タイトル画像

「ダンガンロンパ」プレイ日記 CHAPTER.2-3

2012.10.04(21:00) 358

そういえばお陰様でそろそろ累計訪問者数が20000人突破しそうなのですが、
何かしましょうかね。
何かしましょうと言っても、せいぜい記念落書きする程度。

本当は10000人突破時に何かすれば良かったのですが、
残念ながらカウンターなんて大して気にしていなかったせいで、
突破して1週間後くらいに初めて気づいて後の祭り。

まーもうすぐ、と言ってもあと50日くらいありますけど、
11月20日前後に当ブログ開設1周年の節目が待ち構えているので、
どうせならそちらでまとめてセルフお祝いしようかなーとか考えてます。
忘れてなければですけど。

記念落書きのネタも既にほぼ決定しているんですが、
時間かかりそうなので今から少しずつ進めないとですねー。
普通の人なら1日で終わるんでしょうが、私の描画スピードは亀亀しいので、
余裕を持たないと心配で不安です。
最終的に何人描く羽目になるのかすら未知数ですし。

ダンガン2-1(32)

さて本題。
私にとって非常に悲しい出来事が発生しております。
共同生活的には至って平和なのですけど、
そんな平和を快く思わない例のマスコットさんもそろそろ動き出します。
そんな中で育まれる友情、愛情、それ以外の何か。

嬉し恥ずかし学園生活。
宜しければどうぞ続きからご覧下さい。



ダンガン2-3(4)
ダンガン2-3(5)ダンガン2-3(6)
ダンガン2-3(7)
ダンガン2-3(8)ダンガン2-3(9)
ダンガン2-3(10)

食堂に行くと、昨日の宣言通り十神くんと腐川さんの姿が見えなかった。
と言っても、昨日も昨日で十神くんはいなかったわけだし、
腐川さんもまぁいつも通りといえばいつも通りだし。
何より皆のノリがいつも通りだし、まだ大丈夫そうだね。

ダンガン2-3(11)ダンガン2-3(12)
ダンガン2-3(13)

いやー。
不二咲さんは今のままで良いと思うっていうか、
今の状態が一番良い気がするけど。
これは多分全国1万人の苗木誠全員の総意だと思ってくれて結構だよ。

ダンガン2-3(14)ダンガン2-3(15)
ダンガン2-3(18)ダンガン2-3(19)
ダンガン2-3(20)
ダンガン2-3(21)ダンガン2-3(22)
ダンガン2-3(23)
ダンガン2-3(24)ダンガン2-3(25)

天下の大和田くんも泣いている女の子にはからっきし。
あれこれもしかして恋愛フラグ立つー?
駄目だよ、不二咲さんは皆のアイドルなんだから。
不可侵領域、触れては駄目なのです。

ダンガン2-3(26)
ダンガン2-3(27)ダンガン2-3(28)
ダンガン2-3(29)
ダンガン2-3(30)ダンガン2-3(31)
ダンガン2-3(32)

ずっと思ってた事だけど、さくらさん超良い人だよね。
何気に彼女が喋るたびに癒されている自分がいるよ。
よく見ると可愛い………よね?

いやまぁ不二咲さんの可愛さがあまりに異常過ぎて、
他の女子が霞んじゃうのは仕方ない事だけどさ。
霧切さんは相変らず事件が始まらないと全然喋らないし。

ダンガン2-3(33)
ダンガン2-3(34)ダンガン2-3(35)
ダンガン2-3(36)

自由時間になったので遂に念願の不二咲さんとのデート。
もう何なんだろうね、この男心をくすぐる小動物は。
何ていうか、性別の壁に大した意味は無いんだよねって、
彼女を見ていると思い知らされるよ。

ダンガン2-3(37)
ダンガン2-3(38)ダンガン2-3(39)
ダンガン2-3(40)

強くなりたいという彼女の為に、それっぽいアイテムを。
でも残念ながら外れだったみたい。
気を遣わせてこんな向日葵の様な笑顔をさせてしまって。
凄い罪悪感が………。

ダンガン2-3(41)
ダンガン2-3(42)ダンガン2-3(43)
ダンガン2-3(44)

