タイトル画像

キズナイーバー 第12話「世界中にキズナシステムが広がって」 感想 (終)

2016.07.24(21:00) 1875

kiznavwer12-0 (0)AAAAAAAAAAAAAAAA

俺の“痛み”を、返してください。

それでは宜しければ続きからご覧下さい。


kiznavwer12-1 (1)kiznavwer12-1 (3)kiznavwer12-1 (4)
kiznavwer12-1 (6)kiznavwer12-1 (9)kiznavwer12-1 (10)
kiznavwer12-1 (12)kiznavwer12-1 (13)kiznavwer12-1 (14)
kiznavwer12-1 (16)2222222222222222kiznavwer12-1 (17)222222222222222
kiznavwer12-1 (18)kiznavwer12-1 (19)kiznavwer12-1 (20)
kiznavwer12-1 (21)kiznavwer12-1 (23)kiznavwer12-1 (25)

正直細かい理屈については理解の範疇外ですが、
要するにキズナシステムを深化して進化させる事で、
自分が取り込んでしまった友達の“痛み”を取り出し、
彼らに戻す事で救えるかもしれないとか何とか。
というかそれしかないと信じている園崎法子は、
洲籠市中の人間と繋がるべく大規模行動を起こします。
市長側の通常ゴムリンと違う、彼女にのみ従う黒ゴムリン。
“キズナの会”も一枚岩じゃないのか、
それとも単純に彼女の信者か、当時の研究関係者か。

kiznavwer12-2 (2)kiznavwer12-2 (3)kiznavwer12-2 (4)
kiznavwer12-2 (6)kiznavwer12-2 (7)kiznavwer12-2 (8)
kiznavwer12-2 (9)2222222222222222kiznavwer12-2 (10)222222222222222
kiznavwer12-2 (12)kiznavwer12-2 (13)kiznavwer12-2 (14)
kiznavwer12-2 (20)kiznavwer12-2 (22)kiznavwer12-2 (23)
kiznavwer12-2 (24)kiznavwer12-2 (25)kiznavwer12-2 (26)
kiznavwer12-2 (27)aaaaaaaaaaaaaaaa
kiznavwer12-2 (29)kiznavwer12-2 (30)kiznavwer12-2 (31)
kiznavwer12-2 (32)kiznavwer12-2 (34)kiznavwer12-2 (35)
kiznavwer12-2 (36)222222222222222kiznavwer12-2 (37)2222222222222

大量にキズナシステムの手術を行う為、
町の発電施設を制圧し、都市機能を麻痺させる山田。
黒ゴムリン部隊は街中を席巻し、制圧していきます。
異変に気付いた千鳥達が行動を決めかねる中、
これまで通り、口火を切ったのはやはり仁子でした。
園崎法子への恨み節を理由に静観を決め込む穂乃香に、
強い口調で頭突きまでかまし、問題を単純化。
勝平は友達で、その友達が好きな園崎法子を助ける。
千鳥や天河ら、勝平と直接的な恋愛多角関係にある面々も、
同じ立場の仁子の言葉をきっかけに自分の気持ちと向き合い、
全員で友達を助けにいく事が決定。
キズナシステムなんて、もう必要ない。

kiznavwer12-3 (1)kiznavwer12-3 (2)kiznavwer12-3 (3)
kiznavwer12-3 (4)kiznavwer12-3 (5)kiznavwer12-3 (6)
kiznavwer12-3 (8)kiznavwer12-3 (9)kiznavwer12-3 (11)
kiznavwer12-3 (13)kiznavwer12-3 (14)kiznavwer12-3 (15)
kiznavwer12-3 (16)222222222222222kiznavwer12-3 (19)222222222222
kiznavwer12-3 (23)kiznavwer12-3 (25)kiznavwer12-3 (26)
kiznavwer12-3 (29)kiznavwer12-3 (30)kiznavwer12-3 (31)
kiznavwer12-3 (31)aaaaaaaaaaaaaa

