タイトル画像

「アーシャのアトリエ」プレイ日記:ニオED&キースED

2012.07.20(14:06) 269

あーしゃ1(2)

キャラED回その3
一気に上げてるので、ここに書くネタなんてそうそうありはしません。
というわけですぐに本編にいっちゃうわけですが。

何か無いかな、あ、今更ですが、
「桜蘭高校ホスト部」当時読んでいなかった11巻以降を一気に買いました。
その感想もいずれー。

よし、これで前説は終わり。
それでは宜しければ続きからご覧ください。
厳密にはニオEDなんて無いですけど、
何となく流れでお仕事EDを入れておきました。



【ニオルート】



にお(1)
にお(2)にお(3)
にお(6)

ニオと本格的に冒険開始。
外見的には大丈夫か、と思いましたが、
それなりに戦えるようで一安心。

必殺技はちょっと弱い気がしますが、
普段のスキルも含めてパナが可愛いので問題ありません。


にお(7)にお(8)
にお(9)
にお(10)

意外と活発と言うか、元気娘というか。
範囲技から回復技まで持っていますし、結構便利なキャラなのかも。
そして発揮される姉の過保護スキル


にお(11)にお(12)
にお(13)

何その薬、怖いわ。
というか私の発言が怖いわ
流石のニオも引き気味。
というかニオじゃなかったらドン引き。

ニオと旅をしていて、果たして私のメンタルポイント足りるのか、
非常に不安になってまいりました。




にお(14)
にお(16)

自分が眠っている間に、外見だけでなく内面も成長した姉。
以前は自分がいないと駄目駄目だったのに、
今は一人で何でも出来てしまう。
その姿に少し淋しさを感じる妹。


にお(17)
にお(18)

それでも何かの役に立って自分の居場所を確かめたいと、
薬草取りに志願。
ずっと眠っていたからといって過保護にはすまいと、
姉は不安を押し殺して妹を見送るのでしたとさ。




にお(19)
にお(20)にお(21)

「エステン湿原」にて。
疲れたので少し休憩を取ろうとしたら、
まだまだ元気一杯なニオは薬草採取へソロ突撃
これが若さというものか。


にお(22)にお(23)
にお(24)

そんな猪突猛進っぷりに気が気でないアーシャ。
ニオが何かをする度に不安が頭を過ぎります。
結局休憩する前よりもどっと疲れて、再び旅路を再開しましたとさ。




にお(25)にお(26)
にお(27)

私からすると少しオーバーワーク気味なニオですが、
ずっと囚われていて自由に歩き回る事すら出来なかった彼女からしたら、
今は楽しくてしょうがないのでしょう。
物凄くわかります、その気持ち。

というわけで今日も今日とて、大量の薬草を採取してきました。
カゴが空っぽに見えるのは気のせいです。
きっと賢い人には見えない草なんですよ、うん。
決して頭が暑さでやられているとか、薬でラリっているとかではありません。




にお(28)にお(29)
にお(30)

帰って来る度に、持ち帰る荷物の量がエスカレートしていきますね。
どれだけ体力有り余っているんだか。
若さと言うのは恐ろしいものです。


にお(31)
にお(32)にお(33)
にお(34)

不可抗力って、もしかして竜倒しちゃったのか。
ソロプレイで竜狩っちゃうとか、どれだけ元気なんだよって。
鳥海の兄貴の立つ瀬が無くなっちゃう。


にお(35)

そんな無理がたたったのか、突然倒れ込むニオ。
妹との対比のせいか、アーシャがグッと大人っぽく見えます。
決して胸元のせいでは無く

でも胸元もこんなに露出している服だったんですね。
裾とかも開き気味だし、結構危ない。
可愛い系のキャラに見えて、意外とセクシー系




にお(36)にお(37)
にお(38)

この間の感動的な話はどこへやら。
より一層パワーアップしている感じのニオのお土産の量。
ここまで乱獲して、在庫置場が明らかに足りなくなります。
若さってやっぱり怖い。


にお(39)にお(40)
にお(41)

あぁ、そういう感覚あったんだ。
そういうアーシャ本人も結構そういう事していますけどね。
鉄壁のスカートの防御力に甘えてはいけないという事ですね。
まぁ、例の「パンツバグ」でもない限り見える事はありませんけど。




これが最初に見たEDだったので、
モノローグ部分が手動送りだと気付かずに、
30秒くらいボーッとしてました。

ニオの「たーる♪」の可愛さが半端ないので、
是非とも聴いてみる事をオススメします。





【キースルート】



きーす(1)
きーす(2)きーす(3)
きーす(4)

「フィルツベルク」で会うのは珍しい、ジョージです。
折角のほほーんと平和で幸せな日々を過ごしていたのに、
いきなり現実を直視させられてションボリ。

それでも以前に比べれば言葉尻が優しかったりするのは、
やはり一緒に死線を潜り抜けた事によるロマンスがあったりなかったり。


きーす(5)
きーす(6)きーす(7)

完全に丸投げ
汚いなさすがジョージきたない
というわけで都合の良い師弟関係によるパワハラで、
強引に押し付けられました。

こうなったら無理矢理ジョージも連れて行くしか。




きーす(8)
きーす(9)きーす(10)
きーす(11)

お師匠に乗せられて、仕方なく「ホルンハイム」へ。
情報と言えばこの人、マスターさんに聞き込みです。
何でも気球の定期便から怪しい影が雲海の向こうに見えたとか。

どうやら奴さんは空島のどこかに潜んでいるようです。
というか、全然移動してないじゃん。




きーす(12)
きーす(13)

「朽ちた遺跡島」にて、例の空飛ぶスラグを発見。
不穏な私の発言もありますが、
あの時よりはこちらも大幅にパワーアップしていますし、
きっと大丈夫、信じてる。


きーす(14)
きーす(16)きーす(17)
きーす(15)

以前の教訓を踏まえて、装備を整えて回復手段も用意して。
問題無くブッ飛ばしてやりました。
鳥海の兄貴の単体攻撃力は本当にボス戦に特化しているなぁ。




きーす(18)
きーす(19)

ジョージに報告。
そういえばジョージを無理矢理ボス戦に連れて行くのを忘れていました。
まぁ連れて行ったところで別に台詞に変化もないでしょうが。
とりあえずこれで一段落。


きーす(20)きーす(21)
きーす(22)

これが頑張った弟子へのご褒美なのか。
ジョージがまた少しデレてくれました

お日様の下でベンチに並んで腰かけて他愛もないお喋り
ジョージは本に視線を落としたままですが、私はとても幸せそうな表情
今日も世界は平和です。




きーす(23)

素敵なスチルが多いですねー。
やっぱりジョージは私とでは無くてオディーリアさんとの方が画になります。
この地でやるべき事を終え、新しい土地へと旅立つ事を告げるジョージ。
オディーリアさんに最後の命令を下します。




キースEDは、一番“らしい”終わり方ですね。
俺達の冒険はこれからだ! ガスト先生の次回作にご期待ください。
………みたいな。

ニオまで付いてきてしまって、まさかのジョージハーレムEDとも。
内心オディーリアさんは舌打ちしている事でしょう。




というわけで、個別キャラEDはこれで全てです。
キャラによるイベント分量の不公平感が半端ないですね。
というか、ニオの個別EDが無いのがびっくり。
そういうものなのかしら。

ありがとうございました<(_ _)>


がっちの言葉戯び


<<「アーシャのアトリエ」プレイ日記:女子会ED+その他サブイベント | ホームへ | 「アーシャのアトリエ」プレイ日記:ユーリスED&リンカED>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/269-e66aa760
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)