タイトル画像

僕のヒーローアカデミア 第10話「未知との遭遇」 感想

2016.06.18(21:00) 1843

hero10-0aaaaaaaaaaaa.jpg

“一芸”だけじゃ、ヒーローは務まらん。

それでは宜しければ続きからご覧下さい。


hero10-1 (2)hero10-1 (5)hero10-1 (6)
hero10-1 (7)hero10-1 (8)hero10-1 (9)
hero10-1 (11)hero10-1 (12)hero10-1 (13)
hero10-1 (16)hero10-1 (18)
hero10-1 (20)hero10-1 (23)hero10-1 (24)
hero10-1 (25)hero10-1 (27)hero10-1 (28)
hero10-1 (30)aaaaaaaaaa
hero10-1 (35)hero10-1 (38)hero10-1 (43)
hero10-1 (45)hero10-1 (46)hero10-1 (47)
hero10-1 (48)hero10-1 (49)hero10-1 (50)

襲い来るヴィラン連合、迎え討つ“イレイザーヘッド”。
その特性上、タイマンバトル向きと思われがちですが、
押し寄せる相手に対して鮮やかな捌きを見せています。
複数対応可の繊細な捕縛術、異形型に負けない格闘術、
加えてゴーグル着用によって視線を隠す事で、
誰の“個性”を消しているか隠し連携を乱す戦法により、
多数入り乱れての乱戦こそが真骨頂の抹消ヒーロー。
雄英高校輩出のプロヒーローとは、ここまでか。
それにしても相澤先生かっけぇなぁ。

hero10-2 (5)hero10-2 (6)
hero10-2 (9)hero10-2 (10)hero10-2 (12)
hero10-2 (13)hero10-2 (14)hero10-2 (15)
hero10-2 (16)hero10-2 (17)hero10-2 (18)
hero10-2 (20)aaaaaaaaaaaa
hero10-2 (21)hero10-2 (22)hero10-2 (26)
hero10-2 (27)hero10-2 (28)hero10-2 (29)

大多数のヴィランは相澤先生が引き受けていますが、
敵側副将の黒霧が生徒と13号の前に立ちはだかり、
オールマイトの抹消という目的を説明してくれます。
切島とかっちゃんが完璧なタイミングで仕掛けた奇襲も、
物理耐性でもあるのか、大したダメージはなく、
逆に瘴気の檻の様なものに閉じ込められ、
各自別々の場所に転移させられてしまいました。
デクの送付先は水難エリアの上空。
水面激突を物ともせず、冷静な状況判断格好よし。

hero10-3 (5)hero10-3 (7)hero10-3 (8)
hero10-3 (9)hero10-3 (10)hero10-3 (11)
hero10-3 (13)hero10-3 (15)hero10-3 (16)
hero10-3 (19)aaaaaaaaaaaaaaa
hero10-3 (22)hero10-3 (23)hero10-3 (24)
hero10-3 (26)hero10-3 (32)hero10-3 (37)
hero10-3 (38)hero10-3 (40)hero10-3 (41)

オールマイトの危機に焦るデクに迫る、
水中活動に特化した鮫の異形型。
分断した上で転移先に有利な”個性”のヴィランを配置し、
各個撃破する作戦自体は理に適っていますが、
何故梅雨まで水中ステージに転移させたのかは謎。
という訳で世間の人気も高いカエルガール、
蛙吹梅雨の見せ場がやってきましたよ。
おまけの峰田は取り敢えず死刑でいいかな。
梅雨の悲観的で現実的な分析をきいた上で、
ファンとして、ヒーローの卵として、生徒として、
そして彼の意思を継ぐ愛弟子として、
デクがすべきなのは敵を討ち、オールマイトを助ける事。
今のデクのこの表情をオールマイトに見せてあげたいです。

hero10-4 (3)hero10-4 (4)
hero10-4 (6)2222222222222hero10-4 (7)
hero10-4 (8)hero10-4 (9)
hero10-4 (10)hero10-4 (11)
hero10-4 (12)hero10-4 (13)
hero10-4 (14)hero10-4 (15)22222222222
hero10-4 (17)aaaaaaaaaaaaaa

