タイトル画像

Another OVA感想

2012.05.24(19:18) 201

あなざー0(12)

突然ですが。
何となく復帰後で記事のストックも全く無いので、
こういう単発的なモノを今のうちに消化しておこうかと。

というわけで、感想です。
鳴ちゃんマジ天使。



昨日今日付けの感想記事は少し簡素なものになっていますが、
これも現実の日付に追いつくため、致し方ない事なのです。
時間が止まればいいのに。


あなざー0(3)
あなざー0(2)あなざー0(4)

相変らず何もない虚空を見つめるのが好きな鳴ちゃんっぽい娘。
帰り道の高校生にナンパされますが、全く相手にしません。
というか、よくこんな格好の女の子をナンパしようと思ったなコイツ。
モブのくせに中々レベルが高くていらっしゃる。
どちらかというと、普通の感性の人は避ける類だと思うのですが。

あなざー0(5)
あなざー0(6)あなざー0(7)
あなざー0(8)

本物登場。
きょとんとした顔が堪らん。
そりゃ鳴ちゃんには状況がさっぱりでしょうとも。
にしても、鳴ちゃんの格好というか眼帯髪型でこういう普通の笑いをされると、
激しい違和感を感じますね。

あなざー0(9)あなざー0(10)
あなざー0(11)

キマシタワー。
『エピソード0』と謳っているという事は、
この娘はアニメ第1話で亡くなっていた未咲ちゃんですかね。
似てるってレベルじゃない。

雰囲気的に今回はユルーい百合展開が延々と続く、
はーとーうぉーみんぐはお話で終わるんですかね、誰も死なずに。
…あぁ、というか最後にこの妹ちゃんが死ぬのか。

あなざー0(13)

こうやって見ると髪から服から、細部は相当違うんですね。
遠目から見たらパッと見鏡写しレベルなのに。
マナカナみたい。

あなざー0(14)

というか、いくらなんでもこのペアルックは酷くないですか?
可愛い云々以前に、無いと思う。
原宿とかならまだしも。

あなざー0(15)
あなざー0(16)あなざー0(17)

「私に買ってくれるんじゃないの?」
「私が着るの。一々鏡見なくて済むから楽チンでしょ?」
「ふーん、そういう使い方があったか」

何この会話可愛い。

あなざー0(18)
あなざー0(19)

やっぱりペアルック。
どんだけ仲良いんだよ、と思いましたが姉妹だし許容範囲か。
それにしてもラブラブ。
キマシタワーワー。

あなざー0(20)

翌週、鳴ちゃんの家に未咲ちゃんが遊びに来ました。
この画は本編でもありましたね。
携帯少女。

あなざー0(21)あなざー0(22)
あなざー0(23)

「格好良い男の子紹介してあげようか?」

格好良いだけなら、勅使河原に風見に他多数、結構いるんですよね。
問題は全然別のところにあるわけですが。
この下から覗き込んで追い詰めていく感じが堪らない。

あなざー0(24)
あなざー0(25)あなざー0(26)

鳴ちゃんのお部屋公開。
そういえば初ですっけ。
いや、未咲の回想に出て来たか。
ロフトもあってすげー広くて羨ましい。

あなざー0(27)
あなざー0(28)

キマシタワーワーワー。
この未咲ちゃんの悪い顔。
そんな顔するから死んじゃうんですよ貴女。

あなざー0(29)
あなざー0(30)あなざー0(31)
あなざー0(32)
あなざー0(33)

お風呂ターイム。
OVAには付き物(?)のサービスシーンですよ。
未咲の親父オーラが堪りません。
そういうアニメ向きの性格してやがる。

あなざー0(34)

就寝前の定番、恋バナです。
これも1つの死亡フラグですよねぇ。
まぁ未来を知っているからこそそう感じるのかもしれませんが。
というか、ここまでラブラブだったのに、よく鳴ちゃんは未咲ちゃんの死に耐えられましたね。

あなざー0(35)あなざー0(36)
あなざー0(37)

死の色。
これキツいよなぁ。
分かってしまう事が却って不幸。

あなざー0(38)

今日は二人で遊園地デート。
いつ来るとも知れない死の使いから未咲ちゃんを守る為、
鳴ちゃんの孤独な戦いが幕を開けます。

あなざー0(39)あなざー0(40)
あなざー0(41)

観覧車にて。
色々と思いのたけをぶつけ合っているわけですが。
音声が無いと、とても百合百合。

あなざー0(42)あなざー0(43)
あなざー0(44)

どんだけ間抜けな鳥だよ。
いや、私が知らないだけで、
全国津々浦々の観覧車ではこういう事件が多発しているのかもしれませんが。

まぁ人間でもガラス戸に気付かずに突撃したりもするしね。
そう考えると無くは無いのか。

あなざー0(45)あなざー0(46)
あなざー0(47)

驚いてドアにぶつかった拍子に鍵が外れ、投げ出される未咲ちゃん。
それを間一髪繋ぎ止める鳴ちゃん。
こういう状況で鳴ちゃんの太腿に目が奪われる私は駄目人間です。

あなざー0(48)あなざー0(49)
あなざー0(50)

女の子の細腕で支え切れるわけも無く、
重力に導かれるままに落ちていく未咲ちゃん。
南無ー。

あなざー0(51)
あなざー0(52)

ん。
まぁこれはこういうオチになるだろう事をこの私は予め予想していました。
この鳴ちゃんの表情、悪いけどめっちゃ笑った。

あなざー0(53)あなざー0(54)
あなざー0(55)

肩の力が抜けたのか、
その後はラブラブデートを満喫して終了。

あなざー0(56)
あなざー0(57)あなざー0(58)
あなざー0(59)
あなざー0(60)

帰り道。
特に何事も無くそのまま別れた数秒後。
遂に恐れていた瞬間が。

あなざー0(61)
あなざー0(62)あなざー0(63)

普通に生きていました。
人騒がせにも程がある。
かと思ったら病名は白血病。
本命はこちらか。

あなざー0(64)
あなざー0(65)
あなざー0(66)あなざー0(67)
あなざー0(68)

約束の時。

あなざー0(69)

そして本編に繋がります。
本編では突然現れたように見えましたが、単純に恒一くんの不注意だったようです。
何という人騒がせな。
あれマジで怖かったんだぞ。



というわけで。
あまりこのエピソードをわざわざ映像化する意味があったのか、
正直謎ですが。
可愛いは正義。

それではご覧くださりありがとうございました<(_ _)>

がっちの言葉戯び


<<「Dragon's Dogma」プレイ日記 その1 | ホームへ | めだかボックス#8「黒神めだかは私が潰します!!」>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/201-c04874b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【Another OVA感想】

突然ですが。何となく復帰後で記事のストックも全く無いので、こういう単発的なモノを今のうちに消化しておこうかと。というわけで、感想です。鳴ちゃんマジ天使。昨日今日付けの感...
  1. 2012/05/26(土) 05:24:34 |
  2. まとめwoネタ速neo