タイトル画像

「ダンガンロンパ」プレイ日記 CHAPTER.1-4

2012.09.26(21:00) 338

どっこいだ

前々回と前回が鬱々な作品だったので、
今回は明るい方向に不朽の名作。
これまた知名度が激しく怪しいですが。

※以下ネタバレ………?

「住めば都のコスモス荘」、略してドッコイダー。
超特殊なのに汎用性のあるという触れ込みの、
パワードスーツ“ドッコイダー”の試用運転被験者に選ばれた主人公。
ライバル社のスーツ被験者やテスト用に連れてこられた宇宙犯罪者達と、
1つ屋根の下“コスモス荘”で暮らすお話です。
勿論お互いの正体はバレ無い様に。

只のお馬鹿ギャグ作品かと思いきや、凄い感動するし泣けます。
小説版と漫画版とアニメ版でそれぞれ最後の展開が違うんだったかな。
いずれも感動するという素晴らしい作品。

特に漫画版のラスト、姦計により正体がバレて失格となり、
この計画に関する全ての記憶を失った筈の主人公が、
偽の妹であった小鈴に言った台詞の鳥肌っぷりは一生忘れません。

全く具体的な事を説明していないので、
未見の人には何言っているかサッパリだと思いますが、
喋りたくなるくらい名作なんです勝手に口が。
実際今泣いてますしね、こうして書いているだけで。




これは本当に良い作品なので、
もしも可能ならば是非とも観てもらいたいです。
後悔はさせませんよ、責任も持ちませんけれども。



dr1(1)

さて本題。
27日の0:00~1:45の間だけ、
27日21:00に上げる筈だった記事が手違いで予約投稿されたりしていましたが。
そういう事もありますよね。
予約したの先週の水曜日とかなので正直手違いに気付くこともなく。
余裕があるのも考え物ですね。

さて5日目、ついに物語は急展開を迎えます。
そして本格的に始まる命懸けのゲーム。
絶対に負けられない戦いがそこにはあるのです。

宜しければ続きからご覧ください。



dr3(114)
dr3(115)dr3(116)
dr3(117)dr3(118)

5日目の朝。
食堂に着いて、まずは既に来ていた“規則正しい高校生”の面々。
不二咲さんの可愛さは異常だね、しかし。
成程、確かにこんなに可愛い娘が女の子の筈が無い。

dr3(119)dr3(120)
dr3(121)

次いでやってきたのが“多少時間にルーズな高校生”の面々。
山田君の朝のお勤めって何だろう、深くツッコんだら危険な気がする。
あと江ノ島さんのこの笑顔、見てると何だか癖になるなぁ。

dr3(122)dr3(123)
dr3(124)dr3(125)
dr3(126)

更に遅れて来るのが、他人を気にしない“マイペースな高校生”の面々。
何故か逆ギレされたり、頓珍漢な言い訳をされたり。
真面目に取り合ってもこっちが疲れるだけなのでスルー。

dr3(127)
dr3(128)dr3(129)
dr3(130)
dr3(131)dr3(132)
dr3(133)

結局姿を見せないのは舞園さんだけ。
彼女が朝食の時間に遅れてくるなんてあり得ない。
でも今そのあり得ないことが起こっている。

それは何故か。
嫌な予感が止まらない。
僕は皆の会話を最後まで聞かずに駆けだした。
何処へ? 勿論決まっている、舞園さんがいる筈の僕の部屋だ。

dr3(135)

部屋に飛び込んだ僕の視界に映るのは、
まるで猛獣でも暴れたんじゃないかと思うくらい荒れた室内の様子。
舞園さんの姿は見えない。
もしも彼女がこの部屋に居るのだとすれば、後はシャワールームくらいしか。

dr3(136)
dr3(137)dr3(138)
dr3(140)

視界に映るのは血の様に真っ赤な色。
わかってる、血の様に、じゃない。
これは血だ、彼女の………生命の源。
それが全て、流れ出して抜けきってしまっている。

僕はそのまま意識を失った。

dr3(141)
dr3(142)dr3(143)
dr3(144)

気が付いたら体育館に僕は寝ていた。
起き上がって周囲を確認すると、どうやら他の皆も集合しているらしい。
そんな事よりも舞園さんだ。
彼女の下へ戻らないといけないのに、皆が僕を止めようとする。

dr3(145)
dr3(146)dr3(147)
dr3(148)dr3(149)
dr3(150)

彼らはモノクマに言われて、不承不承ここにいるらしい。
あのヌイグルミ、こんな時に一体何だって言うんだ。
舞園さんが死んだっていうのに、
何も出来ずにここであのヌイグルミを待つ事しか出来ないなんて。

dr3(151)
dr3(152)dr3(153)
dr3(154)
dr3(155)dr3(156)
dr3(157)

ようやく現れたモノクマに、心の中に溜まったこの想いを全てぶつける前に、
教えられたのは、あってはならない事実。
舞園さんを殺したのは、僕ら14人の内の誰か………?
そんな、まさか。

dr4(3)dr4(4)
dr4(5)
dr4(6)dr4(7)
dr4(8)
dr4(9)dr4(10)

皆の間に猜疑と不審の輪が広がる中、
十神君の念押しの確認に、何故かモノクマは爆笑。
単に人を殺した程度で出られると思うなんて、
甘っちょろいにも程があると切って捨ててしまった。

dr4(11)
dr4(12)dr4(13)
dr4(14)