魔王の如く高みにそびえ、人々を睥睨する園崎法子。
機能停止する洲籠市から逃げ出そうとする民衆を咎め、
本土への唯一の脱出経路である跳ね橋を封鎖します。
そんな彼女の居場所を理屈じゃなく、感覚で予測した勝平は、
漆原先生を伴って渋滞中の跳ね橋へと強行軍。
更に徒歩で車列をすり抜け、最前列のパトカーをジャックし、
そのまませり上がる橋の中程まで駆け上がります。
見上げる勝平、見下ろす園崎法子。
運命はこの2人に委ねられたっていうか、
ここにどうやって他の“キズナイーバー”達は絡むんでしょう。

kiznavwer12-4 (1)kiznavwer12-4 (4)kiznavwer12-4 (5)
kiznavwer12-4 (6)kiznavwer12-4 (7)kiznavwer12-4 (10)
kiznavwer12-4 (11)kiznavwer12-4 (12)kiznavwer12-4 (13)
kiznavwer12-4 (15)kiznavwer12-4 (16)kiznavwer12-4 (17)
kiznavwer12-4 (19)2222222222222kiznavwer12-4 (20)2222222222222

施設にいた幼少期、勝平や他の子と繋がっていた事で、
孤独もなく、互いを思いやる幸せな時間が過ごせていた。
その事が園崎法子の中で絶対的な真実として今もあり、
それは全てキズナシステムのお蔭だと主張する彼女に、
口下手な勝平は上手く反対討論が出来ずにモゴモゴ。
そこに割って入ってきたのが、地上から拡声器で援護する、
彼の友達、“キズナイーバー”達の後押しでした。
微妙に役に立たないフォローも多い中で、
ここまで一番“友情”を否定してきた穂乃香の言葉は、
園崎法子だけでなく、視聴者の心にも響く内容かと。
システムはきっかけに過ぎず、それでも友達になった。
そんな“キズナイーバー”達を例外扱いする園崎法子に、
他ならぬ千鳥が勝平の、園崎法子への恋心を告白し、
意地でも認めようとしない恋敵を追い詰めます。

kiznavwer12-5 (1)kiznavwer12-5 (2)kiznavwer12-5 (5)
kiznavwer12-5 (6)kiznavwer12-5 (7)kiznavwer12-5 (8)
kiznavwer12-5 (9)kiznavwer12-5 (10)kiznavwer12-5 (11)
kiznavwer12-5 (15)22222222222222kiznavwer12-5 (16)22222222222222
kiznavwer12-5 (17)kiznavwer12-5 (18)kiznavwer12-5 (19)
kiznavwer12-5 (20)kiznavwer12-5 (21)kiznavwer12-5 (22)
kiznavwer12-5 (25)kiznavwer12-5 (28)kiznavwer12-5 (31)
kiznavwer12-5 (32)kiznavwer12-5 (40)kiznavwer12-5 (41)
kiznavwer12-5 (43)aaaaaaaaaaaaaaaaa
kiznavwer12-5 (46)kiznavwer12-5 (47)kiznavwer12-5 (48)
kiznavwer12-5 (49)kiznavwer12-5 (50)kiznavwer12-5 (51)
kiznavwer12-5 (58)kiznavwer12-5 (61)kiznavwer12-5 (62)
kiznavwer12-5 (63)kiznavwer12-5 (64)kiznavwer12-5 (65)

千鳥に勇気づけられて、自身の口で想いを告げる勝平。
それはキズナシステムで繋がっていた幼少期の、
恋心に起因するモノだと園崎法子は取り合いませんが、
それに対して勝平は散々園崎法子の事を酷評した上で、
それでも今の園崎法子だから好きなんだと、世紀の大告白。
例え彼女が今抱え込んでいる“痛み”を手放しても、
その気持ちは変わらないし、彼女を孤独になんてさせない。
そしてそれは施設に残っている他の友達も同じだと言い、
園崎法子に“痛み”を返してくれる様に頼みます。
彼の言葉に凍っていた心の端緒が解かされたのか、
彼女の傷の輝きに共鳴して彼の傷も疼きだし、
そして2人は共に、仄暗い海の水面へと真っ逆さま。
高度が高度だけに、水面激突の衝撃だけで死ねそうですが、
どうにか無事、“痛み”の方も含めて解決した、かな。
生きてるって素晴らしい。

