タイトル画像

「アーシャのアトリエ」プレイ日記:ユーリスED&リンカED

2012.07.19(14:05) 268

あーしゃ1(2)

はいぱーうるとらどうでもいい事。
「未来日記」全話観ましたー。
由乃は最後まで可愛かったですねー。
皆とりあえず3巡目で幸せになったっぽくて良かったです。

全てがわかった上で第1話を見返してみると、
あー確かにプロローグでちゃんと描写されているんだなーと。
改めて感動。


みらい1
みらい2

そんな中で一番のお気に入りカットはやはりこれしかないだろうと。
秋瀬くんの突然のホモォ発言に素でドン引きの我妻さん。
成程、だから石田彰なのかと凄く納得しました。
ユッキーも緒方さんっぽいしね、声が。


みらい0

普段こんな顔がデフォルトの我妻さんにあんな表情をさせられるのは、
世界広しと言えども秋瀬くんぐらいのもの。
恐ろしい三角関係です。



はい、では本編はキャラED回その2
こちらはサクサク行きますよー。
宜しければ続きからどうぞです。




【ユーリスルート】



ゆーりす(19)
ゆーりす(20)ゆーりす(21)
ゆーりす(22)

鳥海の兄貴との野宿生活にもいい加減慣れてきて、
お互いの役割分担もスムーズ。
とっても良い雰囲気ですよ。
やはり私もそういうお話が相変らずお好きです。


ゆーりす(23)
ゆーりす(24)

何そのフラグみたいな発言
というかそういう想像が出来るくらいに憧れがあるのなら、
アーニーお母さんあたりでもっと色々あっても良さそうなものなのに。
やはり“良い人”止まりなのか、あの人は。




ゆーりす(1)
ゆーりす(2)

再び大空を我が物顔で飛び回る竜を目撃
ただただ茫然と見上げる私を余所に、
何だか1人で勝手に盛り上がっている鳥海の兄貴。
完全に殺る気です




ゆーりす(3)

そのまま「ホルンハイム」を訪れてで骨休めをしていると、
何やら真剣な表情の兄貴来訪。
口を開く前から何を言われるかなんてわかりきっています。
完全に殺る気です


ゆーりす(4)
ゆーりす(5)ゆーりす(6)
ゆーりす(7)

お願いだから私を巻き込まないで欲しいなぁ。
というか、冷静に考えて私よりもリンカとかニオの方が全然お役立ちですよ。
だって真面目に回復アイテムとか補助アイテム作って無いんだもの。


ゆーりす(8)
ゆーりす(9)

恋愛フラグなんて起こるわけもありませんよね。
期待してはいけません。
というか、アーシャがそういう反応をするのって相当久しぶり。


ゆーりす(10)
ゆーりす(11)

フラグをきっちりと圧し折ってくれる兄貴はある意味良い人。
まぁ常に錬金レベル<冒険レベルの状態でここまで来てますからね。
そう言われてもしょうがないというか、何と言うか。

というわけで、暇があったら兄貴と一緒に「塩の砂漠」へゴー。




ゆーりす(12)
ゆーりす(13)ゆーりす(14)
ゆーりす(15)

流石は幼馴染といったところか。
鳥海の兄貴の決意を聞かずとも気付いているらしく、
今のうちからサプライズの準備をしているようです。

…今回は良い話で終わると良いなぁ。
………でも無理だろうなぁ。




ゆーりす(25)

「塩の砂漠」にて、遂に相見える伝説の竜。
あそこには以前ボコボコにされたミニマムドラゴンが居た筈なのですが、
縄張りを奪われてしまったのでしょうか。

というか、竜的にあそこの高台はお気に入りなのでしょうか。
猫や犬が炬燵の中で丸くなる、みたいな。


ゆーりす(26)
ゆーりす(27)ゆーりす(28)
ゆーりす(29)

決戦を前に、改めて確認。
別に大義名分があるわけでは無く、竜を狩るのは幼い頃からの夢だから。
そんな衒いの無い素直な言葉が聞けて、私も覚悟が定まったようです。

さっきフラグを圧し折ったばかりなのに、
恋愛フラグが再びガンガン積み上げられていく。


ゆーりす(30)
ゆーりす(31)

