タイトル画像

灰と幻想のグリムガル episode.12「また明日――」 感想 (終)

2016.06.07(21:00) 1831

Grimgar12-0 aaaaaaaaaaa

俺達は、明日に向かって、今日を生きる。

それでは宜しければ続きからご覧下さい。



Grimgar12-1 (4)Grimgar12-1 (5)
Grimgar12-1 (10)Grimgar12-1 (11)Grimgar12-1 (12)
Grimgar12-1 (13)Grimgar12-1 (16)Grimgar12-1 (18)
Grimgar12-1 (19)Grimgar12-1 (28)
Grimgar12-1 (29)aaaaaaaaaaa
Grimgar12-1 (31)Grimgar12-1 (32)Grimgar12-1 (33)

あの包囲網を単身で突破して、自力で農場地区まで脱出するとは、
ランタの悪運も立派な特技に数えて良いレベル。
これならハルヒロ達が決死の覚悟で第五層に戻る必要ないですが、
果たしてその辺、行き違いになったりしないものでしょうか。
いやはや、しかし本当にあの状況から諦めずに生を掴むとは、
かなりの勢いでランタの事を見直している自分がいます。
ウザい性格になっていてもよっちん君の声でカバー出来てたので、
元々そんなに評価下がったりしてなかったですけれども。
そんなランタの事をはっきり「嫌いだ」と言いながらも、
涙ながらに救出を誓うユメをはじめ、ハルヒロ達5人は第三層から、
ランタがいる(と思っている)第五層を目指します。

Grimgar12-2 (1)Grimgar12-2 (4)Grimgar12-2 (5)
Grimgar12-2 (6)Grimgar12-2 (7)Grimgar12-2 (8)
Grimgar12-2 (9)aaaaaaaaa
Grimgar12-2 (11)Grimgar12-2 (14)
Grimgar12-2 (17)aaaaaaaaaaa
Grimgar12-2 (19)Grimgar12-2 (20)Grimgar12-2 (21)
Grimgar12-2 (22)Grimgar12-2 (23)Grimgar12-2 (24)
Grimgar12-2 (27)aaaaaaaaa

その頃、小悪魔と戯れながら、束の間の休息をとったランタ。
謎の家畜達に匿われて見張りの目を逃れていましたが、
それも限界を迎え、再び逃亡生活を余儀なくされます。
満足に走る事すら出来ない状態では致命的な展開ですが、
騒ぎになった事でハルヒロ達もランタの存在に気付きました。
これも含めて、ランタの悪運の強さというところ。
とはいえ今暫くは独力で逃げなければならないランタは、
敵の首魁“デッドスポット”の追撃に脅かされます。
死を覚悟した時の台詞からして、ランタはユメに懸想してるのか。
ついさっき、そのユメから嫌われてる旨の説明があっただけに、
そっち方面に関しては悪運を望むべくもなさそうですけど。
ハルヒロがメリィと結ばれた事により、
ユメがランタに流れる展開が将来的にあるんだったら、
それはまぁ、ランタの悪運といってもいいかな。

Grimgar12-3 (3)Grimgar12-3 (5)Grimgar12-3 (7)
Grimgar12-3 (10)Grimgar12-3 (11)Grimgar12-3 (12)
Grimgar12-3 (13)aaaaaaaaaa
Grimgar12-3 (14)Grimgar12-3 (15)Grimgar12-3 (16)
Grimgar12-3 (17)Grimgar12-3 (17-2)Grimgar12-3 (17-3)
Grimgar12-3 (18)Grimgar12-3 (23)
Grimgar12-3 (24)Grimgar12-3 (29)
Grimgar12-3 (33)222222222222Grimgar12-3 (34)22222222222
Grimgar12-3 (38)Grimgar12-3 (41)
Grimgar12-3 (51)Grimgar12-3 (67)
Grimgar12-3 (69)Grimgar12-3 (70)Grimgar12-3 (73)
Grimgar12-3 (74)Grimgar12-3 (75)Grimgar12-3 (76)
Grimgar12-3 (77)Grimgar12-3 (78)Grimgar12-3 (79)

ランタがご執心のちっぱい様が口火を切り、
ここでハルヒロ達が合流、ランタを保護しつつ敵を迎撃します。
ユメの早撃ちやモグゾーの重撃も相変わらず凄いですが、
ムツミの戦い方に触発されたか、多照準追尾の攻撃魔法を唱える、
シホルの本気度がこれまでと段違い過ぎて惚れます。
多数相手の迎撃から、離脱時の煙幕代わりまで自由自在。
ただまぁ、ユメが所持している矢を惜しみなく撃ち尽くした事といい、
ハルヒロ達にも当然余裕なんて無かったんでしょう。
第三層に足を踏み入れてから第四層、第五層と攻略を進め、
アンデッド化したミチキ達との遭遇戦、コボルド達からの逃走戦、
そしてこのランタ救出戦まで、全く補給無しで戦い続けているわけで。
シホルやメリィの魔法も、いつまで持つか不安が過ります。

Grimgar12-4 (3)Grimgar12-4 (4)Grimgar12-4 (5)
Grimgar12-4 (9)Grimgar12-4 (11)Grimgar12-4 (12)
Grimgar12-4 (13)Grimgar12-4 (16)Grimgar12-4 (20)
Grimgar12-4 (26)Grimgar12-4 (28)Grimgar12-4 (29)
Grimgar12-4 (32)Grimgar12-4 (33)Grimgar12-4 (34)
Grimgar12-4 (36)Grimgar12-4 (37)Grimgar12-4 (38)
Grimgar12-4 (39)Grimgar12-4 (40)Grimgar12-4 (44)
Grimgar12-4 (46)aaaaaaaaaaa
Grimgar12-4 (48)22222222222Grimgar12-4 (49)222222222222
Grimgar12-4 (52)Grimgar12-4 (58)
Grimgar12-4 (59)aaaaaaaaaaa
Grimgar12-4 (62)Grimgar12-4 (64)Grimgar12-4 (65)
Grimgar12-4 (65)aaaaaaaaaaa

