タイトル画像

僕のヒーローアカデミア 第3話「うなれ筋肉」 感想

2016.06.11(21:00) 1832

hero03-0 (11)aaaaaaaaaaa

君なら“私の力”、受け継ぐに値する。

それでは宜しければ続きからご覧下さい。
hero03-1 (5)hero03-1 (6)
hero03-1 (8-2)hero03-1 (9)hero03-1 (9-2)
hero03-1 (10)hero03-1 (11)hero03-1 (14)
hero03-1 (17)hero03-1 (18)
hero03-1 (20)aaaaaaaaaaa
hero03-1 (29)hero03-1 (30)hero03-1 (31)
hero03-1 (32)hero03-1 (34)hero03-1 (35)
hero03-1 (37)hero03-1 (39)hero03-1 (40)
hero03-1 (41)hero03-1 (42)hero03-1 (43)

唸れ、嵐の上腕筋! 燃えろ、炎の広背筋!
しなれ、疾風の大腿筋!叫べ、雷の三角筋!
荒ぶる肉体に全てをかけた、不動禁仁宮陣!!

・・・そんなネタがあったんですよ、昔、とあるゲームで。
さて、七不思議の一つに数えられるオールマイトの”個性”の謎。
その真実は「培った力を次代へと継承出来る能力」。
オールマイトも先代からこの”ワン・フォー・オール」を受け継ぎ、
今、出久を後継者に足る良き存在だと認め、
こうして”個性”譲渡の提案をしているわけです。
当然、出久側に嫌があろう筈もありませんわね。
顔を上げ、しっかり目を見据え、毅然とその提案を受け入れ、
ここに、歴代に勝るとも劣らない、熱き師弟が誕生いたしました。

hero03-2 (3)hero03-2 (4)hero03-2 (7)
hero03-2 (8)hero03-2 (10)hero03-2 (11)
hero03-2 (18)hero03-2 (19)hero03-2 (20)
hero03-2 (21)aaaaaaaaaa
hero03-2 (27)hero03-2 (28)hero03-2 (28-2)

オールマイトの”個性”は積み上げられた先人の力の結晶で、
それを受け入れるには強靭な肉体が必要となる。
そして当然、今のひ弱な出久の身体では到底無理な話。
なので、オールマイトによる地獄の猛特訓が始められます。
大英雄特製の訓練メニューの肝は大きく分けて二つ。
一つは毎日5時間の基礎トレーニング。
もう一つは訓練場所である海浜公園に山積する、
漂着物や不法投棄物の清掃、これを別枠で毎日3時間、
雄英高校の入学試験まで10ヶ月まで続けるというもの。
ぶっちゃけ殺人的。

hero03-3 (0)hero03-3 (0-1)hero03-3 (0-2)
hero03-3 (1)hero03-3 (8)hero03-3 (9)
hero03-3 (12)hero03-3 (13)
hero03-3 (15)hero03-3 (18)hero03-3 (19)
hero03-3 (20)hero03-3 (21)hero03-3 (22)
hero03-3 (23)hero03-3 (24)hero03-3 (26)
hero03-3 (29)hero03-3 (30)hero03-3 (30-2)
hero03-3 (30-3)hero03-3 (31)


地獄の10ヶ月の間、当然勉強も欠かしてはいけません。
寧ろ偏差値79なんて馬鹿げた高校ですから、
勉学の方が難関とも言える世界でございます。
勝己、見た目と言動は脳筋っぽいのに、
そんな高校の学科入試が合格圏内とか意外すぎです。
今年の全国高校偏差値1位が偏差値78ですから、
現実に存在したなら学科面でも全国No. 1という難関校。
そんな高過ぎるハードルを前に、
しかし出久はただ闇雲に打ち込むのではなく、
自分なりに分析しながら調整する冷静さを見せます。
まぁ精神的に余裕がないのは事実なので、
授業中も訓練ばかり考えて、皆の失笑を買ってますが。
ただ、その中で勝己だけ全く笑わずにいる姿は印象的。

hero03-3 (38)hero03-3 (40)
hero03-3 (49)aaaaaaaaaaa
hero03-3 (51)hero03-3 (52)hero03-3 (55)
hero03-3 (57)hero03-3 (58)hero03-3 (59)
hero03-3 (60)hero03-3 (62)hero03-3 (63)