兄貴がイケメン過ぎて困る。
後光が凄い良い味を出しております。
というわけで、いざ。


ゆーりす(32)
ゆーりす(33)ゆーりす(34)

眩しい朝日と戦意高揚の歌を背に。
ニオを助け出す際の戦闘と同じくらい気合が入っていますね。
肝心要の戦闘そのものの難易度は低かったのですが、
テンションあげあげで切り刻めて良かったです。


ゆーりす(35)

“竜狩り”達成。
きちんとスチルにリンカまで入っているのが憎らしいです。
これ、リンカ連れて来てなかったらスチルどうなるのでしょう。
そこらへんはゲームのご都合主義で修正入るのか。

晴れやかな表情の兄貴が印象的な一枚。
さぁ、凱旋です




ゆーりす(36)
ゆーりす(37)ゆーりす(38)

「ホルンハイム」の部屋でいつもの様に調合していたら、
鳥海の兄貴がやってきてプレゼントをくれました。
例の竜の角から掘り出したものだそうですよ。
勝利の記念品、のようなものでしょうか。


ゆーりす(39)
ゆーりす(40)ゆーりす(41)
ゆーりす(42)

ついでに突然の告白
という事は勿論無く、いつも通り自分で立てたフラグをきっちり圧し折って、
兄貴はさっさと帰って行きました。

こんな男性しかいないから、私の婚期がドンドン遅れるんですよね。
「アトリエ」は大体そうですが、今作は特に酷い気がする。


ゆーりす(43)ゆーりす(44)
ゆーりす(45)

本当に、どこから聞きつけてくるのか。
既に“竜狩り”達成を知っているマスターさん。

予め伝えても鳥海の兄貴は来ないだろうから、
内緒で引っ張ってこいとの密命を受けました。
合点承知。


ゆーりす(46)

というわけで祝勝会の始まり。
まさかの男祭りですよ。
せめて妹くらいは呼んであげようとか、無いのかしら。


ゆーりす(47)

かんぱーい
これまたとても素敵なスチルです。
私のお陰か、兄貴も柔らかい笑顔が増えましたね。

勿論マスターさんと兄貴が揃い踏みで感動的に終わるわけも無く。
ここから一波乱あるわけですが、
そちらは動画の方でお楽しみください。
だって、絵が全く変わらないから画像並べてもつまらないんだもの。




ゆーりす(48-2)
ゆーりす(49)ゆーりす(50)
ゆーりす(51)

改めて竜討伐を為したプロハンター、鳥海の兄貴を祝して。
10歳前後からの腐れ縁とは、また年季の入った事ですね。
狩猟・遊牧民族っぽい兄貴とどこで知り合ったのか気になりますけど。
しみじみ。


ゆーりす(52)
ゆーりす(53)ゆーりす(54)
ゆーりす(55)

幼馴染って良いものですよねぇ。
昔の自分を知られているというのは、想像以上に辛いものですけど。
そういうのも笑い話に出来るのが、幼馴染の良いところ。

人生の大半をずっと付き合っている相手がいるというのは、
何だかんだで心強いです。




EDは何と言うか。
色気の欠片も無いとはこの事よ。
すっかりハンターライフを満喫中で庇護欲を刺激されることも無くなり、
兄が頑張る後ろで妹と仲良くミカンを食べるのでした。

まぁ「アトリエ」の男性キャラの役回りなんて大体こんなもの。





【リンカルート】



りんか(2)りんか(3)
りんか(4)

鳥海の兄貴の裏で、こちらも密やかに“竜退治”にお誘い。
リンカは正直単体攻撃力があまり高くないので不安なんですが。
言うてもイベントボス、適当な強化やメンバーでもどうにかなるはず。
例のニオを拐かした輩が良い証拠ですよ。




りんか(5)
りんか(6)

“竜狩り”に参加してみたものの、
結局納得のいく答えが得られなかったリンカ。
彼女の迷いは更に深まります。


りんか(8)りんか(9)
りんか(10)

それが自覚出来ただけでも、1つ大人になれたのかな。
まず自分を理解する事から全ては始まります。
焦る事は無いので、ゆっくり考えたらいいんですよ。


りんか(11)
りんか(13)りんか(14)
りんか(15)

