タイトル画像

「アーシャのアトリエ」プレイ日記:その18

2012.07.15(18:10) 264

あーしゃ1(2)

キャプチャ時に落雷による瞬間的な停電や機能不全が発生で、
録画がしっちゃかめっちゃかになったりで撮り直ししたり、
色々と酷かったです。

地元ではこの時期よくある天気らしいのですが。
落雷は激しいわ雨で道路は水溜まりだわ、でもう大変。
これからの時期は台風もガンガンきますからね、鹿児島は。
困ったものです。

そういえば「十鬼の絆」がもうすぐ発売ですね。
前にも言った通り、私は発売日に届かないのですがねー。
金曜日に届けば御の字ですが、多分土曜日かなぁ。

また我が従兄弟殿からPSP強奪しなければ。



さて本題。
今回は「サブイベント解消オンリー」
どうも次回も同じようにサブイベントのみに終始しそうで悲しい限りですが。
こればっかりはどうしようもありません。
ただまぁ面白いイベントも多いので、退屈はしませんでしたけどね。

リアルの方ではほぼ終わりが見えているので、本シリーズも残り5記事くらいかと。
それでギリギリ納まるか怪しいライン。
そのまま直接「十鬼の絆」プレイに続きそうですよ、うーん。

それではお時間が許す方は続きからどうぞです。





あーしゃ18(1)
あーしゃ18(2)あーしゃ18(3)
あーしゃ18(4)

お散歩お散歩楽しいなー
街道を鼻歌混じりにスキップ移動しているとアーニーお母さんと遭遇。
時代遅れの“ちょい悪”に憧れているそうです。

根っからの善人気質のアーニーお母さんには無理な話。
だからこそ憧れるのでしょうか。




あーしゃ18(5)
あーしゃ18(6)

オディーリアさんに、フレッド印の究極パン試食を依頼したら、
ついこの間の悪夢が蘇るのか、予想外に渋い顔。

虫歯って何であんなに痛いのでしょうね。
打撲や打ち身、擦り傷とか一線を画する痛みです。
歯医者に行ったら行ったで、痛いときは痛いし。
歯磨きはちゃんとしようねっていう事ですね。


あーしゃ18(7)
あーしゃ18(8)あーしゃ18(9)
あーしゃ18(10)

感想は上々の様ですが、アーシャには少し気がかりな事があるようです。
それが何なのかは私にはわかりませんけれども、

そりゃ評価を聞きに行って単に「美味しい」だけじゃ、
イベントとして正直無意味ですからね。
何かオチがあるのでしょうが、はて。


あーしゃ18(11)
あーしゃ18(12)

あぁ、成程。
同じものが量産出来ないパンに意味は無いとか、そういう話か。

そりゃそうですよね、大量生産大量消費が基本なのに一品物とか。
それではオディーリアさんのこの絶望が再び繰り返されてしまいます。
パン屋としてはダメダメ。


あーしゃ18(13)
あーしゃ18(14)

今度はマスターさんの感想聞き取り。
評価は文句なしですが、やはりその高級感がネックになって、
店頭で売るのには向かないだろうとも。

流石は商売人、わかってます。


あーしゃ18(15)
あーしゃ18(16)

さて、「フィルツベルク」に帰る前にターニャちゃんの顔を見に。
その途中でついでに変異退治をパパッと済ませようとか調子乗ったら、
逆にボッコボコにされて這う這うの体で逃げ帰りました。

途中で変身するなんて聞いてないぞー。




あーしゃ18(17)あーしゃ18(18)
あーしゃ18(19)

「フィルツベルク」に旅行するために貯金をしているというターニャちゃん。
どうなのでしょう。
気球が往復100円の世界なので、意外と安くで済むような。
でも途中の食費などを考えると、結構かかったりするのかしら。

是非とも来た際にはリンカとお友達になってあげて下さいよ。


あーしゃ18(20)
あーしゃ18(21)あーしゃ18(22)