こういう異常空間では、
何気ない世間話が凄く新鮮に感じられるよ。
ていうかこんな密閉空間にも蚊が入ってくるんだね。
不二咲さんの血か………きっと草食系でサラサラしていて美味しいんだろうなぁ

ダンガン2-3(45)
ダンガン2-3(46)ダンガン2-3(47)
ダンガン2-3(49)
ダンガン2-3(50)ダンガン2-3(51)
ダンガン2-3(52)
ダンガン2-3(53)ダンガン2-3(54)

………。
………………。
うん、まぁ蚊に家族意識とかそういうのがあるとはとても思えないけど。
そんな不二咲さんを愛してる。

ダンガン2-3(56)
ダンガン2-3(57)ダンガン2-3(58)
ダンガン2-3(59)

さて、次は朝食時に不二咲さんに色目を使っていた大和田くん。
ここらへんで一旦わからせておかないと駄目だよね。
何だか想像以上に大和田くんのテンションが高めで怖いけど。

ダンガン2-3(60)
ダンガン2-3(61)ダンガン2-3(62)
ダンガン2-3(63)

プレゼントは暴走族、というかヤクザ的な連想でサラシ。
ちょっとドキドキだったけど、
どうやら大当たりでご機嫌取りは大成功。
チョロいぜー甘いぜーチョロ甘ですねー。

ダンガン2-3(64)
ダンガン2-3(65)ダンガン2-3(66)
ダンガン2-3(67)
ダンガン2-3(68)ダンガン2-3(69)
ダンガン2-3(70)
ダンガン2-3(71)ダンガン2-3(72)

こうして普通に話している分には、単なる気の良い高校生なんだよね。
顔や恰好はともかく、とりあえず怒鳴る癖さえ無くなれば、
もう少しフレンドリーに映ると思うんだけど。
仕方ないのかな、彼のアイデンティティーでもあるし。

ダンガン2-3(73)
ダンガン2-3(74)ダンガン2-3(75)
ダンガン2-3(76)

暴走族はツラいよ。
何だか勝手に話が進んでいるところ恐縮だけど、
相手に一番狙われやすい大和田くんのバイクに乗せてもらうとか、
それ何ていう罰ゲーム?

ダンガン2-3(77)
ダンガン2-3(78)

デートを2件こなして、夜時間まで残り1時間ほど。
小腹を満たそうと立ち寄った食堂で事件は起こった。
いや、僕が着いた時には既に始まっていたんだ。

ダンガン2-3(78-1)
ダンガン2-3(78-2)ダンガン2-3(78-3)
ダンガン2-3(78-4)
ダンガン2-3(78-5)ダンガン2-3(79)

2人から依頼されたのは根性試し勝負の立会人。
もう、これだから男って生き物は………。
出来る事ならこのまま何も見なかった事にして帰りたいけど、
そうもいかないよね、自分の主人公体質が恨めしいよ。

ダンガン2-3(80)
ダンガン2-3(81)ダンガン2-3(82)
ダンガン2-3(83)

冗談は髪型だけにして。
服着てサウナって、リアルに危ないんじゃないの?
そうでなくてもアレって少し間違うと命に関わる装置なのに。
どいつもこいつも馬鹿ばっか。

ダンガン2-3(84)

想像してたよりもずっと迫力のある、でも中身の伴わない勝負が始まった。
大和田くん、タオルはそうやって使うものじゃないと思うんだけど。
そして意外と肉体派な石丸くん。
僕にそっちの気があったら即死だったよ。

ダンガン2-3(86)ダンガン2-3(87)
ダンガン2-3(88)

勝負開始から1時間が経過しても勝負はつかず。
流石に付き合いきれないので僕は先に帰らせてもらった。
最後まで見届けない立会人ってのもどうかと思うけど、
当人達が良いって言うんだから良いよね。
おやすみなさい。

ダンガン2-3(89)ダンガン2-3(90)
ダンガン2-3(91)
ダンガン2-3(92)ダンガン2-3(93)
ダンガン2-3(94)

翌朝。
大和田くんと石丸くんの顛末を心配しながら食堂へ向かうと、
昨夜の剣幕からは予想も出来ない展開が待っていた。
え、何これ気持ち悪い。

ダンガン2-3(95)
ダンガン2-3(96)ダンガン2-3(97)
ダンガン2-3(98)

そうだね、残念ながら男子の僕にも理解不能みたいなんだけど。
それにしても、確かに会話の雰囲気は濃いな、
何て言うか見ているだけで胸焼けしてくる。
これはアレなの、死闘の末にお互いを認め合った戦友みたいな流れなの?

