タイトル画像

「Dragon's Dogma」プレイ日記:その12

2012.06.05(20:44) 213

ドラドグ1(1)

ほぼ同時に仕上げているので、気分的には前記事の続きです。
ヒロイン候補がガンガンいなくなっていきます。
果たして最後に残るのは誰なのか。
もしかして好感度が一番高い娘がヒロインに選ばれて、
他の候補者は脱落していくスタイルなのか。



今回は「救いの手」「とんだ結末」。
メインクエストは全く進んでいません。
思ったより時間がかかったんですもの…。
録画日時は6月4日
どらろぐ11(20)

クエスト「救いの手」
やっぱりこの間の夜這いはバレバレだったそうで。
女性相手にまで嫉妬するとは大人げない旦那ですね。
というわけで助けに向かいます。

どらろぐ11(21)

潜入用に貰った鎧の重い事重い事
重量オーバーで亀の様な移動速度になりました。
でもちょっと格好良いよね。



グリフィンさんがログインしました。
空気を読んでくれ。
急いで通常装備に着替えてから迎え撃ちます。

ボコると頭部が血に染まる演出が中々いい味出してるー。
ちょっと可哀想になる反面、テンションも上がります。
血は人を狂わせる。

結局炎なんか無くても問題無いという事ですね。
やっぱレンジャーは強いわ。
エイムが相当適当でしたが、敵の部位判定も相当適当なのか、ガリガリ削れます。
というか怯み過ぎですよグリフィンさん。
逃げられては拙いとアイテムでスタミナ回復させましたが、正直要らなかった。

どらろぐ11(22)
どらろぐ11(23)

変装して“涸離宮”に潜入。
めっちゃガン見されている前でアイテム採取とかしたら捕まるかなぁ。
…とドキドキしながら物品横領

王妃云々の事が無くても普通に捕まる事してます。
お金も相当掠め取ったですし。



どうしてこうなった。
あれ、私って女性ですよね…?
うーん。
うーん。
うーん。
ま、気にしたら負けですよね!

どらろぐ11(24)

お嬢様をエスコートする前に部屋を物色していると。
何だか見付けてはならないものを見付けてしまった気分。
これ、お嬢様の物なのでしょうか。
さっきのベッドインで脱いだ物だとしたら、今お嬢様は穿いてないのでしょうか。

それにしてもTバック好きはこの世界の女性共通の嗜好なのか。
それともTバック好きの男性がそんなに多いのか。
謎は尽きません。

どらろぐ11(25)

お嬢様を護って襲い来る兵士を皆殺しにして。
貴婦人の眼前で人を殺しまくって大丈夫なのかという心配が。
そうは言っても殺らなければ殺られる状況だから、四の五の言ってられないのですが。

どらろぐ11(26)

これが本当のお姫様抱っこ
体格的にはほとんど差は無いのに、流石は冒険者。
お姫様抱っこしながらジャンプって、相当ですよ。
しかもきちんと着地の衝撃を下半身で逃がしてお嬢様に負担がかからない様に。
漢です。
女性ですけど。

どらろぐ11(27)

橋が崩落したりと、中々にアドベンチャー。
繊細に見えて意外と芯が強いのか、
お嬢様も特に不満も無ければ。怪我もしていないようで。
女性はこういう時強いですよね。

どらろぐ11(28)

途中でようやく仲間達と合流
これでやっとお嬢様を護りながらの後方支援に徹する事が出来ます。
何となく雰囲気作りで着続けていた鎧もこれにてお役御免
普段の軽装に戻ります。

どらろぐ11(29)

地下通路でメテオをぶっ放すウチの娘。
何で地下の閉鎖空間に隕石が届くんだよ、とか。
そんな大魔法使ったらこの地下部分が崩落して生き埋めになるだろうが、とか。
そんなの関係ねーですね。



引き裂かれる二人
悲恋というか、ここから韓流ドラマが始まりそうな流れですが。
何だか着々とヒロイン候補が減らされていっている気が…。
残っているのって幼馴染とセレナちゃんとマデリンくらい。
うーん。

というか私が男性扱いなのは最早揺るぎ無い決定事項なのでしょうか。
私も私で完全に男性的に振る舞っているのが悪いんですよねぇ。
何処まで行っても百合百合展開が止まりません。



