タイトル画像

僕のヒーローアカデミア 第1話「緑谷出久:オリジン」 感想

2016.06.09(21:00) 1834

hero01-0 (63)aaaaaaaaaaaaaa

これは、僕が“最高のヒーロー”になるまでの物語だ。

それでは宜しければ続きからご覧下さい。


hero01-1 (4)hero01-1 (5)
hero01-1 (10)hero01-1 (12)

いきなりショタから始まる王道少年物語。
典型的いじめられっ子と典型的いじめっ子、
というよりデクは弱者を庇うヒーロー的ポジションか。
まぁ、かっちゃんにボッコボコにされてますけど。
この二人はtwitterのTLでち散々流れてきていますので、
強い結び付きがあるんだろうとは既に把握しておりますが。
てもキャラの紹介カット内の振り仮名で初めて、
主人公の下の名前の読み方を知ったくらい、
私はこの作品について何も知らないわけです。
だからこそ、とても楽しみ。

hero01-2 (6)hero01-2 (7)
hero01-2 (12)hero01-2 (13)hero01-2 (14)
hero01-2 (15)hero01-2 (16)hero01-2 (17)
hero01-2 (19)hero01-2 (20)hero01-2 (21)
hero01-2 (22)hero01-2 (23)hero01-2 (24)
hero01-2 (26)hero01-2 (27)hero01-2 (28)
hero01-2 (29)hero01-2 (30)hero01-2 (32)
hero01-2 (38)aaaaaaaaaa
hero01-2 (44)2222222222hero01-2 (46)222222222222
hero01-2 (66)hero01-2 (67)hero01-2 (68)
hero01-2 (69)hero01-2 (70)hero01-2 (71)
hero01-2 (72)aaaaaaaaaaa

オープニングも王道少年物語らしい、
熱と疾走感に溢れるポルノグラフィティの楽曲。
映像には敵味方の主要メンバーが勢揃いなのかしら。
視聴のきっかけとなった上鳴と耳郎、主軸たる緑谷と爆豪、
外見が非常に愛らしい梅雨ちゃんくらいしか判別出来ず。
とはいえ十把一からげの外見のキャラクターはほぼおらず、
どの子も見た目からして非常に特徴的ですからね。
作画にもしっかりした重みが備わっていますし、
繰り返しになりますが、この時点でとても楽しみです。

hero01-3 (6)hero01-3 (8)
hero01-3 (14)aaaaaaa
hero01-3 (17)aaaaaaaa
hero01-3 (18)aaaaaaaaa
hero01-3 (23)hero01-3 (24)hero01-3 (25)
hero01-3 (26)hero01-3 (37)hero01-3 (38)
hero01-3 (39)hero01-3 (41)hero01-3 (42)
hero01-3 (46)hero01-3 (50)hero01-3 (51)
hero01-3 (52)hero01-3 (55)
hero01-3 (59)hero01-3 (60)hero01-3 (62)

パンチングマンの異名を持つ”デステゴロ”。
災害救助のスペシャリスト”バックドラフト”。
女性人気が高く、植物を操る”シンリンカムイ”。
そんなプロヒーローの3人が事件現場に駆け付けて、
ひったくりに失敗して追い詰められて巨大化した、
馬鹿な犯罪者を即時制圧する模様が繰り広げられます。
というのは前振りで、本日デビューしたばかりの新人、
Mt.レディに手柄をかっさらわれる噛ませ犬展開なのですが。
どうやらヒーロー界隈も業者間競合が激しい様で、
中々世知辛い世の中であります。

hero01-4 (3)hero01-4 (4)hero01-4 (5)
hero01-4 (6)hero01-4 (8)hero01-4 (10)
hero01-4 (12)aaaaaaaaaa
hero01-4 (13)hero01-4 (15)hero01-4 (16)
hero01-4 (18)hero01-4 (20)hero01-4 (21)
hero01-4 (22)aaaaaaa
hero01-4 (24)hero01-4 (32)
hero01-4 (33)aaaaaaaaa

偏差値79という超難関の雄秀高校を志望する爆豪勝己。
声が完全に信ぴこですね、何故か笑ってしまいます。
一々挙動も台詞も芝居がかっているのは、
将来のキャラクターを既に意識して作り込んでいるからか。
愛らしい馬鹿さ加減が見て取れて、非常に可愛く見えます。
まぁ最初からそう見えてしまうのは、
私が既にtwitterの毒におかされているのか、
それとも世界に名だたる岡本信彦ボイスの魔力か。
成る程、これは公式CPですわ。

hero01-5 (1)hero01-5 (2)hero01-5 (3)
hero01-5 (9)hero01-5 (10)hero01-5 (13)
hero01-5 (15)hero01-5 (16)hero01-5 (17)
hero01-5 (18)hero01-5 (19)hero01-5 (20)
hero01-5 (21)222222222hero01-5 (22)2222222222222
hero01-5 (23)hero01-5 (24)hero01-5 (26)

