タイトル画像

僕のヒーローアカデミア 第4話「スタートライン」 感想

2016.06.12(21:00) 1837

hero04-0AAAAAAAAAAAAAA.jpg

ここが君の、“ヒーローアカデミア”だ。

それでは宜しければ続きからご覧下さい。


hero04-1 (1)hero04-1 (2)hero04-1 (3)
hero04-1 (4)aaaaaaaaaaaaaa
hero04-1 (5)hero04-1 (8)hero04-1 (10)
hero04-1 (12)hero04-1 (13)hero04-1 (16)
hero04-1 (18)aaaaaaaaaa
hero04-1 (22)hero04-1 (23)hero04-1 (24)
hero04-1 (25)hero04-1 (27)hero04-1 (28)

雄英高校が誇る著名なヒーロー達。
言わずもがなの最高峰、オールマイトをはじめ、
事件解決数最多記録を持つエンデバー、
ベストジーニスト賞8年連続受賞のベストジーニスト。
燃え盛る炎系の“個性”を持つエンデバーは兎も角、
ベストジーニストはヒーロー名の由来が気になります。
彼の”個性”はジーンズに関係するものかな、マニアック。
彼らを目標に努力を重ねる新たなヒーローの卵を、
今年もまた選別する時期が来たわけですが、
出久は緊張感から既に押し潰されそうな表情。
麗日お茶子を見かけて多少は緩和されましたが、
直後に今度は前回因縁つけられた飯田天哉から、
言いがかりをつけられて精神的ストレスは最高潮に。
哀れなぐらいに対人能力薄弱な出久には難しい環境です。

hero04-2 (1)hero04-2 (2)
hero04-2 (3)hero04-2 (12)hero04-2 (14)
hero04-2 (16)hero04-2 (17)hero04-2 (19)
hero04-2 (21)hero04-2 (23)hero04-2 (24)
hero04-2 (25)hero04-2 (26)hero04-2 (27)
hero04-2 (28)aaaaaaaaaaaaa
hero04-2 (29)hero04-2 (30)hero04-2 (31)
hero04-2 (32)hero04-2 (33)
hero04-2 (34)aaaaaaaaaaaaaaaaa
hero04-2 (35)hero04-2 (36)hero04-2 (37)
hero04-2 (38)hero04-2 (39)hero04-2 (40)
hero04-2 (41)aaaaaaaaaaaaaaa
hero04-2 (42)hero04-2 (43)hero04-2 (44)
hero04-2 (45)hero04-2 (46)hero04-2 (47)

試験会場直後から早速出遅れた出久。
折角の標的との遭遇でも足が竦んで動かず、
別の受験生に獲られる体たらくで1ポイントも奪えないまま、
貴重な時間をどんどん擦り減らしていきます。
余り戦闘に向かなそうなお茶子ですら28ポイント、
飯田にいたっては45ポイントを既に積み重ねる中、
頃合いと判断した教官達から贈られる、超巨大お邪魔ロボ。
倒しても0ポイントの相手に皆、一目散に逃げますが、
敵の初撃で逃げ遅れたお茶子を目にした出久は、
今までの怖じ気が嘘のように心に火が点き、
オールマイト直伝のスマッシュで巨大ロボットを一撃破壊。
助けを求める人を目にした瞬間、考えるより先に身体が動く。
教官席から見守るオールマイトも満足そうです。

hero04-3 (1)hero04-3 (3)hero04-3 (4)
hero04-3 (5)hero04-3 (6)hero04-3 (8)
hero04-3 (10)hero04-3 (11)
hero04-3 (13)hero04-3 (15)hero04-3 (16)
hero04-3 (17)hero04-3 (18)hero04-3 (19)
hero04-3 (20)hero04-3 (21)hero04-3 (22)
hero04-3 (23)aaaaaaaaaaaa
hero04-3 (24)hero04-3 (25)hero04-3 (26)
hero04-3 (27)hero04-3 (30)hero04-3 (31)
hero04-3 (32)hero04-3 (33)
hero04-3 (34)aaaaaaaaaaaaa
hero04-3 (35)hero04-3 (38)hero04-3 (40)

オールマイト監修の地獄の10ヶ月間を経て、
”ワン・フォー・オール”を受け継ぎはしたものの、
それはあくまで受け入れる事が出来ただけで、
受け入れた力を使いこなせるかはまた別問題。
強大すぎる力を行使した反動は凄まじく、
使用した右腕のみならず、両足まで粉砕状態。
土気色の手足では満足に動かす事も出来ず、
残った左腕を犠牲にして着地を図ろうとする出久でしたが、
彼に助けられたお茶子の能力で何とか激突は回避。
倒しても意味のない敵を、試験の残り時間が少ない中、
自身の身体への負担も顧みずに、規格外の力を振るって、
危機に陥った少女を助ける為だけに動いた少年。
同じ組の受験生達の記憶に確かな爪痕を残しつつ、
出久の実地試験は0ポイントで終了となりました。

hero04-4 (1)hero04-4 (2)hero04-4 (3)
hero04-4 (5)hero04-4 (6)
hero04-4 (7)hero04-4 (8)hero04-4 (12)
hero04-4 (15)hero04-4 (16)hero04-4 (18)
hero04-4 (21)hero04-4 (22)hero04-4 (23)
hero04-4 (25)hero04-4 (26)hero04-4 (27)
hero04-4 (28)hero04-4 (31)hero04-4 (34)
hero04-4 (35)hero04-4 (36)
hero04-4 (37)hero04-4 (38)
hero04-4 (39)hero04-4 (40)
hero04-4 (41)aaaaaaaaaaaaa

学科試験はギリギリ合格ラインに乗せたものの、
肝心要の実地試験は弁解の余地もない無得点。
受験後、オールマイトと音信不通になった事も後押しして、
雄英高校受験の不合格を確信した出久は、
死んだ魚の様な目で失意の日々を過ごしていました。
食事面でサポートしていた母親も、
息子の様子から不首尾を悟ったのか、
何とか元気づけようと毎日フォローに腐心。
てか今更ですけど火を吹く父親は何処にいるのかしら。
遠くで単身赴任中かな。


不合格でも続けるトレーニングに信念を感じますね。
まぁ受験に失敗しても受け継いだ”個性”は消えませんし、
今後を考えれば当然とはいえ、早い立ち直りは立派。
そうして気持ちの整理もようやくつき始めた頃、
徐に届いたのは雄英高校からの手紙。
内包された投影装置が映し出したのは、
今年から雄英高校に赴任する新任教官オールマイトでした。
そして彼から告げられる、出久の不合格と、
実地試験直後のお茶子の請願内容。
己の採算を度外視した義行はまさしくヒーローの本質であり、
表向きの評価とは別に、特別ポイントが設定されていたとか。
試験の様子を見ていた教官達による採点の結果、
出久は60ポイントを、お茶子は45ポイントを追加獲得し、
以て見事に雄英高校入学試験は両者合格。
ここもまた演出の妙が凝らされていて、
巧みに視聴者を泣かせにきますね。
いやはや、本当に良い作品です。

ありがとうございました、次回も宜しくお願い致します。

がっちの言葉戯び


<<僕のヒーローアカデミア 第5話「今 僕に出来ることを」 感想 | ホームへ | 僕のヒーローアカデミア 第3話「うなれ筋肉」 感想>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/1837-73041505
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)