そして語られる、『卒業』の本当の条件。
校則にも書かれていた通り、
人を殺した上で、自分が犯人だとバレない事がソレなんだって。
その判定の為の装置として開かれるのが『学級裁判』。

給食費を盗んだという濡れ衣を着させられた少年が、
給食費を盗まれた当人に弁護して貰い、自分も弁護士になろうと決意する。
そのきっかけにもなった例のヤツだね。

dr4(15)
dr4(16)dr4(17)
dr4(18)
dr4(19)dr4(20)
dr4(21)
dr4(22)dr4(23)
dr4(24)
dr4(25)dr4(26)

『学級裁判』では誰が犯人かを話し合って、投票で決めるらしい。
見事犯人を選ぶ事が出来れば犯人だけが死亡。
犯人を選ぶ事に失敗すれば、犯人以外全員が死亡。

成程、これなら全員が情に流されたりせずに必死に犯人を捜すし、
また『卒業』出来るのは最初に勝ち抜けた犯人だけだから、
誰かに先を越される前に自分が、という強迫観念も生まれる。
反吐が出るくらいによく考えられたシステムだ。

dr4(27)
dr4(28)dr4(29)
dr4(30)

我々の業界ではご褒美です。
それにしても凄いアングルだね。
見えそうで見えない、んじゃなくて、見えてるけど見せない。
これそういうゲームじゃねぇから! って事ね。

dr4(31)dr4(32)
dr4(33)
dr4(34)dr4(35)
dr4(36)dr4(37)
dr4(38)

最初から見せしめのつもりだったのか、結果的にそうなっただけか。
また1人犠牲者が出てしまった。
それもこんなあっさりと、何の事件性も無く。
本当に単純な暴力で、僕らの目の前で一瞬にして。

dr4(39)
dr4(40)dr4(41)
dr4(42)

最後にモノクマに手渡されたファイル。
そこには舞園さんの死亡時刻や死因。
そういった犯人を暴くのに必要な遺体の情報が載っているらしい。
嫌な親切だけど、でもこうなった以上、
犯人を見付けない事には僕らの命はないんだ。

dr4(43)dr4(44)
dr4(45)
dr4(46)dr4(47)
dr4(48)
dr4(49)dr4(50)
dr4(51)

モノクマが去った後も、今起こった出来事の衝撃で皆動く事も出来ない。
そんな中で口火を切ったのはやっぱりこの2人。

まずは捜査に当たっての現場保存をどうするか、だけど。
これはある程度腕力のある人間が複数担当する事で一応解決。
高校生でこういう事に手馴れているというのも嫌な話だけど、
素人の僕達にとって、ありがたくはある。

dr4(54)
dr4(55)dr4(56)
dr4(57)

次いで先程の“モノクマファイル”に目を通していたセレスさんが声を上げた。
遅かれ早かれ気付かれないわけは無かったんだけど、
それにしても早過ぎるよ。

これじゃあ僕に疑いの目が向けられるのは当然の流れだ。
部屋を交換していた、なんて言い分を信じてもおら得るとも思えないし。

dr4(58)
dr4(59)dr4(60)
dr4(61)
dr4(62)dr4(63)
dr4(65)
dr4(66)dr4(67)
dr4(68)
dr4(70)dr4(71)
dr4(72)

僕の事を疑っていないのは霧切さんくらい。
いや、違うか、まだ捜査をしていない現段階では、
彼女にとって全員が等しく疑わしいと言うだけに過ぎないんだろう。
自分の潔白を証明するためにも、何とかしなきゃ。

2012年9月22日 苗木誠

がっちの言葉戯び


<<「ダンガンロンパ」プレイ日記 CHAPTER.1-5 | ホームへ | 「ダンガンロンパ」プレイ日記 CHAPTER.1-3>>
コメント
こんばんは。
結構えぐい展開になってきましたね・・・
音なしで見ていて良かった気が少々。
おとうさん怖いものは実はちょっと苦手でして。

おもしろそうですけどね。
これはプレイ日記を見ているほうが幸せな予感がしますwww

それにしてもたくさんのアニメをお持ちですね。ウラヤマシス
この辺はさすがと思います。
やっぱり色々みなくちゃいけないのでしょうかねぇ。
最近見ようという欲がだんだん薄れていくことにちょっと不安なおとうさんでした。
ですので、なおさら楽しみにしています!
次回もがんばってくださいね!
【2012/09/26 21:46】 | ヒデ王 #- | [edit]
こんばんはー。

舞園さんはともかく、江ノ島さんの不憫っぷりが半端無いです。
何故殺したし。
音があると良い様な悪い様な。
BGMの力は偉大です。
後モノクマボイスの怖さ。


DVDは、大学時代とかにやたら買いましたからね^^;
その名残がチラホラと………。
新品で買ったのって実は殆ど無いのですが。

オタクらしく、こういうのにしかお金使っていませんw
私も最近はアニメ観てないですからねー。
こんな事じゃいけないとは思うのですが、さりとて他に時間を取られて中々。
ブログやってなかったら本気で1つも観てないかもです^^;

というわけで、明後日にはチャプター1が終わります。
宜しければお付き合いくださいませ。
ラストは動画多くて長いのが難点ですが………。

ありがとうございましたー<(_ _)>
【2012/09/27 01:55】 | がっち #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/338-5961d0e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)