コミックはコミックで別の意味でクリアした人向けです。
舞台の裏側を見せてくれる内容で、
例えば桑田くんは具体的にどういう風に舞園さんを殺したのか、
その時どう考えていたのか。
石丸くんと大和田くんサウナ勝負の時にどんな会話を交わしたのか。

そんな感じで苗木以外の視点オンリーでオムニバス風味に進みます。
ただ、余りにも詰め込み過ぎてて中途半端に端折っていて、
原作プレイ済じゃないと流れが良くわからなかったり、
全く感情移入できなかったりしそうです。
無茶しやがって。




ダンガン3-1(0)

さて本題。
今回からチャプター3に入ります。
何と言うか、濃いサブタイトルにイラストですが、
とりあえずさくらさんの顔がイケメン過ぎて惚れます。

章が進めば進むほど、さくらさんの良い人っぷりが顕わになって、
もう第一印象なんて忘れてしまいますよ。
それくらい素敵な女性。
見た目なんて関係無いという良い例ですね。

それではいつもの通り、まったり風味でお送りする開幕戦。
このあたりから仲間内に常に絶望感が漂い始めます。
魂の兄弟である大和田くんを失った石丸くんの憔悴が痛ましい。

宜しければ続きからご覧ください。




ダンガン3-1(4)

これまでの絶望的な雰囲気を少しでも和らげようとしているのか、
いきなり朝日奈さんのサービスシーンから始まった。
これも主人公の役得というものだね。
………まぁ僕自身には見えていないんだけど。

にしても完全にフラグ。
今回の被害者加害者候補じゃないか、この時点で早くも。

ダンガン3-1(5)ダンガン3-1(6)
ダンガン3-1(7)
ダンガン3-1(8)ダンガン3-1(9)

気分転換にドーナツを盗み食いしようと出てきた朝日奈さん。
甘味は正義。
その途中で不思議な物音を聞きつけた彼女は、
音の原因を確かめる為にフラフラとお風呂の方へ。

ダンガン3-1(10)

暗闇の中に浮かび上がる、見覚えのある顔。
いきなりホラーゲームが始まったみたいだ。
とりあえず写影機で撮ってみようか。
話はそれから。

ダンガン3-1(11)
ダンガン3-1(12)ダンガン3-1(13)
ダンガン3-1(14)

さて、裁判から一夜明けた朝食時。
相変らず姿を見せない十神くんと腐川さんは良いとして、
普段はいの一番に到着している更に朝日奈さんの姿も無い。

それよりももっと心配なのが、
目の前で魂の兄弟の処刑を見せつけられて、
魂の抜け殻のようになってしまった石丸くんだ。
寧ろ朝食に顔を出しただけでも奇跡なくらいに沈んでいる。

ダンガン3-1(15)
ダンガン3-1(16)ダンガン3-1(17)
ダンガン3-1(18)
ダンガン3-1(19)ダンガン3-1(20)
ダンガン3-1(21)

最初から一貫して適応を口にするセレスティアなんとかさん。
彼女にとってここの暮らしは本当に承服出来る範囲の中なのか。
それとも何か秘密があるのか。

とりあえず僕もこんな生活は早く抜け出したい。
決して山田くんの様な理由では無く。

ダンガン3-1(22)ダンガン3-1(23)
ダンガン3-1(24)
ダンガン3-1(25)ダンガン3-1(26)

そういえばウニはダブって成人しているんだったね。
今までの裁判での発言内容のせいで、うっかり失念していたよ。
そういうわけで食事を終えた後は探索に決定。
少しでも何か手がかりを見付けないとだしね。

ダンガン3-1(27)
ダンガン3-1(28)ダンガン3-1(29)
ダンガン3-1(30)
ダンガン3-1(31)ダンガン3-1(32)
ダンガン3-1(33)
ダンガン3-1(34)ダンガン3-1(35)