kiznavwer12-6 (3)kiznavwer12-6 (4)
kiznavwer12-6 (5)kiznavwer12-6 (6)
kiznavwer12-6 (7)aaaaaaaaaaaaaaa
kiznavwer12-6 (11)kiznavwer12-6 (12)
kiznavwer12-6 (13)kiznavwer12-6 (16)
kiznavwer12-6 (17)aaaaaaaaaaa
kiznavwer12-6 (18)kiznavwer12-6 (19)
kiznavwer12-6 (20)kiznavwer12-6 (22)
kiznavwer12-6 (22)aaaaaaaaaaaaaaa
kiznavwer12-6 (23)kiznavwer12-6 (24)
kiznavwer12-6 (25)kiznavwer12-6 (26)
kiznavwer12-6 (27)aaaaaaaaaaaaaaa
kiznavwer12-6 (29)kiznavwer12-6 (33)kiznavwer12-6 (34)
kiznavwer12-6 (35)kiznavwer12-6 (36)kiznavwer12-6 (37)
kiznavwer12-6 (38)kiznavwer12-6 (39)kiznavwer12-6 (40)
kiznavwer12-6 (43)kiznavwer12-6 (45)kiznavwer12-6 (46)
kiznavwer12-6 (49)aaaaaaaaaaaaaa

後日談。
園崎法子が市全域を巻き込んで大騒ぎした事件から2週間。
まずは元通りになった街中で、イチャつく次人と穂乃香から。
凄いなぁ、実質的な告白をした穂乃香格好良すぎでしょう。
そしてそれに喜び慌てる童貞養殖少年が可愛過ぎ。
太らせて悪い虫がつかない様にするって事は、
外見がふくよかになっても愛は変わらないと取るべきか、
それともまさかのデブ専だと取るべきか、悩みます。

続く千鳥と天河の赤髪コンビは待ち合わせ場所で2人きり。
ここも、まぁ上手くいきそうな雰囲気ですね。
勝平にフられて、ある程度気持ちの整理がついたのか、
天河の気持ちに対して真剣に考える千鳥に対して、
ニヤケ顔が止まらない天河は見ていて評価に困ります。
そんな2人の良い雰囲気を邪魔しない為に、
嘘をついて別行動をとる仁子は最高に格好いいなぁ。
流石に仁子と芳春のCPは可能性薄そうですが、
精神的に大人組として、良いコンビにはなりそう。

施設の子達も少しずつ感情を取り戻し、幸先よさげ。
そして勿論最後を飾るのは阿形勝平と園崎法子。
やはりあの高さからの落下は相当な衝撃だったらしく、
2人揃って仲良く満身創痍ですね。
感情が戻ったとはいえ、お互いに喪失期間が長かったので、
多少ぎこちなくはありますが、ラブラブな雰囲気は伝わります。
千鳥は結局どういう立ち位置に収まるつもりなのか、
まぁ高校生なので清く正しくいかないといけませんが、
どちらかというと勝平よりも法子の方が押し倒しそうな気が。
そして最後の小道具として出てきた、いつぞやのプリクラ。
いつかこの8人で撮りに行こうと行動派の仁子が提案し、
それに対して首肯する法子の笑顔で物語の締め。

心の動きについていききれない場面もいくつかありましたが、
うん、良い形に収まったというべきでしょうか。
個人的な嗜好からくる各キャラへの好みはありますが、
中盤以降の仁子への評価上昇率は半端なかったです。
後、次人は最初から最後まで癒し系でしたね、過去も含めて。
まぁ最初に自己紹介した“犬嫌い”とか“妖精信じてない”とか、
もう少し再利用する場面があっても良かった気がしますが、
尺の都合上、難しかったかな。
ともあれ、楽しく最後まで見させて頂きました。

ありがとうございました、これにて本作は終了です。
ここまでお付き合い頂きまして、感謝。
ではでは、失礼します<(_ _)>


がっちの言葉戯び


<<僕のヒーローアカデミア 第13話「各々の胸に」 感想 (終) | ホームへ | キズナイーバー 第11話「いちいち連絡しあって気持ちを確認しあわないと。 だって、友達なんだから!」 感想>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/1875-73bf9de3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

キズナイーバー 第12話 世界中に、キズナシステムが広がって

いい最終話だった!
  1. 2016/06/27(月) 23:14:46 |
  2. ゴマーズ GOMARZ

アニメ感想 16/06/25(土) #キズナイーバー 第12話(終)、#ハイスクール・フリート 第12話(終)

キズナイーバー 第12話『世界中に、キズナシステムが広がって』(終)今回は・・・最終回ですね。街中の人全員のキズナを繋ぐって、またすごいこと考えますね。てか、なんで誰も ...
  1. 2016/06/28(火) 03:01:51 |
  2. ニコパクブログ7号館