タイトル画像

B-PROJECT 第4話「BREAK OUT STAR」 感想

2016.09.06(21:00) 1914

B-Pro04-4 (6)AAAAAAAAA

アイドルはいつだって、真剣勝負。

それでは宜しければ続きからご覧下さい。


B-Pro04-1 (2)B-Pro04-1 (3)
B-Pro04-1 (5)AAAAAAAAAAA
B-Pro04-1 (7)B-Pro04-1 (9)B-Pro04-1 (10)
B-Pro04-1 (12)B-Pro04-1 (14)B-Pro04-1 (18)
B-Pro04-1 (19)B-Pro04-1 (20)B-Pro04-1 (21)
B-Pro04-1 (24)B-Pro04-1 (25)B-Pro04-1 (26)

一巡り各グループのお当番回が終わり、
久し振りにB-PROJECT全体での出番がきた今回。
10人全員+つばさの合計11名は湖畔で、
阿修と是国のボートデートをはじめとして、
会場入りまでの時間をのんびり過ごしていましたが、
実は夜叉丸さんとつばさの間で連絡に齟齬があり、
会場入りの時間が2時間遅く、伝わっていました。
というわけでB-PROJECT、完全に大遅刻です。
夜叉丸さんのLINEがメンヘラストーカーみたいで怖い。
一番恐怖を覚えていたのは勿論つばさでしょうけど。

B-Pro04-2 (4)B-Pro04-2 (8)
B-Pro04-2 (12)B-Pro04-2 (13)B-Pro04-2 (14)
B-Pro04-2 (16)B-Pro04-2 (17)B-Pro04-2 (18)
B-Pro04-2 (21)AAAAAAAAAAAAA
B-Pro04-2 (22)B-Pro04-2 (23)B-Pro04-2 (24)
B-Pro04-2 (27)B-Pro04-2 (28)B-Pro04-2 (29)
B-Pro04-2 (33)22222222222222B-Pro04-2 (35)222222222222222
B-Pro04-2 (47)B-Pro04-2 (49)
B-Pro04-2 (57)B-Pro04-2 (58)B-Pro04-2 (59)
B-Pro04-2 (60)B-Pro04-2 (61)B-Pro04-2 (62)
B-Pro04-2 (64)B-Pro04-2 (66)B-Pro04-2 (67)

大幅に遅刻して会場入りしたB-PROJECT。
本来なら社会人として遅刻は一番の重罪ですが、
意外と現場関係者の反応は冷めたもの。
まぁ共演者からの評価は勿論駄々下がりですし、
スタッフの淡々とした対応は、存在軽視の裏返し。
要するにB-PROJECT自体が舐められているわけで、
西川貴教兄貴の分身たる西山さんの出演推薦も、
周りからしたら気に入らない要素なんだとか。
西山兄貴、どうやらこの世界で大人気らしいです。
お陰でリハーサル環境もボロボロだし、
グループ間の意地の張り合いも発生するし、
北門と増長は衝突するしと散々な雰囲気に。
それはそれとして女の子二人組ユニット、可愛いですね。

B-Pro04-3 (1)B-Pro04-3 (2)B-Pro04-3 (3)
B-Pro04-3 (6)B-Pro04-3 (7)B-Pro04-3 (8)
B-Pro04-3 (11)B-Pro04-3 (12)B-Pro04-3 (13)
B-Pro04-3 (15)B-Pro04-3 (16)B-Pro04-3 (17)
B-Pro04-3 (18)AAAAAAAAAAAA
B-Pro04-3 (21)B-Pro04-3 (25)
B-Pro04-3 (30)AAAAAAAAA
B-Pro04-3 (34)AAAAAAAAAAA
B-Pro04-3 (35)B-Pro04-3 (36)B-Pro04-3 (37)
B-Pro04-3 (38)B-Pro04-3 (39)B-Pro04-3 (40)