かつて「スラグの墓場」と呼ばれた場所。
そもそもスラグ自体が過去の錬金術士の創造物っぽいので、
単純に考えたらここにかつて廃棄場があったという事か。

ターニャちゃんは仕事熱心で好奇心旺盛で。
都会に出て教育を受ければ、さぞや立派な人物になるでしょうね。
こうやって塩採掘に精を出しているのも似合っていますが、
それを考えると少し勿体無い様な気もします。




あーしゃ18(23)
あーしゃ18(24)

帰りがけにジョージから教えてもらった、
かつての錬金術士の残した負の遺産「スタインフェーダー」
非常に重苦しい雰囲気に包まれた浮遊神殿の様相です。


あーしゃ18(25)
あーしゃ18(26)

うーん、嫌な予感しかしないですけど、
ここまで来て帰るわけにはいかない、
っていうかジョージが多分帰してくれない。
諦めて奥へゴー


あーしゃ18(27)

先に探索を済ませておくのは侵入者としての嗜み
というか思ったよりも早く終わってビックリなんですけど。
外観に反して、意外とちっこいダンジョンっぽい。


あーしゃ18(28)
あーしゃ18(29)

奥へ進むと、何やら超巨大なスラグさんが鎮座してらっしゃいます。
そして突然起動。
というかジョージがわざわざ起こしたっぽい。
せめてこちらに許可を取るとか何とか、そういった手順は無視かって。


あーしゃ18(30)
あーしゃ18(31)

この間「リーゼンガング」で戦ったヤツとは強さが桁違いで、
全く為す術も無く全滅。
このゲーム始めて初の全滅ですよ。
おのれジョージ。


あーしゃ18(32)
あーしゃ18(33)あーしゃ18(34)
あーしゃ18(35)

幸運にも向こうが戦闘後に逃亡してくれて事無きを得ましたが。
真面目な話を始めて敗北の責任の所在を有耶無耶にするジョージ。
ただまぁ言っている事は中々興味深いもので。

確かに単なる悪意がニオを捕えているとするには、
ニオがあまりにも自由に行動出来すぎているのは確か。
更なる調査の為に、最深部へと歩を進めます。


あーしゃ18(36)
あーしゃ18(37)あーしゃ18(38)

最奥の工房で「2つの揺り籠」という重要施設に関する記載を発見。
ここでは具体的な内容は判らず終いですが、
それならば詳しい者に訊けばいいだけだ、という事で。
オディーリアさんの元へ向かいます。


あーしゃ18(39)

そろそろ戦闘も激化してきたという事で、
「携帯コンテナ」をいい加減作る事にしました。

“どこでもコンテナ”という能力名の通り、
いつでも工房のコンテナからアイテムを取り出せる魔法のアイテム。
錬金術の仕組みを完全に超えている気がしますが、気にしたら負け。
これでアイテム枯渇状態ともオサラバです。




あーしゃ18(40)
あーしゃ18(41)あーしゃ18(42)

やってきました「弐番館」
「2つの揺り籠」に関する情報を持ちながらも、
機密情報ゆえに公開は出来ないと突っ撥ねるオディーリアさん。

あーしゃ18(43)
あーしゃ18(44)

そのまま図書館を閉鎖して奥へ引き篭もってしまいます。
それを追って私達も奥へ。
ついに封印された下層へ侵入です。


あーしゃ18(45)

新しい場所では何よりもまず探索
相変らず狭い通路に敵が犇めく面倒なダンジョン。
だがしかし「携帯コンテナ」を持った今の私に死角は無かった。
敵を全力で2~3匹倒してはお茶会、の繰り返しで問題無く突破。


あーしゃ18(46)あーしゃ18(47)
あーしゃ18(48)

本当はアーシャの望む情報を与えてやりたい。
でも造物主の命令を守る事にしか自己の存在理由を見出せない。
そんなジレンマを解消するために、
ジョージが新たない“マスター”契約を交わす事を提案します。


あーしゃ18(49)あーしゃ18(50)
あーしゃ18(51)

棚から牡丹餅というか、
これで結果的にオディーリアさんが望む形に納まりましたね。
何、最初に既成事実を作ってしまえば後はどうとでもなるものです。
遂にジョージも年貢の納め時だったというだけの話。


あーしゃ18(52)
あーしゃ18(53)あーしゃ18(54)
あーしゃ18(55)