話し合いがまとまりかけた頃にやってきた、
スーパー雰囲気ブレイカー。
呼ばれて飛び出てジェェェェノサイダァァァー。

朝からハイテンションガール、
翔ちゃんの登場でようやく沈みがちだった場が少し活気づいた。
ていうかジェノサイダーの方も女性人格でいいんだよね。
そこらへんの定義よくわからないけど。

ダンガン3-1(36)ダンガン3-1(37)
ダンガン3-1(38)

食事後には予定通り各自手分けして探索開始。
いち早く2Fに来て調べ終わったのは感心するけど、
だったら早く3Fに行け、このウニ頭。

ダンガン3-1(39)

3Fに辿り着いて。
まず最初に入った場所は中央にビリヤード台の置かれた、
学生の為の娯楽室みたいな部屋。
ボードゲームから雑誌棚から、かなり充実した内容だ。

ダンガン3-1(40)ダンガン3-1(41)
ダンガン3-1(42)
ダンガン3-1(43)ダンガン3-1(44)
ダンガン3-1(45)

セレスティアなんとかさんの何気ない質問が、
思わぬ手掛かりを引き出しかけた。
一体どういう意味だ、外の世界で何が起きたって言うんだ。

ダンガン3-1(46)
ダンガン3-1(47)

ここは美術室の奥にある倉庫。
床に落ちていた1枚の写真を見付けた僕は、
そこに映っているモノをみて暫く頭の中が真っ白になった。

ダンガン3-1(48)

死んだ筈の3人が仲良さそうな雰囲気でじゃれている。
しかも窓には無骨な鉄板も無い。
全てが現実と違い過ぎている内容。
いや、本当に間違っているのは写真と現実、果たしてどっちだ。

ダンガン3-1(49)
ダンガン3-1(50)

写真自体は突然出てきたモノクマに奪われてしまったけど、
つまりはそれだけ意味があるものだという事だ。
単なる悪戯写真なんかじゃなくて。

ダンガン3-1(51)ダンガン3-1(52)
ダンガン3-1(53)
ダンガン3-1(54)ダンガン3-1(55)
ダンガン3-1(56)

え、何それ、“零崎三天王”をディスってるの?
もしくは“三柱神”とかにすればいいのに。

僕らのこの絶望的な日常がゲームになるとして、
フィギュア化したら誰が一番売れるのかな。
やっぱり霧切さんかセレスティアなんとかさんあたりなのかな。

ダンガン3-1(57)ダンガン3-1(58)
ダンガン3-1(59)

次は物理室。
物理室っていうか、巨大な実験室みたいなノリだけど。
真ん中にある巨大な機械は一体何に使う代物なんだろう。
SERNの秘密兵器か何かかな。

石丸くんはこんなものを目にしても全く反応が無い。
というかここまでどうやって来たんだろう。
持ち前の責任感がそうさせるのか。
彼にとっては今以上の絶望なんて無いのかもね。

ダンガン3-1(60)ダンガン3-1(61)
ダンガン3-1(62)
ダンガン3-1(63)ダンガン3-1(64)
ダンガン3-1(65)

嘘か誠か。
これが本当にタイムマシーンなら、
今の僕らの状況と、さっきの写真の相違点。
あれをこうしてこうなってどうなって、
何だか巧く説明出来そうな気がしたのに。

それとは別の意味で石丸くんが反応を見せた。
やはり彼の心は大和田くんの死に囚われている。
そんな彼の心を愉快そうに傷付けるモノクマ。

ダンガン3-1(66)ダンガン3-1(67)
ダンガン3-1(68)
ダンガン3-1(69)ダンガン3-1(70)

空気清浄器。
それならそれで、今度はさっきの娯楽室でのモノクマの発言。
もしかしたら世界は既に何らかの脅威によって滅んでいて、
この学園だけが無事でいられる唯一の場所だという可能性。
その考えを補強する材料になるんだけども。

ダンガン3-1(71)
ダンガン3-1(72)ダンガン3-1(73)
ダンガン3-1(74)

その奥には物理準備室。
良くわからないけれど翔ちゃんが物凄いハイテンション。
いや、それはいつもの事か。
とにかく相当お気に入りみたいでご機嫌みたい。

ダンガン3-1(75)

