タイトル画像

僕のヒーローアカデミア 第5話「今 僕に出来ることを」 感想

2016.06.13(21:00) 1838

hero05-0aaaaaaaaaaaaaaa.jpg

お前の“力”じゃ、ヒーローになれないよ。

それでは宜しければ続きからご覧下さい。



hero05-1 (1)hero05-1 (2)
hero05-1 (3)hero05-1 (4)hero05-1 (5)
hero05-1 (6)hero05-1 (7)hero05-1 (8)
hero05-1 (9)hero05-1 (10)hero05-1 (11)

出久のレスキューポイントは特別としても、
お茶子と同じくらい稼いでいる人はチラホラいますね。
ただ、それ以上に異彩を放つのは、
出久とは真逆に一切のレスキューポイントがなく、
ヴィラン撃破ポイントのみで1位になった勝己の存在感。
その辺の対比も巧みです、というか勝己の戦闘力やばい。
まぁ、教官からすると出久の存在も異彩を放ってるようで、
それが入学後に余計な苦労とならなければ良いですが。
ただ今は、愛弟子の合格を言祝ぐ師匠と共に、
歓喜の砂浜ランニングを楽しみます。

hero05-2 (1)hero05-2 (2)
hero05-2 (3)hero05-2 (4)hero05-2 (7)
hero05-2 (8)hero05-2 (10)hero05-2 (11)
hero05-2 (12)hero05-2 (16)hero05-2 (19)
hero05-2 (22)hero05-2 (27)
hero05-2 (28)hero05-2 (29)hero05-2 (30)
hero05-2 (31)hero05-2 (33)hero05-2 (34)
hero05-2 (37)hero05-2 (41)

四月、桜の季節。
出久は雄英高校の新入学生として、夢への扉を開きます。
推薦4名+一般36名、倍率にして実に300倍以上という、
数字上では気が狂った様な受験戦争を勝ち抜き、
たった2クラスしかない1年生の中で、
主要キャラが居並ぶ1年A組が彼の新しい所属となります。
勝己や飯田、お茶子、梅雨もいますね、素晴らしい存在感。
そして私の運命、上鳴と耳郎もまた然り。

hero05-3 (1)hero05-3 (2)hero05-3 (3)
hero05-3 (5)hero05-3 (7)hero05-3 (8)
hero05-3 (9)aaaaaaaaaaaaaaaa
hero05-3 (10)hero05-3 (11)hero05-3 (12)
hero05-3 (13)hero05-3 (17)hero05-3 (19)
hero05-3 (20)aaaaaaaaaaaa
hero05-3 (22)hero05-3 (24)hero05-3 (29)
hero05-3 (31)hero05-3 (36)hero05-3 (37)
hero05-3 (41)hero05-3 (43)
hero05-3 (38)hero05-3 (39)hero05-3 (48)
hero05-3 (51)hero05-3 (52)hero05-3 (54)

担任の相澤消太は容赦なく生徒を除籍するスパルタ教師。
彼の独断で、”個性”把握と銘打った洗礼が施されます。
己の能力をフル活用して挑む8種目の体力テストにて、
合計点が最下位の者は強制除籍処分という理不尽さ。
まぁテストの標的は出久っぽいですが。
細かい力の調整が出来ない今の出久にとって、
8種目という長丁場は一番避けたいシチュエーション。
相澤先生が何処まで計算しているか不明ですが、
いずれにしても乗り越えるしかありません。

hero05-4 (1)aaaaaaaaaaaa
hero05-4 (3)hero05-4 (6)hero05-4 (7)
hero05-4 (11)hero05-4 (12)hero05-4 (15)
hero05-4 (18)hero05-4 (19hero05-4 (23)
hero05-4 (29)hero05-4 (31)hero05-4 (33)
hero05-4 (34)hero05-4 (35)hero05-4 (36)
hero05-4 (36)aaaaaaaaaaa
hero05-4 (37)hero05-4 (39)hero05-4 (40)
hero05-4 (43)hero05-4 (44)hero05-4 (45)
hero05-4 (47)hero05-4 (50)hero05-4 (52)
hero05-4 (54)hero05-4 (55)hero05-4 (58)
hero05-4 (59)hero05-4 (60)hero05-4 (61)

第1種目50m走。
飯田天哉の”エンジン”と爆豪勝己の,爆破”が活躍し、
3秒台と4秒台という驚異的な数字を叩き出します。
青山優雅の”ネビルレーザー”は中途半端で5秒台、
麗日お茶子の”無重力”はほぼ効果なく、
能力未使用の出久と並んで7秒台に終わりました。
地獄の特訓も足の速さには効果がなかったみたい。
オールマイトから教えられた力の調整はまだ未完成で、
続く第2種目の握力測定は不発に終わり56kg。
それでも特訓の成果で基礎パワーは上がってます。
更に第3種目の立ち幅跳び、第4種目の反復横跳びと、
凡退してどんどん追い詰められていく出久。

hero05-5 (1)aaaaaaaaaaa
hero05-5 (2)hero05-5 (4)hero05-5 (5)
hero05-5 (8)hero05-5 (9)hero05-5 (10)
hero05-5 (13)hero05-5 (14)hero05-5 (15)
hero05-5 (16)hero05-5 (19)hero05-5 (20)
hero05-5 (21)hero05-5 (24)
hero05-5 (25)aaaaaaaaaa
hero05-5 (28)hero05-5 (29)hero05-5 (30)
hero05-5 (31)hero05-5 (32)hero05-5 (33)
hero05-5 (34)hero05-5 (35)hero05-5 (36)
hero05-5 (40)hero05-5 (41)
hero05-5 (46)hero05-5 (47)hero05-5 (48)
hero05-5 (52)hero05-5 (53)hero05-5 (54)
hero05-5 (55)hero05-5 (56)
hero05-5 (58)hero05-5 (60)hero05-5 (61)
hero05-5 (62)hero05-5 (63)hero05-5 (65)
hero05-5 (66)aaaaaaaaaa

第5種目のボール投げ。
この後の競技を考えればここで博打に出るしかないと、
出久は右手を犠牲に能力発動スイッチを入れますが、
視認した相手の”個性”を一時的に消し去る、
相澤先生の”抹消”により能力は不発。
自棄になった出久の判断を「合理性に欠ける」と評し、
ヒーローになる資格無しと切って捨てます。
それに言い返せず、然りとて思考を止めたりもせず、
自棄にもならず、諦めもせず、先生の言葉を受け止め、
自身に出来る最高のパフォーマンスを実行する出久。
人差し指だけに”ワン・フォー・オール”を発動するという、
陰から見守るオールマイトも驚愕する成長を見せます。
この土壇場で相澤にも今後の可能性を認めさせた、
痛みに耐えて笑顔を浮かべる出久の姿、最高に格好良し。

ありがとうございました、次回も宜しくお願い致します。

がっちの言葉戯び


<<僕のヒーローアカデミア 第6話「猛れクソナード」 感想 | ホームへ | 僕のヒーローアカデミア 第4話「スタートライン」 感想>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/1838-22fcfa5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)