タイトル画像

僕のヒーローアカデミア 第11話「ゲームオーバー」 感想

2016.06.22(21:00) 1853

hero11-0aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa.jpg

底知れぬ“悪意”、蹂躙。

それでは宜しければ続きからご覧下さい。



hero11-1 (1)aaaaaaaaaaaaaaaaa
hero11-1 (2)hero11-1 (3)hero11-1 (5)
hero11-1 (6)hero11-1 (8)hero11-1 (9)
hero11-1 (13)hero11-1 (15)hero11-1 (16)
hero11-1 (17)hero11-1 (18)hero11-1 (20)
hero11-1 (21)aaaaaaaaaaaaaaaaaa

水難ゾーンの包囲網を突破したデク達は、
相澤先生が大暴れする広場へ援護に向かう決意をします。
先行きを不安にさせるモノローグが流れますが、
そんな気配を余所に土砂ゾーンは轟の圧勝。
物足りないのか、敵を尋問して作戦を聞き出す冷静さまで。
周囲を巻き込むのが欠点といえば欠点ですが、
はっきり言って強過ぎるなんてもんじゃないですよね。
これでまだ能力の半分しか使っていないとか、
炎の方もフル活用し出したら、プロでも勝てないんじゃ・・・。

hero11-2 (2)hero11-2 (6)
hero11-2 (7)hero11-2 (8)hero11-2 (10)
hero11-2 (11)hero11-2 (13)hero11-2 (14)
hero11-2 (16)hero11-2 (17)hero11-2 (18)
hero11-2 (20)hero11-2 (21)hero11-2 (22)
hero11-2 (29)hero11-2 (30)
hero11-2 (31)hero11-2 (35)hero11-2 (36)
hero11-2 (37)hero11-2 (38)hero11-2 (39)
hero11-2 (43)hero11-2 (48)
hero11-2 (50)hero11-2 (59)hero11-2 (60)
hero11-2 (61)hero11-2 (62)hero11-2 (63)

山岳ゾーンでは八百万、上鳴、耳郎が奮戦中。
ようやく少しは上鳴×耳郎っぽい気配が出てきましたね。
というか耳郎の“個性”はかなり強いなぁ。
八百万の“個性”は物を創造する力ですね、これも中々。
そして八百万っぱいの破壊力は尋常ではありません。
おっぱいの大きさよりも、露出を気にしない心意気が良し。
でも下世話な視線を送る峰田を牽制していたので、
あくまで同性の耳郎相手だから羞恥なかっただけかしら。
上鳴も“個性”は強そうですが、要・精進。
しかし“個性”の行使って代償不要っぽいですよね。
八百万とか、等価交換の法則を完全に無視してるし、
ヒーローよりも別に天職ありそう。

hero11-3 (1)hero11-3 (3)hero11-3 (4)
hero11-3 (5)hero11-3 (6)hero11-3 (7)
hero11-3 (8)aaaaaaaaaaaaaaa
hero11-3 (10)hero11-3 (11)hero11-3 (12)
hero11-3 (13)hero11-3 (14)hero11-3 (15)
hero11-3 (17)hero11-3 (19)
hero11-3 (22)hero11-3 (23)hero11-3 (24)
hero11-3 (25)hero11-3 (26)hero11-3 (27)
hero11-3 (29)hero11-3 (30)hero11-3 (31)
hero11-3 (33)hero11-3 (37)

デク達は広場に着きますが、相澤先生は死柄木と交戦中。
ドライアイとかいいながら、やはり相当鍛えているのですね。
戦闘の緊張感の中、まだ30秒近く瞬き要らずとは。
それでも瞬きする隙を相手に把握されて隙を突かれて負傷。
ヴィラン連合のボスらしい死柄木の能力は“崩壊”かな。
触れただけで肘が崩れ、片手を封じられてしまいます。
培った戦闘技術で敵の包囲網の中、
痛ましいまでの必死な舞踏を続けますが、それも限界。
忍び寄る巨体のヴィランの前に遂に膝を折ります。

hero11-4 (2)hero11-4 (3)hero11-4 (4)
hero11-4 (6)hero11-4 (7)hero11-4 (9)
hero11-4 (10)hero11-4 (11)hero11-4 (12)
hero11-4 (14)hero11-4 (15)
hero11-4 (21)hero11-4 (22)hero11-4 (23)
hero11-4 (24)hero11-4 (25)hero11-4 (26)
hero11-4 (30)hero11-4 (31)hero11-4 (32)
hero11-4 (33)hero11-4 (34)hero11-4 (35)

