タイトル画像

テイルズ・オブ・ゼスティリア ザ・クロス 01「天の都」 感想

2016.08.11(21:00) 1893

tales02-0 (0)aaaaaaaaaaaaaaaaaaa

アリーシャとスレイの運命が交差する時。

それでは宜しければ続きからご覧下さい。



tales02-1 (2)tales02-1 (3)tales02-1 (5)
tales02-1 (7)tales02-1 (8)tales02-1 (9)
tales02-1 (11)aaaaaaaaaaaaa
tales02-1 (15)tales02-1 (16)
tales02-1 (22)tales02-1 (23)tales02-1 (24)
tales02-1 (25)tales02-1 (28)tales02-1 (31)
tales02-1 (33)tales02-1 (36)tales02-1 (37)
tales02-1 (39)tales02-1 (40)tales02-1 (44)
tales02-1 (51)tales02-1 (52)
tales02-1 (53)tales02-1 (54)tales02-1 (55)
tales02-1 (57)tales02-1 (58)tales02-1 (59)
tales02-1 (62)tales02-1 (63)tales02-1 (64)

前回の壮大で重く暗い序章を経て、
身も心もボロボロになったアリーシャが辿り着いた遺跡。
相変わらずの天異見聞録マニアっぷりで、
“導師”の壁画を発見してにわかに元気になります。
足元で動きを真似している小動物が可愛い。
コイツ、名前なんて言いましたっけね。
何となくエドナとセットでいた覚えがあるんですが、はて。
まぁ例によって現在の姫様には天族は見えない存在なので、
この小動物も同じ理由で見えていないかな。
入口から迫りくる憑魔の危機を伝えようと、
必死にアピールして飛び跳ねている様が愛らしいです。
アリーシャが気付いてからも健気に護りますが、
多勢に無勢の中、アリーシャは独力で壁を突破して、
そのまま遺跡の内部へローリンガール。
前回に引き続き、大冒険過ぎます姫様。
そのまま外に出て、“導師”の紋章に導かれるまま、
私達の知らない道へどんどん進みます。

tales02-2 (9)tales02-2 (10)
tales02-2 (11)tales02-2 (12)tales02-2 (13)
tales02-2 (20)tales02-2 (22)tales02-2 (23)
tales02-2 (24)tales02-2 (25)tales02-2 (26)
tales02-2 (28)aaaaaaaaaaaa
tales02-2 (29)tales02-2 (30)tales02-2 (32)
tales02-2 (39)tales02-2 (40)tales02-2 (41)
tales02-2 (42)tales02-2 (43)tales02-2 (44)

最早どっちが主人公か分からなくなりますが、
一応は原作での主人公、スレイがここで初登場。
運命の始まりともいえる例の遺跡を前に大はしゃぎ、
お目付け役と見せかけた悪友のミクリオと共に、
これから自身の“物語”の扉を開こうとしています。
その後、ジイジから遺跡調査を制止されるくだりは、
時間軸的に前後しているのかな、おそらくは。
こういう演出が出来るのはアニメならでは。
夜、ミクリオと今後の方針について協議しますが、
お互いに全く調査を止める気なんてなく、
果てには競争までし始めてテンションアゲアゲ。
そういえば原作ではいきなり遺跡から物語が始まりますが、
確かに競争云々の話してましたよね、成程納得。

tales02-3 (1)tales02-3 (3)tales02-3 (4)
tales02-3 (5)tales02-3 (7)tales02-3 (8)
tales02-3 (19)tales02-3 (23)
tales02-3 (25)tales02-3 (26)tales02-3 (31)
tales02-3 (32)tales02-3 (34)tales02-3 (35)
tales02-3 (36)tales02-3 (39)tales02-3 (42)
tales02-3 (46)aaaaaaaaaaaaaaa
tales02-3 (47)tales02-3 (50)tales02-3 (51)
tales02-3 (57)tales02-3 (58)tales02-3 (59)
tales02-3 (62)tales02-3 (63)
tales02-3 (67)tales02-3 (68)tales02-3 (70)
tales02-3 (75)tales02-3 (76)tales02-3 (77)
tales02-3 (78)tales02-3 (80)tales02-3 (81)
tales02-3 (82)aaaaaaaaaaa
tales02-3 (84)tales02-3 (85)tales02-3 (87)
tales02-3 (89)tales02-3 (93)tales02-3 (94)
tales02-3 (104)tales02-3 (105)tales02-3 (107)

視点は再びアリーシャの方へ。
暗闇からくる不安と恐怖に押し潰されそうなヒロインと違い、
言いつけを破って遺跡にやってきたスレイ達は至極楽しげ。
詳しくは見返していませんが、この辺のアニメーション、
2014年末SPの映像の使い回しに見えます。
まぁ別に使い回して全然良いと思いますけど。
とはいえ、異変の発生と共に視点はアリーシャに戻り、
裏側でスレイとミクリオが遺跡に墜落してる中、
こちらはこちらで遺跡内の雷撃に巻き込まれ、気絶完了。
王女と“導師”の運命が交差する下準備が整いました。
ていうかアリーシャ、原作では槍を持ってた気がするのに、
何処で落としてきたのか、大分前から無くしてますよね。
ちなみに年末SPで出てきた蜘蛛は時間の都合で割愛。
でも、足場の崩落時、スレイが手を差し伸べる流れ、
あそこを省いた点には一抹の不安を感じます。
ゲームをプレイした方には、重要性が分かりますよね。

「貴方が、“導師”か?」

tales02-4 (1)222222222222tales02-4 (2)
tales02-4 (3)tales02-4 (4)222222222222
tales02-4 (5)AAAAAAAAAAAAAA
tales02-4 (7)22222222222222tales02-4 (8)
tales02-4 (9)tales02-4 (10)222222222222222222
tales02-4 (12)AAAAAAAAAAAAAAAA
tales02-4 (13)AAAAAAAAAAAAAA
tales02-4 (14)aaaaaaaaaaaaaaa
tales02-4 (24)AAAAAAAAAAAAAA
tales02-4 (25)aaaaaaaaaaaaaaa

ゲームクリア時のスタッフロール風味で泣けるED。
アリーシャに「あーん♪」してるエドナが超絶可愛いです。
エステルとリタを思い返す雰囲気ですね、
というかこの2人、原作でそんな中良かったっけ。
後、次回予告がスキット化してて大爆笑。
いやぁ、良いなぁ、このアニメ。
これは絶対に成功して欲しいです、大丈夫そうですけど。
このくらいの遊び心があってこそですよねぇ。
クオリティも高いし、是非とも多くの人に見て欲しいです。

ありがとうございました、次回も宜しくお願い致します。
失礼します<(_ _)>


がっちの言葉戯び


<<テイルズ・オブ・ゼスティリア プレイ日記1:導師の夜明け | ホームへ | テイルズ・オブ・ゼスティリア ザ・クロス 00「災厄の時代」 感想>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/1893-508628e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)