タイトル画像

「ジプソフィラ」プレイ日記

2012.06.26(19:44) 242

005.jpg003.jpg
アドゥリンの魔境 特設サイト

6年振りにまさかの「FFⅪ」追加ディスクですよ。
正直びっくりです。
スクエニまだ引っ張るんだーと。
追加ディスクという事で今更ながら新ジョブも追加されて、
ちょっと復帰したくなりましたが、はてさて。

まぁ来年ですしね。
まだプレイしている友人はいるので、今度そこらへんについて話でも聞いてみましょう。
惜しむらくはAFがそこまで可愛く無いなぁという点。
いや、風水士はそれでも可愛いと思うのですが、魔導剣士は………。
前者はミスラに、後者はエルヴァーンに似合いそうですが、
ヒュムの私はどうすればいいのでしょう。



えdrisuto12

では本題。
突発的ですが、Recoさんの製作された自作乙女ゲーム「ジプソフィラ」
こちらのプレイレポートをお送りします。

ひょんな事から出会ったこのゲーム。
手軽に楽しめて良い気分にさせてもらいました。
王子可愛いよ王子

あまりストーリーには触れない様に努力はしておりますが、
完全に触れないでいると書ける事が殆ど無くなるので、
やっぱりネタバレは各所にありますですよ。

EDは全11種類で、
総プレイ時間3時間くらい、1周大体30分くらいでしょうか。
未だに2番と6番のEDに辿り着けていないヘタレですが、

兎にも角にも興味を持たれた方は続きよりご覧ください。
というか興味を持たれたら以下のリンクからDLして、是非ともプレイしてみてください。
フリーゲームですし。

⇒「ジプソフィラ」サイト様


はい、というわけでレビューっていうか感想っていうか。
それっぽい事を書いていきます。

コミカルテイストなドタバタコメディ
っていうのは少し違うかなぁ。
コミカルとコメディが既に被ってますしね。
一言で言い表すのって難しい。
まぁほのぼのっていうよりはドタバタ。
友達以上恋人未満な空気を目指してひたすら頑張ります。


あらあすじ (1)
あらあすじ (2)

大雑把な導入部分は、まぁサイト様を見ていただければ早いのですが。
『4月1日は主人公・エレノアの誕生日。
その夜、突然届いた差出人不明のプレゼントを開封すると、
派手な演出と共に現れたるは1枚のメッセージカード。
そこに書かれた「貴方の命は後三日です」の文字。
突然降りかかった災難をどうにかするべく、
ぐーたら魔女の奮闘が始まります』

なんて。



以下、著者のプレイの軌跡

・1周目
特に何も考えず普通に進めますよ。
初見なんですし。
ED.10で終了。

・2周目
1周目と違う選択肢を選びつつこれまた適当に。
ED.5でした。
予想通りとはいえアルヴィンの本性にビックリ。

・3周目
リオが本格的に初登場。
学園時代の教師の思い出話のシーン(スチル付きの)がとてもほっこりしました。
ED.7に辿り着き。

・4周目
アルヴィンとルーの不毛な争いが楽しかったです。
というか、登場する男性キャラは全員お互いにライバルなんですよね。
大変だ。
エレノアは全くそんな空気感じてくれないから尚更。
ED.8でございます。

