タイトル画像

黄昏乙女xアムネジア #7「忘却乙女」

2012.05.21(08:10) 196

今日は鹿児島では雨が降っていました。
霧雨のような粒の小さい、というか細い雨で、凄い気持ち良かったです。

雨が降るとよく傘も差さずに外でぼーっと立ちぼうけて雨に打たれ続けるくらい、
私は雨が好きなのですが。
流石に冷える季節は自重して部屋の中で雨音を楽しむだけにしております。

そろそろ雨に打たれても全く問題無い季節になりましたからね。
欲望に忠実に参りましょう。

雪も結構好きです。
ただ、足元がスリッピーになるのは勘弁。
霙とか雹は痛いので嫌いです。
私は精神的なMであって物理的なMではありません。
は遠くでなっている分にはテンション上がりますが、
近くに落ちられると普通に怖くてテンション下がります。

何の話しでしたっけ。
アップルパイうめぇ。
近所のおばちゃんが「食べなさいなー」とくれました。
アップルパイなんて代物、2年ぶりくらいに食べました。
うめぇ



アムネ5(1)

さて本題。
いつもニコニコ不穏な影が這いよる第7怪
忘れていた夕子さんの記憶がついに蘇るのか。
その時貞一くんとの関係はどう変化していくのか。
ででん。




アムネ7(5)

「猫踏んでー踏んでー踏んだら潰れて死んじゃったー♪」

その歌リアルにやめれ。
こないだの(=^・・^=)思い出すやん。

というわけで今回はピアノの悪霊退治(やらせ)から開幕です。

アムネ7(6)

「オンうんならなんとかかんとか!」

いくらなんでも適当過ぎるだろー。
言うても視えてる人間にとっては完全に茶番なんですけども。
もう少し頑張りましょうよ副部長。

「きゃーやられたー、バタンキュー」

こちらも酷い。
視えていないし聴こえていないからといって、手抜きが激しいですよ。
もう少しやる気出しましょうよ部長。

アムネ7(7)

「いいわー明日から夜も貞一くんに相手してもらうから」

…何の相手?
まぁ冗談か本気かはさておき、
こうやって我儘言えるのはそれだけ相手を想っている証拠ですよね。
基本甘えん坊な幽霊ですから、夕子さん。

アムネ7(8)

新谷、後ろ後ろ!
貞一くんに泥棒猫が言い寄ると途端に不機嫌になります。
美人が怒ると本気で怖いですからね。
取扱い注意。

アムネ7(9)

どーん。
というわけで今回はついにシャドウ夕子さん本格登場か。
我は影、真なる我…。

アムネ7(10)

サブタイトルコール。
相変らず可愛いですよね。
この部分だけでも夕子さんのみりきが十二分に示されています。
ジト目最高

アムネ7(11)
アムネ7(12)アムネ7(13)
アムネ7(14)

本日の御召し物はポニテ体操服
幽霊のくせに、中々わかってらっしゃる。
普通に混じってボール遊びする様は中々に怪奇現象ですが。
貞一くんの評判がどんどん可笑しな方向へ。

アムネ7(15)
アムネ7(16)アムネ7(17)

授業中。
暇なのか、貞一くんに絡みつきながらエロい吐息を耳元で上げる迷惑な人。
健全な男子高校生に対する精神攻撃としては相当レベル高いです。
無駄に声に色気ありますし。

「記憶力いいでしょ」
「昔の事思い出せないのに」
「いいの、私は今を生きる女だから」
「生きてないでしょ…幽霊なんだから」

コント乙。

アムネ7(18)
アムネ7(19)アムネ7(20)
アムネ7(21)

相変らず安定の胸アニメ
そういえば夕子さんが現代の市販のブラとか着けると、
ブラだけ空中に浮いて移動しているように見えるんですかね。

想像すると中々にシュールな光景
この人の服装事情もどうなっているんでしょう。
ツッコんだら駄目な部分かしら。

アムネ7(22)
アムネ7(23)アムネ7(24)
アムネ7(25)

お昼休みー。
貞一くんと二人っきりでご飯ーとテンション上げ上げな夕子さん。
………の前に立ちはだかる刺客
ヒロインとしてその顔はどうかと。

アムネ7(26)
アムネ7(27)アムネ7(28)

幸せそうなももえと対照的に剣呑な目つきの夕子さん。
マジギレ中ですよ、リアルに殺意のこもった視線、
ヒロインとしてその目はどうかと。

アムネ7(29)
アムネ7(30)アムネ7(31)

腹立ち紛れに貞一くんのお弁当を食べたら、事態は悪化
お約束の“あーん”です。
こんな衆目ありまくりなオープンテラスでよくやる。
既成事実を固めにきたのか。
中々考えている娘です。

アムネ7(32)

そんな様子に本気でキレる夕子さん。
完全に自業自得なのですが、その辺りは棚上げです。
というより、感情が理性を超えた一瞬の衝動的犯行
とても美味しそうだった卵焼きさん、ご臨終です。

アムネ7(33)

これは流石にももえカワイソス
明らかに違和感を感じているでしょうに、平静を装う姿が健気。
こういう演技に声優の本気を見ます。
というか聴きます。

アムネ7(34)
アムネ7(35)

流石の貞一くんも冗談では済ませない様子。
そこはもうちょっとももえのために怒ってやれよと思わないでもないですが。
とりあえず違和感の方が先行しているようです。
最近の夕子さんは感情に正直に動き過ぎている事に不自然さを感じて。