春が過ぎ、夏が過ぎ、秋が過ぎ、冬の足音が聞こる頃。
予定より遅い仕上がりに苛立ちを隠せないオールマイト。
その原因が出久の過剰な熱意故だと気付きはしましたが、
その理由が単に雄英高校入学を目指すのでなく、
そんな通過点如きではなく、憧れのオールマイトに互する、
或いは超える様なヒーローになる為だと聞かされて、
一転上機嫌で訓練プランの修正を施してくれます。
成る程、出久の夢は「ヒーローになる」事ではなく、
「常に余裕の笑顔を浮かべて人を助ける、
 オールマイトの様なヒーローになる」でしたものね。

hero03-4 (3)hero03-4 (7)hero03-4 (8)
hero03-4 (8)aaaaaaaaa
hero03-4 (9)aaaaaaaaaaa
hero03-4 (13)hero03-4 (15)hero03-4 (20)
hero03-4 (21)hero03-4 (22)hero03-4 (23)
hero03-4 (24)hero03-4 (25)hero03-4 (26)
hero03-4 (29)hero03-4 (33)
hero03-4 (36)22222222222222hero03-4 (37)22222222222222

そして、運命の受験当日。
海岸一帯の全てを清掃しきった出久の雄叫びに、
そして想定以上の成果を出した愛弟子の成長に、
師匠としての喜びが溢れ、褒め称えるオールマイト。
肉体的にも求める水準に達したと判断して、
いよいよ師弟間での”個性”の譲渡を行います。
オールマイトのDNAを体内に取り込めばいいそうで、
その手段としてオールマイトが提案したのは髪食い。
良かった、エロ同人誌展開になるかと心配しました。
が、どうも出久にとっては抵抗感満載だったらしく、
「嘘だと言ってよバーニィ」な表情が印象的ですね。

hero03-5 (3)hero03-5 (5)hero03-5 (6)
hero03-5 (9)hero03-5 (11)hero03-5 (12)
hero03-5 (16)hero03-5 (18)hero03-5 (19)
hero03-5 (20)hero03-5 (21)hero03-5 (23)
hero03-5 (26)hero03-5 (27)hero03-5 (30)
hero03-5 (33)hero03-5 (38)
hero03-5 (40)hero03-5 (42)hero03-5 (43)
hero03-5 (45)hero03-5 (46)hero03-5 (47)
hero03-5 (50)aaaaaaaaa
hero03-5 (55)hero03-5 (56)

入試開始までの残り時間の関係で、
オールマイトから授かった能力を試す暇はなく、
ぶっつけ本番という剛毅さを見せる出久。
勿論同じ雄英志望の勝己とも朗らかに挨拶を交わし、
続いて登場したのは主要キャラとしては初めての女の子。
上京してきた田舎娘感全開の彼女と恋愛フラグを建築し、
テンション上げ上げで試験会場入りします。
早速エキセントリックな担当教官から説明がありますが、
斜に構えた勝己の写真の方が気になって仕方ない年頃。
各演習会場内に多数放たれている仮想ヴィランには、
それぞれ討伐難度に応じてポイントが設定されており、
その討伐ポイントの合計で競うのが実地試験の内容。
生真面目眼鏡と田舎娘も参加するB会場で、
出久の雄英高校入学試験が開幕します。

ありがとうございました、次回も宜しくお願い致します。
失礼します<(_ _)>

がっちの言葉戯び


<<僕のヒーローアカデミア 第4話「スタートライン」 感想 | ホームへ | 僕のヒーローアカデミア 第2話「ヒーローの条件」 感想>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/1832-1843f599
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)