・5周目
そろそろ選択肢が適当ではいけないよなぁ、と思いながらも適当に。
お陰で遂に被り始めました。
ED.5(2回目)。

・6周目
手抜きして途中のセーブデータから再開してみました。
駄目でした。
ちくしょー。
ED.7(2回目)。

・7週目
気を取り直して最初からやり直し。
プレゼントを開けるか開けないかの選択肢が新しく増えてました。
当然スルーですよね。
ED.4だそうです。

・8週目
さっきの別派生。
どのキャラも押しが強いですね。
エレノアがまたそういうのをあまり気にする方じゃないから、どんどん泥沼化が…。
ED.1ですってよ。

・9周目
再び最初から開始。
ほんの少しだけ(具体的には3クリックくらい)新規文章がありましたが。
ED.7(3回目)に引き寄せられました。

・10周目
リオの強さぱないの。
ED.7(4回目)………。

・11週目
足掻いてみたら、ルーに捕まりました。
ED.8(2回目)ですよお姉さま。

・12周目
一瞬ルーの新しいルート行きかけたように見えたのですが。
そんなものは幻想でした。
ED.8(3回目)…だと………。

・13周目
アルヴィン寄りの選択肢を意識して頑張りました。
駄目でした。
ED.10(2回目)だよちくしょー。

・14周目
アルヴィン寄りの…。
ED.10(3回目)なんですよー。

・15周目
アルヴィ…。
ED.10(4回目)だってばよ。

・16周目
念のため、最初のプレゼントスルーをもう一度試してみました。
そうそう巧い話がある筈も無く。
ED.4(2回目)っていう。

・17周目
同上。
ED.1(2回目)なんだな、これが。

・18周目
アルヴィンなんて飾りですよ。
というわけでフレデリックに媚び諂う感じでゴー。
ED.8(4回目)だぜヒャッハー。

・19周目
フレデ…。
ED.5(3回目)だぎゃー。

・20周目
あーたーらしーいーあーさがきたー、きーぼーおのーあーさーだー。
久しぶりに新しいルートに辿り着きました。
流石はフレデリックさんやで。
主に暴れたのはリオだけどなー。
ED.9だぜぇ。

・21周目
先程の派生。
ここで遂にアイリス王子の登場。
アイリス・ライリス・ルリルララー。
ED.3は結構トゥルーED的な位置付けかしら。

・22周目
新たな受難の始まりか。
ED.5(4回目)です、いつもウチのエレノアがお世話になってます。

・23周目
孤独を愛する選択肢で突き進みます。
そして朝日はまた昇る―。
ED.11だー何となくこれはノーマルED的な位置付けっぽい感じ。

・24周目
リオさん久しぶりですね。
ED.7(5回目)だったんだなこれが。

・25周目
ルーくん久しぶりですね。
ED.8(4回目)だからどうだというのだ。


えdrisuto

今ここで一旦小休止中。
前書きでも言いましたが、未到達EDが依然として2つ。
何とかせねばなんですよね。

現状で一番好きなEDは………9ですかねー。
最後のリオの台詞は反則レッドカード物だと思うのですよ。
あれずるいわー。

絵的にはNO.8とかも地味に好きです。
「うざー」。
見た目はともかく中身も趣味も完全の男性のソレなのに、
ああも密着されて「うざー」だけで済ませるお姉さまは中々強者です。



以下、各キャラについてあれこれ。


<エレノア>

えれのあ (6)えれのあ (7)
えれのあ (8)
えれのあ (16)

本作の主人公。
ぐうたらで女王様気質で夜型の駄目人間だけども、魔女としての格はかなりのもので、
魔法学校在学時は天才と称されるほどの凄いウィッカ。


えれのあ (13)えれのあ (14)
えれのあ (19)

他者からの恋愛感情に鈍いというか、女性としての自分に対する自己評価が物凄く低いため、
結構モテモテなのにも関わらず、そういった展開に免疫が無い。
意外と打たれ弱く、表立った性格とは裏腹に中身は結構純な乙女。
他者を虐めている時と甘いものを食べている時の笑顔はとても魅力的な女の子。


えれのあ (24)
えれのあ (25)

典型的な女性主人公にアクを少し追加した感じでしょうか。
普段が「オーッホッホッホ」な感じだけに、たまに見せる気弱な姿が妙にツボに入りました。
周囲の男性陣からしたら「そんなのエレノアじゃない!」って言いそうですが。


えれのあ (11)

傍若無人に見せかけて内心では相当他人との距離感に気を遣っていますが、
如何せん周囲の男性陣が乙女心にズカズカと土足で入りこんでくる輩ばかりなので、
結局色っぽい展開になる前にドタバタ騒ぎに発展してドチャー、っとなるのですが。


えれのあ (23)

作中では唯一の女性という事もあり、衣装も場面によってあれこれ変化します。
メイド服は正直似合っているか微妙なラインだと思いましたが、
良いか悪いかで言ったら断然良いのは認めます。