今度はコンビニ強盗が平和な町中で発生。
確かに犯罪ですけれども、規模がショボいものばかりですね、
それだけ”個性”が普遍的なものになっている証左ですけど。
これに対するは偶然通りがかった、
ヒーローの中のヒーロー、オールマイトその人。
まぁその活躍の様子は一旦さておいて、
自分と同じ雄英高校を受験すると言い出した出久に対して、
執拗に楽しそうに嫌がらせを繰り返す爆豪勝己が見えます。
実に嬉しそうに酷い事をしておりますね、悪い奴です。
それにめげない出久、成る程主人公の気骨が確かにあるか。

hero01-6 (1)hero01-6 (3)hero01-6 (4)
hero01-6 (7)hero01-6 (11)
hero01-6 (15)hero01-6 (16)hero01-6 (18)
hero01-6 (19)hero01-6 (20)hero01-6 (21)
hero01-6 (22)aaaaaaaaa
hero01-6 (23)hero01-6 (27)hero01-6 (29)
hero01-6 (32)hero01-6 (35)hero01-6 (36)
hero01-6 (39)aaaaaaaaa

母親に動画再生をねだるショタ出久が、
ヘッドバンギングしてる光景が妙に恐怖を喚起します。
ご所望は、憧れのオールマイトがデビューした際の、
出久にとって最高のお宝映像であり夢の原点。
モモタロスばりの自己主張をしながら救助にあたる英雄、
そんな彼の雄姿が出久の心に爽やかな風を呼び起こし、
将来の夢に多大すぎる影響を及ぼしたわけですが。
残念ながら出久本人に肝心の”個性”が発現せず、
幼い心に深い傷を残し、母親も思わず謝るレベル。
これは視聴者側の心にも深刻な痛みが伴います。
それでも諦めずに雄英高校を目指す根性、プライスレス。

hero01-7 (4)hero01-7 (5)hero01-7 (6)
hero01-7 (9)hero01-7 (10)hero01-7 (13)
hero01-7 (15)aaaaaaaaaa
hero01-7 (16)hero01-7 (17)hero01-7 (18)
hero01-7 (20)hero01-7 (22)hero01-7 (24)
hero01-7 (25)hero01-7 (27)hero01-7 (28)

性格的なものと、見た目的なものと、
演出的なものと、声色的なものまで総合的に勘案して、
出久を見てるとシモンを思い出します、天元突破。
ちなみに勝己は一方通行と奥村燐を掛け合わせた印象。
そして先程コンビニ強盗していたヘドロ野郎と遭遇し、
触手陵辱プレイの刑に処される正統派少年主人公の図。
流石に強引な触手フェラチオによる窒息死なんて死因を、
新聞報道で大衆に広められたら社会的にも死ねますが、
幸いにもオールマイトの熱い一撃でヘドロ野郎は四散爆散。
出久の貞操は守られました。

hero01-8 (3)hero01-8 (4)
hero01-8 (8)aaaaaaaaaaa
hero01-8 (9)hero01-8 (10)hero01-8 (11)
hero01-8 (12)hero01-8 (14)hero01-8 (16)
hero01-8 (17)aaaaaaaaa
hero01-8 (19)hero01-8 (20)hero01-8 (21)
hero01-8 (22)hero01-8 (23)hero01-8 (25)
hero01-8 (27)hero01-8 (29)hero01-8 (31)
hero01-8 (32)22222222222hero01-8 (33)222222222222

憧れのアイドルと会えたら、こんな反応するんですかねぇ。
オールマイトも手馴れた感じでサービスするもんだから、
余計に出久の精神にプレッシャーがかかってます。
確かに私も憧れの声優さんとの握手会に参加した時は、
こんなものだった気がしますね、懐かしい話です。
それでも、この千載一遇のチャンスを逃さず、
しがみ付いてでも活かそうとする出久の根性は立派。
無”個性”の人間でも、ヒーローになれるのか。
ずっと誰かにぶつけたくて出来なかったその問いかけ。
少年の魂からの問いにオールマイトはゆっくり振り返ります。

hero01-9 (4)hero01-9 (5)hero01-9 (6)
hero01-9 (8)222222222222hero01-9 (9)2222222222
hero01-9 (11)aaaaaaaaaa

エンディングは疾走感溢れるというか、
実際に疾走してる出久を背面カメラで追う映像。
それおだけといえばそれだけなので、特に感想ないですが、
歌は非常に盛り上がって次回に繋がる感じがします。

ありがとうございました、次回も宜しくお願い致します。
失礼します<(_ _)>

がっちの言葉戯び


<<僕のヒーローアカデミア 第2話「ヒーローの条件」 感想 | ホームへ | コメント対応:灰と幻想のグリムガル編 part.2>>
コメント
第1期全エピソード見終わってからコメントしますが、キン肉マンやDBZのようなジャンプ漫画の王道バトル漫画に終わらない作品でしたね。日曜日夕方5時TBS系(個人的にはこの枠で本格派自動車レースものやってほしい)でしたが、第2期では手に汗握るバトルと学園生活のエピソードをうまくアニメ化してほしい。
【2016/07/16 10:37】 | すーぱーぺるる #- | [edit]
こんばんは、コメントありがとうございます^^

漫画を読んではいませんが、
近年では特に心を熱くする作品だったのは間違いないですね。
日5の時間帯は最近観てなかったですが、
この作品で久し振りに日曜日の夕方にテレビ付けました^^
二期も期待しています、楽しみです。
【2016/07/19 01:05】 | がっち #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/1834-06c11ec0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)