そしてヴィラン連合の副将格、黒霧vs13号の勝負は、
自身の“暗黒穴”を逆に敵に利用された13号が敗北。
能力の持続時間や範囲が不明ではありますが、
敵の攻撃も転移出来るとかチート過ぎやしませんかね。
ともあれ、この場の最大戦力である13号を無力化して、
雄英高校へ走る飯田へと追い縋る黒霧。
それを障子ら他の生徒が死に物狂いで食い止めます。
相澤先生はオールマイト用の秘密兵器“脳無”により、
完全に制圧されて、園内は完全にヴィラン連合が支配。
頼みの綱はオールマイトのみ、という状況になりました。
本当に死亡フラグにしか思えないんですが。

hero11-5 (2)2222222222hero11-5 (4)2222222222222
hero11-5 (6)aaaaaaaaaaaaaaa
hero11-5 (10)hero11-5 (13)hero11-5 (14)
hero11-5 (16)hero11-5 (17)hero11-5 (18)
hero11-5 (21)hero11-5 (22)hero11-5 (23)
hero11-5 (26)hero11-5 (27)hero11-5 (28)
hero11-5 (32)hero11-5 (33)hero11-5 (34)
hero11-5 (37)hero11-5 (39)hero11-5 (41)
hero11-5 (43)aaaaaaaaaaaaaaaa

切島とかっちゃんは戦闘に特化した“個性”だけあって、
襲い来るヴィランを問題なく蹴散らして、何だか仲良し。
割と性格似てますもんねぇ、脳筋だし、近接戦闘型だし。
火災ゾーンでは尾白が軽快なヒット&アウェイで敵を翻弄。
この様子だと葉隠はいないのかな、何処にいるのやら。
暴風・大雨ゾーンでは意外に豪快な戦い方の常闇が、
口田と良い連携で敵の数を減らしています。
戦闘に直接恩恵のある“個性”でなくても、使い方次第。
まだまだ卵ながら、流石は雄英高校ヒーロー科です。
学園へ疾走する飯田も引き続きお茶子や瀬呂、
砂藤らのアシストで遂にU.S.J.の外へ脱出。
これで状況が再び大きく動きます。

hero11-6 (1)hero11-6 (2)hero11-6 (3)
hero11-6 (5)hero11-6 (6)hero11-6 (7)
hero11-6 (11)hero11-6 (13)hero11-6 (14)
hero11-6 (17)hero11-6 (18)hero11-6 (19)
hero11-6 (21)hero11-6 (23)hero11-6 (24)
hero11-6 (25)aaaaaaaaaaaaaaa
hero11-6 (26)hero11-6 (27)hero11-6 (28)
hero11-6 (29)hero11-6 (30)hero11-6 (31)
hero11-6 (33)hero11-6 (37)
hero11-6 (39)aaaaaaaaaaaaaaaa
hero11-6 (41)hero11-6 (43)hero11-6 (47)
hero11-6 (49)hero11-6 (50)hero11-6 (51)
hero11-6 (52)hero11-6 (53)hero11-6 (54)
hero11-6 (55-2)aaaaaaaaaaaaaaaa
hero11-6 (56)hero11-6 (57)hero11-6 (58)
hero11-6 (60)hero11-6 (60-1)hero11-6 (60-2)
hero11-6 (61)hero11-6 (65)hero11-6 (63)
hero11-6 (70)hero11-6 (71)hero11-6 (72)
hero11-6 (74)hero11-6 (75)

相澤先生は“脳無”の前に蹂躙され、全身がボロボロに。
その光景を前に救助どころか身動きすら取れない生徒3人。
そんな圧倒的に有利な状況にも関わらず、
飯田の連絡によるプロヒーローの援軍を警戒したか、
黒霧からの報告を受けた死柄木は撤退を決意。
退きがけの駄賃とばかりに梅雨が“崩壊”で狙われますが、
そこは意地の相澤先生の“抹消”で回避し、
更にその隙をついてデクが渾身のスマッシュを叩きこみます。
ただ、上手く出力調整が出来たのが逆に災いしたか、
割って入った“脳無”には全くダメージが認められず、
今度はデクが狙われて死の危機に陥る展開。
そして、そういう時に間に合ってしまうのが、真なるヒーロー。
オールマイトの雄姿を見て、死柄木も作戦続行を決めます。
戦いはまだまだ終わらない。

ありがとうございました、次回も宜しくお願い致します。
失礼します<(_ _)>


がっちの言葉戯び


<<ロマンシング サ・ガ2 プレイ日記 ①「パジャマ皇帝、即位」 | ホームへ | コメント対応:だがしかし編(後編)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/1853-a5849ada
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)