まだまだクラスメイトは学生とはいえ、
その力は有象無象のヴィランで敵うものではありません。
土砂ゾーンでは“半冷半燃”轟の独壇場。
倒壊ゾーンではコンビ結成の切島とかっちゃんが大暴れ、
山岳ゾーンでは八百万と上鳴と耳郎が、
火災ゾーンでは尾白と(多分)葉隠が、
暴風・大雨ゾーンでは口田と常闇が体勢を立て直し、
ヴィラン達と真向から睨み合っています。
そして転移を免れた飯田やお茶子も敵に備え臨戦態勢。
さぁ、この状況で仮眠中のオールマイトはどうするのか。
頼むから死亡フラグ回収は勘弁。

hero10-5 (2)hero10-5 (3)hero10-5 (4)
hero10-5 (6)hero10-5 (7)hero10-5 (8)
hero10-5 (9)hero10-5 (11)hero10-5 (13)
hero10-5 (14)hero10-5 (15)hero10-5 (16)
hero10-5 (18)hero10-5 (19)hero10-5 (21)
hero10-5 (22)aaaaaaaaaaaaaa
hero10-5 (23)hero10-5 (24)hero10-5 (27)
hero10-5 (28)hero10-5 (29)hero10-5 (30)
hero10-5 (32)hero10-5 (33)
hero10-5 (35)hero10-5 (36)hero10-5 (37)

多分確信犯なんだろうなぁ。
後ろ姿くらいは今までも出ていましたが、
まともに顔を見せて喋るのは初めてですよね。
ともあれ校長先生に捕まったお陰で、
飛んで火に入る夏の虫状態を回避したオールマイト。
その裏では13号の指示の下、まず打開策の1つとして、
雄英高校への連絡役をスピードスターの飯田が担います。
立ちはだかる敵の攻撃は13号の“暗黒穴”で完封。
これで13号が内側から乗っ取られたりしたら笑いますが、
流石に取り込んだくらいでそれはないか。

hero10-6 (1)hero10-6 (2)hero10-6 (3)
hero10-6 (4)hero10-6 (5)hero10-6 (6)
hero10-6 (9)hero10-6 (11)hero10-6 (16)
hero10-6 (17)hero10-6 (18)hero10-6 (19)
hero10-6 (20)222222222222hero10-6 (22)222222222222
hero10-6 (25)hero10-6 (27)hero10-6 (28)
hero10-6 (30)hero10-6 (31)hero10-6 (32)
hero10-6 (33)hero10-6 (35)hero10-6 (37)
hero10-6 (38)aaaaaaaaaaaaa
hero10-6 (42)hero10-6 (43)
hero10-6 (45)hero10-6 (46)hero10-6 (47)
hero10-6 (50)hero10-6 (52)hero10-6 (53)
hero10-6 (54)hero10-6 (55)hero10-6 (59)
hero10-6 (60)hero10-6 (62)hero10-6 (63)
hero10-6 (65)hero10-6 (67)hero10-6 (69)
hero10-6 (71)hero10-6 (72)hero10-6 (73)
hero10-6 (74)hero10-6 (75)hero10-6 (76)
hero10-6 (77)hero10-6 (78)hero10-6 (79)
hero10-6 (80)hero10-6 (81)hero10-6 (82)
hero10-6 (83)aaaaaaaaaaaaaaa

カメラは水難ゾーンに移ります。
敵が梅雨を水難ゾーンに送ってしまった事実から、
生徒達の”個性”は敵側にバレていないと判断したデク。
状況打破には、“個性”の活用が鍵となります。
梅雨ちゃんの”蛙”、峰田の”超くっつく”、
そして自身の”ワン・フォー・オール”を考慮・分析した結果、
導き出された答えは、まぁ言葉で説明は難しいですが、
要するに敵を一箇所に集中させて峰田の能力を使い、
塊魂を生成する一網打尽作戦です。
これにてデク達は敵陣を突破、他の援護に向かいます。

ありがとうございました、次回も宜しくお願い致します。
失礼します<(_ _)>


がっちの言葉戯び


<<コメント対応:ベイブレードバースト編 | ホームへ | 僕のヒーローアカデミア 第9話「いいぞガンバレ飯田くん!」 感想>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/1843-943a1a73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)