間違って画像というか動画消してしまったのですが。
お嬢様たちと別れてすぐに出てきたキメラさん。
倒すのに1分もかからなくて、一抹の寂しさを感じました…。
最早キメラもグリフィンも雑魚枠へコンバートされてしまった今、
私を満たしてくれるのは誰でしょう。

特にいませんね。
あぁ、ドラゴンか。
今度の休みにちょっと顔を見に行ってくるとしましょう

どらろぐ11(30)

領都に戻ってきたら、今度はマデリンがトラブっているようです。
またヒロイン候補が消えるのでしょうか。
これも物語が佳境に入っている証左なんですかね。

どらろぐ11(31)
どらろぐ11(32)

ついでにカウンターの上に、マデリンの忘れ物らしい短剣が。
中々物々しい名前してますが、正直見た目は微妙
もっと高見沢ギターみたいな羽根羽根な感じをイメージしていたのに。

どらろぐ11(33)
どらろぐ11(34)

酒場で情報を集めてみるも、マデリンの行方は杳として知れず。
いやまぁ赤マーカーのお陰で次に行くべき場所はわかっているのですが。
これも覚者の第六感、というものなのでしょうか。
便利な事この上ないです。

どらろぐ11(35)

何というか、もう少し隠れる努力をしましょうよという気がします。
岩陰に隠れるとかさ。
結構やり手な印象があったのですが、実は馬鹿なのでしょうか。

どらろぐ11(36)

こういう調子の良いキャラって何だか憎めないのですが、
リアルだと鬱陶しかったりするんですよね。
人間って不思議。



お調子者ではありますが、
意外と根底にあるのは純情な感情っぽいですね。
残念ながら周囲に3分の1も伝わってませんが。

とりあえず木箱の裏とか、一目瞭然ではない場所に隠れてもらえませんかね。
最初のは私に見付けてもらいたかった、構ってちゃん的な振る舞いだから良いにしても、
今回は兵隊が来てるって判った上でのこの選択。
やっぱりお馬鹿なのでしょうか。

どらろぐ11(37)

うーん、真実はどうなのでしょう。
このイベントが起こる前なら確実にマデリンは黒、だと断定できましたが。
どうもマデリンは想像以上にお馬鹿な事が判明したので、
ジュリアンあたりに騙されていた可能性も大いにあり得る気がしてます。

というわけで庇ってあげます。
いや、どっちにしても庇ってあげるんですけどね。

どらろぐ11(38)

これがなのですが。
本物がここにいる以上、一体新たに見つかったのはなんでしょうね。
偽情報なのは確実ですが、問題は誰がそれを流したか。
候補としては“救済”教団関係者と酒場のおっさんくらいしか思いつきません。
うーん。

どらろぐ11(39)
どらろぐ11(40)

きたー。
流石は我らのマデリン様。
こういう時でも臆する事無くお金をせびってきます。

絶対に⇒多分⇒おそらく
どんどん意気込みが尻すぼみしていってますよ。
別に返済なんて期待してませんから、どうぞお好きに。



お別れです。
またヒロイン候補が1人退場したー。

出来れば借金のカタにその衣装脱いで置いていってくれないかなぁ。
実はかなり気に入っているんですよね。
私も娘も顔立ち的に似合わなそうですけど。
ノシ

どらろぐ11(41)
どらろぐ11(42)

最後に衣装を新調
といっても部位的には2~3つしかそれぞれ変わっていませんが。
「スカーレットクローク」は正直紅過ぎて調和崩れるのですが、
「ブラウンケープ」を娘に奪られたので代用として買いました。



というわけで、今回はこれで終わります。
見事にサブイベントオンリー
メインは1ミクロンも進んではおりませぬ。
でも楽しかったんで良いです。

“涸離宮”の中を変装して歩き回るのは中々ドキドキしました。
いきなりバレてフルボッコされたらどうしようアハー濡れるッ! みたいな。
そういうのってありますよね。

ではでは、ありがとうございました<(_ _)>

がっちの言葉戯び


<<「Dragon's Dogma」プレイ日記:その13 | ホームへ | 「Dragon's Dogma」プレイ日記:その11>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/213-2304f833
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【「Dragon

ほぼ同時に仕上げているので、気分的には前記事の続きです。ヒロイン候補がガンガンいなくなっていきます。果たして最後に残るのは誰なのか。もしかして好感度が一番高い娘がヒロイ...
  1. 2012/06/08(金) 12:46:15 |
  2. まとめwoネタ速neo