エレノアは普段の性格が性格なので、ある意味従属の証であるメイド服の着用は、
フレデリックやアルヴィンの心に歪んだ刺さるものがあるのでしょう。
困ったものです。


えれのあ (15)
えれのあ (17)えれのあ (18)
えれのあ (21)

異性として意識しているのはフレデリックだけっぽいですが、それすらも無自覚。
「私なんかを好きになる筈がない」という自己暗示の元、
登場する男性キャラ全員の好意を無意識的に避けているとすら思える、
ある種の恋愛恐怖症と言っても過言ではないのでしょうか。


えれのあ (12)
えれのあ (20)えれのあ (22)

そんな彼女の頑なな心を開かせる事が出来るのは………。


<アルヴィン>

あるヴぃん (1)
あるヴぃん (4)あるヴぃん (5)
あるヴぃん (2)

本作のメインヒーロー、と見せかけたただの噛ませ犬。
噛ませ犬以上番犬未満みたいな。
主に忠実な僕という仮面の裏で、色々と暗躍している雰囲気なのですが、
多分ED.6を見ないとキチンと語れない感じがします。


あるヴぃん (8)あるヴぃん (9)
あるヴぃん (10)

エレノアの忠実なる下僕、その正体は吸血鬼です。
あのエレノアに喜んで仕えているだけあって、真性のドM。
直接的には手を出さずに我慢していますが、
心の中では若い欲望が色々と渦巻いているようで。


あるヴぃん (3)あるヴぃん (6)
あるヴぃん (21)

元々秘めていた素質がエレノアに仕える事で開花して、今では立派な変態です。
どうしてこうなった。
きっとエレノアに心奪われたのが運の尽きだったのでしょう。


あるヴぃん (11)
あるヴぃん (12)あるヴぃん (13)

ED.5は結構ドキドキしました。
そういう意味では作中で一番テンション上がったのかも。
エロスを感じましたですよ。
その後のエピソードもね。


リオ (1)ルー (12)
あるヴぃん (20)

ポジション的には相当美味しい筈なのに、
ライバルは多いわエレノア自身が異性として見てくれないわで、
逆に色々と不憫な立ち位置なのかも。
頑張れ忠犬。



<フレデリック>

フレデ (11)フレデ (12)
フレデ (13)
フレデ (14)

本作のメインヒーロー。
自分の欲求に忠実な人揃いの本作登場人物の中では捻くれている部類…かしら。
エレノアの事が好き過ぎて虐めたくなるという困ったちゃんで、
しばらく会えないでいても淋しくなってちょっかい出してしまう構ってちゃん。
いやまぁ、後者は登場する男性全員共通の属性か。


フレデ (19)フレデ (20)
フレデ (21)
フレデ (22)

エレノアに負けず劣らずの凄腕魔法使いなのですが、
作中ではエレノアの寝顔を遠見で覗いたり、転移魔法でエレノアのベッドに潜り込んだり。
人として駄目な方向にしかその才能を使用していないように見えます。
どこで人生を間違えてしまったのか。
きっとエレノアに心奪われたのが運の尽きだったのでしょう。


フレデ (4)
フレデ (5)フレデ (6)
フレデ (7)

意外と押しの強い他の男性キャラに比べたら、
エレノアに対して一歩退いた距離感を保っているように見えますが。
いや、呪いかけて自分の側にエレノアを縛り付けている時点で相当です。


フレデ(8)
フレデ (9)

ホント、愛が歪んでますよねぇ。
エレノアがあんななので、正攻法で行けば意外に簡単に堕ちると思うのですが。
寧ろ今のこの結ばれる前の煮え切らない段階を楽しんでいるのか。
レベル高いなぁ。


フレデ (18)
フレデ (8)フレデ (10)
フレデ (2)

何だかんだでエレノアも無意識的にはフレデリックを意識しているとは思うのですが。
そういう描写も随所に見受けられますし。
2人が結ばれる日は…あんまり近くも無いのか。
邪魔者多過ぎです。



<ルーファス>

ルー (1)ルー (2)
ルー (10)
ルー (9)ルー (11)