「2つの揺り籠」の詳細。
やっぱり「壱番館」ってば“ノアの方舟”じゃないの。

かつての錬金術士が残した、人間を守る為の装置がニオを捕えている。
そこにあるのは害意や敵意では無く、どちらかというと善意。
“正義vs悪”では無く“正義vs正義”
もっというと“個人の正義vs種としての正義”

だからといって、やる事が変わるわけでも無いですけどね。
ただ妹を救うだけです。
その後の事は、その後で考えればいい。




あーしゃ18(56)
あーしゃ18(57)あーしゃ18(58)

道中でいきなりジョージが痛恨の表情を浮かべたので、
何だ何だと心配になったら、その原因は“煙草切れ”
うーむ。


あーしゃ18(59)
あーしゃ18(60)

愛煙者には相当深刻な問題ですけども、
残念ながら煙草を吸わない私にはその深刻さが理解出来ないご様子。
煙草ただでさえ高そうですしね、この世界。
しかしジョージってどこから収入得ているのでしょう。




あーしゃ18(61)
あーしゃ18(62)あーしゃ18(63)
あーしゃ18(64)

「フィルツベルク」に無事帰着。
メリエッタさんがターニャちゃんからの手紙を届けてくれました。
旅の資金が貯まったので、近く「フィルツベルク」に遊びに来るという内容。

貯金の話をしてからまだ1ヶ月くらいしか経っていないのですが。
やはり塩の儲けは相当のものなんだなぁ。


あーしゃ18(65)
あーしゃ18(66)
あーしゃ18(67)

日時も待ち合わせ場所も書かれていないので、
いつ来るかわからないターニャちゃんに備えて、
何やら準備を進めるメリエッタさん。

サプライズパーティーか、サプライズプレゼントか
私に話が来ないという事は後者かな。
満を持して待ち構える所存の様です。


あーしゃ18(68)

ジョージから身を以て教えられた錬金術の負の側面
人を助ける為では無く、人を傷付ける為の発明品の数々。
まぁ爆弾とか作れる時点で気付いてるわっていう。
レヘルンとか、街を行く一般人に投げつけたら即死でしょうし。




あーしゃ18(70)
あーしゃ18(71)

さて、街に落ち着いたらいつもの様に各地を回ってイベント確認。
まずは確定しているフレッドベーカリーにて、
究極パンの感想を店長にお報せしに行きます。


あーしゃ18(73)
あーしゃ18(74)あーしゃ18(75)
あーしゃ18(76)

このイベント中に頭から離れなかった疑問
ずっとモヤモヤして巧く言葉にならなかったその気持ちを、
フレッドさんにそのままぶつけます。
本当にこれで良いのかと。


あーしゃ18(77)
あーしゃ18(78)あーしゃ18(79)

その真摯な想いはフレッドさんに無事伝わったようで。
改めて自分にとってパン作りとは何か
それを見つめ直す良い機会になったそうです。

最初はメリエッタさんへの勘違い失恋からの逃避から始まったこの流れ。
まさかの真面目なお話で幕を閉じるようです。
ついでに誤解も解けると良いね。




あーしゃ18(80)
あーしゃ18(81)

所用のために「リーゼンガング」へ向かう道すがら。
「隧道跡」で珍しくイベントかと思ったら、
マリオンお姉様達が遺跡調査の任務に就いている様です。


あーしゃ18(82)
あーしゃ18(83)あーしゃ18(84)

相変らずナチュラルにラブラブなコンビ。
普段の行動は頓珍漢ですが、
こういう台詞を衒いも無く直接口にできるのはリンカの美徳

皆さんも大切な人への感謝の気持ちは言葉にしてあげてください。
何かあってからでは遅いですから。




あーしゃ18(85)
あーしゃ18(86)あーしゃ18(87)
あーしゃ18(88)

そのまま2人と別れて「リーゼンガング」に着いてみると。
レジナの姐御が弟さんからの手紙を繁々と黙読しています。
姉としては弟の成長が感じられて嬉しいやら淋しいやら、
そんなところなのでしょうか。


あーしゃ18(89)
あーしゃ18(90)