ダンガン2-3(99)
ダンガン2-3(100)ダンガン2-3(101)
ダンガン2-3(102)

………。
………………まぁいいけどさ。
今の彼らには何を言っても無駄だろうし。
仲良きことは美しきかな。

ダンガン2-3(103)ダンガン2-3(104)
ダンガン2-3(105)

さて、暑苦しい朝食会も終わって、
今日は誰をデートに誘おうかと画策していると、
突然インターホンが鳴って腐川さんが部屋にやってきた。
好感度が上がって個別恋愛イベントが進行しちゃったのかな。

ダンガン2-3(106)

腐川さんに連れられて図書室にいくと、
案の定そこにはすっかり我が物顔で読書に耽る十神くんの姿。
うん、何だか嫌な流れ。

ダンガン2-3(107)
ダンガン2-3(108)ダンガン2-3(109)

もしや恋の三角関係勃発ってやつかな、
苗木⇒腐川⇒十神⇒苗木………のエンドレス一方通行。
腐川さんだって健全な…かどうかは怪しいけど女子高生。
そりゃ恋もするし妄想もするし冷たくあしらわれて悶えもするよね。

ダンガン2-3(110)
ダンガン2-3(111)ダンガン2-3(112)
ダンガン2-3(113)

年頃の女の子が言われたくない言葉ベスト3には入りそうなフレーズ。
まぁまず言われる人なんていないと思うけど。
流石にこれはショックで落ち込むかと思ったら、
腐川さんのポテンシャルはそんな甘い考えを軽々と飛び越えて行ってしまった。

うーん、やっぱり可愛いよなー腐川さん。
ちょっと、いや、かなり残念だけど、それが良いよね。

ダンガン2-3(113-1)
ダンガン2-3(114)ダンガン2-3(115)
ダンガン2-3(116)

意外なところでバイタリティを発揮しだす腐川さん。
恋する乙女は無敵に盲目で可愛いけれども。
一度耳鼻科と眼科と精神科に行く事を勧めよう。

ダンガン2-3(117)
ダンガン2-3(118)ダンガン2-3(119)
ダンガン2-3(120)
ダンガン2-3(121)ダンガン2-3(122)

「ブッ殺す」と心の中で思ったならッ! その時スデに行動は終わっているんだッ!
つまりいはそういう事でいいのかな。
今初めて彼女が“超高校級の恋愛小説家”だと実感出来る。
妄想は人間が持ちうる最高の娯楽って言うしね。

ダンガン2-3(125)
ダンガン2-3(126)

何だかどっと疲れて部屋に戻ると、
思っていたよりも時間が全然経っていなかったみたい。
折角だから廊下に出て、隅っこでモゾモゾしていた電波なウニを捕獲。

ダンガン2-3(127)
ダンガン2-3(128)ダンガン2-3(129)

プレゼントはこれまた悩んだよ。
後から考えたらオーパーツ関係あげていれば良かったと思うんだけど、
まぁいいよね、所詮ウニだし。

ダンガン2-3(130)ダンガン2-3(131)
ダンガン2-3(132)

友情って安いなー。
まぁそもそもまだ出会って1週間も経っていないんだから、
当然と言えば当然なんだけどさ。

というかよくそんな値段設定でお客取れるよね。
そんなに当たるんだ、ウニの占い。

ダンガン2-3(133)
ダンガン2-3(134)ダンガン2-3(135)
ダンガン2-3(136)

………20%。
いやまぁどんな事でも占えるのは凄いと思うけれども。
………20%。
占い料を考えると、余程の事じゃないと占う気にならないよなー。

ダンガン2-3(137)
ダンガン2-3(138)ダンガン2-3(139)
ダンガン2-3(140)
ダンガン2-3(141)ダンガン2-3(142)
ダンガン2-3(143)