“青い鳥”的な。
まぁマリオンお姉様もどうせしばらくは結婚出来ないでしょうしね。
しばらくは百合百合な日々を過ごすのもいいのではないかと。
嬉し恥ずかしで怒られついでに、やっぱり目的は探せと窘められます。
やりたい事が見付かると良いなぁ。




りんか(16)
りんか(17)りんか(18)
りんか(19)

うーん、付き合いたてのカップルの惚気お悩み相談みたいになってきた。
他人に後押しして貰うまでも無く、
一緒に居たければそうなる様に努力すればいいじゃない。


りんか(20)
りんか(21)りんか(22)
りんか(23)

惚気は続くよどこまでも。
それが優しさだと気付くのは、精神年齢が幼いリンカにはまだ先の話か。

マリオンお姉様もきっと甘やかしてしまいそうになる自分を、
頑張って制御しているのでしょうねー。
相思相愛だからこそ衝突するのです。




りんか(28)
りんか(29)りんか(30)
りんか(31)

ゲームの暦的には夏なのですが。
「黄昏の大地」って南半球にあるのかなぁ。

思わせぶりな雰囲気。
余人には語れない過去の経緯があるようですが、
いつの日かそれを話してくれる時が来るのでしょうか。




りんか(32)
りんか(33)りんか(34)

思ったよりも早く聞く機会が訪れました。
というかぶっちゃけ翌日です。
いつもと違って、至極神妙そうな様子。


りんか(35)
りんか(36)りんか(37)
りんか(38)

何となくそんな予感はしていましたけれど。
というか、そうでなければこんな面白い性格に育つわけないですけど。
マリオンお姉様らしい行動です。

彼女がその能力に見合わず下っ端役人なのは、
そこらへんで裏取引があったのかも知れませんね。


りんか(39)
りんか(40)りんか(41)
りんか(42)

“リンカに気を付けろ”
何それ、多重人格かクローンか
予想の斜め上を行く秘密がリンカには隠されている気配を出しながら、
今回のお話はこれで終了。


  

りんか(44)
りんか(45)

「バザール」でお買い物中、
女性らしい言葉遣いで違和感バリバリのリンカに話しかけられます。
おー、マジでそっくり。
多重人格説がこれは正解か。


りんか(46)りんか(47)
りんか(48)

うーん、目が蒼いのが差異なのかな。
本人も別に騙すつもりは毛頭無い様で、普通に喋りかけてきます。
えらく気さくでフレンドリーなのが逆に怖い。


りんか(49)
りんか(50)りんか(51)
りんか(52)

そこへ丁度反対側からやってきたのは本物のリンカ達
多重人格じゃなくてやっぱりクローン説か。
単純に双子ってだけかもしれませんけど、
似てるとかいうレベルを遥かに超越しています。

というか、貴方達もアレを“リンカ”って呼ぶんだ。
喋っていて混乱しないのかな。


りんか(53)
りんか(54)りんか(55)
りんか(56)

事情を飲み込んだ2人に連れられてオフィスへ。
非常にざっくりとした説明を受けます。

ふーむ。
やはり単なる姉妹とかでは無いっぽいし、
人造人間とかそんなノリなのかなぁ。
それならあの怪力にも説明がつく様な、そうでもないような。


りんか(57)りんか(58)
りんか(59)

偽リンカからの置き手紙。
「私“たち”は許していません」って事は、
もしかしてまだまだ同じ顔のリンカが沢山いるみたいな、そんな展開か。
画的には面白いですけど、事実的にはかなりホラー。

というわけで十分注意するように言われて帰宅します。




りんか(60)りんか(61)
りんか(62)

呼ばれて飛び出てジャジャジャジャーン
噂をすれば何とやら、偽リンカ再登場です。
ていうか何でこっちがソロプレイ中ばっかり狙って来るのでしょう。
貴方が用事あるのってあっちでしょうに。


りんか(63)りんか(64)
りんか(65)

何だか物腰柔らかで話が通じそうに見えましたが、
やっぱり偽物でもリンカはリンカ
イマイチ会話が噛み合いません。
というか悪意が加わっている分、本物よりも格段に面倒


りんか(66)
りんか(67)

わざわざ人気の無いところを指定するという事は、
この人にも気にする世間体というか、上司の命令と言うか、
何かそんな縛りがあるのか。

完全に私も巻き込まれていますけど、友情のためには仕方なし。


りんか(68)
りんか(69)りんか(70)