帰りがけに物理室の方でアニメキャラのデジカメを見付けた。
持ち主はどう考えても山田くんだよね、コレ。
実は十神くんの私物でしたーとか面白い逆転劇は………無いね。
はい、次々。

ダンガン3-1(89)ダンガン3-1(90)
ダンガン3-1(91)
ダンガン3-1(92)ダンガン3-1(93)
ダンガン3-1(94)

一通りの探索を終えて食堂に戻ってくると、
そこには体調不良で朝食に姿を見せなかった朝日奈さんの姿が。
調査の報告そっちのけで皆、朝日奈さんを心配している。
まぁ、皆って言っても何人かはいつも通りなんだけど。

ダンガン3-1(95)
ダンガン3-1(96)ダンガン3-1(97)
ダンガン3-1(98)

また懐かしいフレーズを。
というか本当にちょいちょいこういうネタを仕込んで来るんだよね。
スタッフがそういう年代なのかもしれないけど。。
面白いのでもっとやれ。

朝日奈さんは冒頭部分でも説明した通り、
メンバー内で一番の巨乳ちゃんだからね。(※ただしさくらちゃんは除く)
よく見たら格好も結構エロいし。
だから何だって話だけど。

ダンガン3-1(99)ダンガン3-1(100)
ダンガン3-1(101)

さて、葉隠代表代理の差配の下、報告会が始まった。
ていうか石丸くん自力で戻ってきたのか。
目も虚ろだし呼びかけにも反応しないけど、
ちゃんと最低限の判断能力はあるんだね。

ダンガン3-1(102)
ダンガン3-1(103)ダンガン3-1(104)
ダンガン3-1(105)
ダンガン3-1(106)ダンガン3-1(107)

朝日奈さんの話では1Fの保険室に入室可能になったらしい。
体育会系は変な部分を気にしているけど、
普通の保健室にプロテインなんて見た事ないぞ。

ダンガン3-1(108)
ダンガン3-1(109)ダンガン3-1(110)
ダンガン3-1(111)

霧切さんからは物理室の報告。
物理室行ったって事は例のデジカメも見ている筈なのに。
持って帰ってこようよ、横着せずに。

ダンガン3-1(112)
ダンガン3-1(113)ダンガン3-1(114)
ダンガン3-1(115)

葉隠くんからは十神くんの目撃情報。
当然真っ先に喰い付いたのは翔ちゃん。
人格に関わらず十神くんの事が好きなんだね、腐川さんは。
別に悔しくなんて無いけど。

ダンガン3-1(116)
ダンガン3-1(117)

セレスティアなんとかさんからは娯楽室について。
山田くんからは美術室関係が。
どうも誰も手掛かりは見付けていないみたいだな。
悲しいけど予想通り。

ダンガン3-1(118)
ダンガン3-1(120)ダンガン3-1(121)
ダンガン3-1(122)
ダンガン3-1(123)ダンガン3-1(125)
ダンガン3-1(126)

ついでに僕からはデジカメの報告。
最初は皆興味を示してくれていたけど、
特別な画像データも入って無ければ大した機能も無いという事で、
結局セレスティアなんとかさんの私物になる事に。

ダンガン3-1(128)
ダンガン3-1(129)ダンガン3-1(130)
ダンガン3-1(131)
ダンガン3-1(134)ダンガン3-1(135)
ダンガン3-1(136)

次いで例の不可解な写真の話。
現物が無いからどこまで信用してくれるか不安だけど、
喧々諤々とまでは行かないけれど、議論の末にも結論は出ず。
最終的には“モノクマの悪戯”という事で落ち着いてしまった。

ダンガン3-1(143)
ダンガン3-1(144)ダンガン3-1(145)
ダンガン3-1(146)
ダンガン3-1(147)ダンガン3-1(148)
ダンガン3-1(149)