つばさの度重なる失態は状況悪化に拍車をかけ、
舞台衣装にコーヒーを零すという致命的な惨事発生。
どうも被害にあったのは是国の衣装らしいですが、
一着でも駄目になったらアウトな代物。
ただまぁ、こんな状況でも誰もつばさを責めないのは、
どれだけつばさが認められてるかの証左でもあります。
ともあれ開始時刻か近づき、豪雨で皆が出演を渋る中、
西山兄貴は代名詞のセクシー衣装を颯爽と披露。
良いなぁ、このノリ、スタッフ楽しみ過ぎです。
まぁ残念ながら西山兄貴の出番はここまでで、
彼が認めたB-PROJECTがプロ根性を発揮して、
豪雨の中でのステージ出演一番手に志願。
さぁ、本日の見せ場が開幕です。

B-Pro04-4 (5)AAAAAAAAAAAA
B-Pro04-4 (11)B-Pro04-4 (13)
B-Pro04-4 (19)AAAAAAAAAAAAA
B-Pro04-4 (20)B-Pro04-4 (23)
B-Pro04-4 (26)AAAAAAAAAAAA
B-Pro04-4 (28)AAAAAAAAAAAA
B-Pro04-4 (31)B-Pro04-4 (32)B-Pro04-4 (33)
B-Pro04-4 (34)B-Pro04-4 (35)B-Pro04-4 (36)
B-Pro04-4 (37)B-Pro04-4 (41)
B-Pro04-4 (45)AAAAAAAAA
B-Pro04-4 (47)B-Pro04-4 (52)
B-Pro04-4 (53)222222222222222B-Pro04-4 (55)22222222222222
B-Pro04-4 (57)B-Pro04-4 (58)
B-Pro04-4 (63)B-Pro04-4 (66)B-Pro04-4 (67)
B-Pro04-4 (68)B-Pro04-4 (69)B-Pro04-4 (73)
B-Pro04-4 (81)B-Pro04-4 (82)B-Pro04-4 (86)
B-Pro04-4 (87)AAAAAAAAA
B-Pro04-4 (89)222222222B-Pro04-4 (90)22222222222222
B-Pro04-4 (91)AAAAAAAAAAA

舞台衣装が使えない中、是国が提案した窮余の策。
それは雨中で、アイドルだからこそ出来る、
全員上半身裸でのライブパフォーマンス。
鍛え抜かれた裸身を余す所なく見せつけ、
若い女性を中心に観客を盛り上げながらも、
各グループの持ち歌を披露して時間を稼ぎます。
その間につばさは是国の舞台衣装を必死に染み抜き。
皆の必死さが実を結び、最後は全員正装で、
B-PROJECTとしての見事な舞台を見せつけ、
無事に一番手としての役割を果たし抜きました。
西山兄貴も、その出来栄えに満足そう。
兄貴の歌とパフォーマンスも見たかったですけどね。

B-Pro04-5 (1)2222222222B-Pro04-5 (2)
B-Pro04-5 (5)B-Pro04-5 (6)2222222222222
B-Pro04-5 (9)B-Pro04-5 (10)B-Pro04-5 (11)
B-Pro04-5 (13)B-Pro04-5 (15)B-Pro04-5 (16)
B-Pro04-5 (18)B-Pro04-5 (19)B-Pro04-5 (20)
B-Pro04-5 (22)B-Pro04-5 (23)B-Pro04-5 (24)
B-Pro04-5 (31)B-Pro04-5 (33)
B-Pro04-5 (36)AAAAAAAAAAAAAAAA

B-PROJECTの姿に、侮っていた共演者も奮起し、
彼らに負けまいと素晴らしいパフォーマンスを披露、
様々なトラブルに見舞われましたが、
今回の野外音楽祭は大成功の内に幕を閉じました。
最後はそもそもの発端である連絡ミスが、
実は夜叉丸さんのせいだったというオチがついて、
つばさの名誉が挽回されて万々歳。
それにしてもお面ズマンは面白い存在でした。
出来れば彼らの歌声も聴いてみたかったなぁ。
西山兄貴はワンチャン、また出番があるかもですが、
きっとお面ズマンは二度と出てこないでしょうから。
悲しいけど、現実は非情である。

ありがとうございました、次回も宜しくお願い致します。
失礼します<(_ _)>

がっちの言葉戯び


<<テイルズ・オブ・ゼスティリア ザ・クロス 04「導師のさだめ」 感想 | ホームへ | ダンガンロンパ3-The End of 希望ケ峰学園-絶望編 第3話「全ての未来にさよならを」 感想>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/1914-a575770b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)