アムネ7(36)
アムネ7(37)

困った時の霧江ちゃん
他に相談出来る相手もいませんし。

考えてみたら貞一くんの普段の友達付き合いってどうなっているんでしょう。
夕子さんに絡まれていて結構付き合い悪そうなイメージ。
でもって陰では意外と女子人気ありそうなイメージ。
既に夕子さんがいるので、モテても意味ないですけど。

とりあえず右上、何かいるよ、気付いてあげて。

アムネ7(38)

サービスショット的な。
いつも思いますが、こういうイメージ映像的なのって何でよくなんでしょうね。
窓枠の枝が良い仕事し過ぎです。

夕子さんは決して誰か他人を憎んだりしない。
そういった負の感情は全て影夕子さんが持っているっていう事なのでしょうか。
「両儀“式”と両儀“織”」みたいな。

アムネ7(39)アムネ7(40)
アムネ7(41)

2人が真面目な話をしている一方で。
今度は霧江相手にジェラってます。
後ろを振り返ればヤツがいるー

アムネ7(42)

相変らずの生足アニメ
胸で完敗な分、生足ミニスカで勝負する霧江さん。
生足魅惑のマーメイド。
お陰で話している内容が全く頭に入ってきやしない。

多重人格説を提言。
ストレスや負の感情を押し付けた人格が独り歩きしたのが影夕子だっていう。
「B★RS」みたいな話になってきた。

アムネ7(43)
アムネ7(44)アムネ7(45)
アムネ7(46)

ご本人登場
しかもダブルで登場
間に挟まれた霧江と貞一くんは気まずい。
自分を挟んで口喧嘩された時のような居心地の悪さでしょう。

アムネ7(47)
アムネ7(48)アムネ7(49)

堪らずその場から逃げだした夕子さんと、追いかける貞一くん。
辿り着いた先の“呪い石”にとある名前を見付けます。
コミックスベースで7巻分までしか知らないので、
原作が本誌でどう展開しているか判らないのですが、これはオリジナル展開っぽい?

疫病の死者として「庚夕子」の名前があるが、
それだけでは夕子さんの亡骸があの場所にあった事が説明出来ない。

アムネ7(50)

貞一探偵の名推理。
曰く「学園七不思議は、夕子さんの話が歪んで伝えられたもの」
証明する物的証拠は何もないですが、筋は確かに通っています。
これが夕子さんのカコバナだったとさ。
めでたしめでたし。

アムネ7(51)
アムネ7(53)アムネ7(54)

「そうやって忘れるの?」

一段落したのも束の間、現れたシャドウ夕子に責めたてられる夕子さん。
様々な負の感情を切り離し押し付けてきた上で、
今度は貞一くんを好きになった事で生まれた「嫉妬」を私に押し付けるのか、と。

「いいわ、受け止めてあげる。その記憶と一緒に…!」

アムネ7(55)アムネ7(56)
アムネ7(57)

気が付いたらシャドウ夕子は消え、不吉な笑顔を浮かべる夕子さんの姿。
はいぱー嫌なよかーん。
妙なカタチで融合とかしちゃったんじゃなでしょうね。

アムネ7(58)

睡眠をとらない幽霊。
想い人が側にいない夜の間、シャドウの影に怯えて過ごします。
幽霊にノイローゼってあるのかわかりませんけれど、そんな感じ。

アムネ7(59)アムネ7(60)
アムネ7(61)

翌日。
いつも通り貞一くんに絡みつく夕子さん。
でもどこかその表情は憂いを帯びていて。

アムネ7(62)
アムネ7(64)
アムネ7(65)アムネ7(66)
アムネ7(67)

怖い、思い出すのが怖い…。
言葉では非常に説明しづらいですが、
貞一くんの瞳に映る自分の姿に怯えたのか耐え切れなくなったのか、

ともあれ、そっと背中を押してあげます。
但し階段の上からですけれども。

アムネ7(68)

デデ-ン。
やっちまったー。
出来心だったんです。


アムネ7(69)アムネ7(70)
アムネ7(71)

次回へ続く。
かと思いきや、普通に登校してこれるくらいには大丈夫だったようです。
いやどう考えても無理していますが。

特に怯えることも無く正々堂々と夕子さんを探している辺り、です。
貞一くんマジかっけー。

アムネ7(72)アムネ7(73)
アムネ7(74)

「夕子さん!」
「あら。貴方、もしかして私が見えるの?」



アムネ7(76)
アムネ7(75)

次回「追憶乙女」に続きます。
今回は本編が暗い暗い話でほぼ一辺倒だったので、
エンドカードが本当に癒される。


それではご覧くださりありがとうございました。
また来週ー<(_ _)>

がっちの言葉戯び


<<雑記 | ホームへ | 落書き:線画クリンナップ残り>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/196-3e5380f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【黄昏乙女xアムネジア #7「忘却乙女」】

今日は鹿児島では雨が降っていました。霧雨のような粒の小さい、というか細い雨で、凄い気持ち良かったです。雨が降るとよく傘も差さずに外でぼーっと立ちぼうけて雨に打たれ続ける...
  1. 2012/05/22(火) 20:18:33 |
  2. まとめwoネタ速neo

クロムハーツ 通販

黄昏乙女xアムネジア #7「忘却乙女」|がっちの言葉戯び
  1. 2013/10/23(水) 12:44:30 |
  2. クロムハーツ 通販