最後に朝日奈さんが今朝姿を見せなかった本当の理由について。
流石は“超高校級のギャンブラー”だ、嘘をあっさりと看破するなんて。

そうして語られたのはお風呂場の暗闇に浮かぶ緑の生首伝説。
それを聞いて怯える男性陣と、冷静な女性陣。
なんだかなー。

ダンガン3-1(150)
ダンガン3-1(151)ダンガン3-1(152)
ダンガン3-1(153)
ダンガン3-1(156)ダンガン3-1(157)

引き続き慄いている男性陣を放っておいて、
とりあえず朝日奈さんの証言を基に調査してみると、
何故かロッカーの中に図書室にあったノートPCが。

ダンガン3-1(158)
ダンガン3-1(159)ダンガン3-1(160)
ダンガン3-1(161)
ダンガン3-1(163)ダンガン3-1(164)
ダンガン3-1(165)

まぁあんなテンションで入った真っ暗の脱衣所に、
緑色に発光する生首が浮かんでいたら普通はびっくりするよな。
まぁ僕もドジっ子属性は持ち合わせがないから助かったけど、
そういえば翔ちゃんと十神くんは何しているんだろう。

ダンガン3-1(168)
ダンガン3-1(169)

衝撃の事実に驚愕。
寧ろ真っ先に監視カメラ付けるべき場所じゃないの、お風呂って。
黒幕が男性でも女性でも、明らかに付けた方がお得じゃない。
そんなところで職業倫理か道徳かわからないけど、出してどうするのS。
ガッカリだよ!

ダンガン3-1(170)
ダンガン3-1(171)ダンガン3-1(172)
ダンガン3-1(173)
ダンガン3-1(174)ダンガン3-1(175)
ダンガン3-1(176)

皆の了承を得た霧切さんがPCを動かすと、
画面日配に現れたのは死んだ筈のちーたんの笑顔。

口調も声も表情も全てが不二咲千尋そのものな彼は、
けれども本物が作り出した人工知能に過ぎないんだってさ。
“超高校級のプログラマー”の名は伊達じゃ無かったんだね。

ダンガン3-1(177)
ダンガン3-1(178)ダンガン3-1(181)
ダンガン3-1(182)

ちーたんが彼に与えた任務は、
ノートPCに入っていたデータの解錠と解析。
凄い、初めて脱出するために生産的な事している人が出てきたぞ。
もう当人はこの世にいないんだけど。

ダンガン3-1(183)
ダンガン3-1(184)ダンガン3-1(185)
ダンガン3-1(186)

まず優先するべきは彼が黒幕に気付かれない様に、
持ち去られたり破壊されたりしない様にする事。

自衛として“不審者が近付いてきたら叫ぶ”と言っているけど、
果たして見張らなくて大丈夫なのかな。
確かに見張りを怪しんでモノクマに気付かれたら元も子もないけどさ。

ダンガン3-1(188)
ダンガン3-1(189)ダンガン3-1(190)
ダンガン3-1(191)
ダンガン3-1(192)ダンガン3-1(193)
ダンガン3-1(194)

表情一つ変えずに即興で嘘八百。
こちらもこちらで“超高校級のギャンブラー”は健在だ。
しかもちゃんと周囲の大根役者にも優しい配慮を欠かさない台詞回し。
益々敵に回したくないなぁ。

ダンガン3-1(195)ダンガン3-1(196)
ダンガン3-1(197)
ダンガン3-1(198)ダンガン3-1(199)
ダンガン3-1(200)

女子がワイワイお風呂に向かった後、
残された僕らはモノクマとコントをしながら解散した。
既にこの章の冒頭でサービスしてもらったし、
リスクを冒してまで覗く事も無いよね。

ダンガン3-1(201)
ダンガン3-1(202)ダンガン3-1(203)
ダンガン3-1(204)

食堂で彼女達が出てくるのを待ちながら、
珍しく男同士オンリーの雑談タイム。
まぁ裏ではこういうものだよね、男同士の会話なんて。
ちょっと方向性が特殊だけども、概ね平和。

ダンガン3-1(302)