最悪の占い結果が出た。
というかウニ自身も笑ってられない内容だと思うんだけど。
え、だって僕の子供の母親って腐川さんだよね。
という事はウニも将来腐川さんとやっちゃう事になるんだけど。

20%って言う数字が地味に重いな、占い結果を聞くと。
そこまで大きくないけど、でも無視出来る程小さくも無い。
ただでさえストレスの多いこの環境で、余計な気苦労を増やさないで欲しいよな。

ダンガン2-3(144)

久し振りにスキル“長考”を獲得。
いやー、ウニの場合はどっちかというと脊髄反射の回答が多いと思うけど。
沈思黙考なんてキャラでは決してあり得ない。
貰えるのは素直にありがたいから、いいか。

ダンガン2-3(145)

その夜、1日の終わりを告げる校内放送。
でも今回は内容が違っていた。

モノクマからの呼び出し。
緊急事態だというけれど、もしかしてまた誰かが犠牲になったのか。
言い知れない不安を抱えつつ、僕らは夜の体育館へと向かった。

ダンガン2-3(146)ダンガン2-3(147)
ダンガン2-3(148)
ダンガン2-3(149)ダンガン2-3(150)
ダンガン2-3(152)
ダンガン2-3(153)ダンガン2-3(154)
ダンガン2-3(155)

顔を合わせれば不穏な空気ばかり。
大和田-石丸同盟が出来たから多少はマシになったけど、
十神くんが居る以上、場の空気がこうなるのは最早定番だよね。
もっとザサエさんみたいに………笑えばいいと思うよ?

ダンガン2-3(156)ダンガン2-3(157)
ダンガン2-3(158)
ダンガン2-3(159)ダンガン2-3(160)

ウニがまた電波な事を言いだした。
しかも本人も良くわかって無いらしく、結局はっきりしないままだし。
発言する時はもっと内容を精査してから喋れよウニが。

ダンガン2-3(161)
ダンガン2-3(162)ダンガン2-3(163)
ダンガン2-3(164)

ようやく壇上に現れた、見慣れたシルエット。
相変らず惚けた声のT-ンでお茶の間を賑わせるパンダヒーロー。
まだ舞園さんと桑田くんの事件から2日くらいしか経っていないのに、
そんな簡単に事件が起こられても困るんだけど。

ダンガン2-3(165)
ダンガン2-3(166)ダンガン2-3(167)
ダンガン2-3(168)

またぞろヌイグルミ風情が変な事を企みだした。
前回用意された悪魔のビデオレターの様に、
僕らが脱出したくなる様な動機を用意するというけども。
人を殺してでも守りたい秘密って一体どんなのだよ。

ダンガン2-3(169)
ダンガン2-3(170)ダンガン2-3(171)
ダンガン2-3(172)
ダンガン2-3(173)ダンガン2-3(174)

ちなみに僕の秘密は「小5までおねしょをしていた」。
いや、こんなので人を殺せるわけがないでしょ。
舐めてるのかこのモノクログマ。

ダンガン2-3(175)ダンガン2-3(176)
ダンガン2-3(177)
ダンガン2-3(178)ダンガン2-3(179)
ダンガン2-3(180)
ダンガン2-3(181)ダンガン2-3(182)
ダンガン2-3(183)
ダンガン2-3(184)ダンガン2-3(185)
ダンガン2-3(186)

クマグルミが去った後、
最初はこの程度かと安堵しかけたんだけれども。
話し合いの雰囲気はどんどんおかしな方向に転がって行って。

人を殺してでも守りたい秘密、か。
そんなものが本当にあるとして、
果たしてそれはどういうものなのだろう。

ダンガン2-3(187)
ダンガン2-3(188)ダンガン2-3(189)
ダンガン2-3(190)

こうしてモノクマの狙い通り、
新たな動揺と猜疑の波が広がったところで今夜は終了。
どうか無事に明日の朝、また皆で会えますように。
おやすみなさい。

2012年9月26日 苗木誠

がっちの言葉戯び


<<「ダンガンロンパ」プレイ日記 CHAPTER.2-4 | ホームへ | 「ダンガンロンパ」プレイ日記 CHAPTER.2-2>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/358-e31de11b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)