姐御の目にも涙
日常生活で涙が出る事なんてあまり無いから、
こうして泣けるというのはやはり幸せだという証拠です。

勿論、悲しくて涙が出るときだってありますが。
アニメとかドラマ、漫画を観て出る涙はノーカン


あーしゃ18(91)
あーしゃ18(92)

姐御、発掘屋辞めそうですね。
それも良いのかもなぁ。
仕立て屋として街に小さくても良いから店を持って、
それで結婚相手と慎ましやかに暮らすと言うのも1つの幸せ




あーしゃ18(93)
あーしゃ18(94)あーしゃ18(95)
あーしゃ18(96)

こちらも無事に元通り。
元通りに平行線の頑固者同士、不毛な押し問答の再来です。
親方の嬉しそうな事。
ギャラリーも微笑ましく見守っています。

そう遠くない日にマリオンお姉様のこの任務も一区切りしそうですね。
良かった良かった。


あーしゃ18(97)
あーしゃ18(98)

「フィルツベルク」に帰る前に、日記を。
少しずつ各々のイベントが片付き始めて、
いやがおうにも旅の終わりが近い事を感じさせます。

もう3年目、最後の年に入っていますからね。
そろそろ焦るべきなのか、どうなのか。




あーしゃ18(101)あーしゃ18(102)
あーしゃ18(103)

早くも「フィルツベルク」に到着しているターニャちゃん。
若いっていいですねー行動力に溢れていて。

何故かベルちゃんの出店で油を売っていますが、
この2人、同い年くらいなのかな。
少しベルちゃんの方が上かな。


あーしゃ18(104)あーしゃ18(105)
あーしゃ18(106)

高台でメリエッタさんと合流して、お互いに自己紹介。
今更ですが女性キャラの割合多いですよね、このゲーム。
「アトリエ」ってそんなものでしたっけ。

男性キャラも数だけならそれなりにいるのですが、
ラナンさんとハリーの旦那は最近影も形も無いレベル。
とりあず仲間に出来る男性キャラがもう1~2人いたらなぁ。


あーしゃ18(107)

メリエッタさんがコソコソと準備していた“例のアレ”とは、
幼少時に着ていたお古のプレゼント。
こういう可愛らしい感じのを着ていた時期があったんですねー。
時の流れとは残酷なものです。


あーしゃ18(108)
あーしゃ18(109)

こうしてターニャちゃんの都会観光は、
拍手喝采大盛況のうちに幕を閉じましたとさ。
めでたしめでたし




あーしゃ18(110)
あーしゃ18(111)あーしゃ18(112)

フレッドさんとメリエッタさんのその後。
純情なおっさんに相変らず罪な仕打ちをする小悪魔な店員さん。
お似合いな2人だと思うんですけどねー。
今作中にカップル成立は無いなぁ。


あーしゃ18(113)
あーしゃ18(114)あーしゃ18(115)
あーしゃ18(116)

まぁシリーズ通しても成立は多分しないのでしょうが。
とりあえず無事に誤解も解けておめでとうフレッドさん
まだまだチャンスはあるという事ですよ。
諦めたらそこで何とやら。


あーしゃ18(117)
あーしゃ18(118)あーしゃ18(119)

女子仲間からの応援も受けて、
フレッドさんの密やかな戦いは続きます。
とっとと認めて協力を仰いだ方が楽なのに、それが出来ない繊細な男心
こうして苦しむのも恋の楽しさですよ。




あーしゃ18(120)あーしゃ18(121)
あーしゃ18(122)

部屋への帰り道に何だかとても残念な光景を見た気がしますが、
きっと気のせいですね。
最近疲れているのかな、早く帰って休むとしましょう。



はい、というわけで今回はここまで。
サブイベントの波は止まるところを知らず、
次回も恐らく全編サブイベント一色アゲイン。
まだまだニオには放置プレイを楽しんでもらう事になります。

それではありがとうございました<(_ _)>

がっちの言葉戯び


<<「アーシャのアトリエ」プレイ日記:その19 | ホームへ | 「アーシャのアトリエ」プレイ日記:その17>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/264-7e2b3e21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)