ですよねー。
というわけで皆で「エスタン湿原」まで遠足です。
「転移の羽」が範囲効果アイテムで良かった瞬間ですね。
皆まとめて「ホルンハイム」にひとっ跳び。




りんか(74)

うーむ、格好良いスチル。
こうしてみると、リンカもいつの間にか成長しているのがわかります。
はっきりと自分の意志が感じられるというか。


りんか(75)
りんか(76)りんか(77)

弱っ!
てっきり戦闘かと思ったら一般人の私にはまったく見えないくらい、、
格付けは一瞬でついてしまったようです。
守るものがある者は強い的な、アレ。


りんか(78)

一応選択肢で戦闘出来ましたけど、まぁ弱いので特に書く事なし。
アイテム使えば私よりも弱いっていうくらい。
戦闘眺めていると、一瞬どっちが本物かわからなくなります。


りんか(79)りんか(80)
りんか(81)

負け犬の遠吠えを残して去って行く偽リンカ。
この戦いでまた1つ何かを掴んだのか、
溜息交じりのマリオンお姉様とは対照的に晴れやかなリンカ。
マリオンお姉様との百合ルートまっしぐらですね。




りんか(82)りんか(83)
りんか(84)

偽リンカの話しぶり的には双子もあり得るかと思っていたら、
まさかの八つ子
「おそ松くん」より多いじゃないか。

“もう少し増えているかも”という事は、やはりホムンクルス的な何か。
この世界の技術ヤバいっていうか、錬金術ヤバいっていうか。
次回作以降で出てきそうな設定だなぁ。


りんか(85)
りんか(86)りんか(87)
りんか(88)

イベントが進むほどに百合フラグが積みあがる。
色々考えるようになって、
そういう余計な気の回り方も出来るようになったんですね。
リンカとマリオンお姉様は2人で1つですよ、これからも。




りんか(89)
りんか(90)りんか(91)
りんか(92)

娘の成長を見守る親の心境。
ついに自分で考えてプレゼントを贈る様になりましたか。
これって意外とエネルギー使う行為なんですけど、頑張ってます。

マリオンお姉様は飾りっ気が無いので、選択肢としては悪くない。




りんか(93)
りんか(94)りんか(95)
りんか(96)

今日はリンカと一緒に遠出です。
マリオンお姉様を放っておいていいのかなーと心配する私に、
大丈夫だと太鼓判を押すリンカ。
的確な分析ですね、お陰で偽リンカが可愛く思えてきた。


りんか(97)りんか(98)
りんか(99)

超初耳。
だったら何でマリオンお姉様をPTメンバーに入れてくれなかったんだ。
いや、追加DLCで来る可能性も………。
でも、これ以上女性キャラが仲間に増えてもなぁ………。


りんか(100)
りんか(101)

草葉の陰からこっそりこちらを見守っていた偽リンカ登場。
臨戦態勢のリンカを余所に、フレンド申請を送ってきます。
こっちもこっちで友達いなさそうですものね。
というわけで本国に帰るそうですし、一件落着なのかな。




りんか(102)りんか(103)
りんか(104)

後日、オフィスでのんびりマリオンお姉様と談笑。
未だに自分が面倒を見ないと髪や衣装の手入れをしないリンカに、
お姉様も流石にお疲れの様子。


りんか(106)りんか(105)
りんか(107)

お姉様はお姉様で結構楽しんでいるというか、燃えているというか。
ある意味需要と供給のバランスが取れているのか、ここも。
ただならぬものを感じたか、私も深くは追及せず苦笑で誤魔化します。
世渡りの巧い娘です。




EDは女性三人で何故かダカールラリー(※徒歩)中。
ダイエットには丁度良いというか、何かそんな感じで。
毎回の事ながらリンカの「えー」という口答えの仕方が、
良い感じにやる気なくて可愛くて好きです。




というわけで、ここだけやたらと長くなりました。
というかリンカが長いんですよ1人だけ。
優遇され過ぎでズルいです、ブーブー。

ではでは、ありがとうございました<(_ _)>

がっちの言葉戯び


<<「アーシャのアトリエ」プレイ日記:ニオED&キースED | ホームへ | 「アーシャのアトリエ」プレイ日記:ベルED&レジナED>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/268-f4e1b89b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)