身体は男、心は女。
エレノアを「お姉さま」と慕う、清楚で可憐な2つ年下の後輩。
幼少時はとても大人しい少年だったのに、どこでどう道を踏み外したのか。
何故か女装癖を獲得するに至り、晴れて“男の娘”として華麗にデビューする運びに。
きっとエレノアに心奪われたのが運の尽きだったのでしょう。


ルー (22)
ルー (23)ルー (24)

エレノアに対しては甘えん坊の妹キャラで押しますが、
これまた見た目とは裏腹に異性の好みは男性時のまんま。
普通にストレートにエレノアに好意をぶつけますが、悲しきは妹キャラ。
残念ながら家族としての情愛の壁を超えられず、まともに相手にしてもらえません。
それもエレノアがキチンと予防線を張っている結果ではありますが。


ルー (17)ルー (18)
ルー (19)
ルー (20)ルー (21)

女である自分よりも女らしい、と認めながらもちゃんと男性として扱っているようで、
寝所への侵入は許しませんし、勝手に入ってきたら普通に怒ります。
が、抱き付くのおは状況によってはセーフなあたりが彼女の隙か。
女装癖を捨て去れば良いトコまでいくと思うんですがね。



<リオ>

リオ (2)リオ (3)
リオ (4)

お城勤めの騎士様で、フレデリックに心酔する番犬。
フレデリック邸でメイドをしていたエレノアの女子力の無さに居ても立ってもいられず、
持ち前の家事スキル全開で格の違いを見せつけた、中々に空気の読めない人。


リオ (7)

騎士の家系に生まれながらも本人は小さい頃から魔法使いに憧れて、
騎士見習い中に噂で伝え聞いたエレノアの武勇伝を面白おかしく勘違いして、
想いを偶像崇拝のレベルにまで昇華させた残念な人。


リオ (9)

実際出逢った本人と憧れの魔女エレノアとのギャップに悶え苦しみながらも、
自分からエレノアの住む田舎町への転勤を願い出て、側に住むようになってしまったり。
何故そんな事になってしまったというのか。
きっとエレノアに心奪われたのが運の尽きだったのでしょう。


リオ (5)リオ (8)
リオ (6)

女の子の扱い方が果てしなく不器用な、ある意味乙女ゲーらしい男性キャラ。
家事全般が駄目でぐーたらばかりしているエレノアとはお似合いのカップルだと思います。
エレノアを甘やかす事無く、真人間に戻せるのはこの人を於いて他にいません。
頑張れリオ、負けるなリオ。



<アイリス>

アイリス (4)アイリス (5)
アイリス (6)

エレノアの魔法学校での先輩で王国第三王子の肩書を持つ年下の男の子。
別段王子であることを鼻にかけるわけでもなく、
さりとて王子であることを常に忘れずに研鑽し、魔法学校でも学年主席をキープしていたのだが。
学校では知らぬものがいない筈の自分を知らないと言う、
王子と知っても全く媚び諂わず、
傲岸不遜な態度を崩さない後輩の女の子と出逢ったのが彼の人生の転機。


アイリス (2)

身分も学年も関係無く、ただ優れた魔法使いにのみ敬意を表す彼女に認められようと、
全く実らない努力を始めてしまい、性格も何だか面白い方向へ捻じ曲がっていきます。
何故そんな風に道を踏み外してしまったのか。
きっとエレノアに心奪われたのが運の尽きだったのでしょう。


アイリス (3)

ただ、初めてエレノアがアイリスの実力を認めてくれた時の台詞と表情は反則ですよね。
そりゃ恋の病に堕ちてもしょうが無いってものです。
別に王子が悪いわけじゃ無い。


アイリス (7)
アイリス (8)アイリス (9)

真顔で恥ずかしくなるような台詞を自然と口にしたり、
好意を素直に表すことを躊躇わなかったり。
若いし身分も申し分ないし、色んな意味で結構良い相手だと思うのですが。
エレノア的には大して印象に残らない先輩、程度の認識なんですよね。


アイリス (10)
アイリス (11)