ここからは全員揃って、町への帰還を目指します。
案の定、メリィやシホルは魔力の限界が近い様で、
第三層とはいえ、慎重な行動が求められます。
それはそれとして、上層へ登る際のユメのお尻がセクシー。
そしてこれまた案の定、下層からわざわざ追いかけてきた、
“デッドスポット”の襲撃を受けて、已む無く何度目かの遭遇戦。
とはいえ満身創痍の面々では元から勝負になるわけもなく、
シホルが残りの魔力を振り絞って放つ攻撃魔法も効果が薄く、
モグゾーの特攻も軽くあしらわれて、轟沈。
そもそも傷を負う程に強くなるなんてゲームみたいな設定、
現実の生物に適用させたらいけませんよねぇ。
通路も狭く、全員で逃げるのは不可能だと判断したハルヒロは、
彼我の戦力を総合的に検討した結果、自分が残る事を決意。
立場は逆になりましたが、ランタに指揮権を託して、
“デッドスポット”と共に下層へと落下していきました。

Grimgar12-5 (1)Grimgar12-5 (2)Grimgar12-5 (3)
Grimgar12-5 (8)Grimgar12-5 (9)Grimgar12-5 (10)
Grimgar12-5 (11)Grimgar12-5 (14)Grimgar12-5 (15)
Grimgar12-5 (23)aaaaaaaaaa
Grimgar12-5 (25)Grimgar12-5 (26)Grimgar12-5 (27)
Grimgar12-5 (31)Grimgar12-5 (33)Grimgar12-5 (34)
Grimgar12-5 (37)222222222222Grimgar12-5 (39)22222222222

後を追おうとするメリィを断固制止する姿に惚れます。
「諦めんなよ! 馬鹿ハルヒロ!」と捨て台詞を残し去るランタ。
落下の衝撃で全身が既にボロボロのハルヒロですが、
その言葉に諦める事を止め、折れた利き腕を無理に固定して、
決死の覚悟で人生最凶の敵に立ち向かいます。
自身の団章を外し、その場に捨てたのは死を受け入れたか。
しかしその心の在り様が無我の境地を生み出したのか、
これまで頻繁に発生していた、必殺の感覚が浮かび上がります。
余りにもあっさりと“デッドスポット”の片目を潰し、
返す刃で敵の大剣を両断、その破片で相手を貫くという荒業。
サイリン鉱山の覇者として君臨していた高額の賞金首は、
義勇兵なりたての盗賊の手に寄って討ち果たされたのでした。

Grimgar12-6 (2)Grimgar12-6 (3)Grimgar12-6 (4)
Grimgar12-6 (5)Grimgar12-6 (6)Grimgar12-6 (7)
Grimgar12-6 (8)aaaaaaaaaaaaa
Grimgar12-6 (9)Grimgar12-6 (13)
Grimgar12-6 (14)Grimgar12-6 (16)Grimgar12-6 (17)
Grimgar12-6 (18)Grimgar12-6 (19)Grimgar12-6 (20)
Grimgar12-6 (21)aaaaaaaaa
Grimgar12-6 (26)Grimgar12-6 (27)Grimgar12-6 (28)
Grimgar12-6 (29)Grimgar12-6 (36)Grimgar12-6 (37)
Grimgar12-6 (39)aaaaaaaaa
Grimgar12-6 (44)Grimgar12-6 (46)Grimgar12-6 (47)
Grimgar12-6 (48)Grimgar12-6 (49)Grimgar12-6 (50)

さて、後は大団円というか後日談というか。
あわや“デッドスポット”と相打ちになりかけたハルヒロですが、
仲間達に無事、瀕死の状態で回収されて町へ連れ戻され、
メリィの手厚い看護を受けて意識を取り戻し、ハッピーエンド。
何だかもう、すっかり恋人の雰囲気ですね、メリィは。
バルバラやレンジ、キッカワらサブキャラクターも総出演して、
最後を締めるに相応しいお祭り騒ぎとなっております。
原作だとレンジ達との絡みもこれから増えていくんでしょうか。
マナトの死、ミチキやオグやムツミの死という過去を受け入れて、
ハルヒロ達6人はこれからもグリムガルで生きていきます。

Grimgar12-7 (3)Grimgar12-7 (4)Grimgar12-7 (5)
Grimgar12-7 (7)Grimgar12-7 (8)Grimgar12-7 (9)
Grimgar12-7 (10)Grimgar12-7 (12)Grimgar12-7 (13)
Grimgar12-7 (15)aaaaaaaaaaa
Grimgar12-7 (16)Grimgar12-7 (17)
Grimgar12-7 (18)Grimgar12-7 (19)
Grimgar12-7 (20)Grimgar12-7 (21)

昨日の自分と、今日の自分は違う。
明日の自分は、どうなっているだろう。
俺達は一日一日、今日を生きて、明日の自分に会いに行くんだ。

細かい感想については、記事内で言及したので割愛で。
兎に角、最初から最後まで軽挙妄動のない、良いアニメでした。
スタッフ、関係者各位に感謝を。
二期、待ってます。
ありがとうございました、それでは失礼します<(_ _)>


がっちの言葉戯び


<<コメント対応:灰と幻想のグリムガル編 part.2 | ホームへ | 灰と幻想のグリムガル episode.11「生と死の間で」 感想>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/1831-37fe64f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)