というのは勿論嘘。
ここで覗かないで何の為のお風呂なのさ。
大和田くんの電子生徒手帳を壊す為だけに用意された訳じゃ無いんだよ。

ダンガン3-1(303)
ダンガン3-1(304)ダンガン3-1(305)

戦地へ赴く勇者達。
もしかしたらこの学園生活始まって以来の結束力かも知れない。
女子には悪いけれど、これも生き延びる為には必用な儀式なんだ。
共に困難に立ち向かう事で仲間意識を強める為の、さ。

ダンガン3-1(306)

本番前にロッカーを調べようとしたら怒られた。
いや、こっちにも無限大のロマンが眠っている筈なんだって。

勘違いしないで欲しいんだけど、
僕はあくまでも知的好奇心の為に行動してるだけであって、
決して思春期の少年が抱く様な情動に突き動かされているわけじゃ無いんだからね。

ダンガン3-1(307)

遥か遠き理想郷。
桑田くんが生きていたら泣いて喜んだに違いないし、
舞園さんや江ノ島さんが生きていればどんなに良かっただろうね。

霧切さんのお尻のラインが犯罪的。
大神さんの存在が反則的。

ダンガン3-1(205)
ダンガン3-1(206)ダンガン3-1(207)
ダンガン3-1(208)
ダンガン3-1(209)ダンガン3-1(210)

女子のお風呂上りって、何であんなに色っぽいんだろう。
何でもない筈なのに妙にドキドキしちゃうんだよね。
ついでにモノクマもやってきて更にドキドキ。
またぞろ何か変な事を考えているみたいだ。

逆らっても仕方ないし、体育館へ行こう。
にしても霧切さんの笑顔ってレアだよね。
デジカメで撮りたいくらいだよ。

ダンガン3-1(212)
ダンガン3-1(213)

体育館では先に着いていた十神くんから、
大層なお出迎えの言葉を貰ったよ。
こういう悪態にも教養の高さが現れるところは流石。

ていうか待たせるも何も、
僕らは十神くん達が先に来ている事すら知らなかったんだけどね。

ダンガン3-1(214)
ダンガン3-1(215)ダンガン3-1(216)
ダンガン3-1(217)
ダンガン3-1(218)ダンガン3-1(219)
ダンガン3-1(220)

腐川さんはいつの間にかノーマルモードに戻ってた。
翔ちゃんは翔ちゃんで物凄く可愛いんだけど、
やっぱり腐川さんは根暗で卑屈で怯えている感じの方が良いよね。
ドSホイホイだよ。

ダンガン3-1(221)
ダンガン3-1(222)ダンガン3-1(223)
ダンガン3-1(224)

さて、今回モノクマが用意した〝動機”は定番中の定番。
ざっと100億円だっていうんだけれど。
正直拍子抜けもいいところだね。
そんなもの、ここから出られる保証が出来て初めて意味を為すものなのに。

ダンガン3-1(225)
ダンガン3-1(226)ダンガン3-1(227)
ダンガン3-1(228)
ダンガン3-1(229)ダンガン3-1(230)
ダンガン3-1(231)

思った通り皆の反応も比較的軽いみたいだ。
勿論決めつけるわけにはいかないけれど、
それでもこれは殺人の“動機”としては弱いとしか思えない。
緊張して損したよ。

ダンガン3-1(232)

今日も色々と疲れたけれども、
昨日までと決定的に違う点が1つある。
初めて掴んだ犯人に繋がりそうな手掛かりの存在だ。

鬼が出るか蛇が出るか、まだわからないけれども、
ようやく出来た具体的な希望。
決して黒幕の手に渡してはならない。
絶対に。

2012年9月28日 苗木誠

がっちの言葉戯び


<<「ダンガンロンパ」プレイ日記 CHAPTER.3-2 | ホームへ | ソードアート・オンライン #14「世界の終焉」>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/364-40d25c40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クロムハーツ 通販

「ダンガンロンパ」プレイ日記 CHAPTER.3-1|がっちの言葉戯び
  1. 2013/10/23(水) 19:51:45 |
  2. クロムハーツ 通販