リオと違って女性の扱い方が不器用以前に、完全にわかっていません。
王族だからそんなもんだろうと言ってしまえばそれまでですが。
哀しいかな、アイリスは一番好きですが、アイリスとエレノアがくっつく未なんて、
どこをどう頑張っても見えて来やしません。
王子どんまい。




一番ほっこり

以上、なるだけストーリーラインに触れない様に喋ってみたら、
よーわからんくなりましたね。
それもまた人生。

あまり (3)
あまり (4)あまり (1)
あまり (2)

時間帯にもよりますが、
1日で終わる範囲の分量なのでお手軽に楽しめるのが素敵でした。
まぁ私は3日くらいに渡って遊ばせて頂きましたが。
キャラもしっかりしているので、好みの問題はあれ、
どなたでも一定以上に楽しめると思います。

あまり (6)
あまり (7)あまり (8)
あまり (5)

ご興味を少しでも持たれた方は是非ともDLしてプレイしてみてください。
プレイ後アンケートなどもされているようですので、そちらの方も是非ともー。
何だかこういう事を言っていると業者の回し者みたいですね。
それもまた人生。

あまり (10)
あまり (11)あまり (12)
あまり (9)

ではでは、素晴らしいゲームを製作してくれたRecoさん、
そしてここまで記事をご覧いただいたモニターの前の貴方。
どうもありがとうございました<(_ _)>

がっちの言葉戯び


<<番外箱とか駄目人間の為の特典映像なんか | ホームへ | 黄昏乙女xアムネジア #12「黄昏乙女」(終)>>
コメント
こんにちは、はじめまして!
後略を探し求めて検索しましたらこちらのページにたどり着きました。
アップした日付からとんでもなく時間がたっているので、
見ていただけているかすら不安ですが…。

今現在2と8と11を見れずにうろうろしていまして、
偉そうにもED6へのルートを言いたくて仕方なかったのですよ!(汗)
もう飽きているかたどり着いているかしているとは思いますが、
自己満足のために言わせてお願い。w
スタート→スルー→腹黒魔法使い←反転

見てくださったらその他EDの攻略を教えてくださると期待して…;
訳の分からない文章を読んでくださりありがとうございました^^
【2012/10/27 23:31】 | きのと #- | [edit]
はじめましてー。
正直一瞬どの記事へのコメントか分からずに驚いたのは事実ですw
懐かしいですー「ジプソフィラ」。
お陰様で記事を見直して、画像のサムネ設定のミスに気付けました^^;
ED.6の情報の方も合わせてありがとうございました。
私のこの記事が果たして攻略の役に立つとは思えませんが、
うっかり迷い込んでしまった方への良い情報提供になるかと存じます。

で、本題ですが。
残念ながら自分でも最早どういう選択肢を選んだのか覚えておりません…。
最終的に製作者様のブログでしたかね、にヒントが載せられていましたので、
そちらを参考にアルヴィンED等には辿り着けました。

ええと、お力になれず申し訳ありませんが、
多分私の拙い文章力で説明されるよりも、
製作者様のHPやブログで調べられた方が早いかと愚考しますです。

色々と気を遣っていただいたのにこんなショボいコメレスで申し訳ない限りです。
うろ覚えで語ってみますと、
ED.2は上記の通り製作者様のブログにヒントあった気がしますし、
ED.8はルーさえ出てくれば割かし簡単な筈です、じゃないと4回も見れませんw
ED.11は何でしょう、ノーマルEDっぽいって言っているという事は、
偏愛しないようにすすめるとかでしょうか。

どうです、全然参考になりませんよね?w
今の私にはこれが精いっぱいです―ごめんなさい><
【2012/10/28 01:09】 | がっち #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/242-13cb6c70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【「ジプソフィラ」プレイ日記】

アドゥリンの魔境 特設サイト6年振りにまさかの「FFⅪ」追加ディスクですよ。正直びっくりです。スクエニまだ引っ張るんだーと。追加ディスクという事で今更ながら新ジョブも追...
  1. 2012/06/29(金) 10:58:33 |
  